RACE

【ストラーデビアンケ/事前情報】難関未舗装路UCIワールドツアーに内間と小石が出場

2017年03月03日

NIPPO・ヴィーニファンティーニは、中東でのツアー・オブ・オマーンやアブダビツアー、マレーシアでのツール・ド・ランカウイを走り終え、今週末はイタリアのレースに戻ります。4日(土曜日)、5日(日曜日)と連戦となり、4日はUCIワールドツアーであるストラーデビアンケに出場します。

イタリア語で「白い道」を意味するストラーデビアンケは、2007年が初開催と、その歴史は浅いですが、未舗装路をコースに組み込むイタリアのクラシカルなスタイルのレースで、イタリア内外から高い人気を誇っています。今年からUCIワールドツアーへとカテゴリーが上がりました。

レースはトスカーナ地方の美しい都市シエナをスタート/フィニッシュ地点とし、緩やかな丘から丘へ、細い未舗装路のコースを走り抜けていきます。今年は175kmのコースのうち、11箇所に未舗装路が組み込まれ、その合計は62km。もっとも長いセクターは11.9kmとなっております。


●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
//ストラーデビアンケ//

内間 康平
小石 祐馬
アラン・マランゴーニ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
監督:マリオ・マンゾーニ、ヴァレリオ・テバルディ


内間康平のコメント
UCIワールドツアー、そしてワンディレース。さらに当日は雨予報!
かなり厳しいレースとなるに違いないが、
先週雨の中、試走した感触を意識しながらレースに挑みたい!
自分の目標は逃げに入ることです。


小石祐馬のコメント
アブダビツアーを走って少し休んでの参戦となる。
コンディションも上がってるので、その確認も含めて重要なレースになると思う。
初めて走るストラーデビアンケ、
当日は雨予報でハードなレースになると思うが、食らいついて行きたい。


マリオ・マンゾーニ監督のコメント
コースはとても厳しいもので、限られた選手による優勝争いとなるだろう。
先週、内間、バジョーリ、サンタロミータは全てのセクターを試走をした。
当日は2つ目のセクターまでに逃げが決まるだろうから、
小石、内間、マランゴーニ、バジョーリの誰かが、逃げに乗れるようにしたいと思う。
サンタロミータとカノラが、成績を狙う選手となり、
またグロスやフィロージにもサプライズとなるような素晴らしい走りを期待している。
これまでのレースで、チーム全体のコンディションが上がっているので、
今回のレースでも良い成績につなげたいと思う。

●レース情報
Strade Bianche(ストラーデビアンケ)
開催期間/2017年3月4日(土曜日)
カテゴリー/1. UCIワールドツアー
開催国/イタリア(日本との時差 マイナス8時間)
コース/シエナ〜シエナ 175.0km

公式サイト/ http://www.strade-bianche.it
公式フェイスブック/ https://www.facebook.com/stradebianche/
公式ツイッター/ @StradeBianche
ハッシュタグ/#StradeBianche

GPインデゥストリア・エ・アルティジアナート
内間康平と小石祐馬が連戦で出場

ストラーデビアンケの翌日となる3月5日(日)には、同じくイタリア・トスカーナ地方で開催されるGPインデゥストリア・エ・アルティジアナートに出場します。ストラーデビアンケと7選手が同じメンバーですが、ニコラ・バジョーリに代わり、ジュリアン・アレドンドがメンバー入りしています。

1クラスのワンディレースとなっており、ラルチアーノの街を拠点とし、2つの周回コースをそれぞれ4周回する199.2kmのレースで、2つめ、後半の周回コースには、高低差約300mの登坂区間が組み込まれています。

マンゾーニ監督は「勝負の要となる後半の周回コースに組み込まれる登坂区間では、アレドンドとサンタロミータが攻撃的に走るだろう。もし大きなグループでのゴールスプリントの展開となれば、カノラとグロスでスプリントを狙っていきたい」とコメント。

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
//GPインデュストリア・エ・アルティジアナート//
内間 康平
小石 祐馬
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ジュリアン・アレドンド(コロンビア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
監督:マリオ・マンゾーニ、ヴァレリオ・テバルディ


内間康平のコメント
前日に行われるストラーデビアンケとは違い、1クラスのレースであるが、
それでも厳しいことには変わらないこのレース。
とにかく、耐えて耐えて、チームの仕事をしていきたい。


小石祐馬のコメント
ワンデイレース連戦の2日目。
クラスが下がる分、自分にできることは多いと思う。
しっかりと仕事をこなして、
これから来る3月の重要なレースに向けてチームへのアピール、
そしてコンディションを整えていきたい。

●レース情報
GP Industria & Artigianato(GPインデゥストリア・エ・アルティジアナート)
開催期間/2017年3月5日(日曜日)
カテゴリー/1. HC
開催国/イタリア(日本との時差 マイナス8時間)
コース/ラルチアーノ〜ラルチアーノ 199.2km

公式サイト/ http://www.larcianeseciclismo.com
公式フェイスブック/ https://www.facebook.com/GpLarciano/
公式ツイッター/ @GpLarciano
ハッシュタグ/ #GpLarciano