RACE

【ツアー・オブ・チンハイレイク/事前情報】アジア最高峰の過酷なステージレースに日本人5選手が出場

2018年07月19日

7月22日(日)から8月4日(土)まで、全13ステージ+休息日で開催されるツアー・オブ・チンハイレイク(UCIアジアツアー2.HC)に、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが出場します。2014年のコンチネンタルチーム時から5年連続の出場となり、昨年は区間優勝を2回(ダミアーノ・クネゴ、ニコラス・マリーニ)、今年はそれ以上の成績をめざします。

今年で17回目の開催を迎えた本大会は、アジアツアーでもっとも長い2週間におよぶ開催期間と、海抜3000mを超える高地で開催されることで有名な過酷な大会で、今年の最高地点は第6ステージに組み込まれる海抜4120m、大冬樹山での山頂フィニッシュとなっています。このステージは昨年、クネゴが独走にて勝利しており、高地順応がパフォーマンスに大きく影響します。

1週目に厳しい山岳ステージが多く組み込まれている一方、序盤や終盤には平坦な周回コースを使ったスプリンター向けのステージも用意されています。全ステージ合計の走行距離は1800kmを超え、プロコンチネンタルチームも自分たちを含めて5チームが出走します。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、福島晋一監督指揮のもと、中根英登と伊藤雅和のクライマーコンビが個人総合成績を狙い、ルーマニアチャンピオンとなったエドゥアルド・グロス、吉田隼人、フアンホセ・ロバトでゴールスプリントによる区間優勝を狙います。また起伏のあるステージでは逃げも決まりやすいレースになるので、内間康平や西村大輝を中心に逃げの展開も積極的に狙っていきます。

本大会に先駆けて日本人メンバーはイタリア北部のリビーニョにて、約4週間にわたって高地キャンプを実施しました。選手たちは高地順応すると同時に、コンディションをベストに整えて、現地入りしています。

また本大会終了後、8月12日付の国別ランキングをもとに世界選手権への出場枠が決まるため、本大会での日本人選手の成績は非常に重要になってきます。現状では日本の出場枠は1名のみですが、複数名となるように、チームで協力して、日本人選手でより多くのUCIポイントを取っていくことも重要なミッションとなります。

出場選手
伊藤 雅和
内間 康平
吉田 隼人
中根 英登
西村 大輝
フアンホセ・ロバト(スペイン)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
監督: 福島 晋一


伊藤雅和のコメント
高地でのステージが長く続くレースはこれまで出たことなく、
身体がどのような反応を示すのか未知数ですが、
1ヶ月高地合宿をして準備はしてきたので、
毎日集中して結果を出せるようにチーム一丸となって頑張ります。



内間康平のコメント
約1ヶ月間、このレースに向けて、
リビーニョでのトレーニングを最初から最後までしっかりこなせた。
その成果を走りで見せたい!



吉田隼人のコメント
今回のレースは標高が高く、事前の準備が必要でしたが、
事前にチームでイタリア・リビーニョにて高地トレーニングを行うことができました。
自分にできることを一つ一つ確実に行い、
チームとして皆様にいい結果を報告できるように頑張ります。
引き続き、応援よろしくお願いします。



中根英登のコメント
昨年は山岳ステージではダミアーノのために、
スプリントステージではスプリンターたちのために集団牽引、
そして逃げに乗ったりと連日苦しく、キツかった思い出深いレース。
今年は昨年よりも自分の力が高まってきているし、
長い期間、高地キャンプで準備をしてきたので、
その成果をしっかり発揮できるよう頑張ります。



西村大輝のコメント
2週間に及ぶツアー・オブ・チンハイレイク。
リビーニョで高地合宿を行い、準備を進めてきたので、
チームに貢献できるように良い走りがしたい。
また、ここまで長いステージレースは初めての経験なので、今から楽しみです。



