RACE

【ボルタ・ア・バレンシアーナ】今季初戦に中根英登が出場

2018年01月30日

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニの今季初戦がいよいよ開幕します。初戦となるのは、トレーニングキャンプを実施したスペイン・カルペが開催エリアとなる「Volta a la Comunitat Valenciana(ボルタ・ア・バレンシアーナ/UCI2.1)」で、チームタイムトライアルや山頂フィニッシュを含むバリエーションに富んだ5つのステージで構成されます。

第69回目を迎えた本大会には、11のワールドチームと、同じく11のプロコンチネタルチームが出場し、世界のトップ選手が多くエントリーしています。またバレンシア地方でトレーニングキャンプを実施していたチームも多く参加し、シーズン序盤ながら、コンディションを上げて参戦します。

チームのキャプテンを務めるのは、昨年シーズン7勝(公式戦6勝)を挙げ、勢いに乗るマルコ・カノラ。トレーニングキャンプでも仕上がりの良さをみせ、抜群のリーダーシップで新しいチームを率いて初戦に挑みます。

オールラウンダーとクライマーを軸にしたチーム編成で、日本人選手は中根英登がメンバー入りしました。昨季、中根は活動拠点をアジアからヨーロッパに移し、ヨーロッパツアーで初めてUCIポイントを獲得するなど収穫の多いシーズンを送りました。オフ期間も良いトレーニングを積むことができ、実力だけでなく自信も身につけて、チーム所属2年目のシーズンを迎えます。また日本代表として戦うミャンマーでのアジア選手権ロードレースを2月11日に控えており、そのためにも早くからコンディションを仕上げています。

チームタイムトライアルの練習を入念に積んだバレンシアーナ出場メンバー

出場選手
中根英登(日本)
マルコ・カノラ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
シモーネ・ポンツィ(イタリア)
マルコ・ティッツァ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
ジョアン・ボウ(スペイン)
監督: マリオ・マンゾーニ、ヴァレリオ・テバルディ


中根英登のコメント
いよいよ今シーズンの初戦となるレース。昨年のキャンプからこのレースに向けてしっかりトレーニングを積み、今回のカルペでのチームキャンプでさらにコンディションが良い状態に上げてきています。初戦ということもあるので、レースの感覚を取り戻しながらしっかりチームの仕事をしたいと思います!


マリオ・マンゾーニ監督のコメント
カノラは第1、第2、第5ステージで成績を狙うべくチームリーダーとして走る。調子の良いバジョーリとティッツァは起伏のある第2ステージでのキーを握り、サンタロミータと中根は第4ステージ、山頂フィニッシュでの活躍を期待したい。経験豊富なポンツィはチーム全体を助ける役目を担い、プロデビュー戦となるボウはポンツィの近くを走り、多くのことを学んでほしい。チームタイムトライアルは入念な練習を積んできたので、全力を尽くし、よい結果を出したい。


レース情報
Volta a la Comunitat Valenciana
(ボルタ・ア・ラ・コムニタト・バレンシアーナ)
開催期間/2018年1月31日(水曜日)〜2月4日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー 2.1
開催国/スペイン

公式サイト https://www.vueltacv.com
ツイッター https://twitter.com/VueltaCV
フェイスブック https://www.facebook.com/VueltaCV/
ハッシュタグ #VCV2018

1月31日(水)Oropesa El Mar › Peñiscola (191.4k)
2月1日(木)Bétera › Albuixech (153.9k)
2月2日(金)Benitatxell › Calpe (チームTT/30.5k)
2月3日(土)Orihuela › Cocentaina (181k)
2月4日(日)Paterna › Valencia (135k)

総合成績を左右する山頂ゴールが組み込まれた第4ステージのコースプロフィール

今後のレーススケジュール(予定)
1月31日〜2月4日 Volta a la Comunitat Valenciana スペイン ヨーロッパツアー2.1
2月8日〜11日 Tour Cycliste International La Provence フランス ヨーロッパツアー2.1
2月11日 Trofeo Laigueglia イタリア ヨーロッパツアー1.HC
2月14日〜18日 Vuelta a Andalucia Ruta Ciclista Del Sol スペイン ヨーロッパツアー2.HC

PRESS RELEASE

第二次キャンプ終了、開幕レースが目前に!

2018年01月28日

1月15日から約2週間にわたり、温暖なスペイン・バレンシア地方のカルペを拠点に実施されていた第二次トレーニングキャンプが26日に終了しました。キャンプでは乳酸値等を計測するテストを組み込み、各自のコンディションに合わせて専門トレーナーがメニューを作成。シーズンインを間近に控え、連日ハードなトレーニングを積みました。また例年は1月中旬から南アメリカでのレースに出場していましたが、今年はこの時期に全メンバーが揃い、チームとして内容の濃いトレーニングを積むことができ、これから始まるレースシーズンに向けて、一致団結して士気を高めました。

拠点となったスペイン・カルペは天気が良いと日中は20度程度まで気温が上がり、平坦や山岳など様々なトレーニングコースが近くにあるため、近隣のアリカンテ地方と合わせ、多くのプロチームがこの時期にトレーニングキャンプの拠点としています。昨年より日本人選手を中心に自主キャンプを行っていましたが、今季はチームとしてキャンプを実施。この後も一部選手はカルペに残り、トレーニングを続けていきます。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニの初戦はスペインで1月31日より開幕する「Volta a la Comunitat Valenciana(ボルタ・ア・バレンシアーナ)」。その後、2月上旬にかけてスペイン、フランス、イタリアでのレースに出場し、アジアのレースも転戦していきます。3月にはイタリア国内での3つのUCIワールドツアー(ストラーデビアンケ、ティレーノ〜アドリアティコ、ミラノ〜サンレモ)に出場予定。またアジアのレースでは、日本人選手がエースを担い、勝利をめざす大きなミッションも控えており、2018シーズンは序盤から非常に重要なレースが続いていきます。

