RESULT

【ブエルタ・ア・ブルゴス/第1ステージ】ブルゴス城へと駆け上がる登坂ゴールで、ティッツァが4位、カノラが8位入賞

2018年08月08日

8月7日に開幕したスペイン北部カスティーリャ・イ・レオン州のブルゴスを拠点として開催されう5日間のステージレース「ブエルタ・ア・ブルゴス(UCIヨーロッパツアー2.HC)」。8月末に開幕するグランツアーの一つ「ブエルタ・ア・エスパーニャ」の前哨戦とも言われ、山岳コースの厳しいステージレースになっています。

初日は世界遺産にも登録されるブルゴスの美しいカテドラル(聖堂)をスタートし、中盤に1級山岳、終盤に3級山岳、そしてブルゴス郊外のブルゴス城へと駆け上ってフィニッシュする157kmのコースで、フィニッシュ地点にも3級山岳が設定されていました。

区間優勝を狙って出走しているNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、マルコ・カノラをエースとした作戦で、パンチの効いた登坂力を兼ね備えるオールラウンダーのマルコ・ティッツァも果敢にチャンスを狙っていきます。

序盤より6名の選手が先行する形でレースは進んでいき、登坂区間や終盤の横風区間では、チームスカイをはじめとしたワールドツアーチームの攻撃もありましたが、最後にカノラとティッツァの2選手をトップ集団に送り込むことに成功。とくに好調さを発揮するティッツァは登坂区間を越えて、優勝争いのスプリントに参加。わずかに表彰台には及ばず、4位入賞という結果になりましたが、勝者と同タイム、シーズン後半戦に弾みをつける好成績を残しました。

また体調不良から数ヶ月にわたりレースから離れていた小林海ですが、苦しみながらも第1ステージを走りきっています。厳しい山岳ステージが続きて来ますが、地元の大きな声援や期待を受けて、完全復活をめざすべく、全力を尽くして戦っていきます。

出場選手
小林海
マルコ・カノラ(イタリア)
マルコ・ティッツァ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
ジョアン・ボウ(スペイン)
フィリッポ・ザッカンティ(イタリア)
ミゲル・アンヘル・レジェス(コロンビア/トレーニー)
監督: ヴァレリオ・テバルディ、ステファノ・ガルゼッリ


小林海のコメント
予想していたように、走りきるだけで精一杯な1日だった。
1日1日を何とか生き延びて前に進めるように、明日も精一杯走ってきます。


レース情報
Vuelta a Burgos
開催期間/2018年8月7日(火曜日)〜8月11日(土曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.HC
開催国/スペイン

公式サイト www.vueltaburgos.com/
フェイスブック https://www.facebook.com/IDJBurgos/
ツイッター  https://twitter.com/VueltaABurgos
ハッシュタグ #VueltaBurgos

8月7日 第1ステージ Burgos (Catedral) > Burgos (Castillo)(157k)
8月8日 第2ステージ Belorado > Castrojeriz(163k)
8月9日 第3ステージ Sedano > Espinosa de los Monteros(149k)
8月10日 第4ステージ Monasterio de San Pedro Cardeña > Ciudad Romana de Clunia(165k)
8月11日 第5ステージ Salas de los Infantes > Lagunas de Neila(141k)

今後のレーススケジュール(予定)
8月6日〜12日 The Larry H.Miller Tour of Utah アメリカ アメリカツアー2.HC
8月7日〜11日 Vuelta a Burgos スペイン ヨーロッパツアー1.HC
8月15日〜18日 Tour du Limousin フランス ヨーロッパツアー2.1