RESULT

【ツアー・オブ・チャイナ1/第5ステージ】ハイスピードステージで吉田隼人が13位

2018年09月12日

第5ステージは変則的な周回コースを使った127kmの平坦ステージでした。最後のゴールスプリントを吉田、岡本、ダミアーノ・チーマで狙うこと、また総合上位の岡本とチーマは途中3箇所に設定され、ボーナスタイムを獲得できる中間スプリントポイントも狙いに行く作戦でスタートしました。

総合上位の選手がすべて秒単位の僅差であるため、今日のステージはかなり多くのチームが中間スプリントポイントを狙い、終始ハイペースで進んでいきました。途中、主催者がコースを間違えるアクシデントがあり、距離が15kmほど短くなりましたが、大きな混乱はなくレースは進んでいき、3回目の中間スプリントでは、吉田のアシストを受けた岡本がスプリントに挑みましたが、惜しくも4位通過。

最後は集団ゴールスプリントの展開となり、チームで連携すべく動きますが、混沌とした集団内で体制がうまく作れず、結果的にスプリンターたちが個々にスプリントに挑み、吉田の区間13位が最高位でした。

総合上位でボーナスタイムを獲得した選手がいたため、チーマが総合5位、岡本が総合13位と順位を下げましたが引き続き、差は秒単位の僅差になっています。一度のボーナスタイム獲得により順位を上げることができるので、残されたステージでチャンスを狙います。

リザルト
第5ステージ
1  BENFATTO Marco  Androni Giocattoli – Sidermec  2:25:35
2  MARECZKO Jakub Wilier Triestina – Selle Italia
3  PEÑALVER Manuel  Trevigiani Phonix – Hemus 1896
13  YOSHIDA Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
20  OKAMOTO Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
23  CIMA Damiano Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
68  ITO Masakazu Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
100  MARANGONI Alan Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
105  UCHIMA Kohei  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:15

個人総合成績
1  MOLANO Juan Sebastián  Manzana Postobon 12:54:36
2  MOSCA Jacopo  Wilier Triestina – Selle Italia  +0:12
3  NIU Yikui  Mitchelton – BikeExchange  +0:14
5  CIMA Damiano  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:16
13  OKAMOTO Hayato  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:22
41  MARANGONI Alan  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:41
55  UCHIMA Kohei  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +11:51
58  ITO Masakazu  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +15:34
88  YOSHIDA Hayato  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +33:58


出場選手
吉田隼人
内間康平
伊藤雅和
岡本隼(※トレーニー)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
監督: 福島晋一


吉田隼人のコメント
総合上位の選手を中心に、毎スプリントポイントでは激しい展開となった。
チームとしても今日は、ダミアーノ選手、岡本選手、自分がスプリントをする作戦だった。
ラスト10kmを切って集団内がナーバスになってからも、
上手くチームメイト同士で位置取りもこなしたが、ラスト1.5kmぐらいで一気にバラバラになってしまい、
そこからは自分の感覚で位置取りをしスプリントを行った。
明日も今日と同じ集団スプリントが予想されるので、引き続き狙います。


内間康平のコメント
スプリントに備えて温存という作戦だったが、大人数の逃げが行く場合には反応。
スタートと同時に大人数が飛び出し、自分も入ったが、ここは後ろに待機。
メイングループもすぐに追い付いてきた。
その後からはポイントレースさながらのレース展開。
最後のゴールスプリントの位置取りを手伝い、ゴールとなった。



伊藤雅和のコメント
今日は昨日、一昨日よりは身体が動くようになってきて、
もう少ししたらチームの仕事もできそうな感覚を持てた。
中間スプリントポイントを狙う選手が多いのでハイスピードな展開だった。
明日からもスプリントと中間スプリントの戦いになると思うので、チームを助けていきたい。



岡本隼のコメント
今日のステージは中間スプリントポイントを取り、総合の順位をあげ、
ゴールスプリントも上位でゴールするのが目標だったが、どちらも達成できなかった。
感触が良かったのは2回目のスプリントで、吉田選手の牽引を受け、
絶好のポジションをでスプリント出来たが、前方で落車が発生し、もがき切れず4位通過となった。
ゴールスプリントではバラバラになってしまい、埋もれては前に出ての繰り返しで、
自分のスプリントができなかった。 結果的に総合の順位を落としてしまった。
残り2ステージになってしまったがこのままでは終われない。

レース情報
Tour of China 1 & 2
開催期間/
China1 2018年9月8日(土曜日)〜15日(土曜日)
China2 2018年9月17日(月曜日)〜23日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/中国

