RESULT

【ハンマーシリーズ/ハンマーチェイス】白熱した新感覚チームタイムトライアル、総合8位でフィニッシュ!

2017年06月05日

オランダ・リンブルフ州で初開催された「ハンマーシリーズ」。3日目は「ハンマーチェイス」が開催されました。これは1日目の「ハンマークライム」、2日目の「ハンマースプリント」、それぞれ上位10チームに与えられるタイムボーナスをもってスタートするチームタイムトライアルで、成績上位のチームからスタートしていき、最終的な着順で勝者が決まるというルールです。

格上となるUCIワールドチームが12チーム、プロコンチネンタルチームが4チーム出走していますが、NIPPOヴィーニファンティーニは1日目のイウリィ・フィロージ、2日目のマルコ・カノラの力走により2日目終了時、総合3位の好成績に付けていました。それにより上位8チームで競う「グループ1」の3番手発走(トップチームから1分後)でスタートを切りました。

TTスペシャリストを多く擁する後発ワールドチームから追撃される結果となりましたが、粘りの走りをみせて、3位以下の6チームがまとまってしまう混乱もありましたが、最後までベストを尽くして走りきり、「グループ1」の8番手、総合8位の好成績でフィニッシュしました。

UCIワールドチームが共同で立ち上げた「Velon」が主催する、チームやファンのための新しい試みとなった本大会。やや混乱する場面はみられたものの、NIPPOヴィーニファンティーニは終始、存在感ある走りでレースをリードしました。日本でもテレビ、インターネットでの中継が行われており、多くの方に応援していただきました。ありがとうございました!


内間康平のコメント
いつもとは違うルールでのチームタイムトライアル。
いや、タイムトライアルバイクで行うロードレース?
1周目はチームタイムトライアルだったが、2周目からは他のチームとまとまり、
ロードレースみたいになってしまった。
コーナーの立ち上がりを間違えてしまい、
チームから離脱となってしまったのが、本当に残念で仕方なかった。
このレースに参加出来たこと、何より日本でも生中継で放送され、
たくさんのファンの皆さんに応援して貰えたことが選手として幸せでした!
どんどん調子を上げて、この後のレース頑張って行きます!


小林海のコメント
3日目はハンマーチェイス。
名前のとおり途中から追って追われて、抜かして抜かされてとカオスな展開に…
苦手なコーナーで立ち上がりがキツいし、TTバイクで位置どりしながら走る恐怖。
恐らく一生経験しないようなレースでした。
本当に辛かったですが、観てる方からの反響は大きかったので良かったです。
3日間、楽しかったです!

●総合成績
1 Team Sky
2 Team Sunweb
3 ORICA-Scott
4 Lotto Soudal
5 Movistar Team
6 Team LottoNL-Jumbo
7 Cannondale-Drapac Pro Cycling Team
8 NIPPO – Vini Fantini
9 Quick-Step Floors
10 Trek – Segafredo
11 BMC Racing Team
12 Roompot – Nederlandse Loterij
13 Bahrain Merida Pro Cycling Team
14 UAE Team Emirates
15 Caja Rural – Seguros RGA
16 Israel Cycling Academy

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
内間康平
小林海

ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)※ハンマークライム/ハンマーチェイス
ニコラス・マリーニ(イタリア)※ハンマースプリント
監督:マリオ・マンゾーニ



●レース情報
Hammer Sportzone Limburg(ハンマーシリーズ・スポートゾーンリンブルフ)
開催期間
/2017年6月2日(金曜日)〜4日(日曜日)
カテゴリー/ UCIヨーロッパツアー2.1
開催国/オランダ(日本との時差 マイナス7時間)

公式サイト https://hammerseries.com/limburg/overview
ツイッター https://twitter.com/hammerseries
フェイスブック https://www.facebook.com/hammerseries
ハッシュタグ #HammerSeries

6月2日 ハンマークライム  7km x 11周 15:00〜
6月3日 ハンマースプリント  12.4km x 8周  15:00〜
6月4日 ハンマーチェイス 14.9km x 3周 14:50〜/グループ1 16:05〜/グループ2

Photo Credit ; Hammer Series / https://www.facebook.com/hammerseries

RESULT

【ツール・ド・ルクセンブルク/第4ステージ】小石が終盤にアタック! 復活を遂げたビソルティがタフな登坂フィニッシュで5位入賞

2017年06月05日

5日間にわたりルクセンブルクを舞台に開催されてきた「ツール・ド・ルクセンブルク」。最終日となる第4ステージが6月4日、172kmで開催されました。

引き続きアップダウンに富んだコースレイアウトで、終盤に4周回する周回コースには、勾配9%の厳しい登坂区間が組み込まれており、その頂上がフィニッシュとなります。個人総合成績を決定づけるタフなコースレイアウトでした。

