フランス登録 自転車ロードレース UCIプロチーム「NIPPO・デルコ・ワンプロヴァンス」日本語公式サイト

【エトワール・ド・ベセージュ/事前情報】南仏での丘陵ステージレースに別府史之と岡篤志が出場

南仏マルセイユ にて開催された「GP・ラ・マルセイエーズ」に引き続き、同じく南仏のガール県ニーム近郊で2月5日(水曜日)から9日(日曜日)まで5日間にわたって開催される「エトワール・ド・ベセージュ(UCI2.1)」に出場します。

本大会は今年で50回目の開催を迎える歴史ある大会で、毎年2月初旬に開催されています。GP・ラ・マルセイエーズが始まるまでは、フランスのシーズン初戦に位置しており、現在も丘陵地帯を舞台にし、個人タイムトライアルを含むシーズン最初の本格的なステージレースとしてヨーロッパのレースシーンに定着しています。今年は7つのワールドチーム、8つのプロチームら、全20チームが出走します。

NIPPO・デルコ・ワンプロヴァンスは、今季新しく監督に就任した元カチューシャGMのジョゼ・アゼヴェド監督のもと、日本人選手の別府史之と岡篤志を含む7名の選手がエントリー。アフリカでの「ラ・トロピカル・アミッサ・ボンゴ」にて区間2勝を挙げた注目のビニアム・ギルマイも出走。区間優勝と個人総合成績トップ10という目標をもち、チーム一丸となって戦います。

出場選手

岡篤志
別府史之
ピエール・バルビエ(フランス)
マウロ・フィネット(イタリア)
ジョゼ・ゴンサルヴェス(ポルトガル)
ビニアム・ギルマイ(エリトリア)
アレッサンドロ・フェデーリ(イタリア)

監督; ジョゼ・アゼヴェド(ポルトガル)

ジョゼ・アゼヴェド監督のコメント

エトワール・ド・ベセージュでの個人総合成績は最後の二つのステージで決まる。自分たちは2つの目標、区間優勝と個人総合成績でのトップ10を目標に挑みたい。集団ゴールスプリントの展開であれば、ギルマイとバルビエがエースを担う。個人総合成績においては、フィネットとゴンサルヴェルが力を発揮すると信じている。コースプロフィールをみると、いくつかのステージは登坂区間がコースの終盤に組み込まれており、これらステージではレースは多くの選手たちに開かれ、たくさんのアタックがかかるだろう。少人数のグループが逃げ切る可能性があり、そのような展開になれば、自分たちも積極的に動いていきたい。具体的にはフェデーリやゴンサルヴェス、フィネットに向いており、良いリザルトを求めて戦っていきたい。チームのコンディションはよいので、毎日、彼らが結果を求めて精一杯に戦ってくれると期待している。

レース情報

Etoile de Bessèges – Tour du Gard
エトワール・ド・ベセージュ

日時 2020年2月5日(水)〜9日(日)
開催国 フランス
レースカテゴリー UCIヨーロッパツアー2.1

ウェブサイト https://www.tropicaleamissabongo.com/fr
フェイスブック https://www.facebook.com/EtoiledeBesseges/
ツイッター https://www.etoiledebesseges.com

2月5日(水)Stage 1 – Bellegarde › Bellegarde (139.6k)
2月6日(木)Stage 2 – Milhaud › Poulx (158.3k)
2月7日(金)Stage 3 – Bessèges › Bessèges (162.4k)
2月8日(土)Stage 4 – Le Pont du Gard › Le Mont Bouquet (139.7k)
2月9日(日)Stage 5 (個人TT) – Alès › Alès (10.9k)

今後のレーススケジュール(予定)

2月4日〜8日 ツアー・オブ・サウジアラビア / サウジアラビア 2.1
2月5日〜9日 エトワール・ド・ベセージュ フランス 2.1
2月6日 マレーシア・インターナショナル・クリテリウム マレーシア CRT
2月7日〜14日 ツール・ド・ランカウイ マレーシア 2.Pro
2月15日 マレーシア・インターナショナル・クラシックレース マレーシア 1.1
2月13日〜16日 ツール・ド・プロヴァンス フランス 2.Pro
2月16日 トロフェオ・ライグエリア イタリア 1.Pro
2月21日〜23日 ツール・インターナショナル・ドゥ・ヴァール フランス 2.1
2月23日〜3月1日 ツール・ドゥ・ルワンダ ルワンダ 2.1
2月29日 フォーン=アルデシュ・クラシック フランス 1.Pro

最新情報をチェックしよう!