NEWS

NIPPO岩田会長インタビューがイタリア最大手スポーツ紙に掲載

2019年01月14日

2019年1月10日付のイタリア最大手スポーツ新聞、Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デッロ・スポルト)紙に、NIPPO ・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ の2019シーズンの展望やNIPPO代表取締役会長の岩田裕美氏のインタビューが掲載されました。

1月9日にNIPPO岩田会長、ヴィーニファンティーニ(ファルネーゼヴィーニ)CEOのヴァレンティーノ・ショッティ氏、デローザCEOのクリスティアーノ・デローザ氏、ファイザネCEOのマルティーノ・ダルサント氏、チームマネージャーのフランチェスコ・ペロージ、そして選手を代表としてマルコ・カノラ、モレノ・モゼール、初山翔が、ミラノに拠点を置くガゼッタ・デッロ・スポルトの発行元であるRCSメディアグループ本社を訪問。これは、NIPPOとしてイタリアの自転車競技関係への恒例の新年の表敬訪問の一環として実現しました。

ガゼッタ・デロ・スポルトのオフィスを訪問した(左から)フランチェスコ・ペロージチームマネージャー、ファイザネCEOマルティーノ・ダルサント氏、デローザCEO クリスティアーノ・デローザ氏、NIPPO会長 岩田裕美氏、ファルネーゼヴィーニCEO ヴァレンティーノ・ショッティ氏

ガゼッタ・デッロ・スポルト副社長であるピエル・ベルゴンズィ氏は岩田会長をはじめチームの表敬を温かく歓迎し、当日立ち会った記者は興味深く岩田会長に多くの質問を投げかけました。インタビューを終えた後は、ベルゴンズィ氏がオフィスを案内しました。

インタビューに答えるNIPPO岩田裕美会長

副社長ピエル・ベルゴンズィ氏のオフィスにて記念品を受け取る岩田会長。壁に飾られた写真やジャージから熱心な自転車競技ファンだということが一目でわかる

以下、ガゼッタ・デッロ・スポルト記事の日本語訳

モゼールとカノラにおけるジャパンオペレーション

NIPPOのナンバーワンである岩田会長が、
イタリア人選手に「東京五輪で出場してほしい」とエールを送る。
記者:チロ・スコニャミリオ

 

建設、道路舗装会社のNIPPO。1万2000人の従業員(グループ会社を含む)を抱え、50億ドルの年商を誇る巨大企業の会長であっても世界選手権10連覇を果たした中野浩一の話になると感動を覚える。日本の中野浩一は、ベルナール・イノー、ヴィットリオ・アドルニ、ヴィンチェンツォ・ニバリと同じ11月14日生まれだ。岩田会長は「中野浩一が練習を始めた競輪場を設計したのがこの私です。そして(NIPPOは)30年以上前から日本の競輪場の90%を作っている会社です」と話した。

 

目標;
昨日の午後、プロコンチネンタルチームとして5年目の活動を始めようとしているNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネの “ミスター” NIPPO(岩田会長)とチームメンバー、チームマネージャーのフランチェスコ・ペロージがガゼッタ本社を訪問した。プロコンチネンタルチームとはワールドツアーのすぐ下のカテゴリーだ。このチームにマルコ・カノラと復活を願うモレノ・モゼールが所属している。

2018年、フアンホセ・ロバト(スペイン)が優勝したコッパ・サバティーニを含め、チームは11勝を飾った。さらにダミアーノ・クネゴが走る最後のクラシックレースとして、栄光あるアムステル・ゴールドレースへのワイルドカードを獲得した。モゼール(28)は「無理な目標を立ててはいない。1年のうち20日間で全部出し切り、5勝できれば、十分にいいシーズンだと言えるだろう」、一方のカノラは「シーズンが始まるし、とてもワクワクしている」と、シーズン開幕を控えた心境を語る。両選手はブエルタ・ア・バレンシアーナ(2月6〜10日)で初戦を迎え、イタリアでのトロフェオ・ライグエリア(17日)が続く。

 

発展;
日本人選手の初山翔、メーカーのクリスティアーノ・デローザ、(ロードレースの)熱烈なファンであるヴァレンティーノ・ショッティ(ファンティーニ)とマルティーノ・デル・サント(ファイザネ)の前で岩田会長は「2020年東京オリンピックに出るために、全身全霊をつぎ込んでください」と言った。東京オリンピックへの参加は、進化し続けたいこのチームの中心的な目標だ。

「日本はイタリアほど自転車競技の人気はないが、我々は自転車競技を広めるために長年にわたりこのスポーツを支援してきた。とても満足している。今後もチームに対し、(スポンサードを続ける)期限を設けていないし、やめるつもりもない。レースの結果は、とても重要だが、私の観点からすると、結果にたどり着くための “過程” こそ重要なもの。選手やスタッフ間のチームワーク、精神力が重要」と岩田会長は言う。「好きな選手? 正直に言うといない。私は基本的にクライマーが好き。自分は登山が好きなので、登っていくクライマーを見るといつも山を連想するから。このスポーツは輝かしい過去を誇ると思うが、私は現在の選手とこれから未来を担う選手のほうが興味がある」と岩田会長。

 

レース;
岩田会長は名古屋出身で、ベルギーと日本でレースを観戦した。NIPPOはトヨタ、日産のテストコースや高速道路を作っている。「このチームの協力関係が好き。イタリアと日本の関係は完璧にうまく機能している」と岩田会長が言う。もうすぐUCIルール改定が訪れるが、「2020年にチームは万全の体制で挑むつもりだ。ワールドツアーになることは考えていないが、プロコンチネンタル体制を強化し、予算を増幅させる(毎シーズン、年間300万ユーロの予算で動いているとマネージャーのペロージは説明)。競争力を高め、チーム順位を上げ、価値あるレースに招待されるために目立ちたい」と抱負を語る。

ミスター岩田はいつも微笑む。このような知性のあるパトロンがそばにいることは、いい出発点だと言えるだろう。

NEWS

本日発売!雑誌「Number」に西勉メカニックの紹介記事が掲載されています

2017年10月12日

本日発売の雑誌「Number」937号の“必殺スポーツ仕事人”コーナー(カラー1P)にて、西勉メカニックが紹介されています。「Number」は国内トップのスポーツ雑誌で今週号は武豊騎手の表紙が目印です。各書店や一部コンビニで販売されており、下記リンクから電子版も購入可能。ぜひご覧ください。

http://number.bunshun.jp/articles/-/829027

NEWS

ツール・ド・台湾に向けた監督や主要選手のインタビュー記事が掲載!

2017年03月26日

サイクルスポーツ.jpにツール・ド・台湾に向けた福島晋一監督、内間康平、小林海のインタビューが掲載されています!ぜひ、お読みください。

http://www.cyclesports.jp/depot/detail/76951