RESULT

【ツール・ド・台湾/第2ステージ】判断ミスと不運が重なった今大会最初の山岳ステージ

2018年03月12日

ツール・ド・台湾第2ステージは、120km、終盤に2つの2級山岳、そしてフィニッシュ地点に1級山岳が設定された本大会最初の山岳ステージでした。NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、調子のいいクライマー、中根英登をエースとしてスタートを切りました。

序盤は海沿いの道幅の広い高速道路を使ってアタックの攻防が続き、50km地点付近でようやく7名の先頭集団が形成されました。集団は危険ではないと判断し逃げを容認。すぐに4分ほどのタイム差が付いていきました。

その後、メイン集団がタイム差を詰め、最後の登りでクライマーたちの優勝争いになると思われましたが、その隙をついて、11名の大きな追走集団が先行しました。そこには日本ナショナルチームのエース新城幸也や2016年大会勝者のロビー・ハッカー(チーム右京)ら有力な選手が含まれ、逃げの7名と合わせると、自分たち以外のプロコンチネンタルチームはすべて前に選手を送っていました。

これは完全にチームのミスでした。しかし、エースをメイン集団に残しているチームもあり、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが中心となり懸命に前を追い始めました。チーム一丸となった動きで、先頭とのタイム差は1分以下に縮まり、射程圏内と思われたところ、大会側の先導ミスでメイン集団がコースを誤るトラブルが発生。メイン集団は数キロ走りUターンをしたのちコースへと戻りましたが、すでに大きなタイム差が生まれてしまいました。

すぐにレースを止めるべき状況でしたが、すでに先頭区間が登り区間に入っているという理由でレースは続き、メイン集団でも情報が行き渡らずに登りでアタックが繰り返されるような状況。そして登りきったあと、残り18km地点でコミッセールはレースを止め、ミスコースが発生した地点での1分のタイム差をもってレースを再スタートさせる判断をしました。

ミスコース時点でのタイム差は1分ではなかったこと、また休止地点までに遅れていた選手も、レースを止めているあいだに復帰したことなど、100%公平とはいえない措置に苦情も出ましたが、再スタート後も中根英登が中心となり、気持ちを切り替えて1分前にスタートした先頭を懸命に追い上げました。しかし、1級山岳とはいえ、アップダウンが多くスピードが乗るコースであり、また先頭集団は10名に絞られたものの脚が揃い、逃げ切りをめざしてトップスピードで進んでいき、結果的に最後は先頭集団10名でのスプリント勝負となりました。

中根英登は31秒差の18位でフィニッシュ。悔しさだけでなく、自分たちの判断ミスがあったとはいえ、どこか納得のいかない気持ちが残るステージとなりました。しかし、レースは続いていくので、次のチャンスは必ず掴むよう、チーム一同、強い気持ちで団結していきます。

結果
第2ステージ
1 HUCKER Robbie Team UKYO 2:53:46
2 CHOE Hyeong MinKorea
3 CLARKE Jonathan UnitedHealthcare Pro Cycling Team

18 NAKANE Hideto Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +0:31
34 ZACCANTI FilippoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
49 MARANGONI AlanNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
58 KOBAYASHI Marino Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:23
75 CIMA Imerio Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +3:33
77 YOSHIDA Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +3:38


個人総合成績
1 HUCKER Robbie Team UKYO 4:42:31
2 CHOE Hyeong Min Korea +0:04
3 CLARKE Jonathan UnitedHealthcare Pro Cycling Team +0:06

21 NAKANE Hideto Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +0:41
38ZACCANTI FilippoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
51MARANGONI AlanNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
59 KOBAYASHI Marino Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:33
75 CIMA Imerio Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +3:43
77 YOSHIDA Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +3:48



吉田隼人のコメント
レースは7人、追走11人の逃げ集団ができ、1つ目91km地点のKOMが終わる頃には逃げ集団は1つになった。NIPPOからは1人も逃げ集団に選手を乗せていないため、またその時に逃げ集団とのタイム差が1分を切っていたので、マランゴーニ、イメリオ、自分で集団を引き、逃げ集団とのタイム差を順調に縮めていきました。その逃げ集団とのタイム差が30秒ほどになったあたりで、まさかの先導バイクがコースを間違え、メイン集団がコースを間違えるトラブルがありました。また2回目の101km地点のKOMの直後には集団が完全にストップし、再スタート。 諦めず、前を追いましたが数秒届きませんでした。 切り替えて明日に備えます。


