RESULT

【ツール・ド・ランカウイ/第3ステージ】酷暑のショートステージでマリーニが4位入賞

2017年02月24日

2月24日に開催された第3ステージは、金曜日の礼拝の関係から、15時にスタートする118kmの平坦ステージでした。開催時間が遅いせいか、連日よりも気温が高く、酷暑に見舞われたステージでもありました。

昨日のロングステージ、そして明日の山岳ステージに挟まれていることもあってか、この日はレースがスタートすると、すぐにアジアのコンチネンタルチームによる3人の逃げが決まりました。

集団はリーダーチームであるディメンションデータがコントロールしていましたが、中盤を過ぎるとゴールスプリントを狙うウィリエールやNIPPO・ヴィーニファンティーニの小林海が集団牽引に加わり、残り4km地点で2人となった先頭集団を吸収。ゴールスプリントの展開となり、ヤコブ・マレツコ(ウィリエール)が優勝、2位争いは僅差でしたが4位という結果でした。

 


伊藤雅和のコメント
今日は明日が山頂ゴールなので、集団にステイという指示でした。
逃げもすぐに決まって集団もゆっくりモード。
ゴール前で少しスプリントの手伝いしてゴール。
今日はゆっくりできました。明日は必死に登ります!


中根英登のコメント
今日は完全フラットステージ。スタートしてすぐに3人がアタック。
すぐに集団前方で蓋をしたため、これが決まる。
今日はマリーニの近くにいて、彼のサポートすることが仕事。
残り距離があと半分になるあたりから、
逃げを捕まえるためにマリノがディメンションデータ、ウィリエールと3人で集団牽引。
途中、横風区間でUHCが集団を分断しようとする動きがあったが、決まらず集団は1つ。
逃げを吸収して残り5kmを切ってから伊藤さんを先頭にNIPPOでトレインを組む。
自分も前に出たが、ベルラートが「後ろにいろ!」と言ってくれたので、
マリーニの後ろに付き、他のスプリンターに番手取られないようにキープ。
残り1km切ってさらにスピードが上がったところで付ききれず、集団内でゴール。
明日はいよいよ山頂ゴールのステージ。気を引き締めていきたい。


小林海のコメント
ショートコースの第3ステージはマリーニのためにスプリントにすべく、
レース中盤から逃げとのタイム差をコントロール。
ディメンションデータとウィリエールと僕の3人でラスト4kmまで集団を牽引。
そこからは明日のステージでのチーム総合があるため、仕事を終えてゆっくりゴール。
明日はチームにとってとても大事な1日になるので、気合い入れてレースに挑みます!


福島晋一監督のコメント
今日の作戦は集団スプリントにてマリーニを勝たせることだった。
レースがスタートした直後に3名の逃げが決まり、
マリノがイタリアチームと協力して、新たな逃げを作らないように集団をコントロールした。
50kmを過ぎてから、マリノを集団のローテーションに送り、
彼はディメンションデータ、ウィリエールの選手とともに集団を牽引、
とてもいい仕事をし、逃げは残り10kmを切って吸収された。

今日のスプリントは混沌としており、
そのなかでスタッキオッティとベルラートがマリーニをアシストした。
しかし、マリーニは昨日の山岳ステージから回復できておらず、
本来の強さを見せることはできず、4位でフィニッシュした。

明日の山岳ステージは、とても大事なステージになる。
中根の総合成績をかけて、チーム一丸となって戦っていく。

 

●リザルト
第3ステージ 結果
1 MARECZKO Jakub Wilier Triestina 2:48:56
2 SUNDERLAND Scott IsoWhey Sports SwissWellness team
3 SALEH Mohd Zamr iTerengganu Cycling Team
4 MARINI Nicolas NIPPO – Vini Fantini
24 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini
44 STACCHIOTTI Riccardo NIPPO – Vini Fantini
48 ITO Masakazu NIPPO – Vini Fantini
100 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +0:31
107 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +2:30

個人総合成績
1 GIBBONS Ryan Dimension Data 10:48:09
2 MCCABE Travis United Healthcare Pro Cycling Team +0:03
3 POZZATO Filippo Wilier Triestina +0:11
10 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini +0:17
11 STACCHIOTTI RiccardoNIPPO – Vini Fantini
53 ITO Masakazu NIPPO – Vini Fantini +4:14
63 MARINI Nicolas NIPPO – Vini Fantini +22:36
75 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +23:47
103 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +29:16

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
伊藤 雅和
中根 英登
小林 海

ニコラス・マリーニ(イタリア)
リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
監督:福島晋一

●レース情報
Le Tour de Langkawi(ツール・ド・ランカウイ)
開催期間/2017年2月22日(水曜日)〜3月1日(水曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催国/マレーシア(日本との時差 マイナス1時間)

公式サイト/http://www.ltdl.com.my/2017//index.asp
公式フェイスブック/letourdelangkawi
公式ツイッター/ @myltdl
ハッシュタグ/#ltdl2017

