RESULT

【ツアー・オブ・クロアチア/第4ステージ】落車が発生したフィナーレ、ポンツィが15位でフィニッシュ

2018年04月21日

4月20日に開催されたツアー・オブ・クロアチア第4ステージは、海岸線を北上するコースレイアウトで、ラスト20km地点に1箇所の3級山岳が組み込まれていましたが、序盤よりアップダウンが続き、残り1kmを切ってからフィニッシュラインに向かう街中のコースも入り組んでいました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニはゴールスプリントによる区間優勝を狙う作戦でスタートし、序盤より内間康平が中心となって、まずは逃げに選手を乗せるべく、積極的に動きます。

50kmほどアタックの攻防が続き、集団は速いペースで走行。そして50km地点を過ぎてから始まる登坂区間を利用して、8名の先頭集団が形成されました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファンティーニは選手を送り込むことができなかったため、タイム差が4分強に広がり始めたところで、内間や西村大輝が集団のコントロールに加わり、タイム差を詰め始めます。

逃げとのタイム差が1分台となり、ラスト20kmの3級山岳に差し掛かりました。この時点でエーススプリンターのエドゥアルド・グロスは体調が優れなかったため、シモーネ・ポンツィ、フアンホセ・ロバトと吉田隼人で成績を狙いに行く作戦に。

集団が割れていく登坂区間でしたが、チームのスプリンターたちは集団前方でクリア。下りを使って逃げを吸収すべく人数を減らしたメイン集団はペースアップを図りますが、先頭から単独でアタックをしかけたアレッサンドロ・トネッリ(バルディアーニ)が力強い走りで逃げ切り優勝。

メイン集団はハイペースで最後のコーナーが連続するフィニッシュ前へと向かい、案の定、落車が発生。NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニの選手たちは減速を余儀なくされ、ポンツィの15位が最高位でした。吉田隼人も落車の影響があり、前方でスプリントに挑むことはできず、結果を残すことはできませんでした。しかし、3級山岳を乗り越えて、しっかりとメイン集団に残ったことは評価され、ヨーロッパの高いレベルのレースでステップを一つ一つ上っています。

リザルト
第4ステージ
1 TONELLI Alessandro Bardiani – CSF 3:56:57
2 BARBIN Enrico Bardiani – CSF +0:12
3 TRATNIK Jan CCC Sprandi Polkowice

15 PONZI SimoneNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
19 LOBATO Juan JoséNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
23 YOSHIDA Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
83 CIMA Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +7:30
93 NISHIMURA Hiroki Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
98 GROSU Eduard Michael Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +13:38
100 UCHIMA KoheiNippo – Vini Fantini – Europa Ovini

個人総合成績
1 SIUTSOU Kanstantsin Bahrain Merida Pro Cycling Team 19:12:19
2 WEENING Pieter Roompot – Nederlandse Loterij +0:08
3 GIDICH Yevgeniy Astana Pro Team 0:47

21 PONZI Simone Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +9:11
54 YOSHIDA Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +24:09
57 NISHIMURA Hiroki Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +25:45
64 LOBATO Juan José Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +30:57
114 UCHIMA Kohei Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +49:26
116 GROSU Eduard Michael Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +51:30


内間康平のコメント
今日のコースはきっと自分の脚にあってる。そう思いながら、逃げのオーダーをもらってスタートした今日のステージ。 諦めずにアタック合戦すること50km…力尽きたところで逃げが決まってしまった。 気を取り直して、集団コントロールに加わった。 かなり消耗し、攣りそうな感覚があったので、最初は無理せずに、脚を回しながらコントロール。 回復したところでカハルラルが協力してきたので、徐々にペースアップ。 最後の周回に入る前まで踏み続けて、グルペットでゴールした。 今日はやってやるぞ! と思っていたが、逃げには入れず、その分、仕事をこなしたが。やはりこの脚を逃げグループで使いたかった。 しっかり回復に努めたい。


吉田隼人のコメント
今日のステージはアップダウンの続く171kmのステージ。レース前のミーティングで、自分は最後のスプリントに参加するように、経験豊富なポンツィ、ロバト選手と常時一緒に走るように指示を受けスタートした。 途中、チームメイトの内間選手、西村選手がローテーションに入って働いてくれたおかげで。集団ゴールスプリントになるような展開までもっていくことができた。 ゴールまで20数キロから始まる登りでは、チームメイトと前方で登り切ることができた。 最後のスプリントでの位置どりは日に日に良くなっているものの、しっかりとした結果を今日も残すことができなかった。 まだレースは終わっていないので、しっかりチャンスを掴む走り、気持ちは切らさないようできる限りのことをやり切ります。


