RACE

【ツアー・オブ・ターキー/事前情報】UCIワールドツアーのステージレースに日本人選手4名が出走

2019年04月15日

トルコ最大のステージレースであるプレジデンシャル・サイクリング・ツアー・オブ・ターキー(2. UCIワールドツアー)にNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネが3年ぶりに出場します。

初開催は1963年、今年で55年目を迎えた本大会は、コースを大幅にリニューアル。これまでイスタンブールから飛行機移動をしてトルコ南西部の地中海沿いのエリアでレースは開催されていましたが、今年は大都市イスタンブールの旧市街をスタートし、反時計回りにマルマラ海に沿って一周し、再びイスタンブールの旧市街へと戻る全6ステージのコース設定となりました。

総走行距離は993.4km。さまざまなタイプのステージが組み込まれていますが、やや起伏のある第2、第3ステージに続いて開催される第4ステージは高低差150mほどの登坂フィニッシュが組み込まれています。しかし、これは脚ならしにすぎず、翌第5ステージが、個人総合成績を決定づける超級山岳にゴールする難関山岳ステージ(イラスト下)。海岸線から残り約20kmで高低差1300mほどを一気に駆け上がります。途中、斜度のある区間もあり、ピュアクライマーのためのステージになります。

最終ステージは初日にスタートしたイスタンブール旧市街の一大観光地ブルーモスクなどが立ち並ぶ美しいエリアにフィニッシュしますが、今年はボスポラス海峡の下を通る2016年に完成した全長5.4kmの海底トンネル、アブラシャトンネル(ユーラシアトンネル)がコースに組み込まれました。最深地点は106mとなっており、世界的にも珍しいコース設定になっています。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは経験豊富なフアンホセ・ロバトをチームキャプテンに、スプリンターは今季2勝のジョバンニ・ロナルディ、イメリオ・チーマ、そして吉田隼人がエントリー。厳しい登りのステージでエースを担うのは中根英登。登りのアシストとして伊藤雅和、オールマイティにチームを支える西村大輝という編成で挑みます。


ツアー・オブ・ターキー出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
中根英登
西村大輝
フアンホセ・ロバト(スペイン)
ジョバンニ・ロナルディ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
監督 ヴァレリオ・テバルディ、水谷壮宏


伊藤雅和のコメント

今年初のワールドツアーレース。 じつはタイでの落車のダメージが思ったよりも残っており、まだ痛みがあるが、初日までに全力でリカバリーして万全の状態で臨みたい。 ダメージが抜けきればいい感覚で走れると思うので、しっかり毎日集中して走りきりたい!


吉田隼人のコメント

レースを走るごとにコンディションが徐々に良くなっている。
今の環境に感謝し、少しでもいいリザルトを報告できるようにしたい。


中根英登のコメント

個人総合成績を狙わせてもらう以上、その責任を持って、
1つでも上のリザルトを残せるように頑張ります。

西村大輝のコメント

ワールドツアーのレースを走るのは初めてのため、緊張もあるが、
とにかく少しでもチームに貢献できるように精一杯走りたい。

水谷監督のコメント

ツール・ド・台湾、ツアー・オブ・タイランドに続き、トルコでの自身初のワールドツアーに参戦する。新たな挑戦と言うか、このチームであれば十分に戦力になるはず。各選手も調子は抜群であり、自信もあるはず。ぜひこのレースで成績を残し、今後に繋げていきたい。 また新たなエピソードが始まりますが、ぜひ応援をよろしくお願いします。


レース情報
55th Presidential Cycling Tour of Turkey
第55回 プレシデンシャル・サイクリング・ツアー・オブ・ターキー

開催期間/2019年4月16日(火)〜21日(日)
カテゴリー/2. UCIワールドツアー
開催国/トルコ
ホームページ  http://www.tourofturkey.org.en
フェイスブック www.facebook.com/tourofturkeyTUR
ツイッター twitter.com/tourofturkeyTUR


4月16日 第1ステージ Istanbul › Tekirdağ (165k)
4月17日 第2ステージ Tekirdağ › Eceabat (180k)
4月18日 第3ステージ Çanakkale › Edremit (155k)
4月19日 第4ステージ Balıkesir › Bursa (185k)
4月20日 第5ステージ Bursa › Kartepe (170k)
4月21日 第6ステージ Sakarya › Istanbul (165k)

今後のレーススケジュール(予定)
4月16日〜21日 Presidential Cycling Tour of Turkey(トルコ、2.UCIワールドツアー)
4月22日〜26日 Tour of the Alps(イタリア、UCIヨーロッパツアー2.HC)
4月23日〜28日 Tour of Croatia(クロアチア、UCIヨーロッパツアー2.1)
4月28日 Giro dell’Appennino(イタリア、UCIヨーロッパツアー1.1)