中根英登のコメント
今大会最初の山岳ステージ。スタートして7人の逃げが決まるまで約1時間。集団内をチームで固まって走っていたが、その後もパラパラと前方でアタックが掛かっており、それが1つの追走集団となってしまう。見誤ってしまった。最初の山岳の麓から吉田さん、イメリオ、マランゴーニが位置取りしてくれて、上り切ってからも逃げ集団を追走するために牽引してくれた。次の上りに入る手前で残り25km、約30秒まで詰まっていた時にまさかの先導車がコースミスをしていた。道が行き止まりになったことで気づき、Uターン。それでも気持ちを切らさずに、みんなが再び牽引し始めてくれた。 2つ目の上りに差し掛かり、前を追うべくザッカンティがペースメイク。アタックが掛かり始め、ウィリエールのイリア選手のアタックに反応して前を追い始めた時にコミッセールからレースストップの指示。再スタートの際に、逃げグループから千切れてた選手が前のグループで再スタートをすることもあり公平ではなかった。 上り途中からの再スタートで、諦めずに前を追ったが届かなかった。


小林海のコメント
チームで勝利を狙ってスタートした第2ステージ。7人の逃げが行って、落ち着いたと思っていたら、11人が行ってしまった。これに乗れなかったのがミスだった。その後吉田さん、マランゴーニ、イメリオが引いてくれて、タイム差は縮まって来たところで、誘導ミス。プロトンが道を間違えた。4kmほど多く走らされ、しかもその時点ではレースは止められず。2つ目の山岳で集団のペースが上がりアタックが頻発する。KOMを越えてからもアタックが激しく、集団のメンバーが減り始めたところでストップを掛けられる。最悪のタイミング。このあたりからかなりリズムが崩れてくる。再スタートされてからは焦って無駄脚を使い、ラスト3kmで遅れてしまった。本当に自分でも予想外だった。 明日からもチームが勝利できるように、より集中して走りたい。


レース情報
Tour de Taiwan
開催期間/2018年3月11日(日)〜15日(木)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/台湾

公式サイト http://www.tourdetaiwan.org.tw/index.aspx
フェイスブック https://www.facebook.com/Tour-De-Taiwan國際自由車環台公路大賽-122239464553708/

3月11日 第1ステージ Taipei City Hall › Taipei City Hall (83.4k)
3月12日 第2ステージ Taouyan City Hall › Jiaobanshan Park (118k)
3月13日 第3ステージ HSR Hsinschu Station › Shingan Visitor Information Center (155.3k)
3月14日 第4ステージ Nantou County Hall › Xiangsan Visitor Centre of Sun Moon Lake (167.2k)
3月15日 第5ステージ Pingtung County Hall › Dapeng Bay National Scenic Area (195.5k)

今後のレーススケジュール(予定)
3月7日〜13日 Tirreno-Adriatico イタリア 2.ワールドツアー
3月11日〜15日 Tour de Taiwan 台湾 アジアツアー2.1
3月17日 Milano-Sanremo イタリア 1.ワールドツアー
3月21日 Driedaagse De Panne-Koksijde ベルギー ヨーロッパツアー1.HC
3月22日〜25日 Settimana Internazionale Coppi e Bartali イタリア ヨーロッパツアー2.1
3月31日 Volta Limburg Classic オランダ ヨーロッパツアー1.1
4月15日 Amstel Gold Race オランダ 1.ワールドツアー

