RACE

【ジャパンカップサイクルロードレース/事前情報】クネゴのラストラン&ディフェンディングチームとして挑むアジア最高峰の戦い

2018年10月18日

10月21日、栃木県宇都宮市を舞台に開催されるアジア最高峰・超級にカテゴライズされる「ジャパンカップサイクルロードレース」と前日に宇都宮の市街地で開催される「ジャパンカップクリテリウム」に今年もNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが参戦します。

昨年、史上初となるクリテリウムとロードレースのダブル優勝を成し遂げたマルコ・カノラを軸に、秋からのシーズンで好成績を残すイヴァン・サンタロミータ、ニコラ・バジョーリ、マルコ・ティッツァ、そして日本代表として世界選手権に出場した中根英登と、秋のイタリア連戦を戦った初山翔がメンバー入り。ベストメンバーで、ディフェンディングチャンピオンチームとして挑みます。

そして、クリテリウムには、今季で引退するダミアーノ・クネゴの出場が決定。大勢の日本のファンへの感謝の気持ちを込めて、全力でラストランに臨みます。またクリテリウムのスタート前には、世界で最初で最後となる引退セレモニーも大会のご好意で行われる予定になっています。

ロードレースのコースは宇都宮森林公園をスタート/フィニッシュとする144.2km。10.3km、厳しい古賀志林道の登坂区間(獲得標高185m)を含む周回コースを14周回するもので、例年、サバイバルレースの様相を呈します。

また今年はルール改正にともない、出場選手数が大幅にアップ。5つのUCIワールドチーム、3つのプロコンチネンタルチームをはじめとする22チーム、約130名の選手が出走予定。国内外の強力な選手が宇都宮に集結します。

出場選手
●10月20日
ジャパンカップクリテリウム
初山翔
中根英登
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
マルコ・ティッツァ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)


●10月21日
ジャパンカップサイクルロードレース(UCI1.HC)
初山翔
中根英登
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
マルコ・ティッツァ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)

監督: ヴァレリオ・テバルディ


初山翔のコメント
シーズン最終戦にして、僕にとっては思い出深い宇都宮でのジャパンカップです。
全力を尽くします。



中根英登のコメント
今シーズン最後のレース。
先週のハンマーシリーズ香港で良い感触を掴めたので、良い走りが出来ると思う。
応援よろしくお願いします。



ヴァレリオ・テバルディ監督のコメント
選手たちはベストコンディションでジャパンカップを迎えようとしている。昨年のような結果を求めて、チーム全員高いモチベーションをもって臨むが、とくにカノラは再び勝ちたいと強く願っており、チームメートは全力で彼をサポートするだろう。とても高いレベルのレースだということはわかっているが、日本のファンやスポンサーのためにも、ベストを尽くしてこの重要なレースに挑みたい。

レース情報
ジャパンカップサイクルロードレース
開催期間/2018年10月21日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー1.HC
開催国/日本

公式サイト http://www.japancup.gr.jp
ツイッター https://twitter.com/Japancup_ofc
フェイスブック https://www.facebook.com/JapancupOfficial/

今後のレーススケジュール(予定)
10月20日 Japan Cup Criterium 日本・栃木 国際クリテリウム
10月21日 Japan Cup Cycle Road Race 日本・栃木 アジアツアー1.HC
10月23日〜31日 Tour of Hainan 中国 アジアツアー2.HC
11月11日 Tour de Okinawa 日本・沖縄 アジアツアー1.2

RESULT

【大分アーバンクラシック】国際レースとして初開催された大分県でのワンディレースに参戦

2018年10月16日

UCI公認レース(UCIアジアツアー1.2)として、初開催された大分アーバンクラシック。大分銀行ドーム周囲や近隣の住宅街に作られた10kmの周回コースを15周回する150kmのレースで、緩やかなアップダウンと多くのコーナーが組み込まれており、周回を重ねるごとに選手たちの脚を削るようなコース設定でした。

前日のクリテリウムでダミアーノ・チーマが落車し、鎖骨骨折を負うトラブルがあったために唯一のプロコンチネンタルチームとして出走したNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは3名での出走、また小林海も体調不良から本格的なトレーニングを休止しており、実質、伊藤雅和と初山翔、2選手での戦いとなりました。

スタート後から逃げを狙うアタックが繰り返されていきましたが、なかなか決定的な動きにはならず、3周回目に入り、10名のやや大きな先頭集団が形成されました。メイン集団はタイム差を2分まで開かせないようにコントロール。周回を重ねるごとに人数を減らしていきます。残り4周回から先頭集団でも遅れる選手が出始め、また逃げ切りをめざして先頭からさらにアタックがかかるなど活性化。メイン集団もすぐ後ろに迫ってきており、残り2周回で一度、すべての逃げが吸収されますが、そこから再び3名が先行する形になりました。

日本ナショナルチームの選手が2名含まれていたこともあり、先頭3名は逃げ切りに向けて一気に後続を引き離し、それを追う動きからハイペースを刻むメイン集団も分断されていきます。

