RESULT

【ツール・ド・ランカウイ/第7ステージ】大雨のスプリントでスタッキオッティ9位、中根はジャージをキープ!

2017年02月28日

2月28日に開催されたツール・ド・ランカウイ第7ステージは、観光地としても有名なMelakaからRembauまで、148kmのステージでした。平坦基調の前半に中間スプリントポイントが3つ、そして後半には3つの4級山岳が組み込まれ、とくに3つめはラスト8km地点となっており、山頂からゴールまで一気に下るレイアウトが特徴的でした。

NIPPO・ヴィーニファンティーニはスタッキオッティによるゴールスプリントでの区間優勝、また中根英登のアジアンリーダージャージを守ることを目標にしてスタート。序盤からアタックの攻防が続き、非常に速いペースでレースが進み、50km地点でジャコーモ・ベルラートを含む6名の逃げが決まりましたが、総合上位の選手が追ったたために、集団も追走。この6名の逃げが吸収されると、すぐに別の5名の逃げが先行しました。

リーダーチームのディメンションデータやスプリントを狙うウィリエールが集団をコントロールし、残り15kmで逃げは吸収。終盤に差し掛かると雨が降り始め、ゴールが近づくにつれ、その雨足は増しました。

最後の登りでも大きな動きはなく、やや人数を減らした集団は、激しい雨が降りしきるなか、下り区間へと入り、そのまま高速での集団ゴールスプリントの展開となりました。完璧なリードアウトにより優勝したのは、ヤクブ・マレツコ(ウィリエール)。今大会2勝目をマークしました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニはスタッキオッティが9位でフィニッシュしました。「脚があっただけにとても残念に思っている。強烈な雨の影響もあり残り500mの最終コーナーでライン取りを誤ってスリップしてしまった。それがなければ勝利を狙える日だった。次のチャンスで頑張りたい!」とコメントしています。

登坂区間のあとの危険な下りというコースでしたが、アジア人最高位につける中根英登は総合成績をキープ。引き続き、明日の最終日もアジアンリーダーとしてスタートします。


 

 

中根英登のコメント
今日もアタック合戦が長く続いた。
危険なグループには伊藤さん、ベルラート、マリノが対応してくれる。
そしてベルラートが1度逃げを作った。
その瞬間は「さすが!!」としか言いようのないタイミングだった。
しかしこの逃げは捕まってしまい、新たな5名が逃げる。
NIPPO・ヴィーニファンティーニは全員まとまって集団前方で待機。
横風が強くなりそうな区間では、
マリノがタイミング良くポジションを上げてくれたりと助けてもらう。
レース後半の山岳地帯は昨年のランカウイでも使われた場所で、
昨年走っている伊藤さんがコース状況を教えながら、ずっと近くにいてくれた。
かなり心強かった。
ラスト8kmからの下りは急で激しい雨も降ってきてかなり危険だったが、
トラブルなく前の集団でクリアしてゴール。
明日で最終日。最後までしっかり集中していきたい。

伊藤雅和のコメント
今日も最初は危険な逃げには反応して、
最後は中根とスタキオッティをサポートするのが役目だった。
アタック合戦はチームでしっかり反応できていた。
逃げが決まったあとは比較的平穏に。
雨が最後に降ってきたので神経はかなり使った。
最後のスプリントで今日もスタッキオッティを1人にしてしまった。
あそこでもう1人前にいれたら、
彼ならもっといい成績が出せそうなのにと歯がゆい気持ちです。
明日は最終日。気を抜かずに頑張ります!

小林海のコメント
僕の大好きな、スタートがホテルから近くて、
スタート時間も11時と少し遅めという第7ステージ。
プロコンチの選手が乗る逃げに乗るのが役目。
スプリントポイント過ぎるまでは決まらないと思いじっと待つ。
スプリントポイント過ぎてからアタックしたが、あからさま過ぎてみんなが追ってくる。
その後、集団がストップした際にベルラートの職人技のようなヒョロヒョロ逃げが決まる。
素直に感心した。
そこから最後の登りまで中根さんのサポートに徹し、
危険な下りで集団が割れたので無理せず後ろでゴール。
明日の最終ステージを中根さんが無事に乗り切れるようにサポートします。

●リザルト
第7ステージ 結果
1 MARECZKO Jakub Wilier Triestina 3:23:45
2 MCCABE Travis UnitedHealthcare Pro Cycling Team
3 PALINI Andrea Androni Giocattoli – Sidermec
9 STACCHIOTTI Riccardo NIPPO – Vini Fantini
32 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini
38 ITO Masakazu NIPPO – Vini Fantini
53 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini
85 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +1:38

