PRESS RELEASE

【2018シーズン情報】国内屈指のスプリンター、吉田隼人(マトリックスパワータグ所属)と選手契約

2017年11月17日

写真: 2017年3月に開催されたJBCF Jプロツアー開幕戦・宇都宮クリテリウムを制した吉田隼人 (C) 高木秀彰

NIPPOヴィーニファンティーニ(2018年チーム名 NIPPOヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ)は、現在28歳のスプリンター、吉田隼人(マトリックスパワータグ所属)と2018年の契約を締結しました。新規契約は初山翔(ブリヂストンアンカー所属)、西村大輝(シマノレーシング所属)に続く3選手目となります。

吉田隼人は高校時代より自転車選手としての頭角を現し、高校時代に参戦した2007年のアジア選手権ロードレース・ジュニアカテゴリーで優勝。自転車競技の名門校として知られる鹿屋体育大学進学後は、ナショナルチームの一員として参加したUCIレース、ツール・ド・イランにて、1年生ながら区間優勝する快挙を成し遂げました。

鹿屋体育大学卒業後は国内コンチネンタルチームにて活躍。特に今季はJBCF(全日本実業団自転車競技連盟)国内最高カテゴリーとなるJプロツアーで3勝を挙げ、8月に開催されたシマノ鈴鹿国際ロードレースでもスプリントを制して勝利するなど、勝ち星に恵まれ、大きな飛躍のシーズンとなりました。

来季からはNIPPOヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニとともに、アジアやヨーロッパのUCIレースを転戦します。とくにアジアのレースでは日本のUCIポイント獲得に向けた即戦力として大きな期待がかかっています。

吉田隼人のプロフィール
1989年5月19日生まれ、奈良県出身、鹿屋体育大学卒業
身長/体重  174cm/65kg

●戦歴
2007年 アジア選手権ロードレース(ジュニアカテゴリー)優勝
2008年 ツール・ド・イラン(UCI2.2) 区間優勝
2009年 東アジア大会チームタイムトライアル 優勝
2011年 全日本選手権タイムトライアル(U23カテゴリー)優勝
2013年 ツール・ド・台湾(UCI2.1) 区間優勝

2017年 JBCF Jプロツアー3勝
(宇都宮クリテリウム、みやだクリテリウム、まえばしクリテリウム)
シマノ鈴鹿ロードレース 優勝

●所属チーム
2012年 チームブリヂストンアンカー(日本・UCIコンチネンタル)
2013年、2014年 シマノレーシング(日本・UCIコンチネンタル)
2015年〜2017年 マトリックスパワータグ(日本・UCIコンチネンタル)


吉田隼人のコメント
世界の大舞台で走らせていただけることは、僕自身にとって最高の時間、経験になることは間違いありません。それは小学生からの“夢”だったからです。ヨーロッパでのプロのレースが厳しいのは言うまでもありません。しっかり覚悟して、自分史上最高のパフォーマンスを出せるように準備を進めていきます。

これから僕が挑戦する世界は、自分一人の力で到達することは不可能でした。ここまで数チームにお世話になり、どのチームにも大変感謝していますが、なかでも直近のマトリックスパワータグには感謝しても感謝しきれません。

毎年パフォーマンスを上げることには成功していましたが、結果を出しにくい時期もありました。マトリックスパワータグではチームメイトとスタッフにも恵まれ、安原監督には自転車レースを楽しむこと、そして勝負することの意義を再認識させていただけました。

このような舞台まで来るには少し時間がかかりましたが、数年前にはなかった今の考えや経験を武器に、自分の全てを掛けて挑戦させていただきます。引き続き応援よろしくお願いいたします。

大門宏監督のコメント
西村、初山に続き国内のコンチネンタルチームからチームを代表するトップ選手を受け入れることを嬉しく思い、彼らを歓迎している。イタリアのチーム監督、首脳陣も、彼のスピード、スプリント力を活かしたキャラクターと実績で、近年急増したアジアでのUCIレースのポイントゲッターとして貢献してくれることをとても期待している。

彼のスピードを活かしたトラック、ロードレースを通した目覚ましい活躍ぶりは高校、大学時代から注目していたが、ヨーロッパに戦場を移した途端、国内のUCIレースでも伸び悩み、苦しんでいた姿は自分の目から見ても痛々しかった。

我々のチームで2シーズン目を迎えた窪木もそうだが、ジュニアからトラック競技が盛んな日本人選手の場合、ナショナルチームクラスのトラック競技からの転向組が、世界ランキングで勝負できる鍵を握ってるという概念は、ワールドツアーで活躍するオーストラリア人選手が実証している。来シーズン、まずはアジアで勝って、世界ランキングに向けて成長の足掛かりになれば良いと思う。

