RESULT

【ミラノ〜トリノ】スペルガの丘を駆け上がるイタリア最古のクラシックレース

2017年10月06日

10月5日、イタリア最大の都市ミラノから北部のトリノまでを駆け抜ける「ミラノ〜トリノ(UCIヨーロッパツアー1.HC)」が開催されました。今年で98回目の開催ながら、本大会が初めて開催されたのは1874年のこと。世界でもっとも古いレースとしても知られています。

HCカテゴリーのワンディレースですが、10月7日に同じく北イタリアを舞台に開催されるビッグレース「イル・ロンバルディア(UCIワールドツアー)」に向けて、ワールドツアーチームのトップ選手が顔を揃え、ワールドツアーレースさながらのハイレベルな戦いとなりました。

序盤は平坦となっており、終盤にトリノ郊外の聖堂が立つスペルガの丘を2回駆け上がり、2回目の頂上がフィニッシュラインとなっています。

スタート後に4名の逃げが決まり、メイン集団はワールドツアーチームのコントロールで進んでいきました。そして1回目のスペルガの丘で集団のペースアップやアタックが始まり、メイン集団が大きく振い落とされ、2回目の上りでリゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック)がアタックを仕掛けて先行。そのまま単独でフィニッシュラインを越えました。

NIPPOヴィーニファンティーニの最高位はマルコ・カノラの29位。また今大会でイタリア国内のワールドツアー以外のレースにおける各チーム上位3選手の成績により競われる”チクリズモカップ”の最終成績が確定し、NIPPOヴィーニファンティーニは2位(ウィリエールトリエスティーナ)と僅差の3位という結果でした。なおチクリズモカップで優勝したアンドローニは2018年のジロ・デ・イタリアの出場権を獲得しました。

リザルト
1 URAN Rigoberto Cannondale-Drapac Pro Cycling Team 4:24:51
2 YATES Adam ORICA-Scott +0:10
3 ARU Fabio Astana Pro Team +0:20
29 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +3:21
31 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +3:26
38 BISOLTI Alessandro NIPPO – Vini Fantini +3:55
72 CUNEGO Damiano NIPPO – Vini Fantini +7:38
88 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +11:08
DNF DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini
DNF BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini
DNF BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini


小林海のコメント
チクリズモカップの順位があるので、チームの3人ができるだけ良い順位でゴールすることを、他のみんなでサポートするという作戦だった。レース後半のためにできるだけ脚を貯めておくために序盤は動かない。レースは淡々と進み、最初の登りの前で位置取りが激しくなり、ペースもとても速い。デネグリに指示されながら位置取りをサポートした。 登りに突入してからは完走を目指して淡々とペースで走り、自然と小さなグルペットができてそこで完走。チームをサポートするのはもちろんだが、今日は現実的に今シーズン、ヨーロッパで完走できるであろう最後のレースだったため、残り少ない力で必ず完走すると強く思いスタートした。イメージだけでも良い状態でイル・ロンバルディアに臨みたかった。 ゆっくり休んで、希望を持って土曜日の素晴らしいレースに臨みたい。

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
小林 海
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
アレッサンドロ・ビソルティ(イタリア)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
ジャコモ・ベルラート(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
監督:マリオ・マンゾーニ