RESULT

【コロラド・クラシック/第1ステージ】起伏に富んだ開幕ステージでカノラが4位、小石もトップ集団でフィニッシュ

2017年08月11日

8月10日、アメリカ・コロラド州で初開催となる4日間の「コロラド・クラシック(UCIアメリカツアー2.HC)」が開幕しました。

第1ステージはコロラドスプリングスのダウンタウンをスタート/フィニッシュとした25kmの周回コースを6周回する150kmのステージで、途中景勝地としても有名な赤い岩山が立ち並ぶ“神々の庭園”も通過、ここが獲得標高約200mの登坂区間となっていました。

スタート直後にジャコーモ・ベルラートを含む5選手の逃げが決まり、その後1選手がブリッジに成功し、6名の先頭集団が形成されました。集団から約3分半のリードを奪い、順調に先行を続けていましたが、しだいに雲行きが怪しくなり、レースが中盤を迎えると激しいスコールのような雨に見舞われました。

3周回終了時、タイム差は約1分30秒まで縮まりましたが、先頭集団内での山岳賞を狙うアタックもありその後タイム差は2分まで開きます。メイン集団はスプリントを狙うチームが牽引の人数を増やして懸命に前を追いました。

その後、再び雨脚が強くなると先頭集団は登坂区間にて崩壊。そしてほとんどの有力チームが選手を送る15名の先頭集団に小石祐馬が入りましたが、最終周回に入る平地区間では、タイラー・フィニー(キャノンデール・ドラパック)が単独で先行する展開となりました。有力選手の先行にメイン集団も警戒し、厳しい天候のなかで懸命の攻防が続き、フィニーは最後の登坂区間を前に集団に吸収され、代わって登坂区間ではイヴァン・サンタロミータを含む3選手が先行を始めます。

あわや逃げ切りという展開も予想されましたが、3選手は残り500m地点で加速するメイン集団に吸収。50名弱に人数を減らした集団でのゴールスプリントの展開となり、マルコ・カノラが4位でフィニッシュしました。

「最終コーナーではとても良い位置にいたけど、逃げていた選手を吸収する動きがあり、そのなかでやや後ろから、ギャップを埋めてからのスプリントになってしまったので悔しさが残る。でもサンタロミータの走りは素晴らしかった!」とカノラ。残るステージで再び勝利を狙って走ります。

 

●リザルト
第1ステージ
1 MURPHY John Holowesko-Citadel Racing Team 3:33:30
2 MCCABE Travis UnitedHealthcare Pro Cycling Team
3 OWEN Logan Axeon Hagens Berman
4 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
30 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini
56 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini
71 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +4:42
82 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +7:17
88 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini +10:23

個人総合成績
1 MURPHY John Holowesko-Citadel Racing Team 3:33:20
2 MCCABE Travis UnitedHealthcare Pro Cycling Team +0:04
3 OWEN Logan Axeon Hagens Berman +0:06
4 MOLINA Antonio Caja Rural – Seguros RGA +0:08
5 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +0:10
31 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini
56 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini
74 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +4:52
82 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +7:27
88 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini +10:33


小石祐馬のコメント
25キロの周回を6周する150キロのステージ。
レーススタート直後に、ベルラート含む逃げが決まったので集団はゆっくり。
最後はスプリントになる可能性が高いので、エースのカノラの側でみんな固まって走る。
逃げが捕まるまでは特に何もなく、捕まると同時に15人弱の集団ができたので、
そこに入るが、あまりペースは上がらずに、最終周回に入るところで吸収される。
その後は登りでペースが上がるも、遅れることなく集団に残って、そのままゴール。
体調もしっかりと回復しているので、残り3日間全力で頑張ります!!

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
小石祐馬
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア ※トレーニー)
監督:マリオ・マンゾーニ

●レース情報
Colorado Classic 2017(コロラド・クラシック)
開催期間/2017年8月10日(木曜日)〜8月13日(日曜日)
カテゴリー/UCIアメリカツアー2.HC
開催国/アメリカ(日本との時差  ー15時間)

公式サイト  coloradoclassic.com
フェイスブック https://www.facebook.com/ColoradoClassicPro/
ツイッター  https://twitter.com/CoClassicPro
ハッシュタグ  #ColoradoClassic

8月10日 Stage 1  Colorado Springs  150.4km
8月11日 Stage 2  Breckenridge  103km
8月12日 Stage 3  Denver   130km
8月13日 Stage 4  Denver city circuit   120.1km