個人総合成績
1 GIBBONS Ryan Dimension Data 26:26:06
2 BAYLY Cameron IsoWhey Sports SwissWellness team +0:24
3 CECCHIN Alberto Wilier Triestina +0:28
13 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini +1:07
30 ITO Masakazu NIPPO – Vini Fantini +6:00
46 STACCHIOTTI Riccardo NIPPO – Vini Fantini +14:22
70 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +37:52
96 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +50:42

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
伊藤 雅和
中根 英登
小林 海

リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
ニコラス・マリーニ(イタリア/※第5ステージでリタイア)
監督:福島晋一

●レース情報
Le Tour de Langkawi(ツール・ド・ランカウイ)
開催期間/2017年2月22日(水曜日)〜3月1日(水曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催国/マレーシア(日本との時差 マイナス1時間)

公式サイト/http://www.ltdl.com.my/2017//index.asp
公式フェイスブック/letourdelangkawi
公式ツイッター/ @myltdl
ハッシュタグ/#ltdl2017

第1ステージ 2月22日 Kuala Berang › Kuala Terengganu (124.8km)
第2ステージ 2月23日 Jerteh › Gerik (208.1km)
第3ステージ 2月24日 Serdang › Pantai Remis (118km)
第4ステージ 2月25日 Seri Manjung › Cameron Highlands (174.4km/山岳)
第5ステージ 2月26日 Meru Raya › Kuala Kubu Bharu (151.5km)
第6ステージ 2月27日 Senawang › Muar (176.3km)
第7ステージ 2月28日 Melaka › Rembau (148.1km)
第8ステージ 3月1日 Setiawangsa › Putrajaya (121km)

RESULT

【ツール・ド・ランカウイ/第6ステージ】雨に見舞われたロングステージ、中根が新アジアンリーダーに!

2017年02月27日

2月27日開催のツール・ド・ランカウイ第6ステージは、SenawangからMuarまでの176.3kmのステージでした。降りしきる雨のなか、前半に3つの山岳ポイント(すべて4級山岳)が連続し、後半はフラットになるコースレイアウトでした。

この日は朝から中根英登が白いアジアンリーダージャージを着用。昨日までアジア人最高位に付けていたカザフスタンの選手がアジア選手権出場のために今日のレースから出走せず。アジア人2位につけていた中根英登が、繰り上がりで新しいアジアンリーダーとなりました。

スタート後からアタックが繰り返されますが決定的なものはなく、2つ目の山岳ポイントを過ぎた細いアップダウン区間で、雨足が強くなるなかようやく3選手が先行する展開となりました。そして3つ目の山岳ポイントでは、集団が2つに分裂し、総合リーダーを擁する約30名の追走集団が形成されました。総合成績のかかっている中根英登と彼をアシストする伊藤雅和がしっかりとそこに残ります。

しかし、下り区間が終わると集団は再び1つとなり、いつしか雨も上がってきました。リーダーチームのディメンションデータやスプリントを狙うウィリエールらが集団をコントロール。徐々にタイム差を詰め、残り15km地点で逃げていた3選手を吸収。今日もゴールスプリントの展開となりました。

優勝したのはバルディアーニのエンリコ・バルビン。バルディアーニは逃げに選手を送り込み、完璧なレース運びとなりました。そしてNIPPO・ヴィーニファンティーニはリカルド・スタッキオッティが7位でゴール。マリーニのリードアウトを務めていたスタッキオッティが今はエーススプリンターを担いますが、5名での出走となったこともあり、スタッキオッティが単独でスプリントを仕掛けるステージが続いており、その状況でのトップ10入りは大健闘と言えます。

明日、第7ステージは後半に山岳ポイントが3つ連続する148kmのステージです。

 

中根英登のコメント
今日は序盤に3つ続く4級山岳に注意すること、
最後はスタッキオッティのスプリントをサポートするという指示でスタートした。
スタートして5kmで最初の山岳ポイントがあったので、早いペースで進行。
コースマップではわからなかったが、
2つ目、3つ目の山岳が距離は短いが勾配があってかなりキツかった。
3つ目で集団を割ろうとするチームがペースアップをして、集団がバラける。
どんどん千切れる選手をパスしながらも、残り200mで前20人ほどの集団から離れてしまう。
しかしリーダージャージの選手も同じタイミングで遅れたので焦らず、
ディメンションデータがほぼ全員戻ってきて牽引開始。
ここには10名弱。 全員で全開でローテーション。
伊藤さんも一緒にいたので長めに引いてくれたおかげで前に追いつく。
結局後から遅れた集団も追いついてきて、逃げ3人とメイン集団の構図。
最後は集団スプリントとなり、スタッキオッティが7位。
今朝からアジアンリーダージャージを着用することになり、
緊張感を持ってレースを走りました。 残り2日間もみんなで頑張ってきます!