福島晋一監督のコメント
チンハイレイクに向けて、イタリアのリビーニョに1か月滞在して、最大限の準備をしてきた。
選手は気合が入っている。今回は中根、伊藤を総合成績を狙い、
スプリントは吉田、グロス、ロバトで行く。
西村、内間の仕上がり具合がチームのカギ。彼らにも積極的にレースを展開させていきたい。
自分も3回目の参加になるが毎年、ステージ優勝はできているが、
今年は昨年のクネゴの総合6位を超える成績を残し、日本にUCIポイントを加算したい。

レース情報
Tour of Qinghai Lake
開催期間/2018年7月22日(日)〜8月4日(土)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催国/中国

公式サイト www.tdql.cn
フェイスブック https://www.facebook.com/tourofqinghailake/
ツイッター https://twitter.com/TDQL_Official
ハッシュタグ #TDQL2018

7月22日(日)第1ステージ Ledu › Xining (162k)
7月23日(月)第2ステージ Xining › Xining (115k)
7月24日(火)第3ステージ Duoba › Guide (133k)
7月25日(水)第4ステージ Guide › Longyangxia (100k)
7月26日(木)第5ステージ Longyangxia › Bird Islet (235k)
7月27日(金)第6ステージ Dadongshu Yakou › Qilian (66k)
7月28日(土)第7ステージ Qilian › Menyuan (169k)
7月29日(日)第8ステージ Menyuan › Zhangye (237k)
7月30日(月)第9ステージ Jinchang › Wuwei (175k)
7月31日(火)休息日
8月1日(水)第10ステージ Wuwei › Wuwei (124k)
8月2日(木)第11ステージ Zhongwei › Zhongwei (110k)
8月3日(金)第12ステージ Yinchuan › Yinchuan (107k)
8月4日(土)第13ステージ Lanzhou › Lanzhou (108k)




今後のレーススケジュール(予定)

7月22日〜8月4日 Tour of Qinghai Lake 中国 アジアツアー2.HC
8月6日〜12日 The Larry H.Miller Tour of Utah アメリカ アメリカツアー2.HC
8月7日〜11日 Vuelta a Burgos スペイン ヨーロッパツアー1.HC
8月15日〜18日 Tour du Limousin フランス ヨーロッパツアー2.1

RESULT

【ツール・ド・スイス/第9ステージ】長い山岳レースの最終日は34kmの個人タイムトライアル

2018年06月19日

厳しい山岳ステージを含む全9ステージで開催されたUCIワールドツアーのツール・ド・スイス。最終日は第8ステージに引き続いて、スイス南部のベッリンゾーナにて34kmの個人タイムトライアルが開催されました。コースはベッリンゾーナ市内をスタート/フィニッシュとし、平坦基調ながら、一部石畳区間も設定されていました。

総合成績でUCIポイント圏内につけるイヴァン・サンタロミータをはじめ、他の選手たちもそれぞれに今後のレースも見据えて、ベストを尽くして走り、厳しい暑さにも見舞われましたが、無事に全選手揃って世界屈指の山岳ステージレースを走破しました。第9ステージのチーム内最高位はエドゥアルド・グロスの93位、サンタロミータは個人総合成績36位にてレースを終えました。

またチームキャプテンのダミアーノ・クネゴは現役最後となるワールドツアーレースを総合成績124位で走り終えました。序盤は体調を崩し、思うような成績を残すことはできませんでしたが、主催者をはじめ、各地で多くのファンに温かく迎え入れられ、良い思い出がたくさん詰まったツール・ド・スイスに笑顔で別れを告げました。今後クネゴは、20日に開幕するイタリアでのステージレース、アドレアティカ・イオニカレース、そしてイタリア選手権に出走し、7月からはコーチとして引き続きNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニで活躍する予定です。

リザルト
第9ステージ
1 KÜNG Stefan BMC Racing Team 51.342km/h 39:44
2 ANDERSEN Søren Kragh Team Sunweb 50.936km/h +0:19
3 VAN GARDEREN Tejay BMC Racing Team 50.852km/h +0:23

