RESULT

【ツアー・オブ・アルプス/第2ステージ】登坂フィニッシュが組み込まれた最難関ステージ

2018年04月18日

イタリア北部の山岳エリアで開催されているツアー・オブ・アルプス(UCI2.HC)。大会2日目となる第2ステージは145km、前半に1級山岳、後半に3級山岳、そして最後は最大勾配14%のアルピ・ディ・パンペアゴでの頂上フィニッシュというコースレイアウトで、個人総合成績を決定づける最難関ステージとなっていました。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、最後の勝負所となるパンペアゴまで温存し、最後はクライマーたちがそれぞれにベストを尽くして勝負をする作戦でスタートしました。

6名の逃げが先行する展開でレースは進んでいき、リーダーチームのアスタナがコントロールする集団から4分から5分ほどリードを続けていきます。中盤になり先頭は5名となり、さらに最後の登坂区間の入り口では3名まで人数が減り、タイム差も1分台に縮まりました。

メイン集団では有力選手のアタックが始まり、ダミアーノ・クネゴも果敢に食らいつく場面も見られました。傾斜のある区間が始まる残り4km地点付近で逃げは完全に集団に吸収され、優勝争いが本格化。勝負はクリス・フルーム(チームスカイ)やミゲル・アンヘル・ロペス(アスタナ)ら、世界のトップクライマーたちに絞られ、最後はロペスが先行し区間優勝。個人総合リーダーは昨日と今日のステージで3位に入ったラミロ・ソサ(アンドローニ)に。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニのトップはイヴァン・サンタロミータの27位という結果でした。朝の時点で体調に不安のあった中根英登はアシストに徹し、伊藤雅和も日に日にコンディションの仕上がりを感じています。


成績
第2ステージ
1 LOPEZ Miguel Angel Astana Pro Team 3:55:30
2 PINOT ThibautGroupama – FDJ
3 SOSA Ivan Ramiro Androni – Sidermec – Bottecchia

27 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +1:56
37 CUNEGO Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +2:47
50 ZACCANTI Filippo Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +4:05
66 BOU Joan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +5:41
76 NAKANE Hideto Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +7:45
84 ITO Masakazu Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +8:53
90 BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +9:17


個人総合成績
1 SOSA Ivan Ramiro Androni – Sidermec – Bottecchia 7:22:09
2 PINOT Thibaut Groupama – FDJ +0:06
3LOPEZ Miguel Angel

27 CUNEGO Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +4:02
29 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +4:14
53 BOU Joan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +11:01
61 ZACCANTI Filippo Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +13:34
76 NAKANE Hideto Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +17:14
97 ITO Masakazu Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +21:55
101 BAGIOLI Nicola Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +22:19

 


伊藤雅和のコメント
今日のステージはキツいとみんな言っていたので、とにかく耐えるということでスタート。
スタートして下ったあとにあった長い上りを集団内でこなして、最後の上りへ。
最後の上りで遅れてゴール。
昨日より今日の調子が良かったので、感覚的には明日もっと良くなると思う。
徐々にコンディションを上げていきながらチームの仕事をこなしたい。


中根英登のコメント
2日目にしてクイーンステージ。作戦は逃げに乗らず、みんなで最後の上りに備えること。
自分は体調が今ひとつだったため、クネゴとサンタロミータを助ける動きに徹しようと決めてスタート。
逃げが決まり、チームで固まって最初の1級山岳を越える。
この時点で自分の体調は復活しており、脚の調子も良いことが確認できた。
次は2回、同じ3級山岳を上ってから最後の頂上ゴールの上りと3つの山岳が連続する。
1回目の上りに入る前にボトルや補給食をみんなに配って、
そのままバジョーリとクネゴとサンティーノのために位置取りをして前方で上りに入る。
難なく越えて2回目の上りへ。上りに入る手前は下り基調で各チームの位置取りが激しくなる中、
再びバジョーリと2人でクネゴたちの位置取りをして今回も前方で上りに入る。
最後の上りも上りの手前が下り基調。各チームがトレインを組んで速いスピードで進む中、
バジョーリたちとはぐれてしまうが、サンタロミータとクネゴとは合流できたので
全開で引いて上りに突入時には2人を前に送り込めた。
クネゴたちとコミュニケーションをしっかり取って、良い仕事ができたと思う。
昨日に引き続き、調子が良かったので上手く働けた。 毎日厳しいステージが続くが、
このレベルで調子良い状態で臨めているので、厳しい苦しい中にも楽しささえ感じる。
残り3ステージも頑張ります!


