RESULT

【ツール・ド・ランカウイ/第7ステージ】大雨のスプリントでスタッキオッティ9位、中根はジャージをキープ!

2017年02月28日

2月28日に開催されたツール・ド・ランカウイ第7ステージは、観光地としても有名なMelakaからRembauまで、148kmのステージでした。平坦基調の前半に中間スプリントポイントが3つ、そして後半には3つの4級山岳が組み込まれ、とくに3つめはラスト8km地点となっており、山頂からゴールまで一気に下るレイアウトが特徴的でした。

NIPPO・ヴィーニファンティーニはスタッキオッティによるゴールスプリントでの区間優勝、また中根英登のアジアンリーダージャージを守ることを目標にしてスタート。序盤からアタックの攻防が続き、非常に速いペースでレースが進み、50km地点でジャコーモ・ベルラートを含む6名の逃げが決まりましたが、総合上位の選手が追ったたために、集団も追走。この6名の逃げが吸収されると、すぐに別の5名の逃げが先行しました。

リーダーチームのディメンションデータやスプリントを狙うウィリエールが集団をコントロールし、残り15kmで逃げは吸収。終盤に差し掛かると雨が降り始め、ゴールが近づくにつれ、その雨足は増しました。

最後の登りでも大きな動きはなく、やや人数を減らした集団は、激しい雨が降りしきるなか、下り区間へと入り、そのまま高速での集団ゴールスプリントの展開となりました。完璧なリードアウトにより優勝したのは、ヤクブ・マレツコ(ウィリエール)。今大会2勝目をマークしました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニはスタッキオッティが9位でフィニッシュしました。「脚があっただけにとても残念に思っている。強烈な雨の影響もあり残り500mの最終コーナーでライン取りを誤ってスリップしてしまった。それがなければ勝利を狙える日だった。次のチャンスで頑張りたい!」とコメントしています。

登坂区間のあとの危険な下りというコースでしたが、アジア人最高位につける中根英登は総合成績をキープ。引き続き、明日の最終日もアジアンリーダーとしてスタートします。


 

 

中根英登のコメント
今日もアタック合戦が長く続いた。
危険なグループには伊藤さん、ベルラート、マリノが対応してくれる。
そしてベルラートが1度逃げを作った。
その瞬間は「さすが!!」としか言いようのないタイミングだった。
しかしこの逃げは捕まってしまい、新たな5名が逃げる。
NIPPO・ヴィーニファンティーニは全員まとまって集団前方で待機。
横風が強くなりそうな区間では、
マリノがタイミング良くポジションを上げてくれたりと助けてもらう。
レース後半の山岳地帯は昨年のランカウイでも使われた場所で、
昨年走っている伊藤さんがコース状況を教えながら、ずっと近くにいてくれた。
かなり心強かった。
ラスト8kmからの下りは急で激しい雨も降ってきてかなり危険だったが、
トラブルなく前の集団でクリアしてゴール。
明日で最終日。最後までしっかり集中していきたい。

伊藤雅和のコメント
今日も最初は危険な逃げには反応して、
最後は中根とスタキオッティをサポートするのが役目だった。
アタック合戦はチームでしっかり反応できていた。
逃げが決まったあとは比較的平穏に。
雨が最後に降ってきたので神経はかなり使った。
最後のスプリントで今日もスタッキオッティを1人にしてしまった。
あそこでもう1人前にいれたら、
彼ならもっといい成績が出せそうなのにと歯がゆい気持ちです。
明日は最終日。気を抜かずに頑張ります!

小林海のコメント
僕の大好きな、スタートがホテルから近くて、
スタート時間も11時と少し遅めという第7ステージ。
プロコンチの選手が乗る逃げに乗るのが役目。
スプリントポイント過ぎるまでは決まらないと思いじっと待つ。
スプリントポイント過ぎてからアタックしたが、あからさま過ぎてみんなが追ってくる。
その後、集団がストップした際にベルラートの職人技のようなヒョロヒョロ逃げが決まる。
素直に感心した。
そこから最後の登りまで中根さんのサポートに徹し、
危険な下りで集団が割れたので無理せず後ろでゴール。
明日の最終ステージを中根さんが無事に乗り切れるようにサポートします。

●リザルト
第7ステージ 結果
1 MARECZKO Jakub Wilier Triestina 3:23:45
2 MCCABE Travis UnitedHealthcare Pro Cycling Team
3 PALINI Andrea Androni Giocattoli – Sidermec
9 STACCHIOTTI Riccardo NIPPO – Vini Fantini
32 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini
38 ITO Masakazu NIPPO – Vini Fantini
53 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini
85 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +1:38

個人総合成績
1 GIBBONS Ryan Dimension Data 26:26:06
2 BAYLY Cameron IsoWhey Sports SwissWellness team +0:24
3 CECCHIN Alberto Wilier Triestina +0:28
13 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini +1:07
30 ITO Masakazu NIPPO – Vini Fantini +6:00
46 STACCHIOTTI Riccardo NIPPO – Vini Fantini +14:22
70 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +37:52
96 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +50:42

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
伊藤 雅和
中根 英登
小林 海

リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
ニコラス・マリーニ(イタリア/※第5ステージでリタイア)
監督:福島晋一

●レース情報
Le Tour de Langkawi(ツール・ド・ランカウイ)
開催期間/2017年2月22日(水曜日)〜3月1日(水曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.HC
開催国/マレーシア(日本との時差 マイナス1時間)

公式サイト/http://www.ltdl.com.my/2017//index.asp
公式フェイスブック/letourdelangkawi
公式ツイッター/ @myltdl
ハッシュタグ/#ltdl2017

第1ステージ 2月22日 Kuala Berang › Kuala Terengganu (124.8km)
第2ステージ 2月23日 Jerteh › Gerik (208.1km)
第3ステージ 2月24日 Serdang › Pantai Remis (118km)
第4ステージ 2月25日 Seri Manjung › Cameron Highlands (174.4km/山岳)
第5ステージ 2月26日 Meru Raya › Kuala Kubu Bharu (151.5km)
第6ステージ 2月27日 Senawang › Muar (176.3km)
第7ステージ 2月28日 Melaka › Rembau (148.1km)
第8ステージ 3月1日 Setiawangsa › Putrajaya (121km)