OTHER

伊藤雅和、右大腿骨骨折の手術が無事に終了

2017年05月26日

5月25日に長野県飯田市で開催されたツアー・オブ・ジャパン第5ステージ【南信州】にて、終盤の下りで落車し、右大腿骨転子部骨折の診断を受けた伊藤雅和ですが、26日午前中に飯田市内の病院にてボルトを埋め込む手術を受け、無事に終了しました。

今後は現在の病院に2週間ほど入院し、できるだけ早い段階で歩行訓練等のリハビリが開始される予定です。その後は自宅の近くで治療、リハビリに専念します。復帰までに時間がかかると考えられますが、伊藤は諦めずにリハビリを重ねていきますので、引き続き、皆さまの温かいご支援をよろしくお願いします。


伊藤雅和のコメント
南信州ステージの下りで落車してしまい、立ち上がろうとしても立ち上がれなく、これは3年前に左の大腿骨を骨折したときの感覚と一緒だと思いました。病院に搬送され検査を受けると右大腿骨転子部骨折。全く3年前と一緒でした。不幸中の幸いですが、骨は複雑に折れていなくて、ずれてもいなかったです。

今朝、飯田市内の病院で手術を受け、現在は骨を金属で固定しています。ここでの入院は2週間ほどになりそうで、その後は自宅がある鹿児島でしっかり治療していきます。

今年チームを移籍させてもらい、新しいトレーニング、そして前回のケガのリハビリを重ねて、コンディションを上げてきたので非常に残念です。自分の中で、まだまだコンディションは上がりきってはいなくて、あともう少しで完全に良くなりそうという感覚でした。チームも非常に強く、ツアー・オブ・ジャパンでも結果が出ていたので、最後までその一員として走れなかったこと残念に思います。

まずはしっかり精神面を含めて回復させて、次の目標をしっかり定め、身体も元どおり、それ以上になれるように地味なリハビリから怠ることなく取り組んでいきたいと思います。一度経験しているケガなので、復帰までの道のりを考えると途方にくれそうですが、たくさんの方々や仲間たちが激励のメッセージをくれたり、「何か助けれることがあったら言ってほしい」と言ってくれたので、諦めることなく頑張っていきたいと思います。

まずはもう明日からリハビリできそうなので、頑張ります!