RACE

【ツアー・オブ・タイフーレイク/事前情報】中国での7日間のステージレースに日本人選手4名とチーマ兄弟が出場

2019年10月08日

中国・上海近郊の風光明媚な湖である太湖(Taihu)の周りで開催される7日間のツアー・オブ・タイフーレイク(UCIアジアツアー2.1)に出場します。今年は8つのプロコンチネンタルチームを含む21チームが出場。強豪プロコンチネンタルチームを軸にハイレベルな戦いが予想されています。

この大会の特徴は、山岳ポイントの設定が一切なく、山岳賞ジャージが存在していないこと。初日に組み込まれる5.5kmの個人タイムトライアルに続いて、その後は平坦基調、そして距離の短いステージが多く、集団ゴールスプリントの展開が多くなることが予想されています。また第5ステージにやや起伏が組み込まれていますが、総合成績はプロローグの結果やボーナスタイムによる僅差になることも想定されます。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは、本大会が今季参戦する最後の中国でのレース。また出場する選手の多くは今季最後の公式戦になります。水谷監督のもと、吉田隼人、草場圭吾、チーマ兄弟がスプリントを狙うとともに、チーム一丸となり貪欲に勝利をめざして戦います。

伊藤雅和のコメント

まず初日のプロローグをとにかく全力で走り、悪くない位置でゴールしたい。それからのステージはもちろんチームの仕事をこなすが、それ以上に毎日攻撃的に走っていくことを目標に、このレースを走り抜きたい。

吉田隼人のコメント

予定では今シーズン最後のレース。 ケガも完治し、時間をかけてトレーニングも行うことができた。気持ちよくオフシーズンに入るためにも最高の形でこのレースを終えたい。

西村大輝のコメント

8月のリムザンで左鎖骨の粉砕骨折を負い、帰国後の手術から40日程経過した状態で挑む今大会。 まだ骨が付いていないため、万全の状態とは言い難いが、トレーニングを再開しからは少しでも調子を戻せるように準備を行ってきた。 出走するからには、自分のでき得る最大の走りをして少しでもチームの力となれるように精一杯頑張りたい。 応援よろしくお願いします。

草場啓吾のコメント

連戦による疲労感が残っており、不安材料がありますが、コース的にも自分に向いているので、どこまで勝負できるかチャレンジしていきたいです。

水谷壮宏監督のコメント

長かったシーズンも気が付けば最終戦へと入り、そして今回のレースはある意味、特別な思いが入るレースとなる。なぜならこのレースで今季最後の選手や、一緒に走るのが最後になる選手とスタッフもいる。自分自身もやはり思い残す事も多くあるため、残り少ないレースを大切に走り、また新たにチームメイト全員で喜びを分かち合う結果を残したい。

▶ レース情報
Tour of Taihu Lake
ツアー・オブ・タイフーレイク

開催期間/2019年10月9日〜15日
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/中国
ホームページ  http://www.touroftaihu.com

10月9日 プロローグ  Wuxi › Wuxi (5.5k)
10月10日 第1ステージ  Wuxi › Wuxi (88.8k)
10月11日 第2ステージ  Hufuzhen › Hufuzhen (101k)
10月12日 第3ステージ  Huzhou › Changxing (117k)
10月13日 第4ステージ  Suzhou › Suzhou (116k)
10月14日 第5ステージ  Jurong › Jurong (128.8k)
10月15日 第6ステージ  Jinhu › Jinhu (73.6k)

今後のレーススケジュール(予定)
10月8日 Tre Valli Varesine (イタリア/UCIヨーロッパツアー1.HC)
10月9日〜15日 Tour of Taihu Lake(中国/UCIアジアツアー2.1)
10月9日 Milano-Torino (イタリア/UCIヨーロッパツアー1.HC)
10月10日 Gran Piemonte (イタリア/UCIヨーロッパツアー1.HC)
10月20日 Japancup Cycle Road Race(日本/UCIアジアツアー1.HC)

RACE

【UCIロード世界選手権/事前情報】中根英登が日本代表として二年連続で世界選手権出場へ

2019年09月19日

日本自転車競技連盟が9月19日、9月下旬にイギリスで開催されるUCIロード世界選手権への日本代表メンバーを発表。日本は、男子エリートロードレースで出場枠を二枠獲得し、新城幸也選手(バーレーン・メリダ)とともに、中根英登が日本代表に選出され、中根は二年連続で世界選手権に挑みます。

現在29歳の中根英登は、日本を代表するクライマーとして活躍。昨年はツアー・オブ・ジャパンでアジア人選手最高位となる個人総合9位、ジャパンカップサイクルロードレースでも国内最高位の12位でゴール。日本代表としてオーストリアでの世界選手権に初出場し、アジア競技大会では、エースの別府史之選手(トレック・セガフレード)の銀メダル獲得に貢献し、自身も5位でゴールするなど、大きく飛躍するシーズンを送りました。

しかし、今季は体調不良やクラッシュの影響から成績が伸び悩み、シーズン前半は厳しいものでしたが、夏頃から復調。9月18日にイタリアで開催されたUCIヨーロッパツアー1クラスのジロ・デッラ・トスカーナでは、抜群の登坂力を武器に昨年の18位という成績を上回る15位でフィニッシュ。ヨーロッパで価値のあるUCIポイントを獲得し、完全復調。自信をもって10日後に開催される世界選手権に挑みます。


