フランス登録 自転車ロードレース UCIプロチーム「NIPPO・デルコ・ワンプロヴァンス」日本語公式サイト

【ツール・ド・ランカウイ/第4ステージ】ゲンティンハイランド頂上決戦にて中根英登が大健闘、個人総合7位に浮上!

大会4日目は、これまで数々の名勝負が繰り広げられてきた伝統の超級山岳ゲンティンハイランドでの頂上フィニッシュが設定された今大会の最難関ステージ。唯一の山岳ステージであることから、ここでの成績が個人総合成績に直結するものと考えられ、各チームのクライマーたちが大きく意気込み、スタートラインに並んだ。NIPPO・デルコ・ワンプロヴァンスもクライマーの中根英登とジャパンカップで新人賞を獲得したルカ・ドゥロシをエースに、上位フィニッシュを狙う。

156kmのステージは4つの3級山岳を越えたのちに、残り20kmでゲンティンハイランドを駆け上るコースプロフィール。スタートすると序盤に14名の大きな逃げが形成され、そこにドゥシャン・ラジョヴィッチが入ったものの、登坂能力に長ける選手もいたため、中盤をすぎてドゥシャンはメイン集団へと戻り、集団牽引に尽力する。チームがメイン集団の主導権を握り、タイム差を射程圏内の2分ほどにコントロール。

最後の上りに差し掛かったときに先頭集団は8名ほど。しかし本格的な上りが始まると集団内でタイミングを伺っていたクライマーたちが動き出し、それまで逃げていた先頭集団は後退。小雨や霧に見舞われた終盤ではアタックが頻発し、中根も追走集団を形成して山頂をめざす。最後は3選手が先行し、中根はトップから1分56秒差の区間7位でフィニッシュ。チームワークが機能し、中根は個人総合成績も7位とし、海抜1650m、雲の上のゲンティンハイランドでの山頂決戦を無事に終えた。

リザルト

第4ステージ
1   RIVERA Kevin   Androni Giocattoli – Sidermec    4:18:55
2  CELANO Danilo  Team Sapura Cycling    +0:10
3   OVECHKIN Artem  Terengganu Inc. TSG Cycling Team   +0:43
7  NAKANE Hideto  NIPPO DELKO One Provence   +1:56
26  DE ROSSI Lucas  NIPPO DELKO One Provence    +6:29
81   MINALI Riccardo   NIPPO DELKO One Provence  +24:46
82   RAJOVIĆ Dušan  NIPPO DELKO One Provence
116   ISHIGAMI Masahiro  NIPPO DELKO One Provence  +37:06

個人総合成績
1  CELANO Danilo   Team Sapura Cycling      14:08:28
2  FEDOROV Yevgeniy  Vino – Astana Motors      +0:30
3  OVECHKIN Artem  Terengganu Inc. TSG Cycling Team   +0:35
7  NAKANE Hideto   NIPPO DELKO One Provence    +1:52
23  DE ROSSI Lucas  NIPPO DELKO One Provence   +6:25
79  MINALI Riccardo   NIPPO DELKO One Provence    +28:47
80  RAJOVIĆ Dušan   NIPPO DELKO One Provence     +28:50
104  ISHIGAMI Masahiro  NIPPO DELKO One Provence   +38:30

フルリザルト
https://www.procyclingstats.com/race/tour-de-langkawi/2020/stage-4

水谷壮宏監督のコメント

今日はクイーンステージ、中根英登とルカ(・ドゥロシ)の総合トップ5という目標を掲げてスタートした。作戦もいつものように今回はクライマーをエースに、他のメンバーはスプリンターを含めて、クライマーたちを最後の上りまでよい状態で連れて行くということ。作戦としては簡単だったが、いざレースが始まると最初から14人の逃げが決まってしまい、ドゥサンが入ったものの呼び戻すことにした。ヴィノ・アスタナモーターズが引いていたが、タイム差が2分に広がったときに、自分たちも牽引を開始。もう少し駆け引きをして、他のチームの出方をみることもできたが、やはり自分たちの目標のためにも自分たちで動くことにした。ドゥサン、リカルド、石上が頑張ってタイム差を2分、麓で1分までつめた。それは自分たちの力が大きかった。残りの上りは力勝負。中根とルカに100%の力で戦った。中根は7位でゴール。周りのメンバーを見ても良い結果だと思う。ルカは調子がそこまで良くなく、狙った結果には届かなかったが、チームとしてはみんなで力を合わせて、中根が総合トップ5という目標にかなり近い結果を出したので良かったと思っている。

出場選手

石上優大(日本)
ルカ・ドゥロシ(フランス)
中根英登(日本)
リッカルド・ミナーリ(イタリア)
ドゥシャン・ラヨビッチ(セルビア)

監督; 水谷壮宏(日本)

レース情報

25th PETRONAS Le Tour de Langkawi
ペトロナス・ル・ツール・ド・ランカウイ

日時 2020年2月7日(金)〜14日(金)
開催国 マレーシア
レースカテゴリー UCIアジアツアー2.Pro

ウェブサイト https://www.ltdlangkawi.my
フェイスブック https://www.facebook.com/ltdlangkawi/
ツイッター  https://twitter.com/ltdlangkawi

2月7日(金)Stage 1 – Kuching › Kuching (96.2k)
2月8日(土)Stage 2 – Kuala Terengganu › Kerteh (175.5k)
2月9日(日)Stage 3 – Temerloh › Kuala Lumpur (162.5k)
2月10日(月)Stage 4 – Putrajaya › Genting Highlands (156.1k)
2月11日(火)Stage 5 – Kuala Kubu Baru › Ipoh (165.8k)
2月12日(水)Stage 6 – Taiping › Penang Island (150.6k)
2月13日(木)Stage 7 – Bagan › Alor Setar (130.4k)
2月14日(金)Stage 8 – Dataran Lang › Kuah (108.5k)

最新情報をチェックしよう!