RACE

愛三工業レーシングチーム所属の岡本隼がトレーニーとして8月よりチームに加入

2018年08月08日

8月より、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、愛三工業レーシングチーム所属の岡本隼とトレーニー(研修生)契約を締結しました。岡本は、2017年のアジア選手権ロードレースU23で優勝するなど、日本を代表する若手スプリンターとして活躍し、今季も3月に日本ナショナルチームとして参戦したツール・ド・台湾第1ステージで、スプリントを制して区間優勝。個人総合リーダージャージにも袖を通しました(写真上)。

岡本は9月3日から5日までのツアー・オブ・シンタイ(中国、UCIアジアツアー2.2)、9月8日から15日までのツアー・オブ・チャイナ1(中国、UCIアジアツアー2.1)に、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニの一員として参戦予定。この大会では、多くのステージが集団ゴールスプリントの展開になると予想されており、スプリンターとして、世界の舞台で貴重な経験を積んでいきます。

●プロフィール
1995年6月1日生まれ、23歳。京都府出身
身長/体重 169cm/64kg
脚質 スプリンター

ジュニア、U23時代から日本を代表するスプリンター、トラック中長距離選手として国内外のレースで活躍。2017年、日本大学在学中に愛三工業レーシングチーム(UCIコンチネンタルチーム)と契約。プロ2年目の今シーズンは春に大学を卒業し、自転車競技に専念する。

●主な戦歴
2018年
ツール・ド・台湾 第1ステージ優勝
ツール・ド・とちぎ 第3ステージ2位

2017年
アジア選手権ロードレースU23 優勝
ツール・ド・北海道 第2ステージ優勝 ポイント賞


また8月より、チームはワールドツアーチームで活躍するニコラ・ボニファツィオの弟であるレオナルド・ボニファツィオ(イタリア/1991年3月20日生まれ)と、ピュアクライマーとして期待がかかるミゲルアンヘル・レジェス(コロンビア/1992年5月26日生まれ)とトレーニー契約を締結。シーズン後半戦の各レースをともに戦っていきます。


岡本隼のコメント
NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニのトレーニーとして走らせてもらえることに感謝し、日本人スプリンターとしてスプリントステージでのUCIポイントを獲得すること、獲得に貢献することに徹して中国の連戦に臨みたいです。
レースではもちろん、レース以外の場でもプロコンチネンタルチームの一員としての自覚を持ち、行動することを心がけます。

大門宏マネージャーのコメント
岡本は高校時代(和歌山北)、日本大学時代からトラック競技を通して注目してきたが、チャンスがあればスプリンターの本能を磨くために少しでも多くの実践舞台で経験を積ませたいと思っていた。今回、愛三工業レーシングチームの理解も得ることができ、楽しみにしている。特にスプリンターはトレーニング以上に実戦の結果の積み重ねで得た自信が成長に欠かせない。アシストをどう上手く使うことができるかもセンスが問われるが、まずは今回の中国でのUCIレースでスプリンター同士の争いで、テクニックも磨きながらワンステップ上の加速力を身に付けさらにパワーアップし、数年後にはヨーロッパの舞台で活躍する日本を代表するオールラウンダータイプのスプリンターに成長してくれることを期待している。

RESULT

【ブエルタ・ア・ブルゴス/第1ステージ】ブルゴス城へと駆け上がる登坂ゴールで、ティッツァが4位、カノラが8位入賞

2018年08月08日

8月7日に開幕したスペイン北部カスティーリャ・イ・レオン州のブルゴスを拠点として開催されう5日間のステージレース「ブエルタ・ア・ブルゴス(UCIヨーロッパツアー2.HC)」。8月末に開幕するグランツアーの一つ「ブエルタ・ア・エスパーニャ」の前哨戦とも言われ、山岳コースの厳しいステージレースになっています。

初日は世界遺産にも登録されるブルゴスの美しいカテドラル(聖堂)をスタートし、中盤に1級山岳、終盤に3級山岳、そしてブルゴス郊外のブルゴス城へと駆け上ってフィニッシュする157kmのコースで、フィニッシュ地点にも3級山岳が設定されていました。

区間優勝を狙って出走しているNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、マルコ・カノラをエースとした作戦で、パンチの効いた登坂力を兼ね備えるオールラウンダーのマルコ・ティッツァも果敢にチャンスを狙っていきます。

序盤より6名の選手が先行する形でレースは進んでいき、登坂区間や終盤の横風区間では、チームスカイをはじめとしたワールドツアーチームの攻撃もありましたが、最後にカノラとティッツァの2選手をトップ集団に送り込むことに成功。とくに好調さを発揮するティッツァは登坂区間を越えて、優勝争いのスプリントに参加。わずかに表彰台には及ばず、4位入賞という結果になりましたが、勝者と同タイム、シーズン後半戦に弾みをつける好成績を残しました。

また体調不良から数ヶ月にわたりレースから離れていた小林海ですが、苦しみながらも第1ステージを走りきっています。厳しい山岳ステージが続きて来ますが、地元の大きな声援や期待を受けて、完全復活をめざすべく、全力を尽くして戦っていきます。

