RACE

【ツアー・オブ・ハイナン/事前情報】中国ビーチリゾートでの超級ステージレースに日本人5選手が出場

2018年10月23日

今年で13回目の開催を迎えた中国南部に位置する“東洋のハワイ”とよばれるビーチリゾート、海南島を舞台にしたツアー・オブ・ハイナン(UCIアジアツアー2.HC)。以前より、賞金が高額ということもあり、シーズン最後に多くのヨーロッパトッププロがこの地でしのぎを削ってきました。

今年は島の北西部に位置するDanzhou(ダン州市)を起点/終点とし、9日間かけて島を時計回りに1周回するコースレイアウトで、平坦ステージ、丘陵ステージ、超級山岳山頂フィニッシュ(第8ステージ/イラスト下)など、バラエティに富んだステージで構成されています。

今年はNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニを含む7つのプロコンチネンタルチームを含む全20チームが参加。超級にカテゴライズされる大会ですが、今年はUCIワールドツアーチームの参戦はありません。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、福島晋一監督のもと、7名の選手が出走。集団ゴールスプリントの展開では、吉田隼人、岡本隼、イメリオ・チーマのスプリンターたちが勝利をめざします。そして山岳ステージでは、伊藤雅和をチームリーダーとして、個人総合成績上位を狙っていきます。内間康平と西村大輝はアシストとしての走りが期待されており、今季で引退するアラン・マランゴーニも沖縄でのトレーニングキャンプを経て、調子を上げて参戦。スプリンターたちの牽引役、そしてチームをまとめるキャプテンとして、チームの大黒柱を担います。


出場選手
伊藤雅和
内間康平
吉田隼人
西村大輝
岡本隼(トレーニー/愛三工業レーシングチーム所属)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
監督: 福島晋一


伊藤雅和のコメント
気温が高く距離も長い9日間のレース。 身体の状態としてはしっかり練習はしてるものの、コンディションが上がってこないフラストレーションが溜まる状態。 走りながらコンディションが戻ってくれることを願う。 山もたくさんあるので前で展開できるように集中して走りきりたい。



内間康平のコメント
シーズンも終盤に近づいているが、上手く休みを取り入れながらこなしてきた今シーズンはまだまだ全開で行けると思う! チーム全員でステージに合わせた作戦をしっかり詰めて、勝ちにいきたい!



吉田隼人のコメント
前のレース、タイフーレイクは体調不良でリタイアしてしまった。 リタイアしたその日から回復に努め、今回このレースは、体調を整えて走ることができる。 前のレース前とは違い、今はレースを走るのが楽しみな状態。引き続き結果を求め走ります。 応援よろしくお願いします。



西村大輝のコメント
前回のタイフーレイクでは、第2ステージを除き、全体的に調子良く走れていたので、今大会もその流れに乗っていけるよう、帰国後も体調管理を徹底してきた。 ステージ数に加え、距離の長いステージ、ハードな山岳ステージが含まれるため、より一層、厳しいレースになると思うが、チームに貢献できるよう全力を尽くしたい。



岡本隼のコメント
前回のタイフーレイクから1週間、 走らせて頂ける事に感謝しなければならないし、それを走りで返さなければならないと思っている。 タイフーレイクでは安定した走りで全ステージをクリアできたが、 逆に言えばここ1番の速さと、結果を出せなかった。 そういったとこを踏まえて修正し全9戦に臨み、走りでチームに貢献したい。

レース情報
ツアー・オブ・ハイナン
開催期間/2018年10月23日(火)〜31日(水)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催国/中国

公式サイト http://www.tourofhainan.com/en/

今後のレーススケジュール(予定)
10月23日〜31日 Tour of Hainan 中国 アジアツアー2.HC
11月11日 Tour de Okinawa 日本・沖縄 アジアツアー1.2

RACE

【ジャパンカップサイクルロードレース/事前情報】クネゴのラストラン&ディフェンディングチームとして挑むアジア最高峰の戦い

2018年10月18日

10月21日、栃木県宇都宮市を舞台に開催されるアジア最高峰・超級にカテゴライズされる「ジャパンカップサイクルロードレース」と前日に宇都宮の市街地で開催される「ジャパンカップクリテリウム」に今年もNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが参戦します。

昨年、史上初となるクリテリウムとロードレースのダブル優勝を成し遂げたマルコ・カノラを軸に、秋からのシーズンで好成績を残すイヴァン・サンタロミータ、ニコラ・バジョーリ、マルコ・ティッツァ、そして日本代表として世界選手権に出場した中根英登と、秋のイタリア連戦を戦った初山翔がメンバー入り。ベストメンバーで、ディフェンディングチャンピオンチームとして挑みます。

そして、クリテリウムには、今季で引退するダミアーノ・クネゴの出場が決定。大勢の日本のファンへの感謝の気持ちを込めて、全力でラストランに臨みます。またクリテリウムのスタート前には、世界で最初で最後となる引退セレモニーも大会のご好意で行われる予定になっています。