初山翔のコメント
2週間にわたるカルペ合宿を終えた。初めて来るカルペだったが、この時期の合宿地としてはまさにうってつけだった。暖かい気候、交通状況、地形。 プロ、アマ、男子、女子、問わず世界中からサイクリストが集まるのも当然のように思える。そのような環境を利用して、トレーニングキャンプとしては濃い2週間を過ごさせてもらった。毎日完璧に自転車を整備してもらい、毎日マッサージを受けて、トレーニングだけに集中できた。このような贅沢ともいえる環境を味わうと他所には行きたくない。いや、残れるように努力すべきだとつくづく思う。 僕個人はより良い状態で開幕戦に挑めるように、もう数週間カルペにとどまりトレーニングを続けていく。

西村大輝のコメント
1月15日から26日まで、スペインのカルペで行われた合宿を無事終えた。11日にイタリア入りし、チームプレゼンテーション等を終えた後、選手全員で空路での移動をして開始した合宿。 滞在していたホテルは自分たちの他にもバーレーン・メリダをはじめ、様々な有名チームが滞在しており、カルペが冬の合宿地としてヨーロッパの中でいかに人気かということがうかがえた。 チームの雰囲気としては、キャプテンのマルコ・カノラを中心にまとまりのある、とても仲の良いチームだと感じている。 トレーニング内容は、チームと契約しているトレーナーが選手それぞれのパワーデータや乳酸テストの結果をもとに作成したメニューで行われ、日々、充実したトレーニングを行うことができた。 数日前に、スケジュールの変更で2月上旬から二つのステージレースを走らせて頂けることとなった。シーズン初戦を良い状態で迎えられるように、今はさらに身体を絞る作業をしている。トレーニングは充分行ってきたので、今からシーズン初戦が楽しみだ。


今後のレーススケジュール(予定)

1月31日〜2月4日 Volta a la Comunitat Valenciana スペイン ヨーロッパツアー2.1
2月8日〜11日 Tour Cycliste International La Provence フランス ヨーロッパツアー2.1
2月11日 Trofeo Laigueglia イタリア ヨーロッパツアー1.HC
2月14日〜18日 Vuelta a Andalucia Ruta Ciclista Del Sol スペイン ヨーロッパツアー2.HC

PRESS RELEASE

日本のソックスメーカー「RxL」とパートナー契約を締結

2018年01月24日

日本のソックスメーカー「R×L(アールエル)」とNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、2018シーズン、新たにスポンサー契約を締結。自転車競技向けに追求された最高品質のソックスが、世界を舞台に戦い続けるチームに供給されます。

R×Lは、高機能スポーツソックスブランドを目指し、2008年からランニング専用ソックス、2010年から自転車専用ソックスの販売をスタート。その物作りは選手自身の肌とシューズを繋ぐだけに留まらず、自身のパフォーマンスを最大限に発揮するために作られています。またR×Lのコンセプトである『完成なきモノ作り』が示すとおり、完成された商品はラインナップには一つもなく、日々研究、開発、創造を行い続けており、日本から世界へ誇れる最高の品質を届けています。

今回チームが使用するモデルは、R×L BIKEのフラッグシップモデルの「TBK-300R」をベースに、さらに薄く軽く、さらにダイレクト感を増して、足と靴の間で生じるわずかなパワーロスも起こさない設計に変更されました(※選手たちはよりダイレクトな履き心地を好みより軽量にするためTBK-300Rの足裏にあるシリコンは削除されています)。

またイタリア・ブレシアに本社をおく世界最大規模の靴下編機メーカーLONATI社が開発した編機により、今回R×Lがサポートするチーム仕様のBIKE専用ソックスが作られています。イタリアの機械と日本の技術力(特許製法)というソフトの融合という意味では、チームと同様に2つの国の力が合わさり完成されたソックスが選手の足元を支えます。

R×L
www.rxl.jp

スポンサー名が丁寧に織り込まれ、チームウェアにフィットするチームエディションのソックス。フロント面にはシューズスポンサーのリクエストにより大きくブランドロゴである「NW」のデザインも施されている

大門宏マネージャーのコメント
シューズメーカーとの契約に同メーカーのソックスを使用することが条件に含まれていたため、ソックスのデザインに他社のロゴが大きく入る特殊なケースとなった。しかし、今回、武田レッグウェアー株式会社の武田社長にはそのようなチームからの難しいリクエストを快く受け入れていただき、パートナー契約が締結できたことを感謝している。

ソックスはパワーを足からペダルに伝えるうえで非常に重要なアイテム。選手たちのパワーをロスなく100%発揮させるためにも、R×Lの最高品質のソックスはとても頼もしい。

また、他の国内スポンサー同様に、 武田社長をはじめ、社員の方々から日本人選手の成長を応援したいという強い気持ちが伝わってきた。日本のスポンサーからの支援はチームのプロジェクトにとって心強い存在だ。期待に応えるようチーム一丸となって戦っていきたい。

今後のレーススケジュール(予定)
1月31日〜2月4日 Volta a la Comunitat Valenciana スペイン ヨーロッパツアー2.1
2月8日 Tour Cycliste International La Provence フランス ヨーロッパツアー2.1
2月11日 Trofeo Laigueglia イタリア ヨーロッパツアー1.HC
2月14日〜18日 Vuelta a Andalucia Ruta Ciclista Del Sol スペイン ヨーロッパツアー2.HC