93 GROSU Eduard Michael Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 46.753km/h +3:54
107 CUNEGO Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 45.946km/h +4:40
116 ZACCANTI Filippo Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 45.638km/h +4:58
118 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 45.587km/h +5:01
122 MARANGONI Alan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 45.367km/h +5:14
132 HATSUYAMA Sho Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 43.389km/h +7:17
136 ITO Masakazu Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 41.604km/h +9:18


個人総合成績
1 PORTE Richie BMC Racing Team 29:28:05
2 FUGLSANG Jakob Astana Pro Team +1:02
3 QUINTANA Nairo Movistar Team +1:12

36 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +18:20
122 ZACCANTI Filippo Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:40:34
124 CUNEGO Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:41:31
130 GROSU Eduard Michael Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:45:11
133 ITO Masakazu Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:51:07
135 HATSUYAMA Sho Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:55:15
136 MARANGONI Alan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:58:16

●●

伊藤雅和のコメント
最終日のTTは全く力が入らず恥ずかしい思いをした。自分の弱さにガッカリしている。 今回のレースを通してワールドツアーの選手達の本気の凄さを知った。思ってたよりずっとずっと上だった。 また今後の目標のバロメーターがかなり上がったのでそこを目指して少しでも彼らに近づいていきたい。 決してただ出場しただけのレースにならないように今後もっと競技について考えて過ごしていきたいと思う。 応援ありがとうございました!



初山翔のコメント
衝撃的なレースだった。 ティレーノ〜アドリアティコもこれくらいの衝撃があったはずだが、今回のほうが強力に感じたのは自分のコンディションもあるかもしれないが、コンディション万全ならば、と思えるレベルではなかった。 自転車競技だけではなく全世界スポーツの世界トップに対する意識が変わった。 今回参加できたことを幸運に思う。

 

レース情報
Tour de Swiss
開催期間/2018年6月9日(土曜日)〜17日(日曜日)
カテゴリー/2.UCIワールドツアー
開催国/スイス

公式サイト http://www.tourdesuisse.ch/en/
フェイスブック https://www.facebook.com/tourdesuisse/
ツイッター https://twitter.com/tds
ハッシュタグ #TdS #TourdeSuisse

6月9日(土)第1ステージ Frauenfeld › Frauenfeld (TTT / 18k)
6月10日(日)第2ステージ Frauenfeld › Frauenfeld (155k)
6月11日(月)第3ステージ Oberstammheim › Gansingen (182k)
6月12日(火)第4ステージ Gansingen › Gstaad (189k)
6月13日(水)第5ステージ Gstaad › Leukerbad (155k)
6月14日(木)第6ステージ Fiesch › Gommiswald (186k)
6月15日(金)第7ステージ Eschenbach/Atzmännig › Arosa (170k)
6月16日(土)第8ステージ Bellinzona › Bellinzona (123k)
6月17日(日)第9ステージ Bellinzona › Bellinzona (ITT / 34k)

今後のレーススケジュール(予定)
6月20日〜24日 Adriatica Ionica Race イタリア ヨーロッパツアー2.1
6月24日 全日本選手権 日本・島根 ナショナル選手権
7月22日〜8月4日 Tour of Qinghai Lake 中国 アジアツアー2.HC
8月6日〜12日 The Larry H.Miller Tour of Utah アメリカ アメリカツアー2.HC
8月7日〜11日 Vuelta a Burgos スペイン ヨーロッパツアー1.HC
8月15日〜18日 Tour du Limousin フランス ヨーロッパツアー2.1

RESULT

【ツアー・オブ・スロベニア/第5ステージ】21kmのタイムトライアルを終えてカノラが総合13位

2018年06月19日

5日間にわたって開催された今年のツアー・オブ・スロベニア。最終日は南部の都市ノヴォ・メストにゴールする21.5kmの個人タイムトライアルで、コース中2箇所に1、2km続く緩い登坂区間が設定されていました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは個人総合成績10位につけるマルコ・カノラの総合成績を守ることを第一の目標としましたが、カノラは本調子とは言えず、45位でのゴールとなり、結果として総合成績を13位に落としました。

