RESULT

【コッパ・ベルノッキ】イメリオ・チーマがスプリントで3位表彰台! 石上優大には実り多きイタリア連戦に

2019年09月16日

9月15日に北イタリアで101回目の開催を迎えたワンディレース「コッパ・ベルノッキ(UCIヨーロッパツアー1.1)」。途中、登坂区間を含む16.7kmの周回コースを6周回し、スタートしたレニャーロに戻る198.2kmのレースで、前日に開催されたコッパ・アゴストーニに比べると、終盤の平坦区間も長くスプリンター向き。NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは、スプリンターのチーマ兄弟をエースにする作戦でした。

コースプロフィール

周回コースの最終周で、マルコ・カノラが有力選手とともに8名の先頭集団を形成し、先行するシーンも見られましたが、フィニッシュラインへと向かう緩やかな下りで、その逃げは集団に吸収。集団ゴールスプリントの展開になり、ロナルディのアシストを受けて残り300mから先頭に立ったイメリオがスプリントを開始。フィニッシュライン直前で後方から追い上げられ、勝利を逃しましたが3位入賞。兄のダミアーノ・チーマも5位でフィニッシュしました。

🗣 石上優大のコメント
「マリオ監督から大人数の逃げには乗っていけという指示をもらってスタートした。しかし、レース前半は、身体の動きが悪く、逃げに挑戦することができなかった。 レース中盤の、登りの周回は、登りの道幅が狭く、昨日よりも位置取りが大事だと感じたが、平坦で苦しめられ、位置取りの余裕が全くできなかった。 なんとかペースアップにも耐え、周回が終わってからは、引き伸ばされた集団にただついていくことしかできず、チームの仕事をすることができず、集団でゴールした。

この2日間は、コース的には自分向きのコースだったが、登りよりも平坦で苦しめられ、その状態で登りに連れていかれるという繰り返しで、レースをできなかった。 平坦力の強化や立ち回り方を改善して、次からのレースに活かしたい」


🗣 マンゾーニ監督のコメント
「50-60人程度の集団でのスプリント勝負になると考え、ロナルディをリードアウトとして、チーマ兄弟で勝負する作戦だった。イメリオが最後の場面で、少し落ち着いていればと思うが、それでも十分価値のある3位という成績にとても満足している。チームがよく機能していた。トレーニーの石上にとっても、この2連戦は良い経験になり、次のレースに繋がっていくだろう」


📑 リザルト

1  BAUHAUS Phil  Bahrain Merida    4:34:25
2  CONSONNI Simone  UAE-Team Emirates
3  CIMA Imerio  Nippo Vini Fantini Faizanè     +0:01
5  CIMA Damiano  Nippo Vini Fantini Faizanè
13  LONARDI Giovanni  Nippo Vini Fantini Faizanè         +0:02
55  ISHIGAMI Masahiro  Nippo Vini Fantini Faizanè            +0:15
91  SANTAROMITA Ivan  Nippo Vini Fantini Faizanè            +0:25
96  CANOLA Marco  Nippo Vini Fantini Faizanè               +0:47
DNF  OSORIO Alejandro  Nippo Vini Fantini Faizanè


📸 写真ギャラリー


▶ レース情報

Coppa Bernocchi
コッパ・ベルノッキ

開催期間/2019年9月15日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.1
開催国/イタリア
ホームページ  https://www.uslegnanese.it/coppa-bernocchi/
ツイッター https://twitter.com/USLegnanese1913
フェイスブック https://www.facebook.com/USLegnanese/
ハッシュタグ #CoppaBernocchi

Legnano – Legnano 198.24km