イギリスで初開催となる今年のUCIロード世界選手権は、9月21日にパラサイクリング部門からスタートし、最終日の29日に男子エリートのロードレースが開催されます。男子エリートは、リーズをスタートしたのち、3つの山岳を通過してハロゲイトの周回コースを7周回する285km。起伏に富んだチャレンジングなコース設定になっています。

またNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネからは、男子U23にトレーニーの石上優大(AVCエクサンプロヴァンス/EQADS)が出場、メカニックの西勉と南野求も日本代表チームのスタッフとして世界選手権に参加します。



中根英登のコメント

今年の世界選手権も日本代表として走らせてもらえることになりました。 今季は最高のスタートを切れたものの、度重なるコンディションの崩れに加えてトレーニング中の事故と、厳しい状況が続いていました。 チームが組んでくれたスケジュールのおかげで、自分にとっては長く感じていたトンネルからようやく脱出できたように思ってます。 直近のトスカーナのレースでは半年ぶりに身体の軽さと調子の良さを感じられたので、コンディションは良い具合に仕上がってきています。 そのタイミングでの世界選手権への抜擢となり、自分を信頼してくれたナショナルチームに感謝しています。 アジア大会も急きょ抜擢してもらいましたが、今回は世界選手権。桁違いのレースレベルなので、アシストと言ってもそう簡単にはいきませんが、自分の最大限やれることをし、新城選手のアシストとしての仕事を全うしたいと思います。

▶ レース情報
UCI Road World Championships
UCIロード世界選手権

開催期間/2019年9月21日〜29日
男子エリート・ロードレースは29日
カテゴリー/世界選手権
開催国/イギリス・ヨークシャー

ホームページ  https://worlds.yorkshire.com
フェイスブック https://www.facebook.com/yorkshire2019/
ツイッター https://twitter.com/Yorkshire2019
ハッシュタグ #Yorkshire2019

男子エリート・ロードレース Leeds > Harragate 285km

今後のレーススケジュール(予定)
9月19日 Coppa Sabatini (イタリア/UCIヨーロッパツアー1.1)
9月21日 Memorial Marco Pantani (イタリア/UCIヨーロッパツアー1.1)
9月22日 Trofeo Matteotti (イタリア/UCIヨーロッパツアー1.1)

RACE

【ジロ・デッラ・トスカーナ + コッパ・サバティーニ/事前情報】イタリア・トスカーナでの二連戦に好調な中根英登と初山翔が出場

2019年09月16日

イタリア北部のロンバルディア州から、中部のトスカーナ州に舞台を移し、18日にジロ・デッラ・トスカーナ(UCIヨーロッパツアー1.1)、翌19日にコッパ・サバティーニ(UCIヨーロッパツアー1.1)が開催されます。

ジロ・デッラ・トスカーナは獲得標高約500mのモンテ・セッラを含む周回コースを3周回してフィニッシュへと向かう204.4kmのレースで、クライマー向けのコース設定になっています。昨年の大会では、中根英登が18位でゴールし、自身初のイタリアでのUCIポイント獲得となりました。今年も中根は良いイメージをもって、再び上位をめざして挑みます。

翌日のコッパ・サバティーニは、平坦基調ではあるものの、フィニッシュラインが引かれるペッチオリの街中へ向けてラスト1kmが登坂区間になっています。変則的な周回コースを使う195.9kmのレースですが、最後の周回コースは12.2kmと距離が短いなかで、ラスト1kmの登坂区間を6回繰り返し登るのが特徴的。昨年はフアンホセ・ロバトが登坂区間の麓から、鋭いロングスパートを決めて独走でフィニッシュしており、ディフェンディングチャンピオンとしてチームは連覇を狙います。

そして、どちらのレースもツール・ド・北海道で素晴らしい走りを見せた初山翔がメンバー入り。シーズンのクライマックに向けて、ヨーロッパでの転戦がスタートします。


9月18日 ジロ・デッラ・トスカーナ出場選手
中根英登
初山翔
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
ルーベン・アコスタ(コロンビア)
アレハンドロ・オゾリオ(コロンビア)
ジョアン・ボウ(スペイン)
監督: マリオ・マンゾーニ


9月19日 コッパ・サバティーニ出場選手
初山翔
マルコ・カノラ(イタリア)
フアンホセ・ロバト(スペイン)
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
ジョバンニ・ロナルディ(イタリア)
ジョアン・ボウ(スペイン)
監督: マリオ・マンゾーニ


🗣 中根英登のコメント
「コッパ・アゴストーニで調子の良さを感じることができたので、
引き続き良い走りができるように頑張ります」


🗣 初山翔のコメント
「ツール・ド・北海道で得た、いいイメージを
シーズン最後まで途切らさせないように頑張りたいと思います」

▶ レース情報
Giro della Toscan
a
ジロ・デッラ・トスカーナ

開催期間/2019年9月18日(水曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.1
開催国/イタリア
ホームページ  http://www.girodellatoscana.com

Pontedera > Pontedera 204.4km

▶ レース情報
Coppa Sabatini
コッパ・サバティーニ

開催期間/2019年9月19日(木曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.1
開催国/イタリア
ホームページ  http://www.girodellatoscana.com

Peccioli > Peccioli 195.9km

今後のレーススケジュール(予定)
9月18日 Giro della Toscana (イタリア/UCIヨーロッパツアー1.1)
9月19日 Coppa Sabatini (イタリア/UCIヨーロッパツアー1.1)
9月21日 Memorial Marco Pantani (イタリア/UCIヨーロッパツアー1.1)
9月22日 Trofeo Matteotti (イタリア/UCIヨーロッパツアー1.1)