RACE

メカニック研修生・日本大学4回生小松定俊レポート「ツアー・オブ・チンハイレイクでの経験」

2017年08月02日

7月16日から29日まで、休息日を含む全14日間、前後の移動・準備期間を含めると3週間を超える長い遠征に、日本大学4回生の小松定俊がメカニック研修生として参加し、チームメカニックの西のもとプロメカニックの仕事を経験しました。標高3000mを超える高地での開催、またアジアツアーでは最長期間という特殊なレースでしたが、そのなかでチームは区間2勝の好成績を上げました。貴重な経験を積んだ小松から、帯同レポートが届きました。

ー今回の遠征でもっとも難しく感じたのは、ステージレースのためほぼ毎日、宿が変わると同時に作業をする環境が変わるのでそれに対応すること。僕はレース期間中、主に洗車を担当していました。宿によっては洗車場のスペースも広く高圧洗浄機が備え付けられていて作業しやすい環境もありましたが、場所によっては洗車場が狭いことや水道の水圧が低い所、また設備が高圧洗浄機しかなかったうえ、大元の電気がショートして高圧洗浄機が使えなくなったこともありました。そういった場所でもスピード、クオリティを落とさず、作業しなくてはいけないというのはとても難しく感じました。

逆に1番嬉しかったことは、やはりチームが勝ったときでした。チーム帯同は約2週間の短い期間でしたが、僕のことを気にかけて話しかけてくれる選手もいて、そんな選手たちと勝利を分かち合えたのはとても嬉しかったです。

現場で働くメカニックの仕事を見て、特に海外のレースでプロのメカニックとして仕事をするには技術も必要ですが、言葉の大切さも改めて実感しました。選手とのコミュニケーションをとることや無線を聞きとることもメカニックに求められているスキル。マッサーとの意思の疎通も同じチームで仕事をする上で必要だと感じました。

さらに他チームのメカニックとのコミュニケーションも大事なことでした。些細なことですが洗剤や道具などを貸し借りする場面も多くあり、困った時はメカニック同士で助け合って仕事をしているんだと感じました。その助け合いの中でもやはりコミュニケーション能力が重要でした。

また今回の2週間でプロのメカニックの効率的で正確な技術を知ることができました。スピードが速いにもかかわらず、作業は正確にできていることに驚きました。まだ教えていただいたことの全てできるようになったというわけではありませんが、知識を得ることはできたので、これから1つずつ実践していきたいと思います。そして2週間プロのメカニックの仕事を見て改めて自分もプロのメカニックになりたいと思いました。

最後に、今回の遠征にあたり、快く送り出してくださった日本大学自転車部にも感謝しています。この経験と教えていただいた知識を活かして、あと1ヶ月後に迫った最後のインカレで日本大学が総合優勝できるようにメカニックとして全力を尽くしていきたいと思います。


日本大学4年 小松定俊

RESULT

【ツアー・オブ・ユタ/第2ステージ】厳しい山岳ステージでマルコ・カノラがエスケープ

2017年08月02日

8月1日、ツアー・オブ・ユタの第2ステージがBrigham CityからSnowbasin Resortまでの152kmで開催されました。コースの特徴はスタート直後から登り始め、終盤にも2つの山岳が設定され、フィニッシュラインも山頂に設定される厳しい登りのステージでした。
NIPPOヴィーニファンティーニは、小石祐馬とジャコーモ・ベルラートで逃げに乗っていく作戦でしたが、登坂区間でのアタック合戦では逃げは決まらず、最初の中間スプリントポイントをすぎて、マルコ・カノラを含む3名の逃げが先行していきました。

逃げは最大で5分強のリードを奪いましたが、カノラは2つ目の登坂区間で集団に吸収。その後、逃げていた選手はすべて集団に戻り、総合成績を狙う選手たちの山岳決戦となりました。

NIPPOヴィーニファンティーニは登坂のエースをサンタロミータが努めていますが、思うような走りには届かず、区間34位、トップから3分49秒差でレースを終えました。

 ●リザルト
第2ステージ

1 BOOKWALTER Brent BMC Racing Team 3:38:12
2 KUSS Sepp Rally Cycling
3 PICCOLI James Elevate – KHS Pro Cycling
34 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +3:49
49 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +11:21
56 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +17:39
67 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini
85 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
93 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini

個人総合成績
1 KUSS Sepp Rally Cycling 8:35:01
2 BOOKWALTER Brent BMC Racing Team
3 PICCOLI James Elevate – KHS Pro Cycling
33 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +3:49
48 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +11:21
63 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +17:39
69 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini
98 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +21:54
111 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini +28:54



小石祐馬のコメント
今日は昨日とは違い、ベルラートと2人が逃げ要員で、
50キロほどアタック合戦するも、逃げれず。
その後、カノラが3人の逃げで抜け出してた。
そこからは山岳エースのサンタロミータの側で備えて、
最後の山岳2連続に入るもペースアップで前には残れず。
まだまだレースは続くので引き続き頑張ります!

