RACE

【GPコスタ・デリ・エトルスキ/事前情報】イタリアでの初戦に内間&小林が出場

2017年02月03日

イタリアでのチーム初戦となるG.P.コスタ・デリ・エトルスキが2月5日(日)に開催されます。開催地はイタリア中部のトスカーナ地方で、ゴール地点の町名から“ドノラティコ”とも呼ばれているワンディレースです。初開催は1996年、今年で22回目の開催を迎えます。秋に開催されていた時期もありましたが、近年は春に開催され、今年もイタリアでのシーズン開幕戦となります。

変則的な周回コースを利用した190kmのレースで、途中、高低差200mほどの登りが3回登場します。とくに最後の山岳は、ゴールまで10kmを切った地点に組み込まれているため、ここで大きくレースが動くと考えられます。

昨年、NIPPO・ヴィーニファンティーニは、山本元喜(キナンサイクリングチーム)が逃げ、グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレン・メリダ)が少人数のスプリントを制して優勝! 幸先の良いイタリアでの開幕戦になりました。

今大会の指揮を執るのは、マリオ・マンゾーニ監督とヴィレリオ・テバルディ監督。中堅オールラウンダーのマルコ・カノラ、そしてゴールスプリントの展開になった場合は、シーズン最終戦(ツアー・オブ・タイフーレイク)を勝利で締めくくったエドワルド・グロスがエースを担います。日本人選手も移籍後初レースとなる内間康平、正規選手としてプロデビューを飾る小林海が出場。8選手中5選手が新加入選手、そして小林とともにニコラ・バジオーリもプロデビュー戦となり、新体制で臨む大切な一戦となります。


●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
内間 康平(日本)
小林 海(日本)

アラン・マランゴーニ(イタリア)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
エドワルド・グロス(ルーマニア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジオーリ(イタリア)
監督:マリオ・マンゾーニ、ヴァレリオ・テバルディ


内間康平のコメント
今シーズン最初のレース、今まで練習の中でしか走っていないチームメイトと走るのはすごく新鮮である反面、どうすればチームメイトのためになるか、よく考えなければいけないと思う。まずはしっかりチームのオーダーをこなして、走っていきたい。


小林海のコメント
シーズン初戦、そしてプロ選手としての初戦。少しの不安と緊張、そしてワクワクしています。まずはチームの作戦や指示にしっかり応えて、自分が納得できる走りをし、安全にケガなく終えることを願っています。


マリオ・マンゾーニ監督のコメント
たくさんの期待に満ちたイタリアでのシーズン初戦になる。最大限の結果を求め、積極的なレースをしていきたい。グロスやカノラは非常に高いモチベーションを持って、エースとしてこの大会に挑む。デネグリ、バジオーリ、小林、フィロージにはアタックを仕掛けて逃げること、また経験豊富なマランゴーニや内間には、チームの司令塔としての役割も期待している。

イタリアでの初戦。厳しいトレーニングを積んできた自分たちのコンディションだけでなく、他のチームの仕上がりも知ることができるため、とても興味深いレースになるだろう。いいレースにしたい。

●レース情報
G.P. Costa degli Etruschi(G.P.コスタ・デリ・エトルスキ)
開催期間/2017年2月5日
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー1.1
開催国/イタリア、トスカーナ州ドノラティコ近郊(日本との時差 マイナス8時間)

公式サイト/ http://www.gsemilia.it
公式フェイスブック/GS-Emilia-162557197131977/

スタート:サン・ヴィンチェンツォ 〜 ゴール:ドノラティコ(190.6km)