RESULT

【アークティックレース・オブ・ノルウェー/第1ステージ】雨に見舞われた冷たい北極圏でのレース

2017年08月11日

📷: A.S.O. / Rune Dahl

8月10日、北極圏となるノルウェー北部で4日間の「アークティックレース・オブ・ノルウェー」が開幕しました。今年で5回目の開催を迎えた本レースは、「ツール・ド・フランス」の主催者A.S.O.が手がけるレースとしても有名で、出場全チームはベルギーから特別にチャーターされた航空機で一路、北ノルウェーへと入りました。

第1ステージはEngenes (Andørja)からNarvikまでの156.5 kmのステージで、途中1級山岳が2箇所に組み込まれたやや起伏のあるコースで、ゴール前にも短い登坂区間があるのが特徴でした。

レースがスタートすると冷たい雨が降り出してきました。そのなかで4選手の逃げが決まり、最大で後続に4分35秒ほどリードしましたが、残り25km地点で集団に吸収されると、こんどはエドゥアルド・グロスが単独でアタックを仕掛けて先頭に立ちます。グロスは雨の中、独走を続けましたが、残り13km地点で集団に吸収されました。残り距離が短くなっていくなか、その後もアタックの攻防が続くハイスピードな展開で進み、メイン集団は大きく人数を減らしました。

急勾配な登坂区間を越えてBMCレーシングチームのディラン・トゥーンスが後続に2秒の差を付けて優勝。NIPPOヴィーニファンティーニは、ピエールパオロ・デネグリの34位が最高位でした。

西村大輝は終盤にメイン集団から遅れながらも、寒さに耐えて無事に完走。スペインのレースとはまったくタイプの異なるプロ2戦目ですが、世界トップクラスでの実戦を通して様々なことを吸収しています。

 

●リザルト
第1ステージ
1 TEUNS Dylan BMC Racing Team 3:36:14
2 JENSEN August Team Coop +0:02
3 PASQUALON Andrea Wanty – Groupe Gobert
34 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini +0:34
37 BISOLTI Alessandro NIPPO – Vini Fantini
48 BOU Joan NIPPO – Vini Fantini +1:22
69 CUNEGO Damiano NIPPO – Vini Fantini +2:42
99 NISHIMURA Hiroki NIPPO – Vini Fantini +5:16
107 GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini +8:42

個人総合成績
1 TEUNS Dylan BMC Racing Team 3:36:04
2 JENSEN August Team Coop +0:06
3 PASQUALON Andrea Wanty – Groupe Gobert +0:08
34 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini +0:44
37 BISOLTI Alessandro NIPPO – Vini Fantini
48 BOU Joan NIPPO – Vini Fantini +1:32
70 CUNEGO Damiano NIPPO – Vini Fantini +2:52
99 NISHIMURA Hiroki NIPPO – Vini Fantini +5:26
107 GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini +8:52


西村大輝のコメント
第1ステージを終えた。
チームからの指示は逃げに乗ること、集団内では常に前をキープし、
スタートも前に並んでスタートすること、そしてチームメイトの近くで走ること。
言葉の壁があるので、100%こう言っていると断言はできないが、
多分これで合っていると思う。
気合を入れて前をキープしてアタックに反応していくも逃げには乗れなかった。
アタックでは毎回かなりキツく、僕にとっては毎回がスプリント状態だった。
途中から雨が降り出し、チームカーに自分とチームメイトの雨具を取りに行った。
ボトルや補給食ではなく、レインジャケットを取りにチームカーに下がるということは
僕にとっては初めてで、また一つ初めてのことを経験できた。
残り10キロちょっとのところで集団から遅れ、グルペットでゴールした。
今日は非常に寒いレースとなった。
今晩もしっかりと休んで明日以降のステージも全力で挑戦する。

📷 A.S.O. / Gautier Demouveaux

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
西村大輝(※トレーニー)
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
アレッサンドロ・ビソルティ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
ホアン・ボウ(スペイン ※トレーニー)
監督:ヴァレリオ・テバルディ


●レース情報

Arctic Race of Norway(アークティックレース・オブ・ノルウェー)
開催期間/2017年8月10日(木曜日)〜8月13日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.HC
開催国/ノルウェー(日本との時差ー7時間)

公式サイト  http://www.letour.com/indexARN_us.html
フェイスブック https://www.facebook.com/ArcticRaceofNorway
ツイッター  https://twitter.com/ArcticRaceofN
ハッシュタグ   #ArcticRace

8月10日 Stage1  Engenes (Andørja) > Narvik    156.5 km
8月11日 Stage2    Sjøvegan > Bardufoss Airport    184.5 km
8月12日 Stage3    Lyngseidet (Lyngen Alps) > Finnvikdalen (Tromsø)    185.5 km
8月13日 Stage4     Tromsø > Tromsø    160.5 km