RESULT

【ツール・ド・台湾/第2ステージ】マランゴーニが区間6位でフィニッシュ、伊藤が総合9位に浮上

2017年03月27日

3月27日、新北市にて開催された「ツール・ド・台湾」第2ステージ。台湾北部の沿岸部を往復する114.67kmのコースで、途中に3級山岳、折り返し部分に2級山岳が組み込まれていました。

序盤からアタックがかかりますが、なかなか逃げは決まらず、60kmを過ぎて2選手が先行する展開になりました。終盤の登りを終えて、集団がいくつかに分断され、JLTコンドールのジェームズ・ガレンが単独で先行する展開となりました。

メイン集団は約30名に絞られていき、そこにNIPPO・ヴィーニファンティーニは伊藤雅和とアラン・マランゴーニが残りました。登り基調のゴールに向けて、集団は逃げている1選手を懸命に追いますが、2秒差でガレンが先着。そして伊藤にアシストされる形でマランゴーニが区間6位でフィニッシュしました。伊藤は区間12位でフィニッシュしており、総合成績が首位に15秒差の9位に浮上。8位の早川朋宏(愛三工業レーシング)がアジアンリーダージャージを獲得しましたが、早川とも同タイムとなっています。


伊藤雅和のコメント
今日は最後の上りで先頭集団に残って山岳賞を狙いにいくことがオーダーでした。
上りが始まって先頭集団には残れましたが、山岳ポイントでは7.8番手くらいで取れずでした。
ゴールはアランがいたので、アランがスプリントできるように集団をまとめるイメージで走りゴール。
明日もみんなで頑張っていきます。


内間康平のコメント
最後の登りで伊藤を前に送るのを第一目標。
自分は逃げに乗ることを目標にスタート。
最初からひたすらアタック合戦が続き、60k地点で二人が飛び出す。
そこからはチームで固まり、伊藤を前に送り込むべき位置取り。
最後の登りで上手いこと伊藤を送ることができたが、自分は第三グループでゴール。
明日からまた上手く周りを見ながら走っていきたい!


窪木一茂のコメント
今日は約78km地点の登りをなんとか耐えて、
先頭グループでの小集団スプリント勝負を目指しました。
しかし、登りが終わるあと少しのところで先頭から千切れてしまい、
残り30kmは第2グループにて先頭を追走。
しかし第1グループには届かず第2集団でのゴール。
ゴール前では不意な落車をしてしまいとても残念だった。
3月はレースが空いたので練習を積んで来たのだが、なぜだか気持ちが空回りして不運続き。
焦ってしまうが、気持ちを切り替え、明日も頑張りたい。


小林海のコメント
大きな逃げができたらそこに入れるようにとスタートしましたが、
やはりコンディションが悪い。集団内で耐えて、登りで遅れてゴール。
しんどい時期が続いてますが、耐えます。

●リザルト
第2ステージ
1 GULLEN James JLT Condor 2:41:50
2 BRADBURY Edmund JLT Condor +0:02
3 AVILA Edwin Team Illuminate
6 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
12 ITO Masakazu NIPPO – Vini Fantini
74 UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini +1:48
88 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +0:54
101 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +12:16

個人総合成績
1 GULLEN James JLT Condor 4:20:45
2 AVILA Edwin Team Illuminate +0:01
3 BRADBURY Edmund JLT Condor +0:09
9 ITO Masakazu NIPPO – Vini Fantini +0:15
48 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +1:07
50 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +1:17
77 UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini +2:01
101 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +12:29

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
内間康平
窪木一茂
伊藤雅和
小林海

アラン・マランゴーニ(イタリア)
監督:福島晋一

●レース情報
Tour de Taiwan (ツール・ド・台湾)
開催期間/2017年3月26日(日曜日)〜30日(木曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/台湾(日本との時差 マイナス1時間)

3月26日(日) Stage 1 – Taipei › Taipei (83.2k)
3月27日(月) Stage 2 – New Taipei City › New Taipei City (114.7k)
3月28日(火) Stage 3 – Taoyuan › Taoyuan (118.9k)
3月29日(水) Stage 4 – Nantou › Nantou (166.6k)
3月30日(木) Stage 5 – Pingtung › Pingtung (198.8k)

公式サイト/ www.tourdetaiwan.org.tw/
公式フェイスブック/ https://www.facebook.com/Tour-De-Taiwan國際自由車環台公路大賽-122239464553708/

RACE

【デパンヌ3日間レース/事前情報】ベルギーでの難関ステージレースに小石祐馬が出場

2017年03月27日

3月28日(火曜日)から3日間、全4ステージで競われる「デパンヌ〜コクサイデ3日間レース(UCI2.HC)」に今年もNIPPO・ヴィーニファンティーニが出場します。

“クラシックの王様”と呼ばれる「ツール・ド・フランドル」を今週末に控え、自転車競技が1年のうちでもっとも盛り上がるフランドル地方にて開催される厳しいステージレースで、8つのUCIワールドチームに加え、ベルギーやオランダの強豪チームが出走します。

28日、29日は200km前後のロードレースとなっており、“カペルミュール”や“ケメルベルグ”など、フランドル地方のクラシックレースの代名詞ともなる有名な登坂区間や石畳がコースに多く組み込まれています。とくに第1ステージは終盤にいくつもの登坂区間が組み込まれており、高い難易度のコースです。また最終日となる30日は、沿岸部のデパンヌ〜コクサイデを拠点に午前に118kmのロードレース、午後に14.2kmの個人タイムトライアルが開催されます。


図: 第1ステージのコースプロフィール

NIPPO・ヴィーニファンティーニは、好調なマルコ・カノラやエドゥアルド・グロスを軸に、日本人選手は小石祐馬が出場。小石は昨年も出場しており、またU23時代をフランドル地方で過ごしたこともあり、経験を活かしての活躍が期待されています。


●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
小石祐馬
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
監督:ステファノ・ジュリアーニ、ヴァレリオ・テバルディ


小石祐馬のコメント
去年も走ったデパンヌは、とにかく3日間風が強くてタフなレース。
またクラシックシーズン真っ只中で選手のやる気もコンディションも高い。
今年はどのような展開になるかわからないが、精一杯がんばりたいと思います!


