RESULT

【ツアー・オブ・ターキー/第3ステージ】3級山岳を越えるショートステージ

2019年04月19日

フェリー移動を経て、アジア側の大陸へとわたり開催された第3ステージは、ÇanakkaleからEdremitまで、122kmの距離の短いステージで、中盤をすぎて3級山岳が設定されているものの、その後の平坦区間が長く、スプリンター向きのステージとされていました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは、経験豊富なフアンホセ・ロバトを最後のリードアウトとし、ジョバンニ・ロナルディ、イメリオ・チーマ、そして吉田隼人で区間優勝を狙いに行く作戦でスタート。

序盤より6名の逃げが決まり、リーダーチームであるボーラ・ハンスグローエらのコントロールにより落ち着いてレースは進行します。強い風が吹くシーンもありましたが、大きな展開もなく3級山岳を越え、残り10km地点で逃げを吸収。集団はゴールスプリントの体制に入りました。格上のワールドチームが組織的にスプリントに向けて体制を整え、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネもトレインを形成しようと奮闘しますが、残り2kmで連携がうまく取れず、後方から単独でスプリントに挑んだロナルディの区間17位がチーム最高位でした。

結果
第3ステージ

1 JAKOBSEN Fabio Deceuninck – Quick Step 2:50:12
2 BENNETT SamBORA – hansgrohe
3 CAVENDISH Mark Team Dimension Data
17 LONARDI GiovanniNippo Vini Fantini Faizanè
57 LOBATO Juan JoséNippo Vini Fantini Faizanè
61 NAKANE HidetoNippo Vini Fantini Faizanè
81 CIMA ImerioNippo Vini Fantini Faizanè
84 YOSHIDA HayatoNippo Vini Fantini Faizanè
85 ITO MasakazuNippo Vini Fantini Faizanè
91 NISHIMURA Hiroki Nippo Vini Fantini Faizanè

個人総合成績

1 BENNETT Sam BORA – hansgrohe 11:04:08
2 GROSSSCHARTNER Felix BORA – hansgrohe +0:20
3 RESTREPO Jhonatan Manzana Postobon +0:22
29 NAKANE Hideto Nippo Vini Fantini Faizanè +0:42
39 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè +0:42
44 LOBATO Juan José Nippo Vini Fantini Faizanè +0:51
60 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè +1:23
62 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè +1:25
77 CIMA Imerio Nippo Vini Fantini Faizanè +2:29
83 NISHIMURA Hiroki Nippo Vini Fantini Faizanè +3:27



ツアー・オブ・ターキー出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
中根英登
西村大輝
フアンホセ・ロバト(スペイン)
ジョバンニ・ロナルディ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
監督 ヴァレリオ・テバルディ、水谷壮宏


伊藤雅和のコメント

今日はゴールスプリントになりそうなステージ。 風と山岳賞の上りとそのあとの下りに注意とのことだった。 スタートしてから風が左から常に吹いていて不安になったが、逃げが少人数だったことで集団のペースも比較的ゆっくりだった。 常に位置取りの緊張感はあったが、リラックスして走れた。 下ってから向かい風になり最後は集団内でゴールした。 明日も集中して走りきりたい。


吉田隼人のコメント

今日もチームメイトとまとまって走ることで、風が強いなかでも風下側を走り、最後のスプリントに準備できた。 ロバト選手でスプリントすることだったが、ゴールまで2km切ってから上手く連携が取れず、また全員がバラバラになってしまった。 明日以降もチャレンジを続けていきます。


中根英登のコメント

昨晩にまた発熱がぶり返し、不安を抱えながらのスタート。 不安とは裏腹に逃げはすぐに決まる。風の強い区間はロバトの集団内での位置取りが素晴らしく、チームみんなと固まって無駄に消耗することなく距離を消化。 山岳ポイントも思ってたよりもかなり緩くあっさりと通過してど直線のスプリントへ。 トラブル等に気をつけながら無難にゴールした。 明日はまた距離が長く、ゴールレイアウトが少し上り基調。 気を引き締めていきたい。

西村大輝のコメント

チームの作戦はスプリントで狙いに行くこと。自分は基本的にフリーで集団待機だったので、補給や上着運びなどを行いながらリラックスして走った。 また明日も頑張りたい。
●●
レース情報
55th Presidential Cycling Tour of Turkey
第55回 プレシデンシャル・サイクリング・ツアー・オブ・ターキー

開催期間/2019年4月16日(火)〜21日(日)
カテゴリー/2. UCIワールドツアー
開催国/トルコ
ホームページ  http://www.tourofturkey.org.en
フェイスブック www.facebook.com/tourofturkeyTUR
ツイッター twitter.com/tourofturkeyTUR


