RESULT

【ツール・ド・ランカウイ/第2ステージ】タフな山越えステージでスタッキオッティが7位、中根が総合10位に浮上

2017年02月23日

2月23日に開催されたツール・ド・ランカウイ第2ステージはJertehからGerikまで、大会最長距離の208kmのステージでした。35度を超えるような酷暑に加え、コース中盤を過ぎてから1級山岳、3級山岳が続き、非常にタフなコースでした。

28km地点、最初のスプリント地点を過ぎるまで、まとまった逃げは決まらず、その後、伊藤雅和が含まれる16名の逃げができました。一時はタイム差が4分まで開きましたが、レース中盤にそこから2選手が先行すると、残りの選手は集団に吸収されました。

その後もレース展開は刻一刻と変わり、6名が先行したところに、今度はジャコーモ・ベルラートを含む13名が合流し、19名の大きな集団ができましたが、1級山岳の登坂区間で再度集団は一つとなり、そこから1選手が独走。その後も何度か先行するグループができましたが、結果的には50名に絞られた集団でのゴールスプリントとなり、トラヴィス・マカビー(ユナイテッドヘルスケア)が高速下り坂スプリントを制して優勝しました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニは、伊藤雅和、中根英登、リカルド・スタッキオッティが先頭集団に残っており、ゴールでは、もっともスプリント力のあるスタッキオッティが勝負をし、7位でフィニッシュ。今日の結果を受けて、スタッキオッティは総合8位、中根が同10位(ベストアジアンライダー賞ではトップから4秒差の2位)となりました。昨日の落車でタイムを失った伊藤は、今日はアシストに徹する走りを見せ、2選手の総合ジャンプアップに大きく貢献しました。

今日は苦手な登坂区間に、かなり苦しめられたスプリンターのニコラス・マリーニですが、小林海とジャコーモ・ベルラートのアシストを受けて、無事に完走。今後の平坦ステージでの勝利を狙います。


伊藤雅和のコメント
昨日の落車の影響で身体は痛かったけど、最後まで走れて良かった。逃げにもタイミング良く乗れたものの、山岳の手前で捕まり、そのタイミングには参った。そこからは中根とステージを狙うスタキオッティの近くで走った。とにかく暑かったから何度も何度も水を運んだ。最後はスタキオッティを1人にしてしまったことが反省点。明日もチーム一丸となって頑張ります!


中根英登のコメント
今日は今大会最長距離の208kmに加えて、中盤から後半にかけて1級山岳3級山岳があるため、そこで勝負がかかったらしっかり前に乗って行くこと。スタートしてからアタック合戦が長引き、1時間程経ったところで伊藤さん含む16名の逃げが決まった。しかしこの逃げは1級山岳の麓で捕まり、再度アタック合戦。大人数で他チームの総合系の選手が行くときには自分も反応して後手に回らないように動くが、新たな逃げグループが大きかったのにも関わらず乗り遅れてしまった。これが今日最大のミス。運良く逃げに乗せてなかったチームがコントロールしてくれたおかげで事なきを得たが、気をつけていきたい。最後はスタッキオッティのスプリントでの勝利と自分のアジアンリーダー獲得のために動いたが、上手くいかず、どちらも失敗に終わってしまった。

今日の前半は身体が重たかったが、みんなにものすごく助けてもらえたお陰で、先頭集団に残ることができた。明日はフラットステージ。チーム一丸となって明日も頑張ってきます!


小林海のコメント
第2ステージは人生最長距離の208km。序盤は何度も逃げを試みて、決まったと思ったのもあったが、結局僕は逃げられず。伊藤さんが乗ってくれたので、登りまでは楽に走れた。登りでは行けるとこまで付いていったが、今の身体ではまだまだ踏めずに遅れて、大きなグルペットでベルラートと一緒にマリーニをサポートしながら最後まで走った。暑さは問題ないので、明日からもチームのために全力で役立つ走りをする。


福島晋一監督のコメント
今日は1級山岳と3級山岳を含むステージで、とくにマリーニにとっては厳しいものだった。一方でスタッキオッティの調子は良く、モチベーションも高かったので、最後のスプリントはスタッキオッティをエースとして勝負をすることを決めた。スプリントでは伊藤と中根にスタッキオッティをアシストするように伝えたが、ウィリエールやアンドローニ、ユナイテッドヘルスケアといったライバルチームは脚の揃ったアシストを4-5名残しており、最後はスタッキオッティが単独でスプリントを仕掛ける形となり、7位という結果だった。

長い移動のあとの厳しいレースだったので、今夜はしっかりと休息を取り、明日はマリーニのスプリントに向けて、チーム一丸となって集中して挑みたいと思う。そして、今日のステージを見ていて、中根のコンディションが良いことを確信しているので、明後日、第4ステージ、キャメロンハイランドでの走りを楽しみにしたい。

 

●リザルト
第2ステージ 結果
1 MCCABE Travis United Healthcare Pro Cycling Team 5:04:41
2 POZZATO Filippo Wilier Triestina
3 GIBBONS Ryan Dimension Data
7 STACCHIOTTI Riccardo NIPPO – Vini Fantini
21 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini
39 ITO Masakazu NIPPO – Vini Fantini
73 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +22:27
76 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini
97 MARINI Nicolas NIPPO – Vini Fantini

個人総合成績
1 GIBBONS Ryan Dimension Data 7:59:13
2 MCCABE Travis UnitedHealthcare Pro Cycling Team +0:03
3 POZZATO Filippo Wilier Triestina +0:11
8 STACCHIOTTI Riccardo NIPPO – Vini Fantini +0:17
10 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini
53 ITO Masakazu NIPPO – Vini Fantini +4:19
62 MARINI Nicolas NIPPO – Vini Fantini +22:36
76 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +23:16
100 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +26:46

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
伊藤 雅和
中根 英登
小林 海

ニコラス・マリーニ(イタリア)
リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
監督:福島晋一

●レース情報
Le Tour de Langkawi(ツール・ド・ランカウイ)
開催期間/2017年2月22日(水曜日)〜3月1日(水曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催国/マレーシア(日本との時差 マイナス1時間)

公式サイト/http://www.ltdl.com.my/2017//index.asp
公式フェイスブック/letourdelangkawi
公式ツイッター/ @myltdl
ハッシュタグ/#ltdl2017

第1ステージ 2月22日 Kuala Berang › Kuala Terengganu (124.8km)
第2ステージ 2月23日 Jerteh › Gerik (208.1km)
第3ステージ 2月24日 Serdang › Pantai Remis (118km)
第4ステージ 2月25日 Seri Manjung › Cameron Highlands (174.4km/山岳)
第5ステージ 2月26日 Meru Raya › Kuala Kubu Bharu (151.5km)
第6ステージ 2月27日 Senawang › Muar (176.3km)
第7ステージ 2月28日 Melaka › Rembau (148.1km)
第8ステージ 3月1日 Setiawangsa › Putrajaya (121km)