RESULT

【ツアー・オブ・オマーン/第4ステージ】山岳ショートステージでマルコ・カノラが10位入賞

2017年02月17日

2月17日に開催されたツアー・オブ・オマーン第4ステージは、118kmのショートステージでしたが、前半に急勾配の登坂が連続する山間部を抜け、終盤に標高355mの登坂を3回繰り返してゴールする厳しい山岳コースでのステージでした。

序盤の山間部でワールドツアーチームが大半を占める9選手の逃げが形成され、最大で2分ほどのタイム差をつけましたが、最後の山岳で吸収されると、新たに15名ほどの先頭集団ができます。そして、後続の集団はいくつものグループに分かれ、その中から、マルコ・カノラやイヴァン・サンタロミータを含む30名ほど猛追のすえ、フィニッシュ直前に先頭集団に合流。45名での集団ゴールスプリントの展開となり、アレキサンダー・クリストフ(カチューシャ)が優勝。マルコ・カノラが10位入賞となりました。

内間康平と窪木一茂は後方集団でゴール。序盤のアタック合戦には参加しましたが、脚を休ませることができ、明日からのステージで再び活躍のチャンスを狙います。


マルコ・カノラのコメント
オマーンに来てから、体調を崩してしまっていたこともあり、先頭集団に残ることはとても厳しかったが、チームメイトのおかげでスプリントに参加することができた。最終コーナーで走路が塞がれてしまい、ブレーキをかけないといけない状況だったため、ポディウム争いには参加できず残念だった。10位は良い成績かもしれないが、自分のコンディションが回復すれば、さらにいい走るができると思っているので、満足せずに明日からのステージも頑張りたい。


内間康平のコメント
ツアー・オブ・オマーンも折り返しを迎えた。今日も逃げに備えるようオーダーを受けてスタート。0km地点を迎える前に少し下がってしまい、逃げには乗れなかったが、今日逃げた選手たちはかなり強く、そして速かった。残り40kmくらいから三回連続で通過する山岳では、1度目はクリア、しかし2度目で遅れてアランと一緒に大きめのグルペットでゴールとなった。距離が短いステージ、かなり速く進んだので疲れがあるが、しっかり休んで、明日こそ逃げに乗れるようチャレンジします!!


窪木一茂のコメント
オマーンの風と暑さには慣れてきた。今日は最初の27.5kmのスプリントが狙える感じであれば、皆で窪木のためにスプリントを行う。その後は、集団でリカバリーのために休んで良いとの指示あった。しかし、スタート後、勾配の厳しいアップダウンに苦しめられ、その中から10名に満たない選手たちがエスケープを開始。残念ながらスプリントは行えなかった。その後は、チームメイトの近くで走り後半の登り坂に備えた。今日はリカバリーに徹して良いと言われていたので、最後の登坂区間では、ジュリアンとグロスと一緒にグルペットで完走を目指した。レース後すぐに勾配のきついアップダウンで苦しめられたが、その後は昨日のエスケープでの疲労もリカバリーできたので、明日は脚の調子が良いと思う。

●リザルト
第4ステージ 結果
1 KRISTOFF Alexander Team Katusha – Alpecin 2:50:29
2 COLBRELLI Sonny Bahrain Merida Pro Cycling Team
3 VAN AVERMAET Greg BMC Racing Team
10 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
35 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini
77 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini +5:26
103 UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini +8:17
105 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
135 ARREDONDO Julián David NIPPO – Vini Fantini +12:52
138 GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini
139 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini

総合成績
1 HERMANS Ben BMC Racing Team 13:50:41
2 COSTA Rui UAE Abu Dhabi +0:05
3 FUGLSANG Jakob Astana Pro Team +0:13
31 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +2:19
58 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini +9:52
76 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +13:52
89 ARREDONDO Julián David NIPPO – Vini Fantini +17:26
94 GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini +18:34
109 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +22:03
117 UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini +23:17
122 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +23:54

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
内間 康平
窪木 一茂

アラン・マランゴーニ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
ジュリアン・アレドンド(コロンビア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
ニコラ・バジオーリ(イタリア)
監督:ステファノ・ジュリアーニ

●レース情報
Tour of Oman(ツアー・オブ・オマーン)
開催期間/2017年2月14日(火曜日)〜19日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催国/オマーン(日本との時差 マイナス5時間)

公式サイト/ http://www.letour.fr/tour-of-oman/2017/us/
公式フェイスブック/tourofoman
公式ツイッター/ @tourofoman
ハッシュタグ/#TOO2017

第1ステージ 2月14日 Al Sawadi Beach › Naseem Park (176.5km)
第2ステージ 2月15日 Nakhal › Al Bustan (145.5km)
第3ステージ 2月16日 Sultan Qaboos University › Quriyat (162km)
第4ステージ 2月17日 Yiti › Ministry of Tourism (118km)
第5ステージ 2月18日 Sama’il › Jabal Al Akhdhar (Green Mountain) (152.5km/山岳)
第6ステージ 2月19日 The Wave Muscat › Matrah Corniche(130.5km)

RESULT

【ツアー・オブ・オマーン/第3ステージ】窪木一茂がロングエスケープ、総合敢闘賞4位に浮上

2017年02月17日

2月16日に開催されたツアー・オブ・オマーン第3ステージは、SULTAN QABOOS UNIVERSITYから山頂フィニッシュとなるQURIYATまでの162kmのコースで、途中に山岳ポイントと2つの中間スプリントが組み込まれていました。