4月16日 第1ステージ Istanbul › Tekirdağ (165k)
4月17日 第2ステージ Tekirdağ › Eceabat (180k)
4月18日 第3ステージ Çanakkale › Edremit (155k)
4月19日 第4ステージ Balıkesir › Bursa (185k)
4月20日 第5ステージ Bursa › Kartepe (170k)
4月21日 第6ステージ Sakarya › Istanbul (165k)

今後のレーススケジュール(予定)
4月16日〜21日 Presidential Cycling Tour of Turkey(トルコ、2.UCIワールドツアー)
4月22日〜26日 Tour of the Alps(イタリア、UCIヨーロッパツアー2.HC)
4月23日〜28日 Tour of Croatia(クロアチア、UCIヨーロッパツアー2.1)
4月28日 Giro dell’Appennino(イタリア、UCIヨーロッパツアー1.1)

RESULT

【ツアー・オブ・ターキー/第2ステージ】今大会最初の登坂フィニッシュで落車が発生

2019年04月18日

大会二日目は、TekirdağからEceabatまで、183kmのステージでした。前半はアップダウンが多く3級山岳と2級山岳が組み込まれ、その後一旦平坦基調になりますが、ゴールライン手前3kmから登坂区間となっているのが特徴で、タイム差がつきやすいステージになっていました。

個人総合成績も見据えたうえで、フアンホセ・ロバトと中根英登でステージ優勝を狙うことを目標にチームはスタート。序盤から吉田隼人、西村大輝、伊藤雅和が逃げに乗るべく、アグレッシブにアタックに反応し、一時、伊藤を含む5選手が集団から抜け出しましたが、逃げに選手を送りこめなかったトルコナショナルチームの動きにより集団に吸収。その後、7名の逃げが形成されました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは集団内に全選手が残り、最後の勝負どころに向けて準備を進めて行きます。昨日のステージを終えて体調不良を訴えた中根も軽快し順調に走り、残り25kmで最後まで逃げていた選手をリーダーチームのボーラハンスグローエらがコントロールする集団は吸収。万全の体制で迎えた最後の局面でしたが、登坂区間が始まり、残り1km付近で集団前方で落車が発生。道幅が狭かったために、ロバトと中根は足止めされる形となり、悔しさが残るなかで、ロバトが4秒差の区間16位、伊藤と中根が16秒差の32位、38位でレースを終えました。

結果
第2ステージ

1 BENNETT Sam BORA – hansgrohe  4:41:48
2 GROSSSCHARTNER Felix BORA – hansgrohe
3 RESTREPO Jhonatan Manzana Postobon
16 LOBATO Juan José Nippo Vini Fantini Faizanè   +0:04
32 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè   +0:16
38 NAKANE Hideto Nippo Vini Fantini Faizanè
57 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè   +0:57
59 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè   +0:59
75 CIMA Imerio Nippo Vini Fantini Faizanè   +2:03
81 NISHIMURA Hiroki Nippo Vini Fantini Faizanè   +3:01

個人総合成績

1 BENNETT Sam BORA – hansgrohe 6 8:14:02
2 GROSSSCHARTNER Felix BORA – hansgrohe   +0:14
3 RESTREPO Jhonatan Manzana Postobon   +0:16
26 NAKANE Hideto Nippo Vini Fantini Faizanè   +0:36
39 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè   +0:36
45 LOBATO Juan José Nippo Vini Fantini Faizanè   +0:45
60 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè   +1:17
63 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè   +1:19
77 CIMA Imerio Nippo Vini Fantini Faizanè   +2:23
83 NISHIMURA Hiroki Nippo Vini Fantini Faizanè   +3:21



ツアー・オブ・ターキー出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
中根英登
西村大輝
フアンホセ・ロバト(スペイン)
ジョバンニ・ロナルディ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
監督 ヴァレリオ・テバルディ、水谷壮宏


伊藤雅和のコメント

今日は逃げに乗って山岳ジャージを獲得するという作戦。 スタートしてすぐに上りが始まったのでチャンスだと思い、全開でアタックを3回繰り返して3回目で5人の逃げが決まり、そこに乗れた。 その後も5人で全開でローテーションして10キロほど逃げたが集団も速く、捕まってしまった。 そこからカウンターの逃げが決まった。 あとは最後の上りに向けて集団内で距離をこなした。 最後の上りは入り口で後ろからになってしまったけれど、全開でもがいて先頭集団にくっついていたが、残り1キロの落車で自分も足止めをくらい、 そこからもがき直してゴールした。 最初の逃げも最後の上りも結構いい数値が出ていたので、ケガから徐々に復活してきている。


吉田隼人のコメント

アタック合戦に伊藤選手、西村選手、自分で対応することになり、自分はリアルスタートまでに一番前で位置取りができた。昨日と同じくファーストアタックが決まることも考えられたのでトライするが決まらなかった。 そこからは今日のステージを狙うロバト選手・中根選手の側で走り、最後の上り前もチームまとまって走った。 自分自身の調子も悪くなく、チームの中でできることを行い、明日に備えます。


