RESULT

【GPチッタ・ディ・ルガーノ】カノラが12位でフィニッシュしたサバイバルレース

2018年06月04日

6月3日にスイス南部のルガーノを拠点に開催された72回目となるチッタ・ディ・ルガーノ(UCI1.1)。厳しい山岳レースとして有名な大会で、23.2kmの周回コースを8周回する185.6kmのレースですが、周回コース内には、登坂区間が2箇所設けられています。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、他のチームより2選手少ない5名での出走となりましたが、終盤の勝負所までマルコ・カノラをできるだけ温存させることを目標にスタートを切りました。

序盤よりレースは非常にハイペースで進んでいき、周回を重ねるごとに集団から多くの選手がドロップしていきました。日本人選手の伊藤雅和と初山翔も次第に遅れてリタイア。そして最終周回では、カノラが集団に残り、最初の登坂区間まで懸命に食らいつきましたが、まだツアー・オブ・ジャパンからの連戦で時差も抜けきっていないこともあり、4分2秒差の12位でのゴールとなりました。終わってみると完走者わずか29名、非常に厳しいレースとなりました。


リザルト
1 PERNSTEINER Hermann Bahrain Merida Pro Cycling Team 4:53:05
2 SBARAGLI Kristian Israel Cycling Academy +0:32
3 GASPAROTTO Enrico Bahrain Merida Pro Cycling Team +1:33
12 CANOLA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +4:02

DNF PONZI SimoneNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
DNF SANTAROMITA IvanNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
DNF HATSUYAMA ShoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
DNF ITO MasakazuNippo – Vini Fantini – Europa Ovini



伊藤雅和のコメント
今日のレース。スタートからペースが速く、なんだか脚の状態もいい感触を得られずに、すぐに集団から遅れてしまい、全然レースできなかった。力不足をただただ再認識させられたレースになってしまった。チームに申し訳なかった。 立ち止まってる時間はないので次戦に向けてしっかり準備していきたい。



初山翔のコメント
厳しいレースだった。スタート直後から全開。集団は1周目から崩れ始めて、2周目に24人が飛び出し、その後ろの50人ほどの追走集団で周回をこなしていったが、やがてその追走もバラバラになり、レース終盤を前に降りた。 厳しい結果だが、次戦を頑張りたい。

●●
レース情報
Gran Premio Città di Lugano
開催期間/2018年6月3日(日曜日)
カテゴリー/ヨーロッパツアー1.HC
開催国/スイス

Lugano – Lugano 185.6km

公式サイト https://gplugano.ch/index.php
ハッシュタグ #GPLugano●


今後のレーススケジュール(予定)
6月7日 GP du canton d’Argovie スイス ヨーロッパツアー1.HC
6月9日〜17日 Tour de Swiss スイス 2.ワールドツアー
6月13日〜17日 Tour of Slovenia スロベニア ヨーロッパツアー2.1