RESULT

【全日本選手権】雨のなかのサバイバルレースで伊藤雅和が5位

2019年06月30日

6月30日(日)、2019年の日本チャンピオンを決定する全日本選手権ロードレースが静岡県小山町富士スピードウェイにて開催されました。午前9時にスタートしたエリート男子カテゴリーは152選手が出走。欧州ワールドツアーで活躍する別府史之(トレック・セガフレード)と新城幸也(バーレーン・メリダ)も一時帰国し、スタートラインへ。NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネからは、伊藤雅和、吉田隼人、西村大輝の3名が出場しました。

コースはレーシングサーキットに外周路等を組み込んだ1周回10.8kmの特設コース。そこをエリート男子カテゴリーは21周する227kmのレースでした。国内で開催されるレースとしては、距離が長いのが特徴で、緩やかなアップダウンや道幅の狭い区間もコースに含まれていました。

強い雨のなかでスタートが切られると、サーキットの一部にはオイル浮きの影響などから非常に滑りやすく落車も発生。そして序盤から有力チームの牽引により、レースはハイペースで進み、登りと下りを繰り返すコースで、集団は縦一列に長く伸び、周回を重ねるごとに多くの選手が脱落していきます。

前半より何度か逃げが形成されますが、決定的な動きにはならず、3名の少ない人数での出走となったNIPPOは、集団内にて落ち着いてレースを進めていきます。8周回目になると、徳田優(ブリヂストンアンカー)が単独でアタックに成功し先行を開始。その動きを機に60名ほどに絞られた集団はようやく落ち着きをみせ、タイム差は3分へと広がっていきました。

そのまま中盤は徳田が単独で先行する展開が続き、動きが出たのは残り7周。集団はペースアップが図られ、徳田を吸収するとともに活性化し、いよいよレースが動き始めました。しかし、その動きと同時に機材トラブルにより吉田隼人が集団から脱落し、加速する集団への復帰は叶わずリタイアへ。

吉田は「チームは人数が少ない状態での出走で、個々で最後まで残っていく作戦だった。コンディション良く走れていただけにメカトラは残念だった。バイク交換だけでなく、メカトラをかばうようにして脚を使ってしまっていた。このまま良い調子を維持して、次に出場するツアー・オブ・チンハイレイクで結果を残したい」とコメント。

そしてレースは終盤を迎え、わずか30名ほどになったメイン集団に伊藤と西村が残りました。登坂区間で毎周回、優勝候補である新城らが積極的にアタックを繰り返し、周回中に何度も逃げができては吸収される目まぐるしい展開に。「とにかくペースが速かった」と振り返る西村は少しずつ後退してしまいますが、好調な伊藤は集団前方でアタックに反応しながら、チャンスをうかがっていきます。

決定的な動きになったのは、残り3周回で形成された新城、入部正太郎(シマノレーシング)、 横塚浩平(チームUKYO)3名の逃げ。ついに後続とのタイム差が開き始め、この3名での逃げ切りが濃厚な展開となりましたが、伊藤は諦めることなく前を追い、5名の追走集団を率いて懸命にペダルを踏み続けます。

しかし、強力な3名の先頭に追いつくことはできず、入部が新城をスプリントで下し、全日本選手権初優勝。そして伊藤はトップから1分49秒差、5位以下を競るスプリントに3選手で挑み、先着して5位でフィニッシュ。西村は2分50秒差の10位でゴールしました。

伊藤は「入部選手が前に行ったときに、一緒に行かなかったのが悔やまれる。入部選手が横からサーっと上がって行き、どうしようかと思った次の瞬間に新城選手が行った。すかさず追ったが、それに集団が反応し吸収されてしまい、そのままの勢いで前も吸収するかと思ったが、自分を吸収すると集団は踏みやめてしまった。その前の一瞬の判断が勝負の分かれ目だったと思う。その後、後ろはあまり回らず、自分で脚を使って前を追った。調子は良く優勝を狙っていたので本当に悔しい。今は何を言っても負け惜しみになってしまうが、レースの難しさを感じた」と悔しさを滲ませながら振り返りました。

一方の西村はレースを終えて、「最初からとにかく速く感じて、常にツラいと思いながら走っていた。コンディションは最善とは言えないが、今日できる全力を尽くして戦った。もっと脚があればと思う。シーズン後半戦、また海外のレースが続くので、ここから調子を上げていきたい」と話しました。

3名での出走となり、チームとしての作戦を取りにくいこと、また年間スケジュールの関係から、全日本選手権だけにコンディションを合わせることは難しいなかで、各選手がベストを尽くして戦いました。それぞれに感じた今回の悔しさをバネに、シーズン後半戦を戦っていきます。悪天候のなか会場にお越しくださった皆さまをはじめ、スポンサーの皆さま、ご声援いただいたすべての方に感謝しています。次戦はアジアツアー超級のツアー・オブ・チンハイレイク(中国)になります。引き続き、応援よろしくお願いします!

結果
1 入部 正太朗(シマノレーシング) 6:12’27
2 新城 幸也(BAHRAIN MERIDA) +00’00
3 横塚 浩平(Team UKYO) +00’08
4 湊 諒(シマノレーシング)  +1’41
5 伊藤 雅和(NIPPO VINI FANTINI FAIZANE) +1’49
6 草場 啓吾(愛三工業レーシングチーム)  +1’49
10 ⻄村 ⼤輝(NIPPO VINI FANTINI FAIZANE) +2’50
DNF 吉田 隼人(NIPPO VINI FANTINI FAIZANE)