そして、日本ナショナルチームU23の石上優大と松田祥位が格上のプロチーム相手にワンツーフィニッシュする素晴らしい走りを披露し、30秒遅れでフィニッシュラインへと戻ってきた4位以下のメイン集団はスプリントとなり、初山翔が10位、伊藤雅和が20位でフィニッシュ。完走者は43名でした。

リザルト
1  ISHIGAMI Masahiro   3:48:49
2  MATSUDA Shoi
3  AMEZAWA Takeaki Utsunomiya Blitzen   +0:11
10  HATSUYAMA Sho Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:30
20  ITO Masakazu Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:37
DNF  KOBAYASHI MarinoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini


伊藤雅和のコメント
たくさんの応援を頂いたのにそれに応える走りができなくて非常に残念です。
今回のレースではいいところなく終えてしまいましたが、
いい刺激が身体に入ったのでこのレースを次戦に必ず生かしていこうと思います。
応援ありがとうございました。



初山翔のコメント
直前に帰国しての強行スケジュールで体調が万全ではないレースになった。
それでもできるだけの走りはしたつもり。
ただもし体調が万全であれば、全く違う走り方をしたと思う。
ただ唯一良かったのは、脚の調子は良かったこと。
次戦までにしっかり休養を取り、時差ボケもなくせば、
いいパフォーマンスを出せると思う。

レース情報
おおいた アーバンクラシック
開催期間/2018年10月14日(日)
カテゴリー/UCIアジアツアー1.2
開催国/日本・大分県

公式サイト https://www.oita-cyclefes.com
ツイッター https://twitter.com/FesOita
フェイスブック https://www.facebook.com/oitacyclefes
ハッシュタグ #大分サイクルフェス

今後のレーススケジュール(予定)
10月20日 Japan Cup Criterium 日本・栃木 国際クリテリウム
10月21日 Japan Cup Cycle Road Race 日本・栃木 アジアツアー1.HC
10月23日〜31日 Tour of Hainan 中国 アジアツアー2.HC
11月11日 Tour de Okinawa 日本・沖縄 アジアツアー1.2

RESULT

【ツアー・オブ・タイフーレイク/第7ステージ】イメリオ・チーマが新人賞獲得

2018年10月15日

8日間にわたり開催されたツアー・オブ・タイフーレイクは、14日に最終ステージとなる第7ステージがフラットな137.5kmで開催されました。NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、5秒差で首位にたつイメリオ・チーマの新人賞ジャージを守ること。またスプリントでの区間優勝をめざしてのスタートでした。

危険ではない2選手が先行する形でレースは落ち着いて進んでいきました。残り25km地点で逃げは吸収され、集団ゴールスプリントに向けて各チームが体制を整えるなか、残り10km付近でチーマがパンク。西村の献身的な走りもありチーマは無事に集団復帰し、ゴールスプリントに挑みましたが、パンクの影響もあり区間10位でのフィニッシュ。個人総合成績は9位、新人賞を守ることができました。

プロ1年目の西村大輝とトレーニーの岡本隼は、日に日にコンディションを上げ、実り多き遠征となり、今回での経験を今後のレースに活かしていきます。

リザルト
第7ステージ
1  MARECZKO Jakub Wilier Triestina – Selle Italia 3:07:5
2  MOLANO Juan SebastiánManzana Postobon
3  VALLÉE Boris Wanty – Groupe Gobert
11  CIMA ImerioNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
15  OKAMOTO HayatoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
18  NISHIMURA HirokiNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
23  BONIFAZIO LeonardoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini

個人総合成績
1 VALLÉE Boris Wanty – Groupe Gobert 17:28:07
2 DYBALL Benjamin St. George Continental Cycling Team +0:19
3 CATAFORD Alexander UnitedHealthcare Pro Cycling Team
9 CIMA Imerio Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +0:29
12 BONIFAZIO Leonardo Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +0:33
55 OKAMOTO Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:34
59 NISHIMURA Hiroki Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:46


出場選手

西村大輝
イメリオ・チーマ(イタリア)
岡本隼(※トレーニー)
レオナルド・ボニファッツィオ(イタリア ※トレーニー)
吉田隼人(第2ステージでリタイア)
監督: ヴァレリオ・テバルディ


西村大輝のコメント
チームの作戦はスプリントでの勝利とイメリオの新人賞を失わせない事。 自分に与えられた役割は、逃げ集団が行った際に、メイン集団を牽引して15秒位をキープし、常に逃げ集団とメイン集団が近い距離を維持できる様にする事。 そしてゴールでは、もし必要で有ればラスト5kmほどでチームを前に引き上げる様にと言われてスタートした。

