RESULT

【UCIロード世界選手権】過酷すぎる悪天候のなか奮闘するも日本代表チームは完走ならず

2019年09月30日

9月29日、イギリス北部のヨークシャー地方にて2019-2020年の世界チャンピオンを決める世界選手権が開催されました。降り続く雨による浸水のため、当日の朝になりスタートからフィニッシュラインの周回コースへと向かうライン区間の一部、二つの山岳エリアがショートカットされ、285kmのレースが262kmに短縮されることが発表されました。

最大で8選手が出場する強豪国と比較し、日本は国別ランキングにより出場枠は2。新城幸也(バーレーン・メリダ)と中根英登、二人での出走となり、勝負所までエースの新城選手をいかに温存できるかが勝負でした。レースは序盤から非常に寒く、悪天候による落車トラブル等が絶えません。

苦手な寒さを相手に奮闘し、少しでも新城選手のアシストとして働くべく、全力を尽くしていた中根ですが、周回コースへ入ったのち170km地点付近に低体温症にてリタイア。新城選手も9周回するうちの2周回目に集団から遅れ、残念ながらリタイアする結果となりました。今年の世界選手権は出走197名に対し、完走者はわずか46名、歴史に残る過酷なサバイバルレースでした。

🗣中根英登のコメント
新城選手をエースとして自分はアシストに徹するオーダー。 悪天候の影響によりライン区間の2つ目と3つ目の山岳ポイントがカットとなり、2人しかいないチームジャパンには好都合となる。

スタートから寒く土砂降りの中、有力選手含む逃げが決まる。 風も強く吹いていたが集団でこなす。縮小となったライン区間の唯一の山岳ポイントも余裕を持ってクリア。ここでは脚の調子の良さは感じ取れていた。 道が細く緩いコーナーが連続する下りも問題なく通過。 雨は止むことなくコース上に所々冠水している区間が多くあり、下からも冷やされる過酷なコンディション。 ライン区間終盤は新城選手の防寒アイテムやジェルを渡す等、なるべく近くにいる事を心掛けて周回コースへ。 S/F地点の手前で自分らの前方で落車があったが、踏み直して集団に戻るも冷えて身体が動かなくなってきていた。 集団中程で新城選手とどのタイミングで上がっていくかと話していたが、2つ目の登り返し区間で完全に身体が冷えて震えてきてしまい遅れてしまった。最後まで仕事を全うできなかったことを悔しく、申し訳なく思う。

レース前からレース中まで、何のストレスもなくサポートして頂いたナショナルチームスタッフのみなさん、ありがとうございました。 また多くの応援して頂き、ありがとうございました。

📄 レースレポート(cyclowired)
https://www.cyclowired.jp/news/node/308981


🏆結果
1  PEDERSEN Mads  Denmark  6:27:28
2  TRENTIN Matteo  Italy
3  KÜNG Stefan  Switzerland  +0:02
4  MOSCON Gianni  Italy   +0:17
5  SAGAN Peter  Slovakia   +0:43
6  VALGREN Michael  Denmark   +0:45
7  KRISTOFF Alexander  Norway   +1:10
8  VAN AVERMAET Greg  Belgium
9  IZAGIRRE Gorka  Spain
10  COSTA Rui Portugal
DNF  ARASHIRO Yukiya  Japan
DNF  NAKANE Hideto  Japan


▶ レース情報
UCI Road World Championships
UCIロード世界選手権

開催期間/2019年9月21日〜29日
男子エリート・ロードレースは29日
カテゴリー/世界選手権
開催国/イギリス・ヨークシャー

ホームページ  https://worlds.yorkshire.com
フェイスブック https://www.facebook.com/yorkshire2019/
ツイッター https://twitter.com/Yorkshire2019
ハッシュタグ #Yorkshire2019

男子エリート・ロードレース Leeds > Harragate 285km