マトリックスパワータグの安原監督は自分と現役時代一緒に戦った仲だが、今シーズンの彼のチームの勢い、躍進ぶりは素晴らしかった。国内を代表するスプリンターとして復活を遂げた彼を、今回我々のチームに送り出すことで、マトリックスパワータグの将来にとってもさらなる飛躍に繋がることを願っている。

イタリアにてミーティングキャンプを実施
2018シーズンに向けた最初のキャンプが、来週11月20日より24日までの5日間、イタリアのアブルッツォ州にて実施されます。来季所属する選手が集まり、チームの親睦を深めるとともに、メディカルチェックや来季のレーススケジュールを話し合う重要なプログラムが組まれており、所属する全ての日本人選手が参加します(写真は昨年の様子)。

RESULT

【ツール・ド・おきなわ】マリーニがスタートアタック! 内間康平が40位

2017年11月13日

NIPPOヴィーニファンティーニにとっての今シーズン最終戦となるツール・ド・おきなわ(UCIアジアツアー1.2)が、11月12日に沖縄県北部にて開催されました。

名護をスタートして本部半島を巡り、本島北部へと入り、厳しい山岳エリアとなる与那の登りを2回越えて、本島の東側を南下。アップダウンを繰り返しながら名護に戻る205kmのワンディレースとなっており、国内最長距離で競われるレースでもあります。

早朝6時45分、日の出とともに少し肌寒さを感じるなかでレースはスタート。2kmのニュートラル区間を終えると、ニコラス・マリーニが単独でアタックを仕掛け、10kmほどの単独走行のすえ、5選手がメイン集団から追走をしかけ、6名の先頭集団が形成されました。スプリンターのマリーニが逃げに入るのは、プロのレースにおいては初めてのこと!この日は地元沖縄出身の内間康平のアシストに徹したため、このような展開となり、マリーニは途中に設定された特別賞のかかる中間スプリントポイントを首位で通過しました。

一方で逃げを容認した集団はペースを緩め、逃げとのタイム差は一気に広がり、最大で17分と大きな差が広がっていきました。本部半島を抜けたあたりから、メイン集団は国内の有力なコンチネンタルチームがそれぞれ選手を1名出して、集団のペースアップを開始。北部の山岳エリアに入るとその差は縮まっていき、128km地点に設定された2回目の山岳を前にマリーニは遅れ、ここで力を使い切りリタイア。5名になった逃げは2回目の山岳を越えましたが、その後、140km付近の登り区間にてペースアップするメイン集団に吸収されました。

集団が一つとなってからは、先行したい有力選手たちによるアタックの攻防が続く展開となり、唯一メイン集団に残った内間康平も積極的に反応していきます。何度か10名ほどの集団が先行するシーンもありましたが、最後の勝負所となる残り10km地点の羽地ダムへの登りでも、集団のペースアップが図られたのみで、20名を超える大きな集団でのゴール勝負へと持ち込まれ、ロングスパートを決めた佐野淳哉(マトリックスパワータグ)が優勝しました。

そして、単騎となった内間康平はベストを尽くしましたが、終盤にメイン集団から遅れて40位でフィニッシュしました。急遽参戦が決まった今大会、選手たちのコンディションは万全とは言い難い状況でしたが、それでもベストを尽くして戦いました。今回の結果は勝利には遠いものでしたが、これを来季への課題として捉えています。当日は地元の方々に温かいご声援をいただきました。またシーズンを通してのご支援、本当にありがとうございました。

●リザルト

1 SANO Junya Matrix Powertag 5:28:48
2 KERS Koos Jeroen Baby-Dump Cyclingteam
3 HATANAKA Yusuke Team UKYO
4 CRAWFORD Jai Kinan Cycling Team
5 YOSHIOKA Naoya Nasu Blasen
6 SAI-UDOMSIN Phuchong Thailand Continental Cycling Team
7 NAKAJIMA Yasuharu Kinan Cycling Team
8 KOMORI Ryohei Aisan Racing Team

40 UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini +4:21
DNF MARINI Nicolas NIPPO – Vini Fantini
DNF BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini
DNF DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini

 


内間康平のコメント
チームはもちろん優勝を狙ってスタート。 ニコラス、ベルラート、デネグリがサポートし、僕を勝たせる作戦だった。スタートからすぐニコラスが飛びだし、プロ入り初の逃げ!人数も6人とかなり良い条件だ。他のチームがコントロールを開始。 自分たちは固まりながら走り、120kからいよいよペースアップ。 登りでの攻撃で人数が減るかと思いきや、そうはならず、他のチームのアシストが多いまま最終局面へ近づいていった。自分はそこで付いていけず後退。 優勝争いには程遠い位置でのゴールとなった。今年最初のプログラムでは、ツール・ド・おきなわの参戦は予定にはなかったが、急遽決まりとても嬉しかった。やはり、地元でのレースは特別だと改めて実感した! 来年また戻って来て、必ず勝ってみせたい!