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
小石祐馬
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア ※トレーニー)
監督:マリオ・マンゾーニ

●レース情報
The Larry H.Miller Tour of Utah (ツアー・オブ・ユタ)
開催期間/2017年7月31日(月曜日)〜8月6日(日曜日)
カテゴリー/UCIアメリカツアー2.HC
開催国/アメリカ(日本との時差ー15時間)

公式サイト  https://www.tourofutah.com
フェイスブック https://www.facebook.com/tourofutah/
ツイッター  https://twitter.com/TourofUtah
ハッシュタグ  #TOU2017

7月31日 Stage 1 – Logan › Logan  215k
8月1日 Stage 2 – Brigham City › Snowbasin Resort  152k
8月2日 Stage 3 – Big Cottonwood Canyon › Big Cottonwood Canyon    9k, ITT
8月3日 Stage 4 – South Jordan City › South Jordan City  203k
8月4日 Stage 5 – Layton › Bountiful  185k
8月5日 Stage 6 – Heber Valley › Snowbird Resort  99k
8月6日 Stage 7 – Salt Lake City › Salt Lake City  118k

RESULT

【ブエルタ・ア・ブルゴス/第1ステージ】登坂フィニッシュで新人バジョーリが区間11位入賞、チーム成績2位

2017年08月02日

8月1日より、5日間のヨーロッパツアー超級にカテゴライズされるステージレース「ブエルタ・ア・ブルゴス」がスペイン北部にて開幕しました。NIPPOヴィーニファンティーニは西村大輝とスペイン人のジョアン・ボウの2名のトレーニーを含めて、7名での出走をなります。
第1ステージはブルゴスの街をスタート/フィニッシュとする平坦基調のステージとなっていますが、ゴールラインが3級山岳の頂上に設定されるのが特徴です。

レースは序盤より12名の逃げが先行し、そこにトレーニーのボウが入ります。その後、逃げは最大で4分のタイム差を稼ぎながらも、徐々に人数を減らしていき、残り22km地点で最後の一人が集団に吸収。

頂上フィニッシュを見据え、残り8km地点で、勝者となるミケル・ランダ(チームスカイ)がアタックし、2選手が追走を仕掛けます。そのままランダが逃げ切り勝利、セルゲイ・チェルネツキ(アスタナ)も逃げ切り2位に入り、後続はメイン集団に追いつかれる形となり、NIPPOヴィーニファンティーニは好調さをみせるプロ1年目のニコラ・バジョーリが11位でフィニッシュ。16位にビソルティ、18位にデネグリと続き、各チーム上位3選手の成績で競われるチーム成績でチームスカイに次ぐ2位となりました。

日本人選手の小林は最後の局面でメイン集団から遅れ、74位でフィニッシュ。トレーニーの西村も初めての超級ステージレースとなりましたが、無事に完走を果たしています。

●リザルト
第1ステージ

1 LANDA Mikel Team Sky 3:25:58
2 CHERNETCKII Sergei Astana Pro Team +0:02
3 ALAPHILIPPE Julian Quick-Step Floors +0:03
11 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini +0:07
16 BISOLTI Alessandro NIPPO – Vini Fantini
18 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini
71 FILOSI Iuri NIPPO – Vini Fantini +1:33
74 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +2:52
106 NISHIMURA Hiroki NIPPO – Vini Fantini +4:30
125 BOU Joan NIPPO – Vini Fantini +12:16

個人総合成績
1 LANDA Mikel Team Sky 3:25:58
2 CHERNETCKII Sergei Astana Pro Team +0:02
3 ALAPHILIPPE Julian Quick-Step Floors +0:03
11 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini +0:07
16 BISOLTI Alessandro NIPPO – Vini Fantini
18 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini
71 FILOSI Iuri NIPPO – Vini Fantini +1:33
74 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +2:52
106 NISHIMURA Hiroki NIPPO – Vini Fantini +4:30
125 BOU Joan NIPPO – Vini Fantini +12:16



小林海のコメント
スタートから昨日の疲れを少し感じるが悪くない。
逃げがすぐに決まると予想していたため、ファーストアタックした集団に入る。
これは決まらず、次の逃げが決まり、ジョアンが乗ってくれた。
そこからは風に注意しながら上手く集団内を走れた。
このあたりは去年より余裕が持てるようになったと感じられた。
最後の位置どりではあと数人分前にいれたら最後まで残れていたはず。
脚も付いてきたので、自分が選手としてもう一皮剥け、
このレベルで勝負する人間になるためにはこれが課題。
今日のレースを大事にして、明日はより良い走りをする。


西村大輝のコメント
僕にとっては人生初のHCカテゴリー。
このクラスはアジアツアーでさえも経験がなく、正真正銘の初めてだった。
会場に到着すると、チームスカイ、モビスター、クイックステップ、ディメションデータ等の
超一流チームのテレビやインターネット、雑誌でしか見ない様な錚々たる面々を前に、
「これから、この選手たちと同じレースを走るんだ。」と胸が高鳴った。
チームからの指示は、3人ほどが集団から抜け出したら、
そこへブリッジをかける選手たちをチェックして逃げに乗って行くこと。
自ら動く必要は無いと言われた。
ニュートラルが終わり、リアルスタートが切られるとペースが猛烈に上がり、
アタックのチェックどころか集団にしがみつくだけで精一杯となってしまった。
集団にとっては何てことのない横風や、上り、コーナーの立ち上がり等、
僕にとっては毎回とても苦しかった。
普段は当たり前にできる、チームカーにボトルを取りに行って、
チームメイトに配る作業でさえも必死だった。
国内を主戦場にしていた僕にとっては全てが新鮮で、
とにかく一つ一つ学んで行く事が大切だと感じた。
そして、シーズンを通してこのようなレース環境を自分の主戦場にできたならば、
どれほど良いだろうかと心の底から思った。
明日からも限りあるチャンスを大切にし、自分の居場所を勝ち取りたい。

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
小林海
西村大輝(※トレーニー)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
アレッサンドロ・ビソルティ(イタリア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
ジョアン・ボウ(スペイン ※トレーニー)
監督:ヴァレリオ・テバルディ、ステファノ・ガルゼッリ

●レース情報
Vuelta a Burgos(ブエルタ・ア・ブルゴス)
開催期間/2017年ヨーロッパツアー2.HC
開催国/スペイン(日本との時差7時間)

公式サイト  www.vueltaburgos.com/
ツイッター www.twitter.com/vueltaaburgos
ハッシュタグ #VueltaBurgos