PRESS RELEASE

リヴィーニョでの高地キャンプに愛三工業レーシングチームが参加

2017年07月08日

NIPPOヴィーニファンティーニは、シーズン後半戦(とくに高地で開催されるツアー・オブ・チンハイレイク、ツアー・オブ・ユタ、コロラドクラシック)に向けて、6月28日から7月12日までの日程で、スイス国境に近い高地トレーニングの聖地イタリア・リヴィーニョにてトレーニングキャンプを実施しています。

リヴィーニョは多くのワールドツアーチーム、ヨーロッパ各国のナショナルチームもキャンプを張る世界屈指の高地トレーニング地です。現在、チームが滞在しているホテルは標高約2200mで、標高1700mほどのリヴィーニョから峠を一つ越えた先にある静かなホテルです。NIPPOヴィーニファンティーニの日本人選手は、中根英登と小石祐馬のみが参加していますが、雄大な自然に囲まれた山岳エリアで日々、トレーニングに明け暮れています。

そして7月4日より国内コンチネンタルチームである愛三工業レーシングチームから、プロ1年目の渡邊翔太郎選手、別府匠チームマネージャー、西谷泰治テクニカルディレクターが合流。現在、視察を兼ねたスタッフ研修の一環としてトレーニングキャンプに参加しています。

日本人選手の強化を柱としたジャパンプロサイクリングの活動に賛同する愛三工業株式会社と長年アジアを舞台に活躍を続ける愛三工業レーシングチームは、昨季末に主軸選手であった伊藤雅和と中根英登のNIPPOヴィーニファンティーニへの移籍をバックアップ。両選手は活動範囲を世界に広げ、着実なステップアップをみせています。

そして、今回の合同トレーニングもジャパンプロサイクリングの働きかけにより実現しました。ヨーロッパを拠点とするプロコンチネンタルチームのトレーニングキャンプに参加することは、若手選手だけでなく、競技には必要不可欠な重要な役職を担う2名の若いスタッフにとって、非常に有意義なものとなり、国内の競技環境の向上につながると、NIPPOヴィーニファンティーニ、およびジャパンプロサイクリングは期待しています。

大門宏監督のコメント
今シーズンは、ジャパンプロサイクリングとの新たな試みとして、NIPPOヴィーニファンティーニと国内コンチネンタルチームである愛三工業レーシングチームとの提携をスタートし、新たに中根英登、伊藤雅和の両選手が世界ランキングを志ざす戦力として加わった。

5月の伊藤選手の大ケガは本当に残念な出来事だったが、それまでの彼の躍進は目覚ましく、また中根選手の成長も目を見張るものがあリ、イタリア人メンバーとの新たなスタイル、国内チームと提携するプロジェクトに大きな手応えを感じている。

今回のイタリアでの愛三工業レーシングとの合同トレーニングキャンプも、提携及び協力体制の一環として実施された。愛三工業レーシングから派遣された選手は若手の筆頭である渡辺選手1名だが、運営スタッフの別府チームマネージャー、西谷テクニカルディレクターが視察を兼ねて派遣されたことは非常に大切な意味があり歓迎すべきことだ。

今回は約10日間と短期間だが、この素晴らしいトレーニング環境で高地トレーニングの基礎知識を学びつつ、少しでもスタッフの選手に対する接し方をあらゆるアングルから学んでもらい、ぜひチーム運営、選手への指導に役立ててほしいと思っている。

来季の話をするのは早すぎるかもしれないが、来シーズンはより多くの国内チーム、選手にも声をかけ、各チームとの提携を拡げながら、我々のチームの環境を有望な日本人選手に提供し、ジャパンプロサイクリングの活動を理解して頂く努力を努めながら、軌道に乗せていきたいと願っている。

●今後のレーススケジュール
7月16日    トロフェオ・マッテオッティ(イタリア、ヨーロッパツアー1.1)
7月16日〜29日    ツアー・オブ・チンハイレイク(中国、アジアツアー2.HC)
7月31日    サーキット・デ・ゲチョ(スペイン、ヨーロッパツアー1.1)
7月31日〜8月6日    ツアー・オブ・ユタ(アメリカ、アメリカツアー2.HC)
8月1日〜5日    ブエルタ・ア・ブルゴス(スペイン、ヨーロッパツアー2.HC)
8月10日〜13日    アーティックレース・オブ・ノルウェー(ノルウェー、ヨーロッパツアー2.HC)
8月10日〜13日    コロラド・クラシック(アメリカ、アメリカツアー2.HC)
8月12日    アスタナ・エキスポ・インターナショナル・クリテリウム(カザフスタン、国際クリテリウム)