西村大輝のコメント
今日は逃げに乗っていくように指示を貰った。 モチベーションは凄く高かったのだが、それとは裏腹に身体が言う事をきかずにアタック合戦に参加できなかった。 逃げが決まって暫くてしてから、集団牽引の指示が出て、内間さんとカハルーラル、自分で集団牽引を行った。 1時間ちょっとローテーションに入っていたが、そこで限界になり、ローテーションに入れなくなり、集団からも遅れる寸前となった。 程なくして、残り25キロ程で始まる3級山岳に突入した。 山岳に入るなり、ペースは上がっているが、脚が回復してきて、踏める感覚が有り、集団最後尾で遅れていく選手をパスしながら耐えられるだけ耐えたが、頂上まで残り1キロの看板が出た所で、限界になり集団から遅れた。 遅れてからは、後ろからグルペットが来るのを待って、やってきたグルペットでゴールした。 1日毎にステージを重ねているので、当然ではあるが、今日は今大会の中で最も身体がキツかった。 明日は、とてつもない山岳ステージとなるので、今晩は少しでも身体を休められよう回復に努めたい。

 

レース情報
Tour of Croatia 2018
開催期間/2018年4月17日(火曜日)〜22日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.HC
開催国/クロアチア

4月17日 第1ステージ Osijek › Koprivnica(227k)
4月18日 第2ステージ Karlovac › Zadar(234.5k)
4月19日 第3ステージ Trogir › PP Biokovo (Sv. Jure)(134k)
4月20日 第4ステージ Starigrad › Crikvenica(171k)
4月21日 第5ステージ Rabac › Poklon(156.5k)
4月22日 第6ステージ Samobor › Zagreb(151.5k)

公式サイト https://www.tourofcroatia.com/en/
フェイスブック https://www.facebook.com/TourOfCroatiaRace
ツイッター https://twitter.com/tour_of_croatia
ハッシュタグ #TourOfCroatia

今後のレーススケジュール(予定)
4月17日〜22日 Tour of Croatia クロアチア ヨーロッパツアー2.1
4月22日 Giro dell’Appennino イタリア ヨーロッパツアー1.1
5月8日〜13日 4 Jours de Dunkerque フランス ヨーロッパツアー2.HC
5月21日〜28日 Tour of Japan 日本 アジアツアー2.1
5月22日〜24日 Tour des Fjords ノルウェー ヨーロッパツアー2.HC
5月25日〜27日 Hammer Stavanger ノルウェー ヨーロッパツアー2.1
5月30日〜6月3日 Tour de Korea 韓国 アジアツアー2.1
6月1日〜3日 Hammer Sportzone Limburg オランダ ヨーロッパツアー2.1
6月3日 Gran Premio Città di Lugano スイス ヨーロッパツアー1.HC
6月7日 GP du canton d’Argovie スイス ヨーロッパツアー1.HC
6月9日〜17日 Tour de Swiss スイス 2.ワールドツアー
6月13日〜17日 Tour of Slovenia スロベニア ヨーロッパツアー2.1

RESULT

【ツアー・オブ・アルプス/第5ステージ】最後の山岳ステージでバジョーリが逃げ、クネゴが21位でフィニッシュ

2018年04月21日

イタリアからオーストリアにかけての山岳地域を舞台に開催された5日間のステージレース、ツアー・オブ・アルプス。4月20日に最終日となる第5ステージを迎えました。最終ステージは円半に1級山岳を越え、終盤には2級山岳(オリンピアクライム)が組み込まれたインスブルックの周回コースを3周回します。インスブルックは今年の世界選手権ロードレースの開催地で、今回の周回コースは世界選手権で使用するコースと重複していました。

レースは、ニコラ・バジョーリを含む9名の逃げが先行する展開でスタートしました。彼らは最大で集団とのタイム差を10分ほどに広げ、周回コースに入ってもリードを保ちますが、周回コース最初の登坂区間で先頭から3選手が脱落、2回目の登坂区間では先頭から1選手のみが先行を続け、人数を減らしたメイン集団からはアタックがかかります。