気温30度、やや蒸し暑さを感じるなかで、たくさんの学生たちに見守られるなか、マスカット近郊の大学をスタートすると、アタック合戦のすえ、10km地点付近で窪木一茂を含む6選手の逃げが決まり、最大で集団から約4分のリードを奪いました。

窪木は山岳ポイントと中間ポイントの合計によって決まる敢闘賞獲得を目標に、果敢に走り、最初の山岳を首位通過、2つの中間スプリントポイントを2位、3位通過しました。6選手は最後の中間スプリントポイントを通過したあと、20kmを残して集団に吸収されましたが、今日のステージで窪木は敢闘賞ポイントを合計6ポイント稼ぎ、トップと2ポイント差の敢闘賞4位に浮上しました。

フィニッシュまで約3kmは平均勾配6.5%となり、ワールドツアーチームのコントロールでレースは進んでいき、ラスト2kmを切って、ジュリアン・アレドンドが単独でアタックする場面もありましたが、ソーレン・クラーク・アンデルセン(サンウェブ)がステージ優勝し、NIPPO・ヴィーニファンティーニの最高位はイヴェン・サンタロミータの26位で、トップから18秒差という結果でした。

窪木のロングエスケープと、アレドンドの復活を予感させるアタック。NIPPO・ヴィーニファンティーニにとっては、勝利こそないものの、とても良いステージになり、今日の弾みを明日からのステージにも繋げます。


写真:最後の登坂でアタックを仕掛けたジュリアン・アレドンドが監督たちとレースを振り返る。感触はとても良いため、今後のレースでの活躍が期待される



窪木一茂のコメント
今日は逃げに乗るよう指示があった。スタート後20分前後で自分たちの逃げが決まり、追走で3人が加わり、合計6人でエスケープを開始。先月、アルゼンチンで行われたサンフアンのレースでは40度の気温のなか、160kmをエスケープしているので、今回のエスケープでは精神的に余裕があった。

チームカーから今日の山岳ポイント、スプリントポイント2回、計3回の通過が1着ならば敢闘賞のジャージが着れるチャンスだから、頑張れとの指示があった。最初の山岳は1着通過、次のスプリントは2着通過だったため、ダメかと思っていたが、まだ可能性があった。最後の中間スプリントで1着なら、現在のリーダーと同点となり総合成績が上位である自分がジャージを獲得できる。

最後のチャンスを物にしたくて、最後のスプリントに備えていたが、結果的にはベルギーの選手に競り負けてしまい敢闘賞ジャージを手にすることはできなかった。かなり悔しかったがこれが実力。物にできるかできないか。

ラスト10kmでメイン集団に捕まり、そこからペースアップとなり集団後方で走り、ラスト3キロの登りで千切れレースを終えた。今日はずっと向かい風でかなり疲れたので、しっかりリカバリーしたい。

明日第4ステージは距離は110kmと短いが、厳しい山岳ステージになる。レースのオーダーに従い、仕事をこなしてチームが目標とする走りに貢献したい。



内間康平のコメント
今日も再び逃げに入るようオーダーをもらい、スタート地点では最前列でスタート!「自分から仕掛けるのではなく、アタックに反応する形でいけ!」との指示を守り、常に前に位置しながらチェック。すると、自分の次に反応した窪木が先行、その逃げが決まって、またしても逃げには入れずアタック合戦が終了した。

そのあとは気持ちを切り替え、チームメイトで固まりながらゴールへ突き進む。ラスト30kmからかなりのペースで上がり、山岳に向けて、さらにペースは上がり続けていく。これがHCカテゴリー!最後の登りではメイングループに残ることもできずにゴールとなった。

とにかく明日も、明後日も逃げにチャレンジして行きたい!


●リザルト
第3ステージ 結果
1 ANDERSEN Søren Kragh Team Sunweb 3:53:11
2 COSTA Rui UAE Abu Dhabi
3 HERMANS Ben BMC Racing Team
26 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +0:18
45 ARREDONDO Julián David NIPPO – Vini Fantini  +1:07
61 GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini +1:42
62 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini  +1:56
84 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini  +3:33
95 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +3:53
96 UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini
129 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +7:06

総合成績
1 HERMANS Ben BMC Racing Team 11:00:15
2 COSTA Rui UAE Abu Dhabi +0:02
3 FUGLSANG Jakob Astana Pro Team +0:10
37 SANTAROMITA Ivan NIPPO – Vini Fantini +2:16
50 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini +4:23
51 ARREDONDO Julián David NIPPO – Vini Fantini +4:31
58 GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini +5:39
91 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +10:59
107 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini +13:43
109 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini +13:49
121 UCHIMA Kohei NIPPO – Vini Fantini +14:57



●レース情報

Tour of Oman(ツアー・オブ・オマーン)
開催期間/2017年2月14日(火曜日)〜19日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催国/オマーン(日本との時差 マイナス5時間)

公式サイト/ http://www.letour.fr/tour-of-oman/2017/us/
公式フェイスブック/tourofoman
公式ツイッター/ @tourofoman
ハッシュタグ/#TOO2017

第1ステージ 2月14日 Al Sawadi Beach › Naseem Park (176.5km)
第2ステージ 2月15日 Nakhal › Al Bustan (145.5km)
第3ステージ 2月16日 Sultan Qaboos University › Quriyat (162km)
第4ステージ 2月17日 Yiti › Ministry of Tourism (118km)
第5ステージ 2月18日 Sama’il › Jabal Al Akhdhar (Green Mountain) (152.5km/山岳)
第6ステージ 2月19日 The Wave Muscat › Matrah Corniche(130.5km)