ステファノ・ジュリアーニ監督のコメント
1日目は難しいステージになるだろう。いろいろな可能性を考えて挑みたいと思うが、
軸となるのは、とても良く調子を上げているカノラ、グロス、そしてフィロージ。
風や悪天候などもあるが、チームワークを駆使して彼らで成績を狙いたいと思う。

第2ステージは距離も長いが、スプリントになる可能性が高いだろう。
第1ステージの様子もみたいが、
集団でのゴールスプリントの展開となるなら、エースはマリーニだ。
そして最終日、午前中のステージは集団ゴールスプリントが濃厚。
マリーニ、そしてグロスとカノラで狙いにいく。

●レース情報
Driedaagse De Panne-Koksijde(デパンヌ〜コクサイデ3日間レース)
開催期間/2017年3月28日(火)〜30日(木)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.HC
開催国/ベルギー(日本との時差 マイナス7時間)

Stage 1 – De Panne › Zottegem (205.5k)
Stage 2 – Zottegem › Koksijde (192.9k)
Stage 3a – De Panne › De Panne (118.5k)
Stage 3b (ITT) – De Panne › De Panne (14.2k)

公式サイト www.veloclub-depanne.be/
公式ツイッター twitter.com/Driedaagse_
公式フェイスブック www.facebook.com/driedaagse
ハッシュタグ #3dpk

●第1ステージ

●第2ステージ

●第3aステージ

●第3bステージ(個人TT)

RESULT

【コッピ・エ・バルタリ/第4ステージ】厳しい山岳コースでフィロージがアタック、中根は序盤にリタイア

2017年03月27日

4日間のステージレース「コッピ・エ・バルタリ」。最終日となる第4ステージが3月26日、2つの周回コースを組み合わせた160kmの厳しい山岳コースで開催されました。

 

スタート直後よりレースは活発に動き、アタックの攻防が続きます。速いペースで進行し、不調を訴えた中根英登は序盤より遅れリタイア。2つ目の周回コースへと入り、一時はイウリィ・フィロージがアタックを仕掛けて先行する場面もありましたが、最終的には10選手ほどの先頭集団が形成され、その集団での優勝争いとなりました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニの最高位はイヴァン・サンタロミータの34位。総合成績ではマルコ・カノラが13位となり、総合14位のサンタロミータとともにUCIポイントを獲得しました。


中根英登のコメント
スタートして、アタック合戦により伸び縮みする集団に付いてるだけで、いっぱいいっぱいな状況。
身体がまったく動かない。 最初の上りに入ってすぐに集団から離れてしまい、レースを終える事になった。
多くのレースに選抜してもらえることはとてもありがたいこと。
次のレースではしっかり走れる状態に整えて臨みたい。

●リザルト
第4ステージ
1 CALMEJANE Lilian Direct Energie 3:44:32
2 TORRES Rodolfo Andres Androni Giocattoli
3 VACHON Florian Fortuneo – Vital Concept
34 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +0:22
35 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +1:08
45 FILOSI Iuri NIPPO – Vini Fantini +3:01
110 BISOLTI Alessandro NIPPO – Vini Fantini +10:14
DNF NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini
DNF GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini

個人総合成績
1 CALMEJANE Lilian Direct Energie 13:37:51
2 SKUJIŅŠ Toms Cannondale-Drapac Pro Cycling Team +0:16
3 ROSON Jaime Caja Rural – Seguros RGA +0:31
13 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +2:34
14 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +2:37
53 BISOLTI Alessandro NIPPO – Vini Fantini +22:44
65 FILOSI Iuri NIPPO – Vini Fantini +27:07

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
アレッサンドロ・ビソルティ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)※第4ステージでリタイア
中根 英登  ※第4ステージでリタイア
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)※第2ステージでリタイア
ジュリアン・アレドンド(コロンビア)※第1aステージでリタリア
監督:マリオ・マンゾーニ、ヴァレリオ・テバルディ

●レース情報
Settimana Internazionale Coppi e Bartali (コッピ・エ・バルタリ)
開催期間/2017年3月23日(木曜日)〜26日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.1
開催国/イタリア(日本との時差 マイナス8時間)

Stage 1a – Gatteo › Gatteo (97.8k)
Stage 1b (TTT) – Gatteo a mare › Gatteo (13.3k)
Stage 2 – Riccione › Sogliano sul Rubicone (130k)
Stage 3 – Crevalcore › Crevalcore (171.4k)
Stage 4 – Fiorano modenese › Sassuolo (160k)

公式サイト/ http://www.gsemilia.it
公式フェイスブック/ https://www.facebook.com/GS-Emilia-162557197131977
公式ツイッター/ https://twitter.com/gsemilia
ハッシュタグ/#CoppieBartali