RACE

愛三工業レーシングチーム所属の岡本隼がトレーニーとして8月よりチームに加入

2018年08月08日

8月より、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、愛三工業レーシングチーム所属の岡本隼とトレーニー(研修生)契約を締結しました。岡本は、2017年のアジア選手権ロードレースU23で優勝するなど、日本を代表する若手スプリンターとして活躍し、今季も3月に日本ナショナルチームとして参戦したツール・ド・台湾第1ステージで、スプリントを制して区間優勝。個人総合リーダージャージにも袖を通しました(写真上)。

岡本は9月3日から5日までのツアー・オブ・シンタイ(中国、UCIアジアツアー2.2)、9月8日から15日までのツアー・オブ・チャイナ1(中国、UCIアジアツアー2.1)に、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニの一員として参戦予定。この大会では、多くのステージが集団ゴールスプリントの展開になると予想されており、スプリンターとして、世界の舞台で貴重な経験を積んでいきます。

●プロフィール
1995年6月1日生まれ、23歳。京都府出身
身長/体重 169cm/64kg
脚質 スプリンター

ジュニア、U23時代から日本を代表するスプリンター、トラック中長距離選手として国内外のレースで活躍。2017年、日本大学在学中に愛三工業レーシングチーム(UCIコンチネンタルチーム)と契約。プロ2年目の今シーズンは春に大学を卒業し、自転車競技に専念する。

●主な戦歴
2018年
ツール・ド・台湾 第1ステージ優勝
ツール・ド・とちぎ 第3ステージ2位

2017年
アジア選手権ロードレースU23 優勝
ツール・ド・北海道 第2ステージ優勝 ポイント賞


また8月より、チームはワールドツアーチームで活躍するニコラ・ボニファツィオの弟であるレオナルド・ボニファツィオ(イタリア/1991年3月20日生まれ)と、ピュアクライマーとして期待がかかるミゲルアンヘル・レジェス(コロンビア/1992年5月26日生まれ)とトレーニー契約を締結。シーズン後半戦の各レースをともに戦っていきます。


岡本隼のコメント
NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニのトレーニーとして走らせてもらえることに感謝し、日本人スプリンターとしてスプリントステージでのUCIポイントを獲得すること、獲得に貢献することに徹して中国の連戦に臨みたいです。
レースではもちろん、レース以外の場でもプロコンチネンタルチームの一員としての自覚を持ち、行動することを心がけます。

大門宏マネージャーのコメント
岡本は高校時代(和歌山北)、日本大学時代からトラック競技を通して注目してきたが、チャンスがあればスプリンターの本能を磨くために少しでも多くの実践舞台で経験を積ませたいと思っていた。今回、愛三工業レーシングチームの理解も得ることができ、楽しみにしている。特にスプリンターはトレーニング以上に実戦の結果の積み重ねで得た自信が成長に欠かせない。アシストをどう上手く使うことができるかもセンスが問われるが、まずは今回の中国でのUCIレースでスプリンター同士の争いで、テクニックも磨きながらワンステップ上の加速力を身に付けさらにパワーアップし、数年後にはヨーロッパの舞台で活躍する日本を代表するオールラウンダータイプのスプリンターに成長してくれることを期待している。