RESULT

【ティレーノ〜アドリアティコ/第1ステージ】2つの海を繋ぐ7日間のステージレースがTTTにて開幕

2018年03月08日

3月7日から13日まで7日間にわたり開催されるUCIワールドツアーの「ティレーノ〜アドリアティコ」がトスカーナ州リド・ディ・カマイオーレにて開幕しました。この大会は、大会名のとおり、イタリアの西側のティレニア海で開幕し、イタリアを横断して東側のアドリア海にてフィニッシュを迎えるもので、大会中盤の第4ステージに超級山岳での山頂フィニッシュが組み込まれています。

初日は21.5kmのチームタイムトライアル。チームタイムトライアルは7名のチームメンバーが力を合わせて走行し、4番目の選手のフィニッシュタイムでチームの着順を競うものです。コースは海沿いの直線を折り返す平坦路で、難易度は低いコース設定でした。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、格上チームとの戦いとなりますが、「自分たちのベストを尽くす」ことを目標に全体の4番手で出走。ルーマニアのタイムトライアルチャンピオンであるエドゥアルド・グロスが強力に牽引しましたが、序盤のハイペースにより、後半は失速。トップタイムから1分57秒差でフィニッシュし、ペース配分に課題が残る結果となりましたが、今大会でエースを担うカノラやバジョーリ、サンタロミータの調子の良さを感じ取ることができました。

TTバイクでの走行が不慣れだった初山翔ですが、トレーニングを積んで挑み、最後まで隊列に残ってフィニッシュ。走行スキルの向上に手応えを感じました。

成績
第1ステージ
1 BMC Racing Team 22:19 57.804km/h
2 Mitchelton-Scott 22:23 +0:04 57.632km/h
3 Team Sky 22:29 +0:10 57.376km/h
22 Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 24:16 +1:57 53.159km/h

初山翔のコメント

十分なTTの経験がないこともあって、ストラーデビアンケの直前まで滞在していた、スペインのカルペにてTTバイクでの練習を積んで挑んだ。真っさらだったぶん、伸び代も多く、短時間とはいえ練習前と比べればかなり改善されたと思う。

TTレースの頻度は正直多くないので、そこにどこまで時間を費やせるかは判断が難しいところだが、まだ伸び代を多く感じるので、今後も積極的に練習に取り入れたい。


レース情報

Tirreno – Adriatico
開催期間/2018年3月7日(水曜日)〜13日(火曜日)
カテゴリー/2. UCIワールドツアー
開催国/イタリア

公式サイト http://www.tirrenoadriatico.it/en/
フェイスブック https://www.facebook.com/tirrenoadriatico/?fref=ts
ツイッター https://twitter.com/TirrenAdriatico
ハッシュタグ #TirrenoAdriatico

日本国内では DAZN にてライブ放映あり。

3月7日 第1ステージ Lido di Camaiore › Lido di Camaiore (21.5k/TTT)
3月8日 第2ステージ Camaiore › Follonica (167k)
3月9日 第3ステージ Follonica › Trevi (234k)
3月10日 第4ステージ Foligno › Sarnano Sassotetto (219k)
3月11日 第5ステージ Castelraimondo › Filottrano (178k)
3月12日 第6ステージ Numana › Fano (153k)
3月13日 第7ステージ San Benedetto del Tronto › San Benedetto del Tronto (10.05k/ ITT)