RESULT

【ジャパンカップ・クリテリウム】雨のなかのスプリントをマルコ・カノラが制す!

2017年10月21日

10月21日(土)に宇都宮市大通り周回コースにて「ジャパンカップ・クリテリウム」が開催され、雨のなかのスプリントとなりましたが、マルコ・カノラが残り300mでロングスパートを仕掛けて後続を引き離すことに成功。リードをフィニッシュラインまで守りきり、嬉しい勝利を掴みました。

今年で8回目の開催を迎えた「ジャパンカップ・クリテリウム」は、宇都宮駅につながる目抜き通りを使用して開催される人気のレースで、2.25kmの周回コースを15周する38.25kmのレースで、ストレートとUターンが組み合わされた平坦基調のコースとなっています。生憎の悪天候となりましたが、例年どおり多くの観客で沿道は埋まり、大きな声援を受けてのレースとなりました。

レースは序盤より昨年の優勝者である別府史之擁するトレック・セガフレードのコントロールで進んで行きました。途中3箇所に設定された中間スプリントポイントに向けて、何度か選手が先行する展開もありましたが、メイン集団は逃げを許さず、最後は大集団でのスプリントとなりました。

カノラは集団前方で最後のUターンを曲がり、その後、トレック・セガフレードが列車を組むなか、単独でアタックを仕掛けて先行しました。後続では落車も発生したこともあり、そのままリードを守りきってフィニッシュラインに先着、両手を大きく掲げました。

カノラはレース中に機材の不調によりスペアバイクに乗り換えており、そのなかで今季6勝目となる嬉しい勝利を掴み、明日の「ジャパンカップ・サイクルロードレース」に向けて、NIPPOヴィーニファンティーニは良い勢いをつけました。

●リザルト
1位    マルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)    43:57:00
2位    フアンホセ・ロバト(スペイン、ロットNLユンボ)
3位    ブラム・ヴェルテン(オランダ、BMCレーシング)
4位    雨乞竜己(キナンサイクリングチーム)
5位    ベンジャミン・ヒル(オーストラリア、アタッキ・チームグスト)
6位    ジョン・アベラストゥリ(スペイン、チーム右京)
7位    下島将輝(那須ブラーゼン)
8位    阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)


マルコ・カノラのコメント
機材トラブルがあり、スペアバイクに乗り換えるアクシデントもあったが、無事に集団に復帰することができ、最終コーナーを4番手で曲がった。そのあと外側からアタックを仕掛けたが、最初はタイミングが少し早すぎた、とも思ったが、結果的に先着する十分な脚があり、本当に良かった。チームにとって特別な日本でのレースで再び勝てたことを嬉しく思う。調子は良いので、明日のレースでもベストを尽くしたい。

●NIPPOヴィーニファンティーニ出場選手
中根英登
小林海
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
監督:マリオ・マンゾーニ

●レース情報
2017 Japan Cup Cycle Criterium(2017 ジャパンカップ・クリテリウム)
開催期間/2017年10月21日(土曜日)
カテゴリー/非UCIレース
開催国/日本 栃木県宇都宮市
距離/宇都宮市大通り周回コース 2.25km x 15周   38.75km

公式サイト http://www.japancup.gr.jp/
公式ツイッター https://twitter.com/Japancup_ofc
公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/JapancupOfficial/