その下り区間では有力選手のみに絞られた20名ほどが先行する展開となり、残り10km地点では総合成績3位につけるロペス(アスタナ)がアタック。それに総合首位のピノー(グルパマFDJ)と総合2位のポッツォヴィーボ(バーレーン・メリダ)が反応し、一時は総合トップ3が先行する形となりました。それを追ったのは総合成績4位のフルーム擁するスカイ。10名ほどの追走集団を形成し、ゴール前に吸収。そこから単独でアタックを仕掛けた21歳の新人選手マーク・パデュン(バーレーン・メリダ)がプロ初勝利を飾りました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニの最高位はダミアーノ・クネゴの21位。そしてサンタロミータが33位に続きました。中根英登は周回コースに入り、先頭との差が詰まったために降ろされる形となりましたが、チームのエース、サンタロミータがトラブルにて遅れた際に集団復帰を手伝うなどチームに貢献しました。また今季初レースとなった伊藤雅和は、チームの仕事をこなしながら、日に日にコンディションを上げ、厳しい山岳レースを個人総合成績77位で完走を果たしました。


成績
第4ステージ
1 PADUN Mark Bahrain Merida Pro Cycling Team 20 30 4:16:10
2 BENNETT George Team LottoNL-Jumbo +0:05
3 HIRT Jan Astana Pro Team +0:06

21 CUNEGO Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +2:24
33 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +5:06
39 BOU Joan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +6:17
54 BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +6:18
86 ITO Masakazu Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +15:59
DNFNAKANE HidetoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
DNFZACCANTI FilippoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini


個人総合成績
1 PINOT Thibaut Groupama – FDJ 18:28:48
2 POZZOVIVO Domenico Bahrain Merida Pro Cycling Team +0:15
3 LOPEZ Miguel Angel Astana Pro Team

21 CUNEGO Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +10:00
24 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +11:09
53 BOU Joan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +40:45
69 BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +56:46
77 ITO Masakazu Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:07:11

 


伊藤雅和のコメント
今日のレースも集団待機でギリギリまで粘るということでスタートした。 スタートして上りもあるのにずっと一列棒状のハイペース。チームメートが逃げに対応しているのは見えるものの、最初にポジションをかなり後ろに落としてしまったせいで全然前に上がれずに、申し訳なかった。 逃げが決まってからは、今大会最終日にして初めてゆっくりなペースになった。 その後一級山岳では集団から遅れて、遅れたメンバーと全開で前を追った。 周回コースの前にある山岳で追い付く。 この山岳で全力で上って先頭集団がなんとか見える位置で上りきり周回コースに入るまでに集団に復帰した。 上りがすぐに始まるので急いで今日のエースの3人にボトルを運び、上りに入った瞬間のハイペースで千切れて、そこからはグルペットでゴールを目指した。
このレースはとにかく上るレースでペースも速くてもっと強くならないといけないと更に思えたレースだった。 しっかり練習して次戦に備えます!


中根英登のコメント
最終日の今日も自分、バジョーリ、ザッカンティ、ボウで逃げにチャレンジしていく。 何度か数名と飛び出して集団から距離が開いて行けるかと思ったが逃してもらえず。 約30km地点でバジョーリが逃げに入ってくれて集団のペースが落ち着く。 最初の1級山岳へ。サンタロミータと共に前方から上りへ突入。ペースが速く、頂上まで残り約2kmくらいのとこで15人くらいのグルペットへ。 下りを攻めていたらサンタロミータがパンクで止まっていたので待ち、まずは15人の集団に戻し、そこからメイン集団に戻すべく全開でローテーションに加わり集団復帰に成功。 次の上りに向かう途中にダミアーノやサンタロミータに補給を渡し、上り入り口に向けて位置取りをしていく。 2人を前に送り込み、自分も限界まで粘るが千切れてくる選手をパスする力が残っておらず20人程のグルペットへ。 周回コースに入り、先頭集団が後ろから迫ってきたので1周回ったところでレース終了を告げられた。 昨日、一昨日は脚が重たかったが今日はしっかり脚が動いた。 次のレースは2日後なので、しっかり回復させたい。


レース情報
Tour of the Alps
開催期間/2018年4月16日(月曜日)〜20日(金曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.HC
開催国/イタリア、オーストリア

4月16日 第1ステージ Arco › Folgaria (134.6k)
4月17日 第2ステージ Lavarone › Fiemme/Alpe di Pampeago (145.5k)
4月18日 第3ステージ Ora/Auer › Merano/Meran (138.3k)
4月19日 第4ステージ Chiusa/Klausen › Lienz (134.3k)
4月20日 第5ステージ Rattenberg › Innsbruck (161.6k)

公式サイト https://tourofthealps.eu/en
フェイスブック https://www.facebook.com/TouroftheAlps
ツイッター https://twitter.com/Tourof_TheAlps
ハッシュタグ #TotA



