RACE

【全日本選手権ロードレース】序盤の落車に巻き込まれた内間康平、精密検査にて肋骨骨折、肺挫傷の診断

2017年06月29日

6月25日(日曜日)に青森県階上町で開催された第86回全日本選手権ロードレースにて、1周回目の落車に巻き込まれ、左の脇腹を強打した内間康平ですが、地元・沖縄の病院にて精密検査を受け、肋骨骨折(一本)と軽度の肺挫傷との診断を受けました。

これに伴い、予定しておりました月末から開催されるイタリアでのチームキャンプへの参加を見送り、現在は8月初旬のレース復帰をめざして、治療、トレーニングに専念いたします。引き続き、応援よろしくお願いします。


内間康平のコメント
今回の落車で肋骨骨折、さらに外傷性肺挫傷というケガを負いましたが、ちょうどレースが空き、休める時期だったのが幸いしました。 今は自転車には乗れませんが、来週から室内トレーナーで練習を再開。 8月から始まる後半戦へ向けてしっかり治して、またファンの皆さんの前で力強い走りを見せれるよう頑張ります!

PRESS RELEASE

【9/3開催 嬬恋キャベツヒルクライム】ダミアーノ・クネゴのゲスト参加が決定!

2017年06月29日

9月3日に群馬県吾妻郡嬬恋村にて、自動車専用道路・万座ハイウェーを使用して「嬬恋キャベツヒルクライム2017」が開催されます。大勢のサイクリストが参加するヒルクライム大会ですが、このたびNIPPOヴィーニファンティーニのキャプテン、ダミアーノ・クネゴのゲスト参加が決定しました!

クネゴは2004年のジロ・デ・イタリア総合優勝者で、イタリアだけでなく日本など全世界に大勢のファンをもち、親日家としても知られています。今回はレースカレンダーの合間を縫っての参加となりますが、日本のサイクリストの皆様と一緒に19.8km、獲得標高1010mのヒルクライムに挑むことをクネゴ自身、とても楽しみにしています。

またNIPPOヴィーニファンティーニは、他にもツール・ド・北海道出場メンバーが5、6名ほど参加する予定となっており(他の出場メンバーは追ってご案内させていただきます!)、トークショーなどのサブイベントも予定されています。

本大会は19.8kmのロングコースだけでなく、小学生のお子様と保護者による親子ペアや中学生の参加を対象とした6.2kmのショートコースもあり、ご家族で楽しめるヒルクライム大会となっています。また参加者には、地元特産のキャベツや、キャベツを模ったオリジナルサイクルキャップがプレゼントされます。

現在もエントリー受け付け中で、宿泊付きプラン等も用意されています。大会詳細やお申し込み、お問い合わせ先は公式ページをご確認ください。※クネゴやその他選手のゲスト参加は、体調不良などやむを得ない理由により直前キャンセルの可能性もあります。その点をご了承ください。

●大会公式ホームページ
http://cabe-hill.net/


ダミアーノ・クネゴ プロフィール

1981年イタリア・ベネト州生まれ。
22歳にしてイタリア最大の自転車ロードレース、ジロ・デ・イタリア総合優勝を達成し、一躍イタリアのスター選手に。その後も世界各国の名門クラシックレースなどで活躍し、日本でも2度のジャパンカップサイクルロードレース優勝など輝かしい経歴をもち、親日家としても知られている。2015年よりNIPPOヴィーニファンティーニに加入。現在までキャプテンとして伊日共同のプロコンチネンタルチームを率いる。

【略歴】
2004年 ジロ・デ・イタリア総合優勝(区間4勝)
2004年、2007年、2008年 ジロ・デ・ロンバルディア優勝
2004年、2006年、2007年 ジロ・デル・トレンティーノ総合優勝
2005年、2008年 ジャパンカップサイクルロードレース優勝
2006年 ツール・ド・フランス新人賞
2008年 アムステルゴールドレース優勝
2008年 世界選手権ロードレース2位
2016年 ジロ・デ・イタリア山岳賞ジャージ 13日間着用
グランツール(ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャ)出場回数 22回

●大会情報
嬬恋キャベツヒルクライム2017 (旧 嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム大会)
開催日/2017年9月3日(日)※雨天決行
メイン会場/三原地区~万座ハイウェー特設コース
(群馬県吾妻郡嬬恋村三原地区 スタート:嬬恋村国民健康保険診療所前~フィニッシュ:同ハイウェー終点より約1km手前)

<ロングコース>計測距離:約19.8km・標高差:約1010m・平均勾配:約5.1%
<ショートコース>計測距離:約6.2Km・標高差:約350m・平均勾配:約5.6%