RESULT

【ジロ・ディ・シチリア/第4ステージ】エトナ山岳決戦で新人オゾリオが13位でゴール

2019年04月07日

エトナ火山を駆け上がる厳しい山岳ステージが設定されたジロ・ディ・シチリア最終日の第4ステージ。119kmと短めの距離になっていますが、終盤には標高差約1400mを一気に登る本格的な山岳コースが待ち構えています。NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは、これまでのステージでリタイアが相次ぎ、初山翔を含む3選手のみでの出走となりましたが、コロンビア人クライマーである、アレハンドロ・オゾリオの区間成績を狙う目標でスタートしました。

スタートから登り基調となるコース設定で、アタックが頻発したのち、13名の大きな先頭集団が形成されました。しかし、危険な選手も含まれていたため、集団は32km地点でキャッチし、レースを振り出しへと戻します。その後はルスベロらのコントロールでレースは進んでいき、メイン集団のまま、最後の登坂区間、エトナ火山の麓まで到達。本格的な上りが始まると、集団前方でアタックがかかりハイペースになり、メイン集団は距離を重ねるごとに小さくなっていき、50名程度に絞られたところで初山翔がドロップ。そこからはオゾリオが果敢にトップ選手に食らいついていきます。終盤は5名が先行し、オゾリオは区間13位、トップから2分41秒差でゴールしました。

今大会、オゾリオも第2ステージで落車しており、完璧なコンディションとは言えないなかでのレースでしたが、それでも3選手でベストを尽くして最後まで戦いました。選手それぞれ、次戦に向けて回復に徹し、コンディションを高めていきます。引き続き、応援よろしくお願いします。



結果

第4ステージ

1 MARTIN Guillaume Wanty – Gobert Cycling Team  3:37:34
2 MASNADA Fausto Androni Giocattoli – Sidermec   +0:10
3 QUINTANA Dayer Neri Sottoli – Selle Italia – KTM   +0:13
13 OSORIO Alejandro Nippo Vini Fantini Faizanè     +2:41
61 CIMA Damiano Nippo Vini Fantini Faizanè       +19:55
71 HATSUYAMA ShoNippo Vini Fantini Faizanè

個人総合成績

1 MCNULTY Brandon Rally UHC Cycling    18:07:24
2 MARTIN Guillaume Wanty – Gobert Cycling Team    +0:42
3 MASNADA Fausto Androni Giocattoli – Sidermec       +0:56
15 OSORIO Alejandro Nippo Vini Fantini Faizanè      +3:58
68 CIMA Damiano Nippo Vini Fantini Faizanè       +34:00
69 HATSUYAMA Sho Nippo Vini Fantini Faizanè       +34:00

初山翔のコメント

スタートからしばらく登りが続くレイアウト。 なかなか逃げが決まらず、スタートから厳しい展開になった。力ずくで逃げが決まるも、総合上位の選手がいたので集団も常にハイペースで伸びた状態が続いた。 オゾリオのケアをしつつも、自分自身も最後の頂上ゴールに備えるが、集団が50人ほどに絞られたあたりで遅れてしまった。 その後、後ろからきたグルペットでゴール。 2日間続いた寒さの影響もあるとは思うが、もう少し粘れると思っていた。 続くレースに備えたい。

▶ レース情報
Il Giro di Sicilia
ジロ・ディ・シチリア

開催期間/2019年4月3日(水)〜6日(土)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.1
開催国/イタリア

ホームページ  http://ilgirodisicilia.it/
ツイッター https://twitter.com/ilgirodisicilia
フェイスブック  https://www.facebook.com/IlGirodiSicilia/
ハッシュタグ #IlGirodiSicilia

4月3日 第1ステージ Catania › Milazzo (165k)
4月4日 第2ステージ Capo d’Orlando › Palermo (236k)
4月5日 第3ステージ Caltanissetta › Ragusa (188k)
4月6日 第4ステージ Giardini Naxos › Etna (119k)

RESULT

【ツアー・オブ・タイランド】西村大輝が総合9位、ロナルディが区間2位&ポイント賞を獲得し閉幕!

2019年04月07日

6日間にわたり灼熱のタイ北部を駆け抜けてきたツアー・オブ・タイランドが最終日を迎えました。最終日の第6ステージは、ラムパームからバンコクに次ぐタイ第二の都市・チェンマイへと向かう116kmのショートステージ。40km地点に4級山岳が設定されていますが、その区間以外は平坦基調で、集団ゴールスプリントの展開が想定されるステージでした。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは、連日の厳しい戦いによる疲労、また伊藤雅和はケガを抱えながらの出走で、短いステージながら厳しいレースになることも覚悟の上。ロナルディのポイント賞をキープしながら、西村大輝の個人総合成績のジャンプアップ、そしてスプリントでの区間優勝を狙う作戦でした。

24km地点に設定された中間スプリントポイントまで、逃げを狙うアタックは成功せず、ハイスピードでレースは進行。その後、道幅の広い緩やかな4級山岳、その下り区間で5名の先頭集団が形成され、集団はリーダーチームであるセントジョージコンチネンタルチームのコントロールで比較的落ち着いて進んでいきます。

集団ゴールスプリントの展開へと持ち込みたいため、終盤はルーベン・アコスタと西村大輝が集団牽引へ加わり、逃げ集団を無事に吸収します。逃げ切りの展開が続いていましたが、この日は集団ゴールスプリントへと持ち込むことに成功し、イメリオ・チーマ、ジョバンニ・ロナルディ、吉田隼人がスプリントに向けて体制を整えていきます。