今後のレーススケジュール(予定)
4月17日〜22日 Tour of Croatia クロアチア ヨーロッパツアー2.1
4月22日 Giro dell’Appennino イタリア ヨーロッパツアー1.1
5月8日〜13日 4 Jours de Dunkerque フランス ヨーロッパツアー2.HC
5月21日〜28日 Tour of Japan 日本 アジアツアー2.1
5月22日〜24日 Tour des Fjords ノルウェー ヨーロッパツアー2.HC
5月25日〜27日 Hammer Stavanger ノルウェー ヨーロッパツアー2.1
5月30日〜6月3日 Tour de Korea 韓国 アジアツアー2.1
6月1日〜3日 Hammer Sportzone Limburg オランダ ヨーロッパツアー2.1
6月3日 Gran Premio Città di Lugano スイス ヨーロッパツアー1.HC
6月7日 GP du canton d’Argovie スイス ヨーロッパツアー1.HC
6月9日〜17日 Tour de Swiss スイス 2.ワールドツアー
6月13日〜17日 Tour of Slovenia スロベニア ヨーロッパツアー2.1

RESULT

【ツアー・オブ・クロアチア/第3ステージ】標高1700m超級山岳フィニッシュのクイーンステージ

2018年04月20日

4月19日に開催されたツアー・オブ・クロアチア第3ステージは、標高1760mの超級山岳にゴールする134kmのステージで、海岸線沿い海抜0メートルから約25km登坂区間が続く、ヨーロッパでも屈指の山岳ステージとなっており、個人総合成績を狙ううえでのクイーンステージとなっていました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、今回スプリンター中心の布陣で挑んでいるため、このステージで上位を狙うクライマーはいませんが、登坂能力があり今大会調子の良いシモーネ・ポンツィと西村大輝がトライするという作戦にてスタートしました。

昨日のステージを終えて、区間優勝を果たしたエドゥアルド・グロスが個人総合リーダージャージを着用しており、今日はリーダーチームとしての出走でしたが、ピュアスプリンターのグロスがジャージを守ることは厳しかったために、序盤より区間優勝を狙うチームに集団の主導権を引き渡しました。

5選手が5分ほどのリードを得て先行していきましたが、登りが始まるとタイム差が大きく詰まり、メイン集団は徐々に小さくなっていきます。先頭で優勝争いが繰り広げられる一方で、麓から山頂まで20kmを超える長い登りでは、グルペットも形成され、明日以降のステージに向けて力を温存しながら登る選手たちも多くみられました。

チームは作戦どおりにポンツィと西村を上り口で集団前方に送り、2選手はそれぞれにベストを尽くし、ポンツィが23位、西村が43位でフィニッシュ。西村は冬季トレーニングをともに行った新城幸也(バーレーン・メリダ)にリードしてもらう形で登り続けていきましたが、長年トップチームで活躍を続ける新城との力の差を実感するステージとなりました。

グロスはこのステージを終えて、個人総合リーダーを失いましたが、昨日に引き続き、ポイント賞ジャージはキープ。明日は青色のリーダージャージに身を包んでスタートします。今日のステージでの消耗は大きいですが、明日は平坦基調となっており、再び区間優勝をめざして走ります。

リザルト
第3ステージ
1 SIUTSOU Kanstantsin Bahrain Merida Pro Cycling Team 3:51:32
2 WEENING Pieter Roompot – Nederlandse Loterij +0:04
3 GIDICH Yevgeniy Astana Pro Team +0:49

23 PONZI Simone Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +8:53
43 NISHIMURA Hiroki Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +17:05
64 YOSHIDA Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +23:45
81 CIMA Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +30:49
94 LOBATO Juan José Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +30:55
106 UCHIMA Kohei Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +31:07
121 GROSU Eduard Michael Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +38:20

個人総合成績
1 SIUTSOU Kanstantsin Bahrain Merida Pro Cycling Team 15:15:10
2 WEENING Pieter Roompot – Nederlandse Loterij +0:08
3 GIDICH Yevgeniy Astana Pro Team +0:47

21 PONZI Simone Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +9:11
42 NISHIMURA Hiroki Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +18:27
62 YOSHIDA Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +24:09
77 LOBATO Juan José Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +30:57
88 CIMA Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +31:13
111 UCHIMA Kohei Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +36:00
117 GROSU Eduard Michael Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +38:04


内間康平のコメント
リーダチームとしてスタートした今日のステージ。
逃げが決まってから、メイングループの前で走っていたが、
僕らのチームは総合をキープ、ステージを狙う事は厳しかったのでペースを上げずに走行。
ここでステージを狙うチームがコントロールを開始したので、後退。
その後は登りでチャレンジする選手をサポートし、グルペットでゴール。
別府選手がコントロールしていたのだが、その後ろ姿からはプロツアーで走り続けている凄さを感じた。
明日のステージは全力を尽くしていきたい!