レース情報
Tour of the Alps
開催期間/2018年4月16日(月曜日)〜20日(金曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.HC
開催国/イタリア、オーストリア

4月16日 第1ステージ Arco › Folgaria (134.6k)
4月17日 第2ステージ Lavarone › Fiemme/Alpe di Pampeago (145.5k)
4月18日 第3ステージ Ora/Auer › Merano/Meran (138.3k)
4月19日 第4ステージ Chiusa/Klausen › Lienz (134.3k)
4月20日 第5ステージ Rattenberg › Innsbruck (161.6k)

公式サイト https://tourofthealps.eu/en
フェイスブック https://www.facebook.com/TouroftheAlps
ツイッター https://twitter.com/Tourof_TheAlps
ハッシュタグ #TotA



今後のレーススケジュール(予定)
4月16日〜20日 Tour of the Alps イタリア ヨーロッパツアー2.HC
4月17日〜22日 Tour of Croatia クロアチア ヨーロッパツアー2.1
4月22日 Giro dell’Appennino イタリア ヨーロッパツアー1.1
5月8日〜13日 4 Jours de Dunkerque フランス ヨーロッパツアー2.HC
5月21日〜28日 Tour of Japan 日本 アジアツアー2.1
5月22日〜24日 Tour des Fjords ノルウェー ヨーロッパツアー2.HC
5月25日〜27日 Hammer Stavanger ノルウェー ヨーロッパツアー2.1
5月30日〜6月3日 Tour de Korea 韓国 アジアツアー2.1
6月1日〜3日 Hammer Sportzone Limburg オランダ ヨーロッパツアー2.1
6月3日 Gran Premio Città di Lugano スイス ヨーロッパツアー1.HC
6月7日 GP du canton d’Argovie スイス ヨーロッパツアー1.HC
6月9日〜17日 Tour de Swiss スイス 2.ワールドツアー
6月13日〜17日 Tour of Slovenia スロベニア ヨーロッパツアー2.1

RESULT

【ツアー・オブ・クロアチア/第1ステージ】冷たい雨の開幕ステージでグロスがスプリント3位入賞

2018年04月18日

4月17日より6日間にわたってクロアチア全土を駆け抜けるツアー・オブ・クロアチアが東部の町オシイェクより開幕しました。開幕ステージとなる第1ステージは1991年のクロアチア内紛による銃弾のあとが生々しく残るオシイェクをスタートしたのち、ハンガリー国境沿いに北上し、途中3級山岳を越えてコプリブニツァにフィニッシュする227kmのステージでした。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、集団ゴールスプリントによる区間優勝を狙う作戦でスタート。昨年も同レースを走りコースを知るエドゥアルド・グロスと吉田隼人とエーススプリンターとして、レースを組み立てていきました。

序盤より4選手が逃げる展開でレースは進んでいき、前半に組み込まれた3級山岳では冷たい雨が降り始め、フィニッシュまで雨が降り続ける状況となりました。逃げは最大で5分強のリードを奪いましたが、残り距離が短くなるにつれ、スプリントの展開に持ち込みたい多くの有力チームの動きにより吸収。最後は強い雨のなかでのゴールスプリントとなり、チームメートのアシストを受けたグロスが絶好の位置からスプリントを開始。勝者にはわずかに及びませんでしたが、3位の好成績で初日を終えました。

勝てなかったことに悔しさが残るグロスですが、仕上がりの良さを実感。スプリントの展開が予想されている明日の第2ステージでも再び勝利をめざしてトライしていきます。



結果
第1ステージ
1 BONIFAZIO Niccolo Bahrain Merida Pro Cycling Team 5:45:25
2 GUARDINI AndreaBardiani – CSF
3 GROSU Eduard Michael Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini

84 NISHIMURA HirokiNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
85 LOBATO Juan JoséNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
91 CIMA DamianoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
92 PONZI Simone Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
96 YOSHIDA HayatoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
127 UCHIMA Kohei Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +4:26

個人総合成績
1 BONIFAZIO Niccolo Bahrain Merida Pro Cycling Team 5 5:45:15
2 BOZIC Jon Adria Mobil +0:01
3 GUARDINI Andrea Bardiani – CSF +0:04