イベント詳細、参加お申し込みは公式サイトをご覧ください。
http://cabe-hill.net/

RESULT

【全日本選手権ロードレース】畑中勇介が素晴らしい独走優勝、小林海の11位が最高位

2017年06月25日

6月25日(日曜日)、青森県階上(はしかみ)町にて、日本チャンピオンを決める国内最高峰の大会、全日本選手権ロードレース・エリート男子カテゴリーが開催されました。コースは山間部を使った1周14.0kmの周回コースを15周回する210km。周回コースには2箇所の登坂区間が含まれ、とても厳しいコース設定となっていました。

NIPPOヴィーニファンティーニの日本人選手は、ふだんは外国人選手とともに戦っていますが、この全日本選手権ロードレースだけは、日本人選手のみでチームを構成。大学時代に同コースで優勝経験をもつ内間康平をキャプテンに、一昨年の全日本選手権覇者の窪木一茂、抜群の登坂力をもつ中根英登、調子のよいオールラウンダーの小石祐馬、昨年U23カテゴリーにて優勝した小林海と、バランスのとれた5名で挑みました。

レースは曇天のもと午前8時にスタートし、1周回目の下り区間で前年度覇者の初山翔(ブリヂストンアンカー)がリタイアする落車が発生。NIPPOヴィーニファンティーニも内間と中根が巻き込まれました。その後、2選手とも集団復帰しましたが、内間が脇腹の痛みを訴えて途中リタイア(※レース後に受診し肋骨にヒビが入っていると診断)、レースは波乱の幕開けとなりました。

レースは中盤まで大きな動きはなく経過。そのなかで119名でスタートした集団は約40名まで人数を減らしました。8周回目に入るとブリヂストンアンカー、宇都宮ブリッツェン、キナンサイクリングら国内有力チームの4選手の逃げが形成。集団に約2分の差を付け、メイン集団は単騎で参戦する別府史之(トレック・セガフレード)がコントロール。

その後、11周回目の登坂区間で小石祐馬と中根英登らが集団のペースアップを開始。同周回内で逃げていた4選手を吸収し、25名ほどの1つの集団となりました。そして落車の影響もあり、中根はそこから離脱。12周回目の登坂区間で再び小石が集団をペースアップさせると集団は細分化され、途中窪木一茂がアタックをしかけて先行する場面もありましたが、窪木はその動きもあり、ここで遅れました。

その後、畑中勇介(チーム右京)が単独で先行をはじめ、第2追走集団に小石、第3追走集団に小林が入り、登坂区間でのペースアップにより遅れていた別府も小林の集団に追いつきました。そして最終周回を前に後続は1つにまとまり、小林と小石を含む13名の集団となりました。

そして最終周回で別府がシマノレーシング2選手とともにアタックを仕掛けるも、落車とメカトラにて失速。そこから小林がアタックを仕掛け、シマノレーシング3選手とともに追走集団を形成させましたが、4名での協調体制はうまく取れず、また単独で逃げ続ける畑中が素晴らしい走りを披露。結果、畑中が後続に1分43秒差で逃げ切り、全日本選手権を制しました。

小林の追走集団は、ゴール前で別府率いるメイン集団に吸収。2位以下を決める登り坂を使ったスプリントとなりましたが、勝機を失った小林はスプリントには参加せずに11位でレースを終え、小石が15位に続きました。

レース後に小林は「畑中選手の力を読めていなかったことが最大の敗因」と振り返りました。勝負を託された小石と小林、ともに調子がよく、登坂区間でもライバル選手たちをリードしていました。調子が良かったからこそ、最終周回、13名の後続集団が形成されたときに「皆で追えば、もしくは登坂区間でアタックを仕掛ければ、畑中選手を射程圏内に捕らえられる」と判断しましたが、その判断が勝機を逃す結果となってしまいました。

優勝しか意味のないレースで、落車により内間と中根を失ったことはとても残念な出来事ではありましたが、ライバルたちに負けない力を持ちながらも、勝てなかったことを真摯に受け止め、今回の経験を糧に、2017シーズン後半戦に挑みます。

勝利することはできませんでしたが、チームを支えていただいたIRCタイヤをはじめとしたスポンサーの皆さま、ファンの皆さまに感謝しています。引き続き、NIPPOヴィーニファンティーニは、日本人選手の強化を大切なミッションとし、世界を舞台に活動を行っていきますので、応援をよろしくお願いします。