出場選手
小林海
マルコ・カノラ(イタリア)
マルコ・ティッツァ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
ジョアン・ボウ(スペイン)
フィリッポ・ザッカンティ(イタリア)
ミゲル・アンヘル・レジェス(コロンビア/トレーニー)
監督: ヴァレリオ・テバルディ、ステファノ・ガルゼッリ


小林海のコメント
予想していたように、走りきるだけで精一杯な1日だった。
1日1日を何とか生き延びて前に進めるように、明日も精一杯走ってきます。


レース情報
Vuelta a Burgos
開催期間/2018年8月7日(火曜日)〜8月11日(土曜日)
カテゴリー/UCIヨーロッパツアー2.HC
開催国/スペイン

公式サイト www.vueltaburgos.com/
フェイスブック https://www.facebook.com/IDJBurgos/
ツイッター  https://twitter.com/VueltaABurgos
ハッシュタグ #VueltaBurgos

8月7日 第1ステージ Burgos (Catedral) > Burgos (Castillo)(157k)
8月8日 第2ステージ Belorado > Castrojeriz(163k)
8月9日 第3ステージ Sedano > Espinosa de los Monteros(149k)
8月10日 第4ステージ Monasterio de San Pedro Cardeña > Ciudad Romana de Clunia(165k)
8月11日 第5ステージ Salas de los Infantes > Lagunas de Neila(141k)

今後のレーススケジュール(予定)
8月6日〜12日 The Larry H.Miller Tour of Utah アメリカ アメリカツアー2.HC
8月7日〜11日 Vuelta a Burgos スペイン ヨーロッパツアー1.HC
8月15日〜18日 Tour du Limousin フランス ヨーロッパツアー2.1

RESULT

【ツアー・オブ・ユタ/プロローグ】アップダウンコースで開催された5.3kmの個人タイムトライアル

2018年08月08日

8月6日に開幕したアメリカ西部ユタ州を舞台にした7日間のステージレース「ツアー・オブ・ユタ(UCIアメリカツアー2.HC)」。厳しい山岳コースが組み込まれることで有名な本大会。初日の5.3kmの個人タイムトライアルであるプロローグも2箇所の登坂区間と2箇所の下り区間で構成されるM字型のコースプロフィールでの開催でした。

出走選手が一人一人、順番でスタートしていき、走行タイムを競うステージで、チーム内最高位はイヴァン・サンタロミータの63位。トップと28秒差という成績でした。

結果
プロローグ
1 VAN GARDEREN Tejay BMC Racing Team 49.395km/h 6:27
2 ROSSKOPF Joey BMC Racing Team 48.890km/h +0:04
3 BOHLI Tom BMC Racing Team 48.641km/h +0:06
63 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 46.063km/h +0:28
64 CIMA Imerio Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 45.952km/h +0:29
86 CIMA Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 45.299km/h +0:35|
88 MARANGONI Alan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 45.299km/h +0:35
104 HATSUYAMA Sho Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini 44.353km/h +0:44

個人総合成績
1 VAN GARDEREN Tejay BMC Racing Team  6:27
2 ROSSKOPF Joey BMC Racing Team  +0:04

3 BOHLI Tom BMC Racing Team  +0:06
63 SANTAROMITA Ivan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:28
64 CIMA Imerio Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:29
86 CIMA Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:35|
88 MARANGONI Alan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:35
104 HATSUYAMA Sho Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:44

出場選手
初山翔
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
シモーネ・ポンツィ(イタリア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)
監督: マリオ・マンゾーニ


初山翔のコメント
プロローグはキャニオンに囲まれた素晴らしい景観の場所で行われた。
コーナーはほとんどなく、アップダウンのパワー勝負。
感触的には決して悪くなかったがタイムは伸びなかった。
下りで大きく失ったような気がする。


レース情報
The Larry H.Miller Tour of Utah
開催期間/2018年8月6日(月曜日)〜8月12日(日曜日)
カテゴリー/UCIアメリカツアー2.HC
開催国/アメリカ

公式サイト www.tourofutah.com/
フェイスブック https://www.facebook.com/tourofutah
ツイッター www.twitter.com/tourofutah
ハッシュタグ #TOU2018

8月6日 プロローグ St. George › St. George(5.3k)
8月7日 第1ステージ Cedar City › Cedar City(162.5k)
8月8日 第2ステージ Payson City › Payson City(142.6k)
8月9日 第3ステージ Antelope Island › Layton City(167.4k)
8月10日 第4ステージ Salt Lake City › Salt Lake City(110.1k)
8月11日 第5ステージ Canyons Village › Snowbird Ski and Summer(152.6k)
8月12日 第6ステージ Park City › Park City(123.4k)

今後のレーススケジュール(予定)
8月6日〜12日 The Larry H.Miller Tour of Utah アメリカ アメリカツアー2.HC
8月7日〜11日 Vuelta a Burgos スペイン ヨーロッパツアー1.HC
8月15日〜18日 Tour du Limousin フランス ヨーロッパツアー2.1