RESULT

【ボルタ・ア・バレンシアーナ/第4ステージ】7つの山岳を越える最難関ステージ

2018年02月04日

185kmで開催された第4ステージは、途中1級山岳を含む6つのカテゴリー山岳を越え、最後は急勾配の1級山岳にフィニッシュする山岳コースで今大会の最難関ステージでした。昨日の悪天候から一転、雲ひとつない快晴に恵まれましたが、標高1000mを超える1級山岳には雪が残るなかでのレースとなりました。

連日、レース序盤に逃げが決まる展開が続いていましたが、後半に連続するカテゴリー山岳、そして最後の山頂フィニッシュを睨んで、今日はなかなか逃げが決まらず、アタックの攻防もあり、強い風が吹くなかハイペースにレースは進んでいきました。

山岳エリアに入り、6名の選手が先行を始め、最大で約3分のリードを奪いましたが、113km地点の1級山岳を越えると集団からの追走があり、次第に集団に吸収されました。その後、新しいアタックが何度もかかり、そのなかでメイン集団はどんどんと小さくなり、終盤、80名ほどの集団にNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニからは、マルコ・ティッツァだけが残る形となりました。

残り3kmを切ってから、フィニッシュラインに向けた本格的な登りとなりましたが、傾斜のキツい区間が何度も続きます。20名ほどとなった集団からはジョバンニ・ヴィスコンティ(バーレーン・メリダ)が独走にもちこみましたが、トップ集団に吸収。最後はリーダージャージを着るアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)が最後に先行していたアダム・イエーツ(ミッシェルトン・スコット)を交わして先着。今大会2勝目を挙げると同時にリーダージャージを確実なものとしました。

好走をみせたティッツァはトップから3分50秒差の48位でフィニッシュ。マルコ・カノラは明日の平坦ステージに向けて、今日のステージでは温存する作戦をとり、チームメートたちとグルペットにて完走しました。昨日の寒さもあり、コンディションが優れなかった中根英登は後半までメイン集団に食らいつきましたが、3級山岳を含む周回コースにて後退。後方集団にて無事に最難関ステージを走りきりました。

成績
第4ステージ
1 VALVERDE Alejandro Movistar Team 4:48:35
2 YATES Adam Mitchelton-Scott +0:04
3 SANCHEZ Luis Leon Astana Pro Team

48 TIZZA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +3:50
30 BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +16:51
131 PONZI SimoneNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
132 CANOLA MarcoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
133 SANTAROMITA IvanNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
134 BOU Joan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +16:55
154 NAKANE Hideto Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +24:31

個人総合成績
1 VALVERDE Alejandro Movistar Team 13:16:23
2 SANCHEZ Luis Leon Astana Pro Team +0:14
3 FUGLSANG Jakob Astana Pro Team +0:26

46 TIZZA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +6:38
103 CANOLA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +19:39
104BAGIOLI NicolaNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
105 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
133 BOU Joan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +28:09
138 PONZI Simone Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +29:42
145 NAKANE Hideto Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +30:46
中根英登のコメント
マリオ監督に「逃げてみるか?」と聞かれたが、2日前に足を攣ってしまった箇所の痛みが引かないことを伝えて、「様子を見ながら最後の上りに備えるように」という指示になった。
今日は横向かい風が強く、またスタートしてからロータリーが多くて加減速の繰り返し、そして逃げが中々決まらず集団のペースがかなり速い。今日の自分のコンディションでは最悪の状況。強風で道の片側に一列棒状の状況が何度もあり、たまらず1度千切れる。まだスタートして約50km地点。この状況で遅れた数名と必死に前を追ってなんとか集団復帰。
苦しい状況で3つの山岳ポイントを何とか集団内で越えて、4つ目の1級山岳へ。ここも何とか越えるが頂上には雪が積もってるほどの寒さ。これを下って周回コースに入る手前の上り返し区間で先頭付近でアタックが掛かっており、上りで1列棒状の全開もがき。ここで力尽きてしまい、最終グルペット集団で残りの距離を消化してゴール。
苦しい厳しい1日だった。それでも明日の最終日に繋ぐことができたので、しっかり回復に努めて明日に備えたい。
レース情報
Volta a la Comunitat Valenciana

(ボルタ・ア・ラ・コムニタト・バレンシアーナ)
開催期間/2018年1月31日(水曜日)〜2月4日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー 2.1
開催国/スペイン
公式サイト https://www.vueltacv.com
ツイッター  https://twitter.com/VueltaCV
フェイスブック https://www.facebook.com/VueltaCV/
ハッシュタグ #VCV2018
1月31日(水)Oropesa El Mar › Peñiscola (191.4k)
2月1日(木)Bétera › Albuixech (153.9k)
2月2日(金)Benitatxell › Calpe (チームTT/30.5k)
2月3日(土)Orihuela › Cocentaina (181k)
2月4日(日)Paterna › Valencia (135k)