期待どおりの結果ではありませんでしたが、本大会を通してカノラは積極的にレースを進め、何度も上位でフィニッシュしており、今後のレースに向けて、まずまずの手応えを感じることができました。また他のメンバーもそれぞれにベストを尽くしてフィニッシュ。西村大輝は先導バイクを見失うトラブルに見舞われましたが、無事にゴールし、また一つ、ヨーロッパのハイレベルな大会での経験を重ねました。

 

リザルト
第5ステージ
1 ROGLIC Primoz Team LottoNL-Jumbo 52.086km/h 24:46
2 TRATNIK Jan CCC Sprandi Polkowice 51.157km/h +0:27
3 ČERNÝ Josef Elkov – Author Cycling Team 50.854km/h +0:36

45 CANOLA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 47.543km/h +2:22
94 CIMA Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 45.423km/h +3:38
97 TIZZA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 45.369km/h +3:40
104 BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 45.131km/h +3:49
110 BOU Joan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 44.870km/h +3:59
132 PONZI Simone Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 43.337km/h +5:00
138 NISHIMURA Hiroki Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 42.574km/h +5:32

個人総合成績

1 ROGLIC Primoz Team LottoNL-Jumbo 15:18:13
2 URAN Rigoberto Team EF Education First-Drapac p/b Cannondale +1:50
3 MOHORIC Matej Bahrain Merida Pro Cycling Team +2:14
13 CANOLA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +4:22
49 TIZZA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +19:23
53 BOU Joan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +20:05
81 CIMA Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +28:05
82 BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +28:15
96 PONZI Simone Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +31:38
130 NISHIMURA Hiroki Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +38:49



西村大輝のコメント
最終日は個人タイムトライアル。 スタートしてからの前半区間、先導バイクが、やたらと前へ行ってしまい、ロータリーや分かれ道の度に、道が合ってるかどうか確かめながら走ることとなり、コーナーをゆっくり曲がったり、ロータリーで大回りしてしまったりと随分とタイムロスをしてしまった。 後ろから来たカチューシャの選手に追い抜かれてからは、先導バイクも前に戻って来たので、そこからはリズムを刻んでゴールとなった。

今大会は1クラスのレースながら9つのワールドツアーチームに5つのプロコンチネンタルチームが出場しており、スピードが上がった時のペースアップは凄かった。 ヨーロッパのレースを走る度に思うが、ヨーロッパのレースでチームの戦力として走れる選手になりたいと、今回も強く感じた。 しっかりと強くなれるよう、これからも頑張っていこうと思う。


レース情報
Tour of Slovenia
開催期間/2018年6月13日(水曜日)〜17日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.1
開催国/スロベニア

公式サイト https://tourofslovenia.si/en
フェイスブック https://www.facebook.com/TourOfSlovenia/
ツイッター https://twitter.com/TourOfSlovenia
ハッシュタグ #tourofslovenia

6月13日(水)第1ステージ Lendava › Murska Sobota (159k)
6月14日(木)第2ステージ  Maribor › Rogaska Slatina (152.7k)
6月15日(金)第3ステージ Slovenske Konjice › Celje (175.7k)
6月16日(土)第4ステージ  Ljubljana › Kamnik (155.2k)
6月17日(日)第1ステージ Trebnje › Novo Mesto (21.5k/ ITT)



今後のレーススケジュール(予定)
6月20日〜24日 Adriatica Ionica Race イタリア ヨーロッパツアー2.1
6月24日 全日本選手権 日本・島根 ナショナル選手権
7月22日〜8月4日 Tour of Qinghai Lake 中国 アジアツアー2.HC
8月6日〜12日 The Larry H.Miller Tour of Utah アメリカ アメリカツアー2.HC
8月7日〜11日 Vuelta a Burgos スペイン ヨーロッパツアー1.HC
8月15日〜18日 Tour du Limousin フランス ヨーロッパツアー2.1