RESULT

【ツアー・オブ・ハイナン/第2ステージ】僅差の集団ゴールスプリントでイメリオ・チーマが8位

2018年10月25日

ダン州から澄迈(チェンマイ)までの139.6kmで開催された第2ステージは、アタック合戦のすえに12名の大きな集団が先行しました。中盤に設定された今大会最初の山岳ポイント(4級カテゴリー)で、先頭集団は分断し、その後、そこから2選手が先行する展開となりました。

今日から6名でのスタートとなったNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、前に選手を送れなかったため、中盤から伊藤と内間が中心になり集団コントロールを開始。12人の大きな逃げだったため、なかなかタイム差は縮まりませんでしたが、後半になると協力するチームが増え、先行する2選手を残して、無事に逃げていた選手たちを吸収。ゴールスプリントに向けて、各チームが体制を整えると同時に、集団は加速して、最後まで逃げている2選手を追いました。

フィニッシュラインまであとわずか100mというところで、メイン集団が2選手を吸収。各チームのスプリンターたちが横に広がりながら一斉にスプリントを仕掛け、イメリオ・チーマが8位でフィニッシュしました。

 

リザルト
第2ステージ
1  CARSTENSEN Lucas  Bike Aid   3:05:51
2  PAGE Dylan  Switzerland
3  KREDER Raymond  Team UKYO
8  CIMA Imerio  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
59  MARANGONI Alan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
81  OKAMOTO Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
99  UCHIMA Kohei Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
123  YOSHIDA Hayato  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovin i +3:11
DNS  NISHIMURA Hiroki Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini

個人総合成績
1  PAGE Dylan Switzerland   5:08:19
2  CARSTENSEN Lucas  Bike Aid  +0:02
3  KREDER Raymond  Team UKYO  +0:08
15  CIMA Imerio  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:12
68 MARANGONI Alan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
82 OKAMOTO Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
95 ITO Masakazu Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
101 UCHIMA Kohei Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
121  YOSHIDA Hayato  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +3:23

出場選手
伊藤雅和
内間康平
吉田隼人
岡本隼(トレーニー/愛三工業レーシングチーム所属)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
西村大輝(※第1ステージでリタイア)
監督: 福島晋一


伊藤雅和のコメント
今日もプロコンの逃げに注意してスタート。 内間、岡本と最初反応していき、道が細くなった10キロ過ぎで逃げが決まってしまった。その後も45キロまでは1人でアタックに反応していて、なんとかしのいでいたが、決まったアタックだけには乗れなかった。 プロコンが全部乗っていたたため危険すぎるので、その後内間と共にコントロール開始。前は12人、後ろは4人。途中からは自分たち2人だけだったのでかなり厳しいコントロールになったが、途中から入ってくれたトレンガヌ2人とミッチェルトン2人の勢いが良くてこのまま一気に6人全開で前に追い付こうと全開で踏んで、2つ目のスプリントポイントの後になんとか追い付いた。 そこからは集団内でボトル運びなどしてゴールした。


内間康平のコメント
後手後手を踏んでしまった今日のステージ。 最初のアタック合戦は丁度道が狭くなった所で一杯になってしまい、後ろでヒラヒラしてる内に逃げが行ってしまった。 どうにか事なき終えたが、非常に危ない1日になってしまった。 攻めて行きたいが、その脚がない今の状態。 見極めて危ない逃げに入っていきたい。


吉田隼人のコメント
最後のスプリントを意識してスタートした。 昨日よりも脚の調子も良く、集団内でも脚を使わないようレースを進めていたが、下りで一部の濡れた所で数名と落車した。 自分は人の上に乗り上げたので、擦過傷はないが後ろから突っ込まれたダメージが大きく少しの間動けなかった。 バイクも交換し、落車してからはチームメイトは仕事をしている中、自分は今日ゴールすることを考えて走るだけに終わった。 明日も走ってみないとわからないが、チームの勝利を引き続き目指し走ります。

岡本隼のコメント
今日自分の作戦は前半の逃げに反応していく事だったので、もっと反応していくべきだったが、思うように脚に力が入らず3回しか反応出来なかった。 逃げが捕まり、ラスト30kmから少しずつゴールスプリントに向け位置どりが激しくなり、アラン選手とイメリオ選手と位置取り出来たが、最後は埋もれてしまいそのままゴールとなった。 正直、脚の調子が悪いがステージレースでコンディションを上げていくのも選手として大事な事だと思う。前向きに考え自分に出来ることにしっかり取り組みたい。

レース情報
ツアー・オブ・ハイナン
開催期間/2018年10月23日(火)〜31日(水)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催国/中国

公式サイト http://www.tourofhainan.com/en/

今後のレーススケジュール(予定)
10月23日〜31日 Tour of Hainan 中国 アジアツアー2.HC
11月11日 Tour de Okinawa 日本・沖縄 アジアツアー1.2