スタート後のアタック合戦では数人が行った際には、チェックの動きを行うプロコンの選手の後ろに入りながら力をセーブしつつチェックして行った。 結果的に総合、新人賞とは関係のない二人の逃げが形成され、チームとしても良い展開となった。 この展開では、特にチームから選手を出して牽引する必要はないため、作戦変更で自分も集団内で力を温存した。 最初のスプリントポイントの前を良い形でイメリオとボニファッツィオを前へ引き上げて行き、500m程手前でトレインを組んでいたエリトリアの番手にイメリオを入れた。結果的にイメリオは埋もれてしまったが、自分の動きに関しては良かったと言ってもらえたので、少しホッとした。

その後、チームで纏まって走り、距離を消化して行く。 逃げの二人に関しては、集団がその気になれば、いつでも捕まえられるといった雰囲気で、残り25キロ辺りで吸収された。 そして、ラスト10kmちょっとの所でイメリオがパンクしてしまう。 パンクしたイメリオのホイール交換を待って、ラスト5キロ程で彼を集団へ復帰させる事ができた。 集団最後尾で待っていたチームメイト二人とイメリオの3人を引き連れて、そのまま集団前方まで牽引して行き、力を出し切って自分は後退した。 内容的には、パンクしたエースを集団に引き戻して集団前方へ連れて行っただけなのだが、ラスト10km程で集団のペースが非常に上がっていた事に加え、ヨーロッパのレースでは、こういう時にはチームカーの隊列が車間を詰めて、少しでも楽に集団復帰ができる様に気を配ってくれるのに対し、今日は、そういう事をしてくれないチームカーが何台も居て、非常に大変だった。 今日のここの動きは、監督もイメリオも、評価してくれて嬉しかった。 一度、集団後方へ後退したが、前方へ上がって行こうとする集団の流れに乗ったら、またイメリオやボニファッツィオのすぐ後ろまで上がれたので、スプリントの脚は全く残っていなかったが、とにかく彼らの後ろで位置取だけ行って、そのまま流れに乗ってゴールした。

今大会は、第2ステージ以外、大会を通して調子良く走れていただけに、唯一の上りが含まれるステージとなる、第2ステージで調子を落として上りで遅れたのが今でも非常に悔しい。 次戦も、直ぐにやって来るので、今の調子を維持、向上させ、更に良いコンディションで次戦を迎えられる様に仕上げていきたい。 応援ありがとうございました。



岡本隼のコメント
最終日の今日はイメリオの新人賞を守るためチームで協力するという前提のもとスタートした。スタート直後一気にペースが上がったが、すぐに2名の逃げが形成された。すぐさまコントロールが入り集団内で脚を温存する事に専念した。 リラックスして走る時以外は基本的に4人でまとまって走り集団内で存在を示せた。 ラスト10kmを切ったところでイメリオ選手がパンクし、無線で集団から下がってくるように指示が出された。しかし、どこまで下がっていいのか理解できてなく審判車両の所までしか下がらなかった。 臨機応変に対応できず、チームに迷惑をかけた。

ラスト5kmほどでイメリオ選手が集団に復帰し、位置どりを再開し、徐々に集団の前方へ上っていった。 ラスト2kmで右に曲がるって立ち上がった所で右のラインから上がれるタイミングがあり上がったが、他のチームの隊列に阻まれイメリオ選手を上げきる事ができなかった。 結果的に新人賞を守る事は出来たが、今日の自分はチームのために貢献できてなかったと思う。 もっと割り切った走りをした方が良かった。

今回の遠征はコンディションもよく安定していた。コースプロフィールからすると、総合も狙って行かなくてはならないコースだったが、初日のプロローグで大差をつけられた。 第4ステージ、第5ステージのゴールスプリントではかなりいい感触はあったが、ゴール寸前でパワー負けを感じた。 今後の課題として、もっとパワーをつけなければTTにしろ、スプリントにしろもう一歩上の結果を出せないと感じている。 早急に改善できる問題ではないかもしれないが、常に頭において今後、トレーニングに臨みたい。 ありがとうございました。

レース情報
Tour of Taihu Lake
開催期間/2018年10月7日〜14日
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/中国

公式サイト http://www.touroftaihu.com/index.html

10月7日 プロローグ  5.5km
10月8日 第1ステージ  85km
10月9日 第2ステージ  130.6km
10月10日 第3ステージ  88.5km
10月11日 第4ステージ  98.6km
10月12日 第5ステージ  146.5km
10月13日 第6ステージ  116km
10月14日 第7ステージ  137.5km

今後のレーススケジュール(予定)
10月6日〜13日  Tour of Taihu Lake  中国  アジアツアー2.1
10月13日  Il Lombardia  イタリア  1.ワールドツアー
10月13日  Oita Ikoinomichi Criterium  日本・大分  国際クリテリウム
10月14日  Oita Urban Classic  日本・大分  アジアツアー1.2
10月14日  Hammer Hong Kong 香港 アジアツアー1.1
10月20日  Japan Cup Criterium  日本・栃木  国際クリテリウム
10月21日  Japan Cup Cycle Road Race  日本・栃木  アジアツアー1.HC
10月23日〜31日  Tour of Hainan  中国  アジアツアー2.HC
11月11日  Tour de Okinawa  日本・沖縄  アジアツアー1.2