第1ステージ 2月22日 Kuala Berang › Kuala Terengganu (124.8km)
第2ステージ 2月23日 Jerteh › Gerik (208.1km)
第3ステージ 2月24日 Serdang › Pantai Remis (118km)
第4ステージ 2月25日 Seri Manjung › Cameron Highlands (174.4km/山岳)
第5ステージ 2月26日 Meru Raya › Kuala Kubu Bharu (151.5km)
第6ステージ 2月27日 Senawang › Muar (176.3km)
第7ステージ 2月28日 Melaka › Rembau (148.1km)
第8ステージ 3月1日 Setiawangsa › Putrajaya (121km)

RACE

【アジア選手権ロードレース】窪木一茂が日本代表として出場

2017年02月24日

3月2日に中東の小さな島国バーレーンで、ロードレースのアジア選手権が開催されます。そして、日本代表として、中東の連戦で大活躍している窪木一茂が出場。別府史之(トレック・セガフレード)や新城幸也(バーレーン・メリダ)ら、日本のトップ選手とともに、アジアナンバーワンの称号をかけて、日の丸を胸に戦います!

大会が開催されるのは、中東で初めてF1を開催したバーレーン・インターナショナル・サーキット。1周12.8kmの平坦基調のコースですが、風が強いとの情報があります。男子エリートのロードレースは、ここを12周回する153.6kmで競われます。現地時間8時、日本時間では14時にスタートします。

窪木一茂は、1月下旬アルゼンチンでのブエルタ・ア・サンフアンから、2月に入り中東のツアー・オブ・オマーン、アブダビツアーと連戦しており、現在とても調子が良く、今回のメンバーのなかで最もレースを走ってからの参戦となります。また得意な平坦コースに加え、暑い中東の気候にも慣れているため、大きなアドバンテージがあると考えられ、日本代表の核となる選手として、日本の勝利に貢献する走りが期待されています。

窪木は出場しませんが、本大会では国別チームタイムトライアルが2月25日、個人タイムトライアル各カテゴリーなどが開催され、日本代表選手が出場します。

また、NIPPO・ヴィーニファンティーニからは、西勉メカニックも日本チームに派遣。選手たちを力強く支え、一緒に勝利をめざして戦います。



窪木一茂のコメント
アジア選手権に選ばれて少しプレッシャーを感じています。
選ばれてからはコンディションを整えながらレースを走ってきました。
代表として戦う以上、優勝が目標です。
ならびに、日本チームが多くのUCIポイントを獲得できるように動き、
日本チームに貢献したいです。
応援よろしくお願いします!

 

●男子エリートロードレース日本代表
別府 史之(JPCA・トレック・セガフレード)
新城 幸也(JPCA・バーレーン・メリダ)
増田 成幸(JPCA・宇都宮ブリッツェン)
窪木 一茂(和歌山・NIPPO VINI FANTINI)

●レース情報
The 37th Asian Road Cycling Championships(第37回 アジア選手権)
開催期間/2017年2月24日(金曜日)〜3月2日(木曜日)
カテゴリー/大陸選手権
開催国/バーレーン王国(日本との時差 マイナス6時間)

公式サイト/ http://www.asiancycling.com/02_events/programDetail.asp?id=20161024094922973
日本自転車競技連盟/ http://jcf.or.jp/

●大会スケジュール

2月24日 公式ミーティング
2月25日 タイムトライアル::男子チームタイムトライアル、パラ各カテゴリー
2月26日 タイムトライアル::男女ジュニア、女子エリート
2月27日 タイムトライアル::男女U23、男子エリート
2月28日 ロードレース::男子ジュニア、女子エリート
3月1日 ロードレース::男子U23、女子ジュニア
3月2日 ロードレース::男子エリート(8:00スタート、153.6km/12Laps)、女子U23

RESULT

【アブダビツアー/第1ステージ】窪木がロングエスケープ! グロスが10位でフィニッシュ

2017年02月24日

(C) Bettini

2月23日、アラブ首長国連邦の首都アブダビでUCIワールドツアーである「アブダビツアー」が開幕しました。第1ステージは、189kmの平坦ステージで、スタート直後に窪木一茂が含まれる6名の逃げが決まりました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニにとって、今季初めてとなるUCIワールドツアー(プロロードレース競技界のトップカテゴリー)への参戦となり、格上チームとの戦いとなりますが、今日の作戦は、まずは誰かが逃げに乗り、この大会独自のブラックジャージ(中間スプリント賞)を獲得することが目標でした。そして2箇所に設けられた中間スプリントを窪木は両方とも3位で通過し、ポイントを6点稼ぎましたが、一緒に逃げていたマニュエーレ・モーリ(UAEチームエミレーツ)が16点獲得。窪木は暫定2位となりました。