中根英登のコメント

ステージをロバトで狙いに行き、自分はロバトから離れずにゴールすること。 スタートしてからのアタック合戦には伊藤さん、吉田さん、西村が逃げにトライし、伊藤さん含むグループが一時先行したが、地元チームが逃げに乗せるべく猛追し振り出しに。 そしてNIPPOを含まない逃げが決まって集団は落ち着く。 チームメイトに助けてもらいながら距離を消化してラスト3kmから上り基調のゴールへ。 上りに入る麓ではイメリオとジョバンニが良い位置取りをしてくれて上りへ突入。 ロバトと自分は15~20番手あたりで上りをこなしてラスト1km。 しかしこの1km看板を過ぎですぐの左コーナーで集団前方の選手が落車。コース幅が狭く避けるスペースがなくて、自分も前の選手が急ブレーキしたところに突っ込む。落車は免れたがロバトとともにゴールスプリントするチャンスが断たれてしまった。 体調は復活し、みんなに助けてもらいながらこのクラスでなかなかない勝負のチャンスが断たれてしまったことがとても残念であり悔しく思う。 切り替えて、次のチャンスに備えたい。

西村大輝のコメント

今日は、逃げて山岳賞を取ることができれば最高と言われてスタートしたが、自分の力不足により、上りのアタック合戦で、2、3回ほどアタックに行って力尽きてしまった。 その後は、補給や防寒着運びなど何度か行ったり、チームメイトがストップする際に、一緒に止まってサポートしたりしながら走った。最後の上りの前は、チームのトレインの一番後ろでステイし、トレインが割れた際にチームメイトの前に入って、トレインを繋げるということを行いながら走った。 大きな助けはできなかったが、これらの様な自分の脚力でも可能なことは、積極的に自分が行うように意識して走った。 明日からも精一杯走ります。
●●
レース情報
55th Presidential Cycling Tour of Turkey
第55回 プレシデンシャル・サイクリング・ツアー・オブ・ターキー

開催期間/2019年4月16日(火)〜21日(日)
カテゴリー/2. UCIワールドツアー
開催国/トルコ
ホームページ  http://www.tourofturkey.org.en
フェイスブック www.facebook.com/tourofturkeyTUR
ツイッター twitter.com/tourofturkeyTUR


4月16日 第1ステージ Istanbul › Tekirdağ (165k)
4月17日 第2ステージ Tekirdağ › Eceabat (180k)
4月18日 第3ステージ Çanakkale › Edremit (155k)
4月19日 第4ステージ Balıkesir › Bursa (185k)
4月20日 第5ステージ Bursa › Kartepe (170k)
4月21日 第6ステージ Sakarya › Istanbul (165k)

今後のレーススケジュール(予定)
4月16日〜21日 Presidential Cycling Tour of Turkey(トルコ、2.UCIワールドツアー)
4月22日〜26日 Tour of the Alps(イタリア、UCIヨーロッパツアー2.HC)
4月23日〜28日 Tour of Croatia(クロアチア、UCIヨーロッパツアー2.1)
4月28日 Giro dell’Appennino(イタリア、UCIヨーロッパツアー1.1)

RESULT

【ツアー・オブ・ターキー/第1ステージ】集団ゴールスプリントでイメリオ・チーマが区間7位

2019年04月17日

4月16日、トルコの観光都市イスタンブールの旧市街から6日間のプレシデンシャル・ツアー・オブ・ターキー(UCIワールドツアー)が開幕しました。アジア大陸とヨーロッパ大陸にまたがる歴史的な都市イスタンブールを発着として、マルマラ海沿岸を大きく一周する全長993kmのレースです。

平坦基調のステージとなっており、集団ゴールスプリントの展開が濃厚。チームはイメリオ・チーマをエーススプリンターに、最後の局面で彼をアシストするスプリント力に優れるフアンホセ・ロバト、ジョバンニ・ロナルディ、吉田隼人を温存させていく作戦で美しいモスクが立ち並ぶイスタンブール旧市街からスタートしました。

強い風が吹くなか、序盤に6選手の逃げが決まります。集団はドゥクーニンク・クイックステップやボーラ・ハンスゴローエら、6つ参戦しているUCIワールドチームが主導権を握ります。約3分半のタイム差でレースは進行し、残り22km地点で最後まで逃げていた2選手を集団はキャッチ。残り約10km地点での3級山岳では1選手が抜け出しますが、その後、大集団でのゴールスプリントの展開へと持ち込まれました。