4 GROSU Eduard Michael Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +0:06
84 NISHIMURA HirokiNippo – Vini Fantini – Europa Ovini+0:10
85 LOBATO Juan JoséNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
91 CIMA DamianoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
92 PONZI Simone Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
96 YOSHIDA HayatoNippo – Vini Fantini – Europa Ovini
127 UCHIMA Kohei Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini +4:36

内間康平のコメント
5人以上、かつプロツアーが含まれる逃げには反応。 そうでなければ静観。 そのことをチームミーティングで話しスタート。 4人の逃げが決まり、レースは227kmの距離をこなしていく。 序盤は風に気をつけ、チームメイトが楽に走れるよう風を受けたりしながら走る。 82km地点のKOMは雨。 下りでは混乱が予想された影響で一気にペースが上がっていく。 前で通過し、下りもリラックスして下るが そこから一気に寒くなってしまった。 その後からはひたすら寒さに耐える。 水分の摂取を怠ってしまい、ラスト10kを通過した後に遅れてゴール。 明日の逃げは決まるまで難しいと予想するが、攻めて、逃げに入りたい!


吉田隼人のコメント
今日のステージは途中に7kmの登りがあり、距離は227kmと長いステージ。 なので今日はスプリントになるという予想で、今年すでにスプリントで結果を出しているグロスをエースに、僕はそのグロスの後ろか近くからスプリントするようにというプランをもらいスタートした。 常時チームメイトはグロス、僕に脚を使わせないように動いてくれ、常に余裕があった。 ゴールまで30kmを切った時点からペースも一気にあがり、激しい位置取りが始まった。 常時グロスの後ろをキープすることを意識したが、逸れては合流ということを数回繰り返しているうちに、集団のペースがあがり、逸れてしまった。そしてスプリントに絡めない位置で集団ゴールとなった。 チームメイトには申し訳ない気持ちだが、まだ残り5ステージ。 チャンスを狙って明日に備えたい。


西村大輝のコメント
監督からの指示は5〜6人の逃げに入ること。コンチネンタルの選手のみだったら入らなくて良いと言われた。 ニュートラルが解除されてからすぐに大きな逃げが決まりそうになり、自分もブリッジをかける動きをしたが、そのグループが吸収されてから、その次のアタックが決まり、自分は入ることが出来なかった。 そこからはスプリンターたちに脚を使わせないように、チームが前で走れるよう位置どりに徹した。 グロスが3位でゴールし、ゴール後、グロスやチーマが今日の走りは良かったと労いの言葉をかけてくれたのが嬉しかった。
明日からも長いので、与えられた役割を果たせるように頑張りたい。

レース情報
Tour of Croatia 2018
開催期間/2018年4月17日(火曜日)〜22日(日曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.HC
開催国/クロアチア

4月17日 第1ステージ Osijek › Koprivnica(227k)
4月18日 第2ステージ Karlovac › Zadar(234.5k)
4月19日 第3ステージ Trogir › PP Biokovo (Sv. Jure)(134k)
4月20日 第4ステージ Starigrad › Crikvenica(171k)
4月21日 第5ステージ Rabac › Poklon(156.5k)
4月22日 第6ステージ Samobor › Zagreb(151.5k)

公式サイト https://www.tourofcroatia.com/en/
フェイスブック https://www.facebook.com/TourOfCroatiaRace
ツイッター https://twitter.com/tour_of_croatia
ハッシュタグ #TourOfCroatia


今後のレーススケジュール(予定)
4月16日〜20日 Tour of the Alps イタリア ヨーロッパツアー2.HC
4月17日〜22日 Tour of Croatia クロアチア ヨーロッパツアー2.1
4月22日 Giro dell’Appennino イタリア ヨーロッパツアー1.1
5月8日〜13日 4 Jours de Dunkerque フランス ヨーロッパツアー2.HC
5月21日〜28日 Tour of Japan 日本 アジアツアー2.1
5月22日〜24日 Tour des Fjords ノルウェー ヨーロッパツアー2.HC
5月25日〜27日 Hammer Stavanger ノルウェー ヨーロッパツアー2.1
5月30日〜6月3日 Tour de Korea 韓国 アジアツアー2.1
6月1日〜3日 Hammer Sportzone Limburg オランダ ヨーロッパツアー2.1
6月3日 Gran Premio Città di Lugano スイス ヨーロッパツアー1.HC
6月7日 GP du canton d’Argovie スイス ヨーロッパツアー1.HC
6月9日〜17日 Tour de Swiss スイス 2.ワールドツアー
6月13日〜17日 Tour of Slovenia スロベニア ヨーロッパツアー2.1