RACE

【ツアー・オブ・タイフーレイク/事前情報】8日間の平坦ステージレースに復帰戦となる伊藤ら日本人選手4名が出場

2017年10月09日

10月10日から17日まで、8日間の日程で「ツアー・オブ・タイフーレイク(UCIアジアツアー2.1)」が開催されます。今年で8回目となる中国・上海近郊の江蘇省と浙江省にまたがって開催される大会で、その2つの省の境に位置する大きな湖、太湖(Taihu)がレース名となっています。

初日にプロローグとして5.3kmの個人タイムトライアルが組み込まれ、その後は平坦基調のステージが続きていきます。唯一、起伏のあるコースが最終日の第7ステージ(イラスト下)。集団ゴールスプリントの展開が多くなると予想されていますが、今年はNIPPOヴィーニファンティーニを含めて8つのプロコンチネンタルチームが出場しているため、力の拮抗するスプリント勝負が繰り広げられると考えられます。

NIPPOヴィーニファンティーニはスプリントを想定した日本人選手中心のメンバー編成で挑みます。昨年大会で区間優勝を挙げているニコラス・マリーニ、そして窪木一茂がエーススプリンターを担います。キャプテンを務めるのはアラン・マランゴーニ。そして内間康平や小石祐馬らを中心にして果敢にアタックを仕掛け、逃げ切りの展開も狙い、貪欲に勝利をめざすとともに、日本人選手によるUCIポイント獲得も大事なミッションです。

また5月に開催されたツアー・オブ・ジャパン南信州ステージで右大腿骨転子部骨折の重傷を負った伊藤雅和が、5ヶ月におよぶリハビリを経て、本大会にてレース復帰します。またマリーニと小石も手首骨折からの復帰戦となります。

●NIPPOヴィーニファンティーニ出場選手
内間康平
伊藤雅和
窪木一茂

小石祐馬
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
監督:福島晋一


内間康平のコメント
前回のツアー・オブ・チャイナから体調を崩すことなく、コンディショニングをしっかりと行えた。今回のレースはスプリンターのために走りながら、逃げが決まりそうな日は逃げに乗って、逃げ切りをめざして全開で頑張っていきたい!


伊藤雅和のコメント
大腿骨骨折からの復帰戦になりました。今できる準備はしてこれたと思うので、チームの歯車になれるようにしっかり走ります。最後まで集中して走り抜きます!


窪木一茂のコメント
今年3度目となる中国のステージレースです。自分もチームも結果を出せるように協力して、一丸となって走りたい。応援よろしくお願いします。


小石祐馬のコメント
先月のツアー・オブ・チャイナを骨折でリタイアしてから復帰戦となるレース。どこまで走れるかはわかりませんが、前回のリベンジのつもりで頑張ります!


福島晋一監督のコメント
このレースに出場するのは昨年に続き2回目である。山頂ゴールがあった昨年に比べて、今年は最終ステージ以外はほぼ平坦でスプリンターの出番である。マリーニをマランゴーニ、窪木でアシストするのが勝利への近道であるが、内間の逃げ、伊藤、小石の総合にもターゲットをあてて、日本人によるUCIポイントの獲得を狙っていきたい。選手には、チャンスはいつまでもないこと。めぐってきたチャンス掴む重要性を強調していきたい。

●レース情報
Tour of Taihu Lake(ツアー・オブ・タイフーレイク)
開催期間/2017年10月10日(火曜日)〜17日(火曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/中国(日本との時差 1時間)

10月10日(火) プロローグ   Wuxi   5.3km(ITT)
10月11日(水) 第1ステージ   Wuxi Binhu Circuit   111.3km
10月12日(木) 第2ステージ   Wujin West Taihu Lake Circuit  117.1km
10月13日(金) 第3ステージ   Huzhou Taihu Tourist Resort – Wuxing Changxi   139.5km
10月14日(土) 第4ステージ   Wujiang Taihu New City Circuit    117.4km
10月15日(日) 第5ステージ   Nantong – Haimen   148km
10月16日(月) 第6ステージ   Jiangyan Qinhu Ave.    109.4km
10月17日(火) 第7ステージ   Jurong Chishanhu Lake – Maoshan  130.6km

※第1、3、5、6、7ステージはDAZNにてライブストリーミングが予定されています。