各スプリンターチームがトレインを組み、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネも経験豊富なロバトを軸に、集団前方で残り距離を消化していき、残り300mを切るとイメリオが格上ワールドチーム選手を相手にスプリントを開始。そしてイメリオが区間7位、リードアウトも務めたジョバンニ・ロナルディが区間9位でフィニッシュしました。日本人選手はトラブルなく、みな集団内でフィニッシュしています。

結果
第1ステージ

1 BENNETT Sam BORA – hansgrohe  3:32:34
2 JAKOBSEN Fabio Deceuninck – Quick Step
3 EWAN Caleb Lotto Soudal
7 CIMA Imerio Nippo Vini Fantini Faizanè
9 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè
40 NAKANE Hideto Nippo Vini Fantini Faizanè
100 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè
102 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè
103 NISHIMURA Hiroki Nippo Vini Fantini Faizanè
113 LOBATO Juan José Nippo Vini Fantini Faizanè  +0:21

個人総合成績

1 BENNETT Sam BORA – hansgrohe   3:32:24
2 JAKOBSEN Fabio Deceuninck – Quick Step  +0:04
3 EWAN Caleb Lotto Soudal    +0:06
10 CIMA Imerio Nippo Vini Fantini Faizanè         +0:10
12 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè       +0:10
42 NAKANE Hideto Nippo Vini Fantini Faizanè       +0:10
101 ITO Masakazu Nippo Vini Fantini Faizanè       +0:10
103 YOSHIDA Hayato Nippo Vini Fantini Faizanè       +0:10
104 NISHIMURA Hiroki Nippo Vini Fantini Faizanè       +0:10
113 LOBATO Juan José Nippo Vini Fantini Faizanè       +0:31



ツアー・オブ・ターキー出場選手
伊藤雅和
吉田隼人
中根英登
西村大輝
フアンホセ・ロバト(スペイン)
ジョバンニ・ロナルディ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
監督 ヴァレリオ・テバルディ、水谷壮宏


伊藤雅和のコメント

今日のレースはゴールスプリントになりそうだったので、スプリンターの4人を助けるのが仕事。 その他はリラックスして走れとのことだった。 逃げがすぐに決まり集団で距離をこなした。 まだ落車のダメージから脚の感覚が本調子とはほど遠く、いいペダリングができなかった。 最後もただただ集団でゴールするだけになってしまった。 明日はもう少し良くなってることを願っている。


吉田隼人のコメント

イメリオ選手のスプリントで勝負するプランでスタート。 常時チームで固まって走ることで落ち着いて走ることができた。 ゴールまで20k切ってからもロバト選手の指示でスプリントに備える。当たり前ではあるが去年よりも格段に走れている。ゴールまで5km切ってから少し逸れた際にも中根選手にフォローしてもらった。 調子は悪くないので明日からさらにコンディションを上げていけるようにしたい。


中根英登のコメント

スタートして15分くらい、ボーッとして身体に異変を感じていた。 ラスト5km切ってから最終コーナー手前のとこで吉田さんを前に連れて行ったり、ラスト1kmまではスプリンターたちの側でサポートしたりと脚は動いていたが最後までおかしく、体調が優れなかった。 明日はロバトと自分にチャンスがあるステージ。何が何でも回復して勝負しにいきます。

西村大輝のコメント

今日は風が強かったので、強風による集団分裂やペースアップに気をつけることと、スプリンター達を助けることを言われてスタートした。 スタートしてすぐに逃げが決まり、集団はゆっくり進んでいった。 途中、チームメイトの上着を回収してチームカーに持って行ったりしながら、自分も集団内で落ち着いて走ってゴールした。 明日以降も引き続き気を引き締めて頑張りたい。
●●
レース情報
55th Presidential Cycling Tour of Turkey
第55回 プレシデンシャル・サイクリング・ツアー・オブ・ターキー

開催期間/2019年4月16日(火)〜21日(日)
カテゴリー/2. UCIワールドツアー
開催国/トルコ
ホームページ  http://www.tourofturkey.org.en
フェイスブック www.facebook.com/tourofturkeyTUR
ツイッター twitter.com/tourofturkeyTUR


4月16日 第1ステージ Istanbul › Tekirdağ (165k)
4月17日 第2ステージ Tekirdağ › Eceabat (180k)
4月18日 第3ステージ Çanakkale › Edremit (155k)
4月19日 第4ステージ Balıkesir › Bursa (185k)
4月20日 第5ステージ Bursa › Kartepe (170k)
4月21日 第6ステージ Sakarya › Istanbul (165k)

今後のレーススケジュール(予定)
4月16日〜21日 Presidential Cycling Tour of Turkey(トルコ、2.UCIワールドツアー)
4月22日〜26日 Tour of the Alps(イタリア、UCIヨーロッパツアー2.HC)
4月23日〜28日 Tour of Croatia(クロアチア、UCIヨーロッパツアー2.1)
4月28日 Giro dell’Appennino(イタリア、UCIヨーロッパツアー1.1)