伊藤雅和のコメント
今日のレースはスタートから3つの山でした。
2つ目と3つ目でペースアップが起きて、3つ目で15人ほど先頭集団に着いていけず、
リーダーと登り終えて中根も同じところにいたので、
そこから前に追い付くために全開で走った。今大会で1番踏んだ。
結局大きい集団になって最後はスプリント。
今日は全くスタキオッティを助けることができなくて申し訳なかった。

小林海のコメント
今日のステージはスタートから最後までとにかく辛く、
レース中に人に話しかけるタイプですが、ほとんど話すこともなく、
ただただ耐えてボトル運びなどをしただけだった。
レースのこともあまり覚えていません!
明日のコースは危険なので、中根さんをしっかりサポートしていきます。

福島晋一監督のコメント
チームの目標は区間優勝と中根のアジアンリーダージャージを守ることだった。
序盤はたくさんのアタックがかかり、自分たちも逃げに乗りたかったが、
どれも決まらず、最初の1時間は時速44kmというとても速いペースで進んでいった。
2つ目の登りが終わると3選手の逃げが決まり、3つ目の登りでは、
集団が二つに割れたが、中根は30名ほどのリーダージャージグループに残った。
今日も集団スプリントとなりスタッキオッティの調子は良かったが、
やはりアシスト不足は否めず、7位でのフィニッシュとなった。
スタッキオッティは少し疲れてきているが、モチベーションは引き続き高い。
明日のステージでも逃げにトライし、スプリントの展開となれば、
スタッキオッティの優勝を狙いたい。
そして、中根のアジアンリーダージャージを守ることも大事な目標になる。

●リザルト
第6ステージ 結果
1 BARBIN Enrico Bardiani – CSF 4:09:16
2 GIACOPPO Anthony IsoWhey Sports SwissWellness team
3 POZZATO Filippo Wilier Triestina
7 STACCHIOTTI Riccardo NIPPO – Vini Fantini
33 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini
34 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini
46 ITO Masakazu NIPPO – Vini Fantini
84 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini

個人総合成績
1 GIBBONS Ryan Dimension Data 23:02:22
2 BAYLY Cameron IsoWhey Sports SwissWellness team +0:23
3 CECCHIN Alberto Wilier Triestina +0:27
13 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini +1:06
31 ITO Masakazu NIPPO – Vini Fantini +5:59
48 STACCHIOTTI Riccardo NIPPO – Vini Fantini +14:21
74 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +37:51
96 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +49:03

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
伊藤 雅和
中根 英登
小林 海

リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
ニコラス・マリーニ(イタリア/※第5ステージでリタイア)
監督:福島晋一

●レース情報
Le Tour de Langkawi(ツール・ド・ランカウイ)
開催期間/2017年2月22日(水曜日)〜3月1日(水曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催国/マレーシア(日本との時差 マイナス1時間)

公式サイト/http://www.ltdl.com.my/2017//index.asp
公式フェイスブック/letourdelangkawi
公式ツイッター/ @myltdl
ハッシュタグ/#ltdl2017

第1ステージ 2月22日 Kuala Berang › Kuala Terengganu (124.8km)
第2ステージ 2月23日 Jerteh › Gerik (208.1km)
第3ステージ 2月24日 Serdang › Pantai Remis (118km)
第4ステージ 2月25日 Seri Manjung › Cameron Highlands (174.4km/山岳)
第5ステージ 2月26日 Meru Raya › Kuala Kubu Bharu (151.5km)
第6ステージ 2月27日 Senawang › Muar (176.3km)
第7ステージ 2月28日 Melaka › Rembau (148.1km)
第8ステージ 3月1日 Setiawangsa › Putrajaya (121km)

 

RESULT

【アブダビツアー/第4ステージ】雨のナイトレースでジャージを失うも成長を感じた4日間

2017年02月27日

2月26日に開催されたアブダビツアー最終日、第4ステージは、1周5.5kmのサーキットを26周する143kmのナイトレースでした。

スタート時から強い雨が降りしきるなかでレースは進み、6選手の逃げが決まりますが、そこにNIPPO・ヴィーニファンティーニはマークが厳しく選手を送り込めません。この日は3つの中間スプリントポイントがあり、それぞれ1位通過すると8ポイント獲得できるため、17ポイントのカノラにとってはとても厳しい状況となり、さらに逃げているパトリック・コンラド(ボーラ)が2回とも首位通過しました。

そのため2つ目の中間スプリントを過ぎて、NIPPO・ヴィーニファンティーニは集団を牽引する作戦をとり、3つ目の中間スプリントポイントを前に逃げを吸収しましたが、3つ目の中間スプリントで、カノラのライバルとなるコンラドが2位通過。カノラはポイント圏内で通過できず、ここで中間スプリント賞が逆転となりました。

