RESULT

【GPインドゥストリア&アルティジアナート】アタックを繰り出したアレドンドが14位でフィニッシュ

2017年03月06日

3月5日にイタリア・トスカーナ地方で開催されたワンディレース「GPインドゥストリア・エ・アルティジアナート」。通称“GPラルチアーノ”と呼ばれるこのレースは今年で40回目を迎え、前日の「ストラーデビアンケ」から多くのトップ選手が連戦しました。

ラルチアーノの街を起点として、前半は平坦基調の周回コースを4周、後半は高低差約300mの登坂区間を含む厳しい周回コースを4周回する199kmのレースで、序盤から2選手の逃げが決まりました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニは登坂に強いジュリアン・アレドンドとマルコ・カノラをエースとし、集団内で彼らをサポートするべく走りました。

レースが大きく動いたのは、最終周回の登坂区間。主要チームが集団をコントロールし、ペースアップが図られるなかで、逃げていた2選手を吸収。登坂区間が始まるとそこからジュリアン・アレドンドがアタック! 3名、そして5名の先頭集団を形成し、力強く走るアレドンドでしたが、登坂区間の中盤にてメイン集団に吸収され、結果的に6選手が逃げ切り、アダム・イエーツ(オリカ・スコット)が優勝。7位以下は集団スプリントとなり、気迫の走りで前方でゴールラインを越えたアレドンドが14位でフィニッシュしました。


内間康平のコメント
チームオーダーの逃げに入ることはできなかった。
しかし、今日はいつもと違い、常に前で展開。
二人が飛び出した時点でプロツアーが蓋を閉めたがり、とりあえず様子見。
昨日のレースから連戦の選手も多いのも影響してるだろう。
チームメイトからも 「行かなくて良い」 っとの指示があった。
そんなことを話しながら走っているとイタリアのコンチネンタルチームが執拗にアタック。
それをプロチームが潰しにかかること、数回。 今日はもう行くべきではない。
ということでチームメイトと固まり距離をこなしていく。

100km地点から始まる登りを含む周回に向けてペースが上がり、登りへ突入。
今日はかなり脚が回る! カンパニョーロのクランク、ホイールもすごく回る!
だが、ラスト2回目の登りで遅れてしまった。

2日間のレースを走って、今の自分の力はまだまだだと感じる一方、
コンディションは上がって来ている! と強く感じるので、しっかり休み、
次のレースへ向けて頑張って行きたい。
引き続き応援よろしくお願いします


小石祐馬のコメント
チームオーダーは序盤にできる逃げに注意すること。
また、今日のレースのエースはアレドンドとカノラだったので、
彼らが良い状態で最後ペースが上がったところで勝負できるようにヘルプすること。

レース開始後、すぐに2人の逃げができ、アッサリと決まったように思えたが、
コンチネンタルチームは逃げに選手を送り込むべく、
そこからもアタックするので集団は落ち着かなかった。
そこからさらに2、3人が飛び出してようやく落ち着いた。

その後はカノラが近くにいたので、
彼らのサポートをしながらレース後半の登りのサーキットへ。
後半のサーキットに入ると前にゆっくり上げてほしいと言われたので、
ゆっくり風を受けながら上がって行くが、
登り直前はみんなが前で入りたいのでゴチャゴチャして、
あまり良い位置で登りに入れることができなかった。
その後は集団でこなして次の登りで遅れてしまい、レースを終えた。


マリオ・マンゾーニ監督のコメント
できるだけ多くの選手を前に残してレースを終えることを目標に、
チームはよく機能した1日だった。
アレドンドが最後の登坂区間でアタックを仕掛けたのはとても良かった。
結果につなげるためには、さらにトレーニングを積まないといけないが、
レースを重ねるごとに彼の感覚は良くなってきている。

日本人選手については、小石は昨日のストラーデビアンケからの
回復がよくできていなかったと考えている。寒さを感じ、疲れも残っている。
昨日は本当に厳しいレースであり、チームとしての仕事もハードなものだった。
内間については、レース序盤からチームの仕事をよくこなしてくれ、
残り2周回でレースを終えたが、評価できる内容だったと感じている。

●リザルト
1 YATES Adam ORICA-Scott 4:51:00
2 CARAPAZ Richard Movistar Team
3 URAN Rigoberto Cannondale-Drapac Pro Cycling Team
14 ARREDONDO Julián David NIPPO – Vini Fantini +0:18
25 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +0:25
44 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini +2:02
53 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +3:18
62 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +4:31
DNF FILOSI Iuri NIPPO – Vini Fantini
DNF UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini
DNF KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini

 

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
内間 康平
小石 祐馬
アラン・マランゴーニ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
監督:マリオ・マンゾーニ

●レース情報
GP Industria & Artigianato(GPインデゥストリア・エ・アルティジアナート)

開催期間/2017年3月5日(日曜日)
カテゴリー/1. HC
開催国/イタリア(日本との時差 マイナス8時間)
コース/ラルチアーノ〜ラルチアーノ 199.2km

公式サイト/ http://www.larcianeseciclismo.com
公式フェイスブック/ https://www.facebook.com/GpLarciano/
公式ツイッター/ @GpLarciano
ハッシュタグ/ #GpLarciano