最大で集団から5分ほどリードを奪った窪木の逃げでしたが、2つ目の中間スプリントを過ぎると6人から人数が減り3人に。窪木は引き続き、アグレッシブな走りで先頭集団を牽引しましたが、集団ゴールスプリントの展開に持ち込むべく、ペースアップを図るメイン集団に残り15kmで吸収され、マーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ)がスプリントを制して優勝しました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニの最高位は、エドゥアルド・グロスの10位。ワールドツアーレースで、世界のトップスプリンターたちと肩を並べてトップ10に入りました。



窪木一茂のコメント
今日はチームの作戦どおりに逃げに乗り、170kmほどエスケープした。今シーズンはレースで何度か逃げているので、長距離レースでの体力面に対する不安が解消され、レースを楽しく走れている。トラックレースからロードレースへと身体が順応してきている証拠だと思う。中間スプリント賞のブラックジャージが獲得できなかったことは、とても残念だが、脚の調子は良い。アジア選手権を考えて、54のアウターギアを試したが、重たくて失敗だった。今日は常に向かい風だった。グロスが10位に入り、チームとして上手く機能しているので、残り3ステージで表彰台に立てるよう、明日からまた皆でチャレンジしていきたい。

日本でもネットのストリーミングを利用して応援してくださった方が多く、感謝しています。世界で注目されているこの大会でエスケープできたことを嬉しく思っています。


小石祐馬のコメント
今日の第1ステージは190キロの平坦レース。自分へのオーダーは明後日の山岳ステージで勝負するアレドンドの側にいてサポートすることと、ボトル運びなどの最低限の仕事のみだった。レーススタート直後のアタックで窪木さん含む逃げが行ったので、一日中集団は比較的ユッタリとしたペースで進んだ。最後は落車が多発して足止めをくらって少し遅れてゴールした。

まだまだ始まったばかり、ワールドツアーなので注目度も高いので、注目されるように頑張っていこうと思います!


ステファノ・ジュリアーニ監督のコメント
自分たちの最初の目標を誰かを逃げに乗せて、中間スプリント賞を獲得することだった。そのためには逃げに乗せるのは、スプリント力のある窪木がベストだと考えており(他にもカノラやフィロージが候補だったが)、その作戦どおりに窪木が逃げに入ったことはとても良かったと思う。窪木は2回の中間スプリントを狙っていったが、ワールドツアーチームに所属するモーリが強かった。しかし2回とも3位に入ったことは評価したい。そして逃げが捕まってからは、グロスのスプリントにチームは切り替え、彼は10位でフィニッシュした。自分たちにとって良いレースだったと思う。素晴らしいチームワークが実った日だった。


(C)Bettini

●リザルト
第1ステージ
1 CAVENDISH Mark Dimension Data 4:37:06
2 GREIPEL André Lotto Soudal
3 BONIFAZIO Niccolo Bahrain Merida Pro Cycling Team
10 GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini
12 FILOSI Iuri NIPPO – Vini Fantini
16 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
69 ARREDONDO Julián David NIPPO – Vini Fantini
106 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini
110 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
112 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini
145 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini +1:52

個人総合成績
1 CAVENDISH Mark Dimension Data 4:36:56
2 GREIPEL André Lotto Soudal +0:04
3 MORI Manuele UAE Team Emirates
6 KUBOKI Kazushige NIPPO – Vini Fantini +0:08
13 GROSU Eduard Michael NIPPO – Vini Fantini  +0:10
15 FILOSI Iuri NIPPO – Vini Fantini
19 CANOLA Marco NIPPO – Vini Fantini
71 ARREDONDO Julián David NIPPO – Vini Fantini
107 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini
111 MARANGONI Alan NIPPO – Vini Fantini
151 KOISHI Yuma NIPPO – Vini Fantini +2:02

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
窪木 一茂
小石 祐馬
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
マルコ・カノラ(イタリア)
ジュリアン・アレドンド(コロンビア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ニコラ・バジオーリ(イタリア)
監督:ステファノ・ジュリアーニ、ヴァレリオ・テバルディ

●レース情報
Abu Dhabi Tour(アブダビツアー)
開催期間/2017年2月23日(木曜日)〜26日(日曜日)
カテゴリー/UCIワールドツアー.2
開催国/アラブ首長国連邦(日本との時差 マイナス5時間)

公式サイト/ http://www.abudhabitour.com/
公式フェイスブック/ abudhabitourofficial
公式ツイッター/ @Abu_Dhabi_Tour
ハッシュタグ/#RideToAbuDhabi

第1ステージ 2月23日 Baynounah Educational Complex › Madinat Zayed  (189km)
第2ステージ 2月24日 Al Maryah Island › Big Flag  (153km)
第3ステージ 2月25日 Hazza Bin Zayed Stadium › Jebel Hafeet (186km)
第4ステージ 2月26日 Yas Marina › Yas Marina (143km)