その後は集団ゴールスプリントの展開となり、エドゥアルド・グロスが11位でフィニッシュ。窪木一茂は落車により遅れ、その後、最終ステージということもあり、無理をせずにリタイアとなりましたが、ケガ等はなく、日本代表として挑むアジア選手権に向かいます。


窪木一茂のコメント
最終ステージは、サーキットコースを26周するコースだった。
雨が降る中で行われ、
今日はカノラのスプリント賞ジャージを守ることが目標だった。
窪木は55km地点にあるスプリントポイント後に逃げれたら逃げを打てという指示があった。
空気圧を低めにして出走。
数名が逃げてから、集団の真ん中で走りチームメイトと走っていた。
コーナーリングにも慣れ、少し余裕を持って走っていた。
しかし、あるとき僕が後方へ下がり過ぎた。
そして、集団後方で千切れそうになっていた選手たちがまとめて千切れた…。
さっきまで、グライペルも後ろにいたので僕は大丈夫かと思った。
ペースが上がることを察してグライペルは前に上がっていったのだ。
数名の千切れた選手たちはレースを辞めていった。
僕も千切れてしまい慌てて追いかけたが、
慌てたがためにコーナーでスリップして落車をしてしまい、
完全に集団から遠くなりカーペーサーで追いかけるも、
集団には追いつかずレースを降りることとなった。
チームは上手く機能していて大会最終日まで良かっただけに、
ジャージを失ったことは素直に残念だった。
チームはすぐイタリアへと戻るのでみんなに別れを告げて、
僕は気持ちを切り替えて、次なるレースのアジア選手権へ向けて調整していきたい。


小石祐馬のコメント
最終日、雨の中のサーキットレース。
距離は143キロと短いが、F1サーキットを使用するレースなので高速になる。
チームとしてはカノラの中間スプリント賞ジャージを守ることを優先してスタート。
途中トラブルにあい、後ろに下がってまた集団に戻ったりして、足をかなり消耗した。
その間に、チームで逃げと差を詰めて最後の中間スプリントを取りに行くも、
逃げていたボーラの選手が先着して、カノラのポイントを上回りジャージを失った。
最後は残念な結果となったが、4日日間走ったことでコンディションはかなり良い。
次に繋げていきたい。


ステファノ・ジュリアーニ監督のコメント
今大会はチームの成長を感じられるポジティブな印象に溢れた大会だった。
ワールドツアーというレベルの高いカテゴリーで、選手たちはお互いに助け合い、
3ステージで逃げに乗り、2ステージでトップ10フィニッシュを果たした。
そして、2日間にわたり中間スプリント賞リーダージャージを着用できたことも良かった。
最終日にそのジャージを失ってしまったことはとても残念な出来事だったが、
ここからの反省点や教訓を次に活かしていきたいと思う。
ツアー・オブ・オマーンとアブダビツアーでは、多くの選手たちの成長や、
いいコンディションを感じることができたので、これからのレースを楽しみにしている。

●リザルト
第4ステージ
1 EWAN Caleb ORICA-Scott 3:03:06
2 CAVENDISH Mark Dimension Data
3 GREIPEL André Lotto Soudal
11 GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini
60 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
84 FILOSI Iuri NIPPO – Vini Fantini
91 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini
121 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
138 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini
DNF ARREDONDO Julián David NIPPO – Vini Fantini
DNF KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini

個人総合成績
1 COSTA Rui UAE Team Emirates 15:42:21
2 ZAKARIN Ilnur Team Katusha – Alpecin +0:04
3 DUMOULIN Tom Team Sunweb +0:16
66 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +5:44
67 FILOSI Iuri NIPPO – Vini Fantini +5:50
84 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini +38:38
124 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini +13:44
130 GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini +17:57
132 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +19:25

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
窪木 一茂
小石 祐馬
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
ジュリアン・アレドンド(コロンビア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジオーリ(イタリア)
監督:ステファノ・ジュリアーニ、ヴァレリオ・テバルディ

●レース情報
Abu Dhabi Tour(アブダビツアー)
開催期間/2017年2月23日(木曜日)〜26日(日曜日)
カテゴリー/UCIワールドツアー.2
開催国/アラブ首長国連邦(日本との時差 マイナス5時間)

公式サイト/ http://www.abudhabitour.com/
公式フェイスブック/ abudhabitourofficial
公式ツイッター/ @Abu_Dhabi_Tour
ハッシュタグ/#RideToAbuDhabi

第1ステージ 2月23日 Baynounah Educational Complex › Madinat Zayed  (189km)
第2ステージ 2月24日 Al Maryah Island › Big Flag  (153km)
第3ステージ 2月25日 Hazza Bin Zayed Stadium › Jebel Hafeet (186km)
第4ステージ 2月26日 Yas Marina › Yas Marina (143km)