序盤より3名の逃げが先行。リーダーチームであるBMCレーシングチームが集団をコントロールしながらレースが進みました。そして終盤の周回コースに入ると小石祐馬がアタックを仕掛けて一時先行します。その後は、個人総合リーダージャージを着用するオリンピックチャンピオン、グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシング)が力を見せつけ、登坂ゴールを制し、昨年秋に落車により腰椎骨折の重傷を負ったアレッサンドロ・ビソルティが区間5位でフィニッシュ。復活を印象づける好成績を残しました。

窪木一茂と小石祐馬もそれぞれ仕事を終えて、後方集団でフィニッシュ。起伏に富む独特な地形での超級ステージレースを走り終え、手応えを掴んで次戦へと挑みます。

レースレポート(cyclowired)
http://www.cyclowired.jp/tag/term/12340


窪木一茂のコメント
今日は終盤に向けて集団内で温存。
スタート後、4km地点のスプリントポイント後に3名がエスケープを開始。
その後はペ一定ペースでレースが進む。しかしアップダウンが続く。
今日は合計7箇所の山岳ポイントがあり、徐々に体力が消耗していった。
140km地点からBMCがいよいよペースを上げ始め、横風もあり集団が騒ぎ始める…
そして終盤に小石がアタックを打ち、数名で逃げた。
今日の最後は、4kmの周回を4周してゴール。約900mの急勾配な登りであった。
160km地点の周回の登り入口でチームメイトを良い位置に連れていき、
登りの途中で千切れてしまいグルペットでゴールを目指した。
グルペットになってもペースが速く、先頭交代し今日も出し切ってレースを終えた。
ルクセンブルクでは4日間と短いステージレースだった。
日本から移動してすぐの試合で、万全な体調とは言えなかったが、
このような経験も選手として大切だと思う。今後に活かしたい。
基本的に平坦基調でレース距離も長く、細かな登り下りでインターバルがかかり、
調子を上げていけるハードな試合だったと振り返る。
毎日、力を出し切るような厳しいレース。
シーズンの真っ只中にある中で、登りも日に日に走れる感覚を取り戻せてきている。
次のレースへこのまま調子を維持し、
さらに良い状態に頭と身体のコンディションを作り上げていきたい。
応援ありがとうございました。


小石祐馬のコメント
最終日、コースはいつもどおり常にアップとダウンしかないレイアウト。
人数の多い逃げには入るようなオーダーでスタート。
レーススタート直後に3人が抜け出し、集団は落ち着くので最後に備えることに。
最後は逃げか捕まるタイミングで集団からアタックして、
5人で抜け出してラスト15キロの周回へ入った。
周回に入ると逃げからさらにアタックがかかり、こぼれてしまった。
その後は集団にパスされるも脚は残っておらず、次の登りで遅れて後方グループでゴール。
4日間通して、ほぼ毎日しっかりと力を出し切れたのは良かった。
調子の良さも確認できたのでこのままコンディションを維持して次のレースに備えたい。

●リザルト
第4ステージ
1 VAN AVERMAET Greg BMC Racing Team 4:46:08
2 KIRSCH Alex WB Veranclassic Aqua Protect
3 MEURISSE Xandro Wanty – Groupe Gobert
5 BISOLTI Alessandro NIPPO – Vini Fantini +0:04
34 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +0:48
39 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini +0:57
60 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini +2:44
64 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +2:54
83 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini +3:50

個人総合成績
1 VAN AVERMAET Greg BMC Racing Team 18:27:50
2 MEURISSE Xandro Wanty – Groupe Gobert +0:29
3 PEREZ Anthony Cofidis, Solutions Crédits +0:36
18 BISOLTI Alessandro NIPPO – Vini Fantini +1:09
31 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini +2:11
37 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini +3:34
42 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +5:37
46 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini +7:33
70 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +19:31



●レース情報

Skoda-Tour de Luxembourg(シュコダ=ツール・ド・ルクセンブルク)
開催期間/2017年5月31日(水曜日)〜6月4日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.HC
開催国/ルクセンブルク(日本との時差 マイナス7時間)

公式サイト www.aotdl.com/ 
公式フェイスブック www.facebook.com/skodatour/ 
公式ツイッター  www.twitter.com/skodatour  

5月31日  Prologue – Luxembourg › Ville (2.14k)
6月1日   Stage 1 – Luxembourg › Bascharage (172k)
6月2日   Stage 2 – Steinfort › Walferdange (178.4k)
6月3日   Stage 3 – Eschweile › Wiltz-Diekirch(192.9K)
6月4日   Stage 4 – Mersch › Luxembourg(174.6k)