RESULT

【ティレーノ〜アドリアティコ/第5ステージ】冷たい雨に見舞われた丘陵ステージ、バジョーリの山岳賞獲得が濃厚に

2018年03月12日

3月11日に開催された第5ステージは178km、昨年多くの人に愛されつつも亡くなったミケーレ・スカルポーニが住んでいたFirottranoの街にフィニッシュするステージで、スカルポーニを偲ぶ多くの横断幕が掲げられた街へと向かう周回コースには、勾配16%の急坂も設定されていました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、バジョーリの着用する山岳賞ジャージを守りながら、最後は調子のいいマルコ・カノラとイヴァン・サンタロミータで順位を狙うというものでした。

冷たい雨のなかでスタートが切られ、UCIプロチームを含む5名の逃げが形成されます。このステージは5箇所の山岳ポイントが設定されていましたが、バジョーリの山岳賞争いでライバルになる選手は含まれていなかったため、チームもこの逃げを容認しました。

アップダウンが続き、雨が止んだあとは強い風に見舞われ、とても厳しいステージとなりましたが、最後の周回コースに入る頃には晴れ間もみえてきました。最後はハイペースで急坂区間を進む先頭集団にカノラが食らいつき、第2グループ、38秒差の28位でフィニッシュしました。

明日の第6ステージが山岳ポイントが設定される最後のステージとなりますが、残された山岳ポイントは2箇所。最大で合計10点となっており、山岳賞ランキングで2位に15ポイント差をつけるバジョーリは、今日のステージを終えて、山岳賞獲得をほぼ確実なものとしました。

また疲労が出ている初山にとっては非常に厳しいステージとなりましたが、グルペットにて無事フィニッシュラインを通過。明日のステージへと繋ぎました。

リザルト
●第5ステージ
1 YATES Adam Mitchelton-Scott 60 50 4:16:35
2 SAGAN Peter BORA – hansgrohe 25 30 0:07
3 KWIATKOWSKI Michal Team Sky

28 CANOLA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +0:38
39 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:11
48 PONZI Simone Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:54
97 GROSU Eduard Michael Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +14:20
103 BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +15:51
117 CUNEGO Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +20:15
135 HATSUYAMA ShoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini

●個人総合成績
1 KWIATKOWSKI Michal Team Sky 21:31:28
2 CARUSO Damiano BMC Racing Team +0:03
3 LANDA Mikel Movistar Team +0:23

19 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +3:45
57 PONZI Simone Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +22:57
68 CANOLA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +27:42
101 BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +41:33
119 HATSUYAMA Sho Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +51:43
121 GROSU Eduard Michael Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +52:01
128 CUNEGO Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +54:10

●山岳賞
1 BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 35
2 CATALDO Dario Astana Pro Team 20
3 MOSCA Jacopo Wilier Triestina – Selle Italia 18
4 LANDA Mikel Movistar Team 15
5 MAJKA Rafał BORA – hansgrohe 10
6 YATES Adam Mitchelton-Scott 8



初山翔のコメント
冷たい雨が降るなかでのスタート。逃げに乗ることを指示されたが、乗れなかった。レース序盤は震えるほど寒く、中盤には雨が止んだが代わりに風が吹き始めて、終始一列棒状だった。とにかく耐えて耐えての一日だった。それしか出来なかった。 明日がロードレース最終日。いい感触を取り戻して終えたい。

レース情報

Tirreno – Adriatico
開催期間/2018年3月7日(水曜日)〜13日(火曜日)
カテゴリー/2. UCIワールドツアー
開催国/イタリア

公式サイト http://www.tirrenoadriatico.it/en/
フェイスブック https://www.facebook.com/tirrenoadriatico/?fref=ts
ツイッター https://twitter.com/TirrenAdriatico
ハッシュタグ #TirrenoAdriatico

日本国内では DAZN にてライブ放映あり。

3月7日 第1ステージ Lido di Camaiore › Lido di Camaiore (21.5k/TTT)
3月8日 第2ステージ Camaiore › Follonica (167k)
3月9日 第3ステージ Follonica › Trevi (234k)
3月10日 第4ステージ Foligno › Sarnano Sassotetto (219k)
3月11日 第5ステージ Castelraimondo › Filottrano (178k)
3月12日 第6ステージ Numana › Fano (153k)
3月13日 第7ステージ San Benedetto del Tronto › San Benedetto del Tronto (10.05k/ ITT)