RESULT

【ツアー・オブ・チャイナ2/第1ステージ】大会唯一の山岳ステージで西村大輝が健闘!

2017年09月19日

9月19日、ツアー・オブ・チャイナ1に引き続いて、同じく全5ステージで構成されるツアー・オブ・チャイナ2が開幕しました。休息日を挟んでチャイナ1とチャイナ2、それぞれ独立した2つの大会として開催されますが、ほとんどのチームは選手の入れ替えをせず、また主催者も同じため、ここからが後半戦という感覚です。

ツアー・オブ・チャイナ2の第1ステージは懐化(Huaihua)での118kmの短いステージですが、中盤から2級、4級、超級と3つの山岳が組み込まれていました。また超級山岳はゴール前約20km地点であり、10kmの下り区間の先がフィニッシュラインとなっていました。

NIPPOヴィーニファンティーニはスプリンター中心の布陣であり、スプリント力のある窪木一茂とエドゥアルド・グロスを山岳を過ぎてから引き上げ、スプリントに挑戦する作戦でスタートしました。

スタート後、内間康平を含む11名の逃げが形成されました。有力チームが選手を送っていたことや終盤に続く山岳を警戒して、メイン集団は最大で1分ほどのタイム差でコントロール。その後、2つめの4級山岳で逃げは吸収されます。

そして最後の山岳では集団は崩壊し、いくつもの小集団に分かれるなか、調子の優れないグロスや窪木は後方に取り残されました。そして先頭では、数名の選手が山岳でアタックを仕掛けて先行する展開となり、NIPPOヴィーニファンティーニはトレーニーの西村大輝とダミアーノ・チーマが健闘し、3分14秒差の第2集団にてフィニッシュ。チーマが15位、西村が20位という結果で、総合成績でも同じ順位につけています。

●リザルト
第1ステージ
1 RIVERA SERRANO Kevin Androni – Sidermec – Bottecchia1 3:00:41
2 TROSINO Mirko Wilier Triestina – Selle Italia +0:19
3 ORTEGA RAMIREZ Mauricio RTS-MONTON RACING TEAM +0:23
15 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini +3:14
20 NISHIMURA Hiroki NIPPO – Vini Fantini
33 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +5:56
80 GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini +16:30
94 UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini

個人総合成績
1 RIVERA SERRANO Kevin Androni – Sidermec – Bottecchia1 3:00:31
2 TROSINO Mirko Wilier Triestina – Selle Italia +0:22
3 ORTEGA RAMIREZ Mauricio RTS-MONTON RACING TEAM +0:29
15 CIMA Damiano NIPPO – Vini Fantini +3:24
20 NISHIMURA Hiroki NIPPO – Vini Fantini
33 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +6:06
80 GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini +16:40
94 UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini


内間康平のコメント
今大会1番厳しいステージが大会初日から始まる。最初のアタック合戦は軽く交わしつつ、様子見。すると後ろとの距離が少し離れ…. しかし、すぐ吸収。 そのときを狙って再び先行し、11人の先頭グループを形成。 全員ちゃんと脚も揃い、共通認識を持ってるおかげで綺麗にローテーションが回る。中盤過ぎて始まる山岳ポイントを人数減らしながら消化。そのシチュエーションで審判からのタイム差の情報がなく、いつの間にか後ろにメイングループが来ており吸収された。そこから最後の山岳で遅れ、グルペットでゴールとなった。


窪木一茂のコメント
チャイナ2でおそらく一番ハードな登りを含む118kmのステージだった。スタート後すぐ、内間さんを含む約10人の逃げグループが先行した。メイン集団はペースが落ち着きコントロールを開始。約1分で推移し、82km地点の最後の登り前で逃げが吸収。その直後、自分を含む5名で先行するが、登り入り口で集団は1つに。 そこからはひたすら耐え続け、登りで千切れるもひたすら我慢…約30分の登り。登りの後は約10km下り基調でゴールへ。落車の影響でなのか、今日は脚の調子が良くなかった。そんな日もあると思う。切り替えて明日のステージへ。


西村大輝のコメント
ツアー・オブ・チャイナ2 唯一の山岳ステージ。2級、4級、超級と厳しいコースなので、このステージで総合はほとんど決定すると思い、気合いを入れて出走した。 監督からの指示は、前半のアタック合戦で逃げを狙うこと。スタート後は脚が重く、ボトル運びだけでも随分と辛く感じたが、最初の2級山岳に入ってからは、それまで重かった脚が回りだし、調子を取り戻すことができた。山岳に入ってからは、とにかく頑張るしかないので全力で上り、チーマと一緒に第2集団でゴールした。 明日からのステージは4級山岳があるものの、ほとんど平坦のステージになるので、監督、チームメイトの指示やアドバイスを聞いて全力で頑張りたい。


●NIPPOヴィーニファンティーニ出場選手
内間康平
窪木一茂

西村大輝(※トレーニー)

エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
ダミアーノ・チーマ(※トレーニー/イタリア)
監督:福島晋一

●レース情報
Tour of China 1(ツアー・オブ・チャイナ1)
開催期間/2017年9月10日(日曜日)〜17日(日曜日)

Tour of China 2(ツアー・オブ・チャイナ2)
開催期間/2017年9月19日(火曜日)〜24日(日曜日)

カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/中国(日本との時差 1時間)