RESULT

【ツアー・オブ・タイランド/第3ステージ】厳しい山岳コースで西村大輝が力走し個人総合成績8位にランクアップ

2019年04月04日

ツアー・オブ・タイランド第3ステージは、1級、超級、1級、3つの山岳を含む199kmの大会最長ステージで、今大会のクイーンステージに位置付けられている厳しい山岳コースでした。NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは、登坂力があり、コンディションも仕上がっている伊藤雅和を中心にして、クライマーのルーベン・アコスタ、西村大輝とともに区間成績、そして個人総合成績を狙う作戦でした。

序盤は平坦基調ながら、緩やかな勾配を繰り返すコースプロフィール。そのなかで14人ほどの大きな先頭集団が形成されました。その後、ヴィノ・アスタナモーターズのコントロールでレースは進んでいきましたが、50km地点をすぎた付近で伊藤雅和が落車に巻き込まれるアクシデントが発生。伊藤は再乗車し、吉田隼人や西村大輝のアシストでメイン集団でレースを進めていきますが、脚や背中に強い痛みを抱えながらのツラいレースとなりました。

最初の1級山岳、厳しい勾配が続く区間で先頭集団は崩壊。逃げに複数名選手を乗せていたセントジョージコンチネンタルサイクリングチームとチームイルミネイトが、圧倒的な登坂力でレースをリードしていきます。一方のメイン集団は一定ペースで頂上を目指していきますが、次々に選手が脱落。

伊藤、西村、アコスタがメイン集団に残りましたが、伊藤は落車の影響が大きく、3つめの登坂区間でドロップ。一時、20名ほどに絞られたメイン集団にはアコスタのみが残る形になりましたが、その後、伊藤のアシストに徹していた西村が単独でメイン集団に復帰。3つ目の頂上を越えても壁のようなアップダウンが続く厳しいコースのなか、タイの地形を熟知する西村はそのままアタックを敢行する力強い走りを見せます。

下り区間では通り雨に見舞われ、滑りやすくなった路面によりメイン集団ではクラッシュが頻発し、西村もアコスタもスリップ。幸い、大事には至りませんでしたが、単独で先行するライアン・キャバナー(セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム)には有利に働き、タイム差を大きく稼ぎ、そのまま単独で区間優勝。個人総合成績でも後続を4分55秒引き離して首位に立ちました。そして追走3選手に次いで、5位以下、8名となった6分22秒差のメイン集団で西村がフィニッシュ。区間13位、個人総合成績では8位に大きくジャンプアップ。今後のステージでは、西村を総合リーダーにして、さらなる上位をめざして戦うことになります。

痛みをこらえながら、西村とアコスタにエースを託した伊藤も無事に36位で完走。不運に見舞われたことは非常に残念でしたが、エースを担う責任感ある走りをみせました。

結果
第3ステージ

1 CAVANAGH Ryan St George Continental Cycling Team 5:48:21
2 GARCÍA Marcos Kinan Cycling Team +4:49
3 GUARDIOLA Salvador Kinan Cycling Team +5:53
13 NISHIMURA Hiroki Nippo Vini Fantini Faizanè +6:22
18 ACOSTA Ruben Dario Nippo Vini Fantini Faizanè +8:23
36 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè +37:08
48 CIMA Imerio Nippo Vini Fantini Faizanè +44:51
51 LONARDI GiovanniNippo Vini Fantini Faizanè
65 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè


個人総合成績

1 CAVANAGH Ryan St George Continental Cycling Team 13:47:15
2 GARCÍA Marcos Kinan Cycling Team +4:55
3 GUARDIOLA Salvador Kinan Cycling Team +6:01
8 NISHIMURA Hiroki Nippo Vini Fantini Faizanè +6:34
16 ACOSTA Ruben Dario Nippo Vini Fantini Faizanè +8:35
36 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè +37:20
48 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè +44:49
53 CIMA Imerio Nippo Vini Fantini Faizanè +45:03
59 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè +45:03

ツアー・オブ・タイランド出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
西村大輝
ルーベン・アコスタ(コロンビア)
ジョバンニ・ロナルディ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
監督 水谷壮宏

●●

伊藤雅和のコメント

今日は上りのステージ。チームからエースを任せてもらっていた。この日に合わせてかなりコンディションも上げて、ここ何年かの中でも最も良いくらいのコンディションだった。 上りは70キロ地点から始まる。でも50キロ地点の何でもないところで前の選手が落車。スピードも出ていたので避けきれずに派手に転んでしまった。 そこからはずっと痛みとの勝負。激しく打ち付けた右脚、右上半身にほとんど力が入らない。しかしチームに任せてもらっている以上頑張るが、3つ目の山岳ポイントで力尽きてしまった。 片足にしか力が入らない状態では限界だった。 そこからは1人でゴールまで痛みとの戦いだった。 チームも昨日までそして今日も自分に脚を使わせないように温存していてくれていたのに、本当に申し訳なく思う。

吉田隼人のコメント

総合成績に大きく左右するステージ。 総合成績を狙う伊藤選手が勝負できるようにとスタート前にミーティングを行いスタートした。 本格的に上りが始まる70キロまでで伊藤選手の落車やトラブルもできるかぎりサポートした。 そこからはイメリオ選手、ロナルディ選手と同じ集団でゴールを目指し、無事にゴールした。 明日以降も引き続きチャンスを引き寄せ、いい結果を出せるようにしたい。

西村大輝のコメント

伊藤さんが総合成績で上位に入れるよう、上りでサポートするように言われてスタートした今日のステージ。 昨日、一昨日で大きく消耗していた自分にとっては序盤のアタック合戦に参加せずに集団内で温存することができたため、レース中盤から調子が上がってきた。 レース途中、下りで落車に巻き込まれたが、幸運にも擦過傷だけで済み、すぐに追いつくことができた。 疲労は大きいが、今日のコースは非常に厳しい山岳コースだったので、他の選手も疲れていると思う。 きついのは自分だけじゃないと考え、明日からも精一杯走りたい。



▶ レース情報
The Princess Maha Chackri Sirindhorn’s Cup “Tour of Thailand”
シリントーン王女杯“ツアー・オブ・タイランド”

開催期間/2019年4月1日(月)〜6日(土)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/タイ王国
ホームページ  http://tourofthailand.in.th
フェイスブック https://www.facebook.com/Tourofthailand2019/

4月1日 第1ステージ Phitsanuloke › Uttaradit
4月2日 第2ステージ Uttaradit › Nan
4月3日 第3ステージ Nan › Nan
4月4日 第4ステージ Nan › Phayao
4月5日 第5ステージ Phayao › Lampang
4月6日 第6ステージ Lampang › Chiang Mai

今後のレーススケジュール(予定)
4月1日〜6日 Tour of Thailand タイ アジアツアー2.1
4月3日〜6日 Giro di Sicilia – Tour of Sicily イタリア ヨーロッパツアー2.1