PRESS RELEASE

【2019シーズン情報】所属選手発表、日本人5選手と契約更新

2018年11月28日

2019シーズン、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ(イタリア籍 UCIプロコンチネンタルチーム)に所属する17名の選手を発表します。日本人選手は2018年に所属した選手のうち、以下の5名が契約更新(西村大輝はネオプロ2年契約の2年目)いたしました。また、8月から最大で3名、認められるトレーニー(研修生)制度ですが、2019シーズンは特に日本人選手を対象とし、積極的に受け入れていく予定です。

新規加入選手は4名で、アスタナから移籍するモレノ・モゼール、イタリアのネオプロ、ジョヴァンニ・ロナルディ、コロンビアからはプロ登竜門といわれるツール・ド・ラブニールで山岳賞を獲得したアレハンドロ・オソリオら若手選手2名が加入します。チームキャプテンは最年長となるイヴァン・サンタロミータが務めます。

所属選手は12月中旬にイタリア・ラスペッツィアにて行われるビルディングキャンプ、来年1月上旬から始まるスペイン・カルペでのトレーニングキャンプに参加し、2019シーズンの初戦は、1月27日から2月3日までアルゼンチンで開催されるブエルタ・ア・サンフアンインターナショナル(UCIアメリカツアー2.1)の予定です。
●●

●2019シーズン 所属選手一覧

Ruben Dario ACOSTA/ルーベンダリオ・アコスタ(コロンビア) 1996年生まれ ※新規
Nicola BAGIOLI/ニコラ・バジョーリ(イタリア)1995年生まれ
Joan BOU/ジョアン・ボウ(スペイン)1997年生まれ
Marco CANOLA/マルコ・カノラ(イタリア)1988年生まれ
Damiano CIMA/ダミアーノ・チーマ(イタリア)1993年生まれ
Imerio CIMA/イメリオ・チーマ(イタリア)1997年生まれ
初山翔/はつやま・しょう(日本)1988年生まれ
伊藤雅和/いとう・まさかず(日本)1988年生まれ
Juan José LOBATO/フアンホセ・ロバト(スペイン)1988年生まれ
Giovanni LONARDI/ジョヴァンニ・ロナルディ(イタリア)1996年生まれ ※新規
Moreno MOSER/モレノ・モゼール(イタリア)1990年生まれ ※新規
中根英登/なかね・ひでと(日本)1990年生まれ
西村大輝/にしむら・ひろき(日本)1994年生まれ
Alejandro OSORIO/アレハンドロ・オソリオ(コロンビア)1998年生まれ ※新規
Ivan SANTAROMITA/イヴァン・サンタロミータ(イタリア)1984年生まれ
吉田隼人/よしだ・はやと(日本)1989年生まれ
Filippo ZACCANTI/フィリッポ・ザッカンティ(イタリア)1995年生まれ



伊藤雅和のコメント
来年もこのチームで走るチャンスをいただけたことを嬉しく思います。 今年は所属2年目でどうしても目に見える結果が欲しかったですが、それを手に入れることはできませんでした。 しかしレベルの高いレースを走らせてもらい、全力でチームメートをアシストし、自分自身のフィジカルのレベルも少しですが、上がってることを確認できました。 来年もチームから求められることを理解して、1つ1つのレースを大事にコンディションを整え走っていきたいです。とにかく自分自身強くなるために、毎日少しずつ積み上げて、チームから評価される走りをできるように頑張ります。 来年も応援よろしくお願いします!


初山翔のコメント
来年もこのチームで走れることを嬉しく思います。 今年を振り返ってみれば、今まで経験したことのないハイカテゴリーのチームとレースに付いていこうと必死で、浮き足立ちっぱなしの1年でした。 来年は今年の経験を生かしながら、自分自身の成績をもっとシビアに追求しなくてはいけないと思っております。 また来シーズンも引き続き、ごひいきのほどよろしくお願いします。



吉田隼人のコメント
今シーズンを無事に走りきり、来年もこのチームで走れることを嬉しく思います。今年は自分のイメージしていた結果とは異なることが多く、考えさせられることもありました。しかし、この年齢になってもチャレンジさせてもらえることは恵まれていると再認識し、来年は今年のような結果では終われません。結果を出すにあたり必要なことは全て行い、皆様にいい報告が早くできるように準備を進めていきますので、引き続き応援よろしくお願いします。



中根英登のコメント
チームNIPPOの一員として3年目を迎えることができました。来シーズンもこのチームで走れることが決まり、非常に嬉しく思っています。 本チームに移籍した昨年は不安と楽しみな気持ちが入り混じるなか、これまでで一番良い結果に恵まれました。 今年は昨年の自分を越えるべく厳しいトレーニングに打ち込み、ツアー・オブ・ジャパンやアジア大会、ジロ・デラ・トスカーナでのUCIポイント獲得、初の世界選手権出場とさらに飛躍できたと感じています。 昨年と違い今年は自分の成績を狙うチャンスを多く頂き、チームからの信頼も高まっていると実感した一方で、チームメイトの素晴らしいアシストを受けながらも満足いく結果を残せないこともあり悔しい思いもしました。 まだまだ自分は強くなれるし、ならなきゃいけない。 今年の自分をさらに越えるために、世界のトップ選手たちに少しでも近づいてコンスタントに欧州のトップレースで成績を残していけるように、来シーズンも全力で戦います! 引き続き応援よろしくお願いします!



西村大輝のコメント
今年は、所属するチームのカテゴリーや出場するレース、生活リズム等、初めての経験ばかりの年となりました。自分にとって世界中のレースを転戦し、一年の多くを海外で過ごすこの生活は、子供の頃から憧れていたものでした。来年は、2年契約最後の年となるシーズンで、自分の中では今年以上に大切な一年となります。今年経験させて頂いたことを走りへ活かし、チームから与えられた役割を果たしていけるように頑張ります。