ロードレースのコースは宇都宮森林公園をスタート/フィニッシュとする144.2km。10.3km、厳しい古賀志林道の登坂区間(獲得標高185m)を含む周回コースを14周回するもので、例年、サバイバルレースの様相を呈します。

また今年はルール改正にともない、出場選手数が大幅にアップ。5つのUCIワールドチーム、3つのプロコンチネンタルチームをはじめとする22チーム、約130名の選手が出走予定。国内外の強力な選手が宇都宮に集結します。

出場選手
●10月20日
ジャパンカップクリテリウム
初山翔
中根英登
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
マルコ・ティッツァ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)


●10月21日
ジャパンカップサイクルロードレース(UCI1.HC)
初山翔
中根英登
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
マルコ・ティッツァ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)

監督: ヴァレリオ・テバルディ


初山翔のコメント
シーズン最終戦にして、僕にとっては思い出深い宇都宮でのジャパンカップです。
全力を尽くします。



中根英登のコメント
今シーズン最後のレース。
先週のハンマーシリーズ香港で良い感触を掴めたので、良い走りが出来ると思う。
応援よろしくお願いします。



ヴァレリオ・テバルディ監督のコメント
選手たちはベストコンディションでジャパンカップを迎えようとしている。昨年のような結果を求めて、チーム全員高いモチベーションをもって臨むが、とくにカノラは再び勝ちたいと強く願っており、チームメートは全力で彼をサポートするだろう。とても高いレベルのレースだということはわかっているが、日本のファンやスポンサーのためにも、ベストを尽くしてこの重要なレースに挑みたい。

レース情報
ジャパンカップサイクルロードレース
開催期間/2018年10月21日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー1.HC
開催国/日本

公式サイト http://www.japancup.gr.jp
ツイッター https://twitter.com/Japancup_ofc
フェイスブック https://www.facebook.com/JapancupOfficial/

今後のレーススケジュール(予定)
10月20日 Japan Cup Criterium 日本・栃木 国際クリテリウム
10月21日 Japan Cup Cycle Road Race 日本・栃木 アジアツアー1.HC
10月23日〜31日 Tour of Hainan 中国 アジアツアー2.HC
11月11日 Tour de Okinawa 日本・沖縄 アジアツアー1.2

RACE

【ハンマー香港/事前情報】アジア初開催の“魅せる”レースに、内間康平と中根英登が出場

2018年10月12日

既存のレース形式にはない、チーム対抗戦という斬新なアイディアで人気が高まっているハンマーシリーズ。今年は5月にノルウェー・スタヴァンゲル、6月にオランダ・リンブルフで開催され、そのシーズン最終戦が10月14日(日曜日)に香港にて初めて開催されます。

通常は3日間にわたり開催されますが、今回は特別にハンマースプリントとハンマーチェイス、2つのレースを1日に組み込みました。また今回は前2戦の成績と合わせてシーズン王者も決定します。

どちらのレースも1周回4.3kmのサーキットを使用し、ハンマースプリントはそこを10周回し、各周回終了時の着順により上位の選手にポイントが与えられ、チーム単位での合計ポイントを競います。ハンマーチェイスは5周回のチームタイムトライアルですが、ハンマースプリントの上位チームからスタートしていき、最終的に先着したチームが優勝チームとなるルールです。ファンにとって観戦しやすく、誰にでもわかりやすいルールとなっているのが特徴です。


出場選手
内間康平
中根英登
マルコ・カノラ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
監督: 福島晋一


内間康平のコメント
去年、初開催のこのレースに参加したとき、距離が短いこともありスピードが速く、展開も早い! 走る選手も、見てる観客も集中を切らせれないレースだと感じた。このレースを日本との時差がほとんどない香港で走れるのが楽しみで堪らない。日曜日はぜひライブ中継、また現地での応援よろしくお願いします!



中根英登のコメント
いつもとは違うレーススタイルだけども参加チーム、選手はワールドツアーのレース。 シーズン終盤ということもあり、世界選手権の疲れがいまだに抜け切らずにいるが、集中し直してワールドツアーチーム相手にチャレンジしていきたい。


レース情報
ハンマー香港
開催期間/2018年10月14日(日)
カテゴリー/UCIアジアツアー1.1
開催国/香港

公式サイト https://www.hammerseries.com/en
ツイッター https://twitter.com/HammerSeries
フェイスブック https://www.facebook.com/hammerseries/
ハッシュタグ #HammerSeries


今後のレーススケジュール(予定)
10月6日〜13日 Tour of Taihu Lake 中国 アジアツアー2.1
10月13日 Il Lombardia イタリア 1.ワールドツアー
10月13日 Oita Ikoinomichi Criterium 日本・大分 国際クリテリウム
10月14日 Oita Urban Classic 日本・大分 アジアツアー1.2
10月20日 Japan Cup Criterium 日本・栃木 国際クリテリウム
10月21日 Japan Cup Cycle Road Race 日本・栃木 アジアツアー1.HC
10月23日〜31日 Tour of Hainan 中国 アジアツアー2.HC
11月11日 Tour de Okinawa 日本・沖縄 アジアツアー1.2