ゆるい登り坂でのスプリントで、素晴らしい連携をみせたのはチームイルミネート。集団の先頭からスプリントを仕掛け、フィニッシュラインのかなり手前から両手をあげる余裕のある勝利。そして貪欲に勝利を狙っていたロナルディは最後思うようにスピードが伸びず、勝者にはわずかに届かず区間2位でゴール。3位にはチーマが続きました。

ロナルディはポイント賞争いで後続を大きく引き離し、最終日を終えてグリーンジャージを獲得。西村大輝も、最終ステージで一つ順位を落とす形になりましたが、個人総合成績9位でレースを終え、UCIポイントを25点獲得し、6日間の過酷なステージレースを走り終えました。

結果
第6ステージ

1 LAAS Martin Team Illuminate   2:33:23
2 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè
3 CIMA Imerio Nippo Vini Fantini Faizanè
20 NISHIMURA Hiroki Nippo Vini Fantini Faizanè
56 ACOSTA Ruben Dario Nippo Vini Fantini Faizanè
65 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè  +0:23
86 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè      +1:27


個人総合成績

1 CAVANAGH Ryan St George Continental Cycling Team   24:07:16
2 GARCÍA Marcos Kinan Cycling Team  +4:55
3 LEBAS Thomas Kinan Cycling Team   +5:11
9 NISHIMURA Hiroki Nippo Vini Fantini Faizanè    +6:34
18 ACOSTA Ruben Dario Nippo Vini Fantini Faizanè     +8:35
43 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè      +40:18
47 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè      +44:40
49 CIMA Imerio Nippo Vini Fantini Faizanè       +44:59
55 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè      +45:26

ツアー・オブ・タイランド出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
西村大輝
ルーベン・アコスタ(コロンビア)
ジョバンニ・ロナルディ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
監督 水谷壮宏

●●

西村大輝のコメント

今日は、ジョバンニのステージ優勝とスプリント賞ジャージを守りきること。それから自分がボーナスタイムを獲得し、総合成績でのジャンプアップを目指すように言われてスタートした。 スプリントポイントは3位以内までボーナスタイムが付くが、自分は3位以内で通過することはできず、ボーナスタイム獲得は叶わなかった。 正確な距離を忘れてしまったが、ゴールまで約20kmの所で、逃げとのタイム差が2分ほどあったため、1分差になるまで集団牽引を行うように指示が出た。 順調に逃げ集団とのタイム差を詰めていき、バイク審判から47秒差とのボードが表示されたのを見て集団牽引を終えた。 その後は、ジョバンニ、イメリオ、吉田さんの順で走っているチームの隊列の後ろに張り付いて走った。 最後は、ジョバンニ、イメリオの順でステージ2位,3位を獲得した。 自分は総合9位で今大会を終え、UCIの1クラスでは初の総合一桁に入ることができた。 しかし、自分にもっと力があれば、よりたくさんチームを助けながらさらに上のリザルトも獲得できたと思うので、もっと強くなれるように頑張りたい。 応援ありがとうございました。

伊藤雅和のコメント

今日は朝からケガしたところの脚が痛くて厳くなると思っていたら、やはり厳しい走りになってしまった。 何も仕事することができなかった。 こんなことチームに入って始めてだったのでとてもふがいなかった。 今はしっかり治すしかない。 今回このタイのレースにはただただ結果を出すためにコンディションを合わせてきたし、コンディションも良かったのでこのような結果に終わってとてもとても悔しい。落車しても強いままいられるようにもっと強くなるしかない。 絶対にこれからのレースで巻き返せるように、チームの仕事をしっかりこなせるように、レースが終わった今日から次に向けての準備をしていきたい。

吉田隼人のコメント

集団スプリントになる可能性の高いレース。 自分にとってはチャンス。 もちろん狙って走った。 ルーベン選手、西村選手もレース終盤集団を牽引してくれ、スプリントになる展開にしてくれた。 最近位置どりに関してもいいイメージを持っていただけに、今日は完全に無駄脚を使い過ぎるとともに、焦りがあった。 今日はかなり悔やまれる。 チームメイトに申し訳ない。 しかしレース通して調子も悪くなくないので、引き続き準備を進めます。



▶ レース情報
The Princess Maha Chackri Sirindhorn’s Cup “Tour of Thailand”
シリントーン王女杯“ツアー・オブ・タイランド”

開催期間/2019年4月1日(月)〜6日(土)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/タイ王国
ホームページ  http://tourofthailand.in.th
フェイスブック https://www.facebook.com/Tourofthailand2019/

4月1日 第1ステージ Phitsanuloke › Uttaradit
4月2日 第2ステージ Uttaradit › Nan
4月3日 第3ステージ Nan › Nan
4月4日 第4ステージ Nan › Phayao
4月5日 第5ステージ Phayao › Lampang
4月6日 第6ステージ Lampang › Chiang Mai