RESULT

【ツール・ド・台湾/第3ステージ】13名の逃げ切り、ザッカンティの渾身アシストを受けた中根がスプリントで4位入賞

2018年03月13日

台湾新幹線の新竹駅からスタートした156kmのツール・ド・台湾第3ステージは、中盤に1級山岳、アップダウンが繰り返される終盤に2級山岳が設定されたステージでした。中盤の山岳で集団が分裂することを想定し、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、区間優勝だけでなく、中根英登とフィリッポ・ザッカンティの総合成績ジャンプアップを狙ってのスタートでした。

最初の中間スプリントを前に4名の逃げが決まり、集団に5分ほどのリードを得て先行する展開となりましたが、1級山岳の登坂区間にて、リーダーチームのチーム右京らのペースアップにより集団はアタックがかかり始め活性化。選手たちを振り落としながら山頂へと向かい、山頂では50名ほどとなった集団に、中根、ザッカンティ、小林海が残りました。

集団は下り区間に入ってもアタックが頻発する状態でハイペースで走行。中根も積極的に仕掛けていきました。その後の登り区間で逃げていた選手を吸収してもアタックは止まず、結果的に中根とザッカンティを含む13名の先頭集団が形成されました。

📸 Xinyuan

メイン集団は1分半ほどのタイム差で追い上げてきましたが、先頭集団は最後までアタックが続く展開に。NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは2名を送り込んでいたために、中根をスプリントのエースとして、ザッカンティが渾身の力強いアタックを連発。最後は10名でのゴールスプリントに持ち込まれ、得意とは言えない下り基調のスプリントに全力で挑んだ中根が4位入賞となりました。またザッカンティも5秒差の13位でフィニッシュ。

勝てなかったことに大きく肩を落とした中根ですが、今日の結果を受けて、個人総合成績を中根は7位、ザッカンティは13位までジャンプアップさせることに成功。今後のステージでも区間優勝を狙いながら、個人総合成績のさらなるジャンプアップを狙っていきます。

結果
第3ステージ
1 AVILA Edwin Israel Cycling Academy 3:49:33
2 ARASHIRO YukiyaJapan
3 CLARKE JonathanUnitedHealthcare Pro Cycling Team

4 NAKANE HidetoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
13 ZACCANTI Filippo Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +0:05
38 KOBAYASHI Marino Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:40
49 MARANGONI Alan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +7:31
60 CIMA Imerio Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +14:13
87 YOSHIDA Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini


個人総合成績
1 CLARKE Jonathan UnitedHealthcare Pro Cycling Team 8:32:06
2 ARASHIRO Yukiya Japan +0:02
3 JANSSENS Jimmy Cibel – Cebon +0:11

7 NAKANE Hideto Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +0:39
13 ZACCANTI Filippo Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +0:44
41 KOBAYASHI Marino Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +3:11
46 MARANGONI Alan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +8:10
73 CIMA Imerio Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +17:54
76 YOSHIDA Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +17:59



吉田隼人のコメント
今日は1級の10kmほど続くKOMが設定されたステージでした。チームからは中根選手、ザッカンティ選手を中心に総合上位を狙うために、自分の出来ることを考えて、常にもし自分がこの日エースだったらどのような動きをして欲しいかを考えて走りました。 僕自身は、50人以上のグルペットでゴールしました。 チームは引き続き勝ちを狙い走ります。