●リザルト
1 畑中勇介(チーム右京)5:32:46
2 別府史之(トレック・セガフレード)+1:43
3 木村圭佑(シマノレーシング)+1:44
4 鈴木龍(ブリヂストンアンカー)
5 西村大輝(シマノレーシング)
6 早川朋宏(愛三工業レーシング)+1:45
7 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)
8 平井栄一(チーム右京)+1:47
9 湊諒(シマノレーシング)+1:48
10 入部正太朗(シマノレーシング)+1:56
11 小林海(NIPPOヴィーニファンティーニ)+2:03
12 石橋学(ブリヂストンアンカー)+2:06
13 土井雪広(マトリックスパワータグ)+3:43
14 高岡亮寛(Roppongi Express) +8:17
15 小石祐馬(NIPPOヴィーニファンティーニ)+8:19
16 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)+8:36
17 秋丸湧哉(シマノレーシング)
18 横塚浩平(LEOMOベルマーレ)+9:35
19 森本誠(イナーメ信濃山形)+12:59
20 平塚吉光(チーム右京)+13:56
出走119名 完走者20名

 


小林海のコメント
今日は1番強いチームで、
チームメイトたちにしっかりサポートして頂いたのに、
自分の判断ミスで勝ちを逃してしまった。
この結果をしっかり受け止めて、
これからのレースでさらに上を目指していきたい。
本当にチームメイト、応援してくれた方々に感謝しています。


小石祐馬のコメント
今日のレースは作戦としては逃げに入っていくこと。
ただレース序盤の落車等もあり、中根さんと役割を代わり、
マリノとレース終盤に備えることに。
レースを走っていても調子も良かった。
ただなかなか特殊なレースで、いつも走っているように走っているも
無駄に力を消耗させられる難しいレースだった。
何度も、力を使って先行することを試みたが協力を得れずに最後は失速。
もっと冷静に考えて行動していれば、
充分勝ちを狙える力はあったと思うだけに悔しいレースに。
この悔しさをバネにこれから始まるシーズン後半戦を戦って行きます!


中根英登のコメント
選手・スタッフ共に良い状態で最高のチームで臨んだ選手権。
スタートしてすぐの落車に巻き込まれてしまい、自分のリズムが崩れてしまった。
ゴールを狙いに行って良いオーダーだったが、すぐにユーマと役割をチェンジ。
そこからはチェックの動きや穴埋め、隙あらば逃げを作り出す動きをしていく。
5名ほどで抜け出しかけていたときにまた落車に巻き込まれた。
何度もバイクチェンジを余儀なくされたが福島監督・西メカニックの迅速な対応で助けられた。
残り5周の上りで有力選手5名ほどで抜け出した時にユーマと自分が入った。
これはチャンスと思い、踏み続けた。
逃げの4名を吸収し、マリノも追いついて来て良い感じかと思われたが
逃げることに同調するメンバーが少なく自分が力尽きてしまった。
この悔しさは必ず次のレースにぶつける。
遠方でのレースだったにも関わらず、
たくさんの方々に応援に駆けつけていただきありがとうございました。


内間康平のコメント
逃げに乗ると役割を持っていたものの、
スタートしてすぐの落車に巻き込まれてしまった。
メイングループに戻り、問題はないと感じていたが、
アタックに反応した直後、痛めた脇腹がいきなり痛み、
走ることができなくなりレースから去ってしまった。
自分が抜けた分、チームメイトに負担を大きくしてしまったが、
全員力尽きるまで頑張ってくれた。
このメンバーで走った2017年全日本選手権は忘れられないだろう。
たくさんの応援ありがとうございました!


福島晋一監督のコメント
とにかく今日は惨敗だった。
選手たちのコンディションは悪くなかったけど、
レースの中で2度あった逃げに乗るタイミングを外してしまった。
とくに終盤、窪木が行った逃げは後半であったし、
各チームのクライマーが乗ったので行かないといけなかったと思うが、
登りで踏めば追いつけるから、と判断を誤ってしまった。
無線の指示に慣れていたこと(今回は無線が使用できず)と判断ミスがあった。
畑中選手は今日はいい勝ち方をした。
今回の反省点と真剣に向き合い、これからもヨーロッパでレースが続いていくので、
各自の能力を高めていけるようにしたい。
今回、別府選手は単騎での参戦だったけど、最後まで落ち着いて2位に入った。
自分たちはみんな若いので、経験を重ねて、さらに強くなっていきたい。


●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手

内間康平
窪木一茂
中根英登
小石祐馬
小林海
監督:福島晋一


●レース情報
第86回 全日本選手権ロードレース
開催期間/2017年6月23日(金曜日)〜25日(日曜日)
カテゴリー/ナショナル選手権
開催地/青森県階上町

公式サイト  http://nationalchampionships-road.com
ツイッター  https://twitter.com/JCF_cycling
ハッシュタグ #全日本選手権ロード

6月23日(金)個人タイムトライアル
男子エリート 39km(13.0km x 3周)  ※小林海 13:31出走
6月25日(日)個人ロードレース
男子エリート 210km(14.0km x 15周) 8:00スタート

ライブ配信(無料の会員登録が必要です)
http://front.jsports-ondemand.com/p/

↓ 全日本選手権ロードレースで使用する14.0kmの周回コース