RACE

【ツール・ド・コリア/事前情報】スプリントで吉田隼人が勝利を狙う!

2018年05月29日

5月30日(水曜日)から5日間の日程で、隣国韓国を舞台としたツール・ド・コリア(UCIアジアツアー2.1)が開催されます。初開催は2001年、今年で18回目の開催を迎えた韓国最大にして唯一の国際レースです。

出場チームは、ウィリエールトリエスティーナやイスラエルサイクリングアカデミーら、プロコンチネンタルチームが、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニを含めて5チーム、アジア籍のコンチネンタルチームが15チーム出場します。

5ステージ中、3ステージが平坦基調、残りの2ステージが起伏のある丘陵ステージとなっており、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、スプリンターの吉田隼人やオールラウンダーのマルコ・ティッツァを軸にしたチーム編成で挑みます。また指揮をとるのは、現役時代に韓国籍のチームに所属し、韓国のレースを熟知する福島晋一監督です。

出場選手
内間康平
吉田隼人
西村大輝
マルコ・ティッツァ(イタリア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
ジョアン・ボウ(スペイン)
監督: 福島晋一


内間康平のコメント
久しぶりのツール・ド・コリア。
アジアツアーのレースであるが、強力なチームも参戦するため、
このレースを走るのが待ち遠しかった!
初日からアップダウンのあるコースなので、思い切って走っていきたい!



吉田隼人のコメント
前のレース(ダンケルク4日間レース)を走ってから今回のレースまで、
僕自身にとってちょうどいい準備期間でした。
そのおかげで前戦での落車の影響もなく、万全の体制で走れることに感謝し、
いい結果をご報告できるように頑張ります。
引き続き応援よろしくお願いします。



西村大輝のコメント
前回のレースから、一ヶ月程レースが空いたため、
タイで3週間ほど自主合宿を行い、コンディションを上げてきた。
久しぶりのレースということもあり、非常に楽しみにしていたレースだ。
チームから与えられた役割をしっかりと果たせるように全力で頑張りたい。

福島晋一監督のコメント
今回は吉田隼人でスプリントでの勝利を狙う。チーマは吉田のアシスト。そして、内間、西村は積極的に逃げに行き、ティッツァ、ボウは山場である第2,3ステージで総合を狙った走りを期待するが、これには日本人選手も絡めるようにしたい。このレースは展開次第で総合が入れ替わる可能性があるので、後手を引かないように気を付けながら積極的にレースを運びたいと考えている。



レース情報
Tour de Korea 2018
開催期間/2018年5月30日(水曜日)〜6月3日(日曜日)
カテゴリー/アジアツアー2. 1
開催国/韓国

5月30日 Stage 1 – Gunsan › Cheonan (184.6k)
5月31日 Stage 2 – Cheonan › Yeongju (202.6k)
6月1日 Stage 3 – Yeongju › Jeongseon (192.4k)
6月2日 Stage 4 – Jeongseon › Chungju (156k)
6月3日 Stage 5 – Seoul › Seoul (65k)

公式サイト http://www.tourdekorea.or.kr/tdk2018/elite_eng/index.asp
フェイスブック https://www.facebook.com/TourdeKorea


今後のレーススケジュール(予定)
5月30日〜6月3日 Tour de Korea 韓国 アジアツアー2.1
6月1日〜3日 Hammer Sportzone Limburg オランダ ヨーロッパツアー2.1
6月3日 Gran Premio Città di Lugano スイス ヨーロッパツアー1.HC
6月7日 GP du canton d’Argovie スイス ヨーロッパツアー1.HC
6月9日〜17日 Tour de Swiss スイス 2.ワールドツアー
6月13日〜17日 Tour of Slovenia スロベニア ヨーロッパツアー2.1