RESULT

【ツール・ド・北海道/第2ステージ】ロングステージは集団ゴールスプリントの展開となりデネグリが3位入賞

2017年09月09日

9月9日、ツール・ド・北海道(UCIアジアツアー2.2)第2ステージが北斗市運動公園から木古内町JR木古内駅前までの185kmで開催されました。第2ステージは今大会最長距離となっており、北海道の南端をゆく海沿い道が多く取り入れられましたが、途中2つの3級山岳も組み込まれたステージでした。

NIPPOヴィーニファンティーニは、危険な逃げに注意しながら、集団ゴールスプリントの展開にすることが作戦。また総合上位に4選手がつけているため、明日の最終ステージに向けてライバル選手、ライバルチームを消耗させることも大切なミッションでした。

序盤より逃げを狙う選手がアタックを連続させますが、NIPPOヴィーニファンティーニやリーダーチームであるブリヂストンアンカーが徹底チェック。風が吹き付ける海沿いの道でアタックの攻防が繰り返され、スタートから約1時間経過した頃、45km地点付近で日本人選手4名の逃げが形成されました。

その後はリーダーチームのコントロールでレースは進んでいき、逃げとメイン集団とのタイム差は2分から3分ほどに抑えられます。ゴールまで50kmを切り、アップダウンを繰り返す山間部に入ると逃げは人数を減らし、集団とのタイム差も大きく縮まり始めました。

最後まで逃げていた小森亮平(愛三工業レーシング)が残り5kmを過ぎて集団に吸収。その後は集団ゴールスプリントに向けて、NIPPOヴィーニファンティーニが組織的な集団牽引をスタート。主導権を握って挑んだゴールスプリントでしたが、結果は昨日に引き続き、僅差で勝利には届かず、デネグリが区間成績3位でフィニッシュしました。

区間優勝はできませんでしたが、デネグリはボーナスタイムを獲得し、50名ほどに絞られたメイン集団でしたが、総合成績上位につける4選手はすべて集団内でフィニッシュ。デネグリの個人総合2位とチーム総合成績首位を守るとともに、チームとして力を温存することもでき、総合成績を決定づける最終ステージに向けて、よい感触を掴みました。


●リザルト

第2ステージ 区間成績
1 OKAMOTO Hayato Aisan Racing Team 4:24:48
2 KUROEDA Saya
3 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini
18 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini
21 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini
34 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini
71 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +1:10

個人総合成績
1 OKAMOTO Hayato Aisan Racing Team 8:00:37
2 DE NEGRI Pier Paolo NIPPO – Vini Fantini +0:04
3 SUZUKI Ryu Bridgestone Anchor Cycling Team
5 BERLATO Giacomo NIPPO – Vini Fantini +0:14
9 BAGIOLI Nicola NIPPO – Vini Fantini
18 NAKANE Hideto NIPPO – Vini Fantini +0:19
84 KOBAYASHI Marino NIPPO – Vini Fantini +17:24


中根英登のコメント
序盤のアタック合戦にはデネグリ以外の4人で対応していく作戦だったが、特にマリノが積極的に動いてくれていたので、他チームを苦しめていた。40km過ぎくらいで危険ではない4名の逃げができて、レースは落ち着いた。チームで固まって距離を消化し、残り10km切ってからポジションを前に上げていく。残り3kmからデネグリのために4人で牽引開始。 横向かい風の中各々全開で牽いて、デネグリが3位に入った。 明日は最終日。みんなで勝ちにいきます。


小林海のコメント
僕以外の4人は総合優勝圏内にいるため、序盤はできるだけ僕が動くようにした。 自分が逃げようとすれば追ってくるチームが多いことはわかっていたが、昨日とは違って身体も良く動いたため、他チームの脚を削る意味でも動いた。逃げができてからはチームのために最後の1kmほどまで仕事に徹した。明日はもっと身体が動くはず。チームメイトが勝つために何でもする。


大門宏監督のコメント
レース前の簡易ミーティングで想定される状況、展開を再確認しスタート。前半のアタック合戦に反応すべく小林を中心にチェックに入る。小林はどの動きにも冷静に対応し、メイングループも逃げを容認することなくハイアベレージで展開された。今日はこの小林の熱い走りでチームもゴール前の最後の展開に向けてエネルギーをかなり温存することができ助けられた。

やがて4名ほどの逃げグループが形成された。明日の登りのステージで警戒する選手はいなかったので容認。 指示を仰ぎにきたバジョーリに無理に潰す必要はないことを伝えた。リーダーチームのブリヂストンアンカーは今日も鈴木選手で狙えるステージなのでセオリー通り、絶妙なペースでメイングループのコントロールを開始。彼らの初日の成績を見る限り、個人総合成績に向けて役割分担は側から見ても明確だったが、リーダーチームとしてセオリー通りの展開はベテランのフランス人キャプテンを中心に素晴らしかった。途中から国内屈指のスプリンターので吉田選手でステージ優勝をねらうマトリックスチームもコントロールに加わり差を詰めていった。

我々はデネグリのゴール勝負に備え警戒しながら状況を見守る。ラスト10kmを切ってブリジストンとマトリックスのコントロールで差も一気に詰まった。 ラスト5Kmを切ってからデネグリのスプリントのお膳立てをするにためメンバー全員で牽引。結果は3位。もちろん優勝できれば最高だったが、内心ポイント賞の総合も意識していたので今日の16ポイント獲得は嬉しかった。

明日の最終ステージは総仕上げ。今日明日と勝ててはいないが、最終日のコースを考えれば理想に叶った展開で最終日を迎えることができたと思う。ライバルチームには山岳のウルトラ級のスペシャリストが数名いるので明日は確実に大逆転を狙って挑んでくると思う。それは承知の上だ。 もちろん我々もそうだが、彼らスペシャリストにとっても明日の山頂ゴール勝負は正に今大会の勝負所。中国での怪我から今回が復帰第1戦の中根にとっても明日が華舞台。コンディションは悪くないので自信を持って函館山を一気に駆け上がらせたい。若手のバジョーリ、今回調子の良いベルラートにとっても「腕の見せ所」 。キャプテンのデネグリも短い急坂は得意だが、ポイント賞、個人総合に向けてなんとか耐えて上位に食い込んでくれることを期待し見守りたい。

●NIPPOヴィーニファンティーニ 出場選手
中根 英登
小林 海

ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)
ジャコモ・ベルラート(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
監督:大門 宏

●レース情報
ツール・ド・北海道
開催期間/2017年9月8日(金曜日)〜10日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.2
開催国/日本(北海道)

公式サイト  http://www.tour-de-hokkaido.or.jp/2017/index.html
フェイスブック https://www.facebook.com/TDH-165150436899809/
ツイッター  https://twitter.com/TDHkd
ハッシュタグ  #TDHkd2017

9月8日(金)第1ステージ 函館市函館競輪場前 〜 北斗市運動公園前 162km
9月9日(土)第2ステージ 北斗市運動公園前 〜 木古内町JR木古内駅前 185km
9月10日(日)第3ステージ 函館市函館競輪場前 〜 函館市函館山山頂 77km