中根英登のコメント
危険でない最初の逃げができてからは、リーダーチームがコントロール。チームで固まって前方に位置取り、最初の山岳ポイントの麓へ突入。ペースアップが何度かあるが、集団前方で危なげなくこなす。山頂KOMを通過してテクニカルな下りをこなし、2つ目の上りも前方で越えて逃げ集団を吸収。ゴールまで残り50km。メイン集団も30人いないくらいまで絞られる。ここに自分、マリノ、ザッカンティが残る。絞られた集団から抜け出す為のアタック合戦開始。かなりハードな展開だったが3人で上手く立ち回ってザッカンティと自分含む13名の先頭集団を形成。上手く脚を使わないように意識するが、半分くらいの選手はもう脚がなくローテーションが途切れるためにザッカンティと自分もローテーションに入るようにする。残り10kmを切って1度脚が攣るが、なんとか復帰させて最後のスプリントへ。ザッカンティのこれ以上ない素晴らしいアシストを受けて三、四番手からスプリントを開始するが、優勝に届かなかった。素晴らしいチームメイトたちのアシストをしてもらえたのにこの順位は非常に悔しい。明日は山岳ステージ。今日のゴールスプリントで僕の前でゴールした選手は、明日僕の後ろでゴールすることになると思う。簡単なことではないが、そうできるように集中していきたい。 明日もチーム一丸となって頑張ってきます。


小林海のコメント
中根さんとザッカンティの総合順位、そしてステージ勝利を狙う。昨日より身体が動いてくれて、1個目の長い登りで先頭集団に残る。3人先頭に残ったので良い展開になった。そこからアタック合戦になり、自分は勿論たが、うちのチームから先頭に最低2人は入れるように動く。中根さんとザッカンティが乗ってくれて、僕は第2集団に残る。最後はそのままゴール。第2ステージは身体が動いてくれなかったが、今日からしっかり動いてくれているので、明日も集中して勝利のために走りたい。


福島晋一監督のコメント
沖縄でよい合宿ができたにもかかわらず、今まで望んだ結果が出ていなかった。昨日のレースは11人の追走に乗り損ねた時点でチームの問題ははっきりしていた。今日は昨日の失敗を繰り返さないことを再確認してのスタート。残り10km地点で13人のトップ集団に残ったザッカンティが中根に有利にレースを進めるために執拗にアタックを繰り返し、最後は中根がステージ4位。総合で7位に浮上した。明日からはさらにこの順位を上げることを目標にチーム一丸となっていきます。



レース情報
Tour de Taiwan
開催期間/2018年3月11日(日)〜15日(木)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/台湾

公式サイト http://www.tourdetaiwan.org.tw/index.aspx
フェイスブック https://www.facebook.com/Tour-De-Taiwan國際自由車環台公路大賽-122239464553708/

3月11日 第1ステージ Taipei City Hall › Taipei City Hall (83.4k)
3月12日 第2ステージ Taouyan City Hall › Jiaobanshan Park (118k)
3月13日 第3ステージ HSR Hsinschu Station › Shingan Visitor Information Center (155.3k)
3月14日 第4ステージ Nantou County Hall › Xiangsan Visitor Centre of Sun Moon Lake (167.2k)
3月15日 第5ステージ Pingtung County Hall › Dapeng Bay National Scenic Area (195.5k)

今後のレーススケジュール(予定)
3月7日〜13日 Tirreno-Adriatico イタリア 2.ワールドツアー
3月11日〜15日 Tour de Taiwan 台湾 アジアツアー2.1
3月17日 Milano-Sanremo イタリア 1.ワールドツアー
3月21日 Driedaagse De Panne-Koksijde ベルギー ヨーロッパツアー1.HC
3月22日〜25日 Settimana Internazionale Coppi e Bartali イタリア ヨーロッパツアー2.1
3月31日 Volta Limburg Classic オランダ ヨーロッパツアー1.1
4月15日 Amstel Gold Race オランダ 1.ワールドツアー

RESULT

【ティレーノ〜アドリアティコ/第6ステージ】ワールドツアーでカノラとグロスがWトップ10の好成績!