吉田隼人のコメント
今回のレース最短距離の134kmのレースだったが、山頂ゴール。
ゴールまで27kmはその山頂ゴールへ向かって登り坂。
チームの中でも登りでチャレンジする選手のためにサポートする走りをした。
特に今日は気温が高く、補給に特に気をつけてサポートするようにした。
そしてゴールへ向けての登りでは、程よいグルペットで走りきり、
明日以降のステージで、次こそしっかりチャンスを掴む走りをします。
引き続き応援よろしくお願いします。


西村大輝のコメント
ミーティングで監督から、シモーネと僕が山岳に向けて脚を温存して走り、今日のステージで上の順位を目指すように言われた。 山岳の前で他の選手たちが僕たち二人を前に連れて行き、良い位置で上り始められるようにというプランだった。 昨日、一昨日とコンディション良く走れていたが、まさか自分が温存させてもらえるプランが出るとは想像もしていなかったため、嬉しい気持ちでスタートラインに立った。 走り出してから、今日も明らかにコンディションが良い事が感じ取れた。 3級山岳途中の下り区間で、道幅が狭くなった時に後ろを走っていた別のチームの選手が、僕のディレーラーに接触して、変速が悪くなり、その後、リアをローに入れた瞬間にディレーラーが外れてバイク交換となった。 このタイミングでストップは集団に復帰できなくなるのではないかと焦ったが復帰する事ができた。 最後の超級山岳の前では、シモーネと僕が前で上りに突入できるようにチームが動いてくれて、前で上り始める事が出来た。 上り始めからプロトンは、とてもペースが速く、自分も粘れるだけ粘ってみたがプロトンから遅れた。 プロトンから遅れて、後ろのグルペットも居ない宙ぶらりん状態で走っていると、後ろからチームの役割を果たし終えた新城さんが上ってきて、ゴールまで相当な距離が有ったが、全部引いて下さった。 新城さんは全くキツそうではなく、余裕の表情で走っていたが、僕にとっては付き位置でもゴールまで維持できるギリギリの所という感じだったで、改めて新城さんの強さを痛感しながら、長く険しい超級山岳を終えた。 今日もかなり疲労したので、明日以降のステージに備えて少しでも身体を回復させたい。

レース情報
Tour of Croatia 2018
開催期間/2018年4月17日(火曜日)〜22日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.HC
開催国/クロアチア

4月17日 第1ステージ Osijek › Koprivnica(227k)
4月18日 第2ステージ Karlovac › Zadar(234.5k)
4月19日 第3ステージ Trogir › PP Biokovo (Sv. Jure)(134k)
4月20日 第4ステージ Starigrad › Crikvenica(171k)
4月21日 第5ステージ Rabac › Poklon(156.5k)
4月22日 第6ステージ Samobor › Zagreb(151.5k)

公式サイト https://www.tourofcroatia.com/en/
フェイスブック https://www.facebook.com/TourOfCroatiaRace
ツイッター https://twitter.com/tour_of_croatia
ハッシュタグ #TourOfCroatia

今後のレーススケジュール(予定)
4月16日〜20日 Tour of the Alps イタリア ヨーロッパツアー2.HC
4月17日〜22日 Tour of Croatia クロアチア ヨーロッパツアー2.1
4月22日 Giro dell’Appennino イタリア ヨーロッパツアー1.1
5月8日〜13日 4 Jours de Dunkerque フランス ヨーロッパツアー2.HC
5月21日〜28日 Tour of Japan 日本 アジアツアー2.1
5月22日〜24日 Tour des Fjords ノルウェー ヨーロッパツアー2.HC
5月25日〜27日 Hammer Stavanger ノルウェー ヨーロッパツアー2.1
5月30日〜6月3日 Tour de Korea 韓国 アジアツアー2.1
6月1日〜3日 Hammer Sportzone Limburg オランダ ヨーロッパツアー2.1
6月3日 Gran Premio Città di Lugano スイス ヨーロッパツアー1.HC
6月7日 GP du canton d’Argovie スイス ヨーロッパツアー1.HC
6月9日〜17日 Tour de Swiss スイス 2.ワールドツアー
6月13日〜17日 Tour of Slovenia スロベニア ヨーロッパツアー2.1