●ツール・ド・おきなわ出場選手

内間康平
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
監督:大門宏

●レース情報

Tour de Okinawa Champion Race(ツール・ド・おきなわ チャンピオンレース)
開催期間/2017年11月12日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー1. 2
開催国/日本 沖縄県
距離/名護市〜名護市 210km

公式サイト http://www.tour-de-okinawa.jp
公式ツイッター  https://twitter.com/tour_de_okinawa
公式フェイスブック  https://www.facebook.com/ツールドおきなわ-551656221558100/
ハッシュタグ  #TDO2017

RACE

【ツール・ド・おきなわ/事前情報】今シーズン最終戦に地元沖縄のエース、内間康平が挑む

2017年11月08日

11月11日(土曜日)、12日(日曜日)に沖縄県北部の名護を中心に、大規模な自転車イベント「ツール・ド・おきなわ」が開催されます。そして、12日に行われるUCI1.2クラスの「チャンピオンレース」にNIPPOヴィーニファンティーニが参戦します。プロコンチネンタルチーム体制となってから初参戦であり、同レースにプロコンチネンタルチームが出走するのも初めてのこと。沖縄出身の内間康平を軸に、4選手とやや少ない人数でのエントリーとなりますが、勝利をめざして今季最終戦に挑みます。

コースは定番にもなっている名護をスタート/フィニッシュとする210km。スタート後約70kmは本部半島や島北部の海岸線をゆく平坦基調となっています。そして、国頭から内陸に入り獲得標高300m強の与那の登りを越えて、反時計回りに本島北端部分を一周、再び与那の登り区間を越え、今度は島の東側を南下し、何度かのアップダウンを繰り返しながら、名護に戻ります。勝負のキーとなるのは、残り10km地点に設定される高低差約100mの羽地ダムの登り区間。例年、少人数に絞られた先頭集団から、このあたりで勝負に影響する決定的な動きが起こります。

NIPPOヴィーニファンティーニは、昨年3位入賞している内間康平を中心に、日本でのレース経験豊富なイタリア人選手3名が出走します。チームのキャプテンを務めるのはピエールパオロ・デネグリ。デネグリ自身の脚質もコースに向いています。そして逃げを得意とするジャコーモ・ベルラート、爆発的なスプリント力をもつニコラス・マリーニが、内間とともに勝利をめざして一致団結して戦います。

日曜日のレース後、アフターパーティを開催!

11月12日の大会、ふれあいパーティ終了後の18:30より、沖縄本島北部恩納村にある「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」にて、ホテル主催によるNIPPOヴィーニファンティーニのアフターパーティが開催されます。出場全選手が参加し、チームグッズのプレゼントも企画しています。アットホームなパーティとなりますので、ぜひお気軽にご参加ください!

日時 11月12日(日) 18:30〜
場所 沖縄県恩納村名嘉真ヤーシ原2591-1
沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
https://kariyushi-oceanspa.jp
会費 4000円(食事、飲み放題付き)

お申し込み、お問い合わせ先
※お申し込みは下記連絡先に参加人数、代表者氏名と電話番号をご連絡ください。

株式会社ティーシー(担当 川畑様)
メール cycle@tc-okinawa.co.jp
FAX  098-861-0081

●ツール・ド・おきなわ出場選手

内間康平
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
監督:大門宏


内間康平のコメント
今シーズンの締めくくりとなる最後のレース。前回の中国遠征で体調を崩してしまったが、ツール・ド・おきなわに向けて、しっかりと体調を回復させることができた。地元での優勝を目指して、チームで頑張るぞ!

●レース情報

Tour de Okinawa Champion Race(ツール・ド・おきなわ チャンピオンレース)
開催期間/2017年11月12日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー1. 2
開催国/日本 沖縄県
距離/名護市〜名護市 210km

公式サイト http://www.tour-de-okinawa.jp
公式ツイッター  https://twitter.com/tour_de_okinawa
公式フェイスブック  https://www.facebook.com/ツールドおきなわ-551656221558100/
ハッシュタグ  #TDO2017