RESULT

【グランプレミオ・ブルーノ・ベゲッリ】マルコ・カノラがスプリントで7位入賞

2017年10月03日

10月1日にエミリア=ロマーニャ州にて開催されたワンディレース「グランプレミオ・ブルーノ・ベゲッリ(UCIヨーロッパツアー1.HC)」は196km、序盤に平坦をこなしたあと、中盤以降は1周13.3kmの登坂区間を含む周回コースを10周回するコース設定となっていました。

中盤を過ぎてからは、何度も逃げが先行しては吸収される展開を繰り返し、チームからもエドゥアルド・グロスが先行するシーンがありましたが、決定的な展開とはならずに、プロツアーチームがコントロールするなかレースは終盤に入りました。

最終周回の登坂区間で大きな動きがあり、マルコ・カノラを含む各チームのエース級選手ら12名の選手が先行します。人数を減らしたメイン集団も射程圏内で追いますが、カノラらは逃げ切りをめざして懸命にペースアップをします。そのなかで残り5km地点でルイスレオン・サンチェス(アスタナ)が先頭集団から単独でアタック。独走体制へと持ち込み、後続に6秒差で逃げ切り優勝。

残された11名の選手はゴール直前で大きな集団に吸収され、後続は約30名でのゴールスプリントとなり、カノラが7位でフィニッシュしました。

中根英登と小林海は連戦の疲労からコンディションが優れず、中盤までチームの仕事をこなして無理をせずにリタイア。それぞれの次戦に照準を絞ります。


●リザルト

1 SANCHEZ Luis Leon Astana Pro Team 4:27:30
2 COLBRELLI Sonny Bahrain Merida Pro Cycling Team +0:06
3 VIVIANI Elia Team Sky
7 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
16 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini
34 STACCHIOTTI Riccardo NIPPO – Vini Fantini +0:10
68 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini
70 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
DNF GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini
DNF KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini
DNF NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini


中根英登のコメント
今シーズン最後のイタリアでのレース。 スタートして最初の2回のアタックに反応したが捕まり、3回目のアタックで逃げが決まる。レース開始から約5分。 周回コースに入るまでは集団中盤〜前方あたりをキープするように心掛けてチームで固まって走る。 周回コースには緩い上りが1つ。いつもならまったく問題ない上りだが、疲労からくる脚の重たさで明らかに調子が良くないのを感じた。 残り5周回の上りでアタックが掛かり、集団のペースが上がって踏めずに遅れてしまった。

この秋のイタリア連戦は、シーズン序盤と比べて自分の力が高まっているかどうかが試せると思い楽しみにしていた。 前半3レースではレース中の余裕であったり、上りゴールの勝負所に残れたり、ロングエスケープしたりと確実に自分の力が高まっているのを実感できた。 後半2レースはレベルも上がり、さらに疲労が回復し切らずで上手くいかなかったが、まだまだやれることはあると感じた。まだまだ自分は強くなれる。今シーズンは残るレースが2つ。最後まで自分の力をしっかり発揮できるように調整して、今シーズンを締めくくりたい。

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
中根 英登
小林 海
マルコ・カノラ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
監督:マリオ・マンゾーニ