RACE

【UCIロード世界選手権/事前情報】中根英登が日本代表として二年連続で世界選手権出場へ

2019年09月19日

日本自転車競技連盟が9月19日、9月下旬にイギリスで開催されるUCIロード世界選手権への日本代表メンバーを発表。日本は、男子エリートロードレースで出場枠を二枠獲得し、新城幸也選手(バーレーン・メリダ)とともに、中根英登が日本代表に選出され、中根は二年連続で世界選手権に挑みます。

現在29歳の中根英登は、日本を代表するクライマーとして活躍。昨年はツアー・オブ・ジャパンでアジア人選手最高位となる個人総合9位、ジャパンカップサイクルロードレースでも国内最高位の12位でゴール。日本代表としてオーストリアでの世界選手権に初出場し、アジア競技大会では、エースの別府史之選手(トレック・セガフレード)の銀メダル獲得に貢献し、自身も5位でゴールするなど、大きく飛躍するシーズンを送りました。

しかし、今季は体調不良やクラッシュの影響から成績が伸び悩み、シーズン前半は厳しいものでしたが、夏頃から復調。9月18日にイタリアで開催されたUCIヨーロッパツアー1クラスのジロ・デッラ・トスカーナでは、抜群の登坂力を武器に昨年の18位という成績を上回る15位でフィニッシュ。ヨーロッパで価値のあるUCIポイントを獲得し、完全復調。自信をもって10日後に開催される世界選手権に挑みます。


イギリスで初開催となる今年のUCIロード世界選手権は、9月21日にパラサイクリング部門からスタートし、最終日の29日に男子エリートのロードレースが開催されます。男子エリートは、リーズをスタートしたのち、3つの山岳を通過してハロゲイトの周回コースを7周回する285km。起伏に富んだチャレンジングなコース設定になっています。

またNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネからは、男子U23にトレーニーの石上優大(AVCエクサンプロヴァンス/EQADS)が出場、メカニックの西勉と南野求も日本代表チームのスタッフとして世界選手権に参加します。



中根英登のコメント

今年の世界選手権も日本代表として走らせてもらえることになりました。 今季は最高のスタートを切れたものの、度重なるコンディションの崩れに加えてトレーニング中の事故と、厳しい状況が続いていました。 チームが組んでくれたスケジュールのおかげで、自分にとっては長く感じていたトンネルからようやく脱出できたように思ってます。 直近のトスカーナのレースでは半年ぶりに身体の軽さと調子の良さを感じられたので、コンディションは良い具合に仕上がってきています。 そのタイミングでの世界選手権への抜擢となり、自分を信頼してくれたナショナルチームに感謝しています。 アジア大会も急きょ抜擢してもらいましたが、今回は世界選手権。桁違いのレースレベルなので、アシストと言ってもそう簡単にはいきませんが、自分の最大限やれることをし、新城選手のアシストとしての仕事を全うしたいと思います。

▶ レース情報
UCI Road World Championships
UCIロード世界選手権

開催期間/2019年9月21日〜29日
男子エリート・ロードレースは29日
カテゴリー/世界選手権
開催国/イギリス・ヨークシャー

ホームページ  https://worlds.yorkshire.com
フェイスブック https://www.facebook.com/yorkshire2019/
ツイッター https://twitter.com/Yorkshire2019
ハッシュタグ #Yorkshire2019

男子エリート・ロードレース Leeds > Harragate 285km

今後のレーススケジュール(予定)
9月19日 Coppa Sabatini (イタリア/UCIヨーロッパツアー1.1)
9月21日 Memorial Marco Pantani (イタリア/UCIヨーロッパツアー1.1)
9月22日 Trofeo Matteotti (イタリア/UCIヨーロッパツアー1.1)