NEWS

【ツアー・オブ・ユタ/第1ステージ】集団ゴールスプリントでカノラが7位、小石も好調さをアピール

2017年08月01日

7月31日、アメリカ・ユタ州にて7日間の超級ステージレース「ツアー・オブ・ユタ」が開幕しました。初日の第1ステージは麓の街から山岳を越え、湖を一周し、再び山岳を越えてスタートした街に戻る215kmのステージでした。スタート直後から最初の山岳ポイントに向けての登坂が始まるコースレイアウトで、何度もアタックの攻防が繰り返されながら、レースが進んで行き、山頂を越えるときには10名の先頭集団が後続から5分のリードを奪いました。

その後の平坦区間で、タイム差は最大で7分強まで開きましたが、次の山岳で先頭から遅れる選手も増え、下り区間で集団は先行する選手たちをすべて吸収。集団ゴールスプリントの展開となり、マルコ・カノラが区間7位でフィニッシュしました。小石祐馬も調子の良さを感じながら、メイン集団にてフィニッシュ。明日からの厳しいステージに備えます。

リザルト
第1ステージ

1 MAGNER Ty Holowesko-Citadel Racing Team 4:56:49
2 LAWLESS Christopher Axeon Hagens Berman
3 MCCABE Travis UnitedHealthcare Pro Cycling Team
7 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
53 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini
55 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini
67 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini
94 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +4:15
117 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini +11:15

個人総合成績
1 MAGNER Ty Holowesko-Citadel Racing Team 4:56:39
2 LAWLESS Christopher Axeon Hagens Berman +0:04
3 BERRY Josh Jelly Belly p/b Maxxis
9 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +0:10
54 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini
67 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini
56 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini
95 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +4:25
117 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini +11:25



小石祐馬のコメント
今日は7日間のステージレースの初日なので特に作戦といった作戦はなく、
人数の多い逃げや最後スプリントになる場合カノラのサポートなど。
調子も良かったので、途中の登りでのペースアップでもカノラ、サンタロミータとともに
先頭に残っていい展開になるかと思ったが、
ペースが上がらず結局大勢追いついて来て、集団ゴールスプリントに。
調子も良いので、明日からコースはさらにアップダウンが激しくなりますが頑張ります!

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
小石祐馬
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア ※トレーニー)
監督:マリオ・マンゾーニ

●レース情報
The Larry H.Miller Tour of Utah (ツアー・オブ・ユタ)
開催期間/2017年7月31日(月曜日)〜8月6日(日曜日)
カテゴリー/UCIアメリカツアー2.HC
開催国/アメリカ(日本との時差ー15時間)

公式サイト  https://www.tourofutah.com
フェイスブック https://www.facebook.com/tourofutah/
ツイッター  https://twitter.com/TourofUtah
ハッシュタグ #TOU2017

7月31日 Stage 1 – Logan › Logan  215k
8月1日 Stage 2 – Brigham City › Snowbasin Resort  152k
8月2日 Stage 3 – Big Cottonwood Canyon › Big Cottonwood Canyon    9k, ITT
8月3日 Stage 4 – South Jordan City › South Jordan City  203k
8月4日 Stage 5 – Layton › Bountiful  185k
8月5日 Stage 6 – Heber Valley › Snowbird Resort  99k
8月6日 Stage 7 – Salt Lake City › Salt Lake City  118k

NEWS

【サーキット・デ・ゲッチョ】悔しい結果に終わったスペインでの西村大輝デビュー戦

2017年08月01日

7月31日、北スペインでワンディレース「サーキット・デ・ゲッチョ」が開催され、翌日の8月1日からの「ブエルタ・ア・ブルゴス」に参戦するメンバーが出場しました。

1周17kmの周回コースを10周回する170kmのレースで、フィニッシュライン前の約700mが登坂区間となっており、またレースは終始雨が振り続ける厳しいコンディションのなかで開催されました。

スタート直後に40名の先頭集団が形成され、結果的にその動きが決定的なものに。NIPPOヴィーニファンティーニからは唯一、ニコラ・バジョーリが先頭集団に入ったものの、最終周回にて落車。後続集団とは大きく差が開いており、チームにとっては厳しいレースとなりました。

この大会でトレーニーとして欧州でのプロデビュー戦を迎えた西村大輝(シマノレーシング所属)は、後方集団にてフィニッシュ。先頭集団に入る決定的なチャンスを掴めなかった悔しさをバネに、続いて参戦する「ブエルタ・ア・ブルゴス」での活躍を誓います。

●リザルト
1 BARBERO Carlos Movistar Team 3:53:06
2 MADRAZO Ángel Delko Marseille Provence KTM +0:02
3 HERRADA José Movistar Team +0:04
49 BOU Joan NIPPO – Vini Fantini  +12:16
68 NISHIMURA Hiroki NIPPO – Vini Fantini
70 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini +12:27
73 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini
DNF BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini
DNF FILOSIIuri NIPPO – Vini Fantini
DNF BISOLTI Alessandro NIPPO – Vini Fantini


小林海のコメント
中国、日本、スペインと移動してきて、脚の調子がどうか分からない状態でスタート。
前でスタートし、位置も、脚も悪くなかったが、集団が行くのを見送ってしまった。
そっからは完走するだけ。アマチュアレースのような展開で、
アマチュアの頃に何度も味わった後悔の残るレースにしてしまった。
明日からのブエルタ・ア・ブルゴスは良い流れを掴むきっかけにしたい。


西村大輝のコメント
人生初のヨーロッパツアー1クラスのレースを終えた。
朝から雲行きが怪しく、レースは雨の中行われた。
集団の前方に位置し、8人以上が抜け出して行ったら自分も乗るように言われていたが、
多数のメンバーが抜け出して行く場面でも逃げに乗る事はできず、
指示を果たせないままグルペットでゴールした。
明日から出場のブエルタ・ア・ブルゴスでは、
さらにカテゴリーが上がりHCクラスになるが、何事にもとにかくチャレンジ精神を持って、
スタジエールとして与えられたチャンスを必ずや物にしたい。

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
小林海
西村大輝(※トレーニー)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
アレッサンドロ・ビソルティ(イタリア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
ホアン・ボウ(スペイン ※トレーニー)
監督:ヴァレリオ・テバルディ、ステファノ・ガルゼッリ

 

●レース情報
73rd Circuito de Getxo ‘Memorial Ricardo Otxoa’(サーキット・デ・ゲッチョ)
開催期間/2017年ヨーロッパツアー1.1
開催国/スペイン(日本との時差7時間)
レース距離/170km

公式サイト  www.puntagalea.com/
フェイスブック  https://www.facebook.com/PuntaGaleaTxE
ツイッター  https://twitter.com/PuntaGaleaTxE
ハッシュタグ #puntagaleatxe #Getxokirolak