2018年03月13日

最終日は個人タイムトライアルとなるため、今大会最後のロードレースステージとなった第6ステージは、2箇所に山岳ポイントが設定されているものの、終盤にかけて平坦区間が多く、集団スプリントの展開が予想されたステージでした。昨日のステージを終えて、ニコラ・バジョーリの山岳賞は確定しているため、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、マルコ・カノラとエドゥアルド・グロスのスプリントに狙いを定めてのスタートとなりました。

昨日に引き続き、冷たい雨に見舞われたスタート地点。今日は4選手がリードする展開でレースは進んでいきました。中盤になり、4名の先頭から唯一ドイツチャンピオンのマルクス・ブルクハルト(ボーラ・ハングスローエ)が逃げ続ける展開となりましたが、残り20kmを切って吸収。集団は一つになり、ハイスピードでゴールスプリントに向けて進んでいきました。

残り7km地点で優勝候補のフェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ)が巻き込まれる落車が発生。残り距離が短くなるなかで集団は混沌としましたが、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは無事にその落車を回避。

マルセル・キッテル擁するカチューシャ・アルペシンが主導権を握った最後のスプリントで、カノラとグロスはUCIプロチームの名だたるスプリンターたちに食らいつき、それぞれ7位、9位の好成績でレースを終えました。山岳賞リーダーのバジョーリ、初山もメイン集団から遅れたもののトラブルなく完走しています。

リザルト
●第6ステージ
1 KITTEL Marcel Team Katusha – Alpecin 3:49:54
2 SAGAN PeterBORA – hansgrohe
3 RICHEZE Ariel Maximiliano Quick-Step Floors

7 CANOLA MarcoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
9 GROSU Eduard MichaelNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
36 PONZI SimoneNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
48 SANTAROMITA IvanNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
77 CUNEGO Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +0:50
109 BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +3:39
125 HATSUYAMA Sho Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +4:31

●個人総合成績
1 KWIATKOWSKI Michal Team Sky 25:21:22
2 CARUSO Damiano BMC Racing Team +0:03
3 LANDA Mikel Movistar Team +0:23

18 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +3:45
53 PONZI Simone Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +22:57
63 CANOLA Marco Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +27:42
102 BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +45:12
113 GROSU Eduard Michael Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +52:01
120 CUNEGO Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +55:00
124 HATSUYAMA Sho Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +56:14

●山岳賞
1 BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 35
2 MOSCA Jacopo Wilier Triestina – Selle Italia 25
3 CATALDO Dario Astana Pro Team 20
4 LANDA Mikel Movistar Team 15
5 MAJKA Rafał BORA – hansgrohe 10
6 YATES Adam Mitchelton-Scott 8
7 MORABITO Steve Groupama – FDJ 8
8 HATSUYAMA Sho Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 8



初山翔のコメント
今日も昨日と同様にレース序盤に冷たい雨が降り、風が吹き、アスタナのKOMでの奇襲アタックがあったりと、リザルトで見る以上に厳しいレースになった。感覚的には自分が消耗しているように感じていたが、レースデータを見返してみれば、それなりにパワーは出ていて、改めてレースレベルの高さを思い知った。 明日のステージは自分が目立つことはないと思うが、今後の成長のためにもしっかりと走りたい。

レース情報

Tirreno – Adriatico
開催期間/2018年3月7日(水曜日)〜13日(火曜日)
カテゴリー/2. UCIワールドツアー
開催国/イタリア

公式サイト http://www.tirrenoadriatico.it/en/
フェイスブック https://www.facebook.com/tirrenoadriatico/?fref=ts
ツイッター https://twitter.com/TirrenAdriatico
ハッシュタグ #TirrenoAdriatico

日本国内では DAZN にてライブ放映あり。

3月7日 第1ステージ Lido di Camaiore › Lido di Camaiore (21.5k/TTT)
3月8日 第2ステージ Camaiore › Follonica (167k)
3月9日 第3ステージ Follonica › Trevi (234k)
3月10日 第4ステージ Foligno › Sarnano Sassotetto (219k)
3月11日 第5ステージ Castelraimondo › Filottrano (178k)
3月12日 第6ステージ Numana › Fano (153k)
3月13日 第7ステージ San Benedetto del Tronto › San Benedetto del Tronto (10.05k/ ITT)