●ツアー・オブ・チャイナ1
9月8日 第1ステージ JINTANG・HUAIZHOU 83km
9月9日 第2ステージ PINGCHANG 140.6km
9月10日 第3ステージ BAZHONG・ENYANG 158km
9月11日 第4ステージ CHONGQING LIANGPING 84.6km
9月12日 第5ステージ YICHNG ZHIJIANG 127.4km
9月13日 第6ステージ QIANJIANG 113km
9月14日 移動日(600km)
9月15日 第7ステージ XINNING LANGSHAN 107.2km

●ツアー・オブ・チャイナ1
9月17日 プロローグ XINNING LANGSHAN 6.9km(個人TT)
9月18日 第1ステージ YONGZHOU NINGYUAN 99.4km
9月19日 第2ステージ QINGYUAN FOGANG 128.4km
9月20日 第3ステージ ZHUHAI HENGQIN 92km
9月21日 移動日(1150km)
9月22日 第4ステージ ANSHUN 21.3km(個人TT)
9月23日 第5ステージ ANSHUN 127.8km

今後のレーススケジュール(予定)
9月8日〜15日 Tour of China I 中国 アジアツアー2.1
9月15日 Coppa Agostoni – Giro delle Brianze イタリア ヨーロッパツアー1.1
9月16日 100° Coppa Bernocchi – 43° GP BPM イタリア ヨーロッパツアー1.1
9月17日〜23日 Tour of China II 中国 アジアツアー2.1
9月19日 Giro della Toscana イタリア ヨーロッパツアー2.1
9月20日 Coppa Sabatini イタリア ヨーロッパツアー1.1
9月22日 Memorial Marco Pantani イタリア ヨーロッパツアー1.1
9月23日 Trofeo Matteotti イタリア ヨーロッパツアー1.1

RESULT

【ツアー・オブ・チャイナ1/第4ステージ】岡本が区間10位、チーマが区間3位で総合3位にジャンプアップ

2018年09月12日

折り返しを迎えた第4ステージは、レース後に約500kmの移動が控えていることもあり、70kmのショートステージとして開催されました。短いコースながら、途中2箇所にカテゴリー山岳が設定されており、とくに2つ目の山岳はゴール前約5km地点であり、注意が必要なステージでした。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、区間優勝とダミアーノ・チーマおよび岡本隼の個人総合成績を意識してのスタート。序盤より人数の大きな逃げに警戒しながらレースを進めていきました。

25km地点の最初の山岳まで逃げは形成されず、山頂を過ぎてから昨年のツアー・オブ・チャイナ2の覇者であるアンドローニのケビン・リヴェラが単独で先行する展開となりました。集団はリーダーチームのマンザナ・ポストポンのコントロールによりハイペースを刻み、主要スプリンターが後方に取り残されていきます。最後の山岳を越えてマランゴーニがスプリントに向けてさらに強力に集団を牽引し、残り2kmでリヴェラを吸収しました。

チーマの後ろに岡本も控え、最後のスプリントへと体制を整えていきますが、最終コーナーをすぎて、二人ははぐれ、またチーマも走路を塞がれる形となり、そのすきにウィリエールのジャコーポ・モスカがカウンターアタック。モスカが先着し、追い上げたチーマが区間3位。そして岡本も区間10位に続きました。

チーマはボーナスタイムにより個人総合成績3位にジャンプアップ。また岡本も11位につけており、上位は秒単位の僅差となっているため、チーマ、岡本ともに今後のステージでボーナスタイム獲得も目指していきます。

リザルト
第4ステージ
1  MOSCA Jacopo  Wilier Triestina – Selle Italia  1:41:41
2  CROME Sam Bennelong SwissWellness Cycling Team
3  CIMA Damiano  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
10  OKAMOTO Hayato Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini
48  MARANGONI Alan  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:19
67  UCHIMA Kohei  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +2:20
78  YOSHIDA Hayato  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +3:29
79  ITO Masakazu  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +6:14

個人総合成績
1  MOLANO Juan Sebastián  Manzana Postobon  10:29:05
2  MOSCA Jacopo  Wilier Triestina – Selle Italia  +0:08
3  CIMA Damiano  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:12
11  OKAMOTO Hayato  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:18
41  MARANGONI Alan  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +0:37
55  UCHIMA Kohei  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +11:32
58  ITO Masakazu  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +15:30
88  YOSHIDA Hayato  Nippo – Vini Fantini – Europa Ovini  +33:54


出場選手
吉田隼人
内間康平
伊藤雅和
岡本隼(※トレーニー)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
監督: 福島晋一


吉田隼人のコメント
結果的に今日も昨日と同じような走りになってしまった。
他チームのスプリンターと登りを越えたが、
彼らの前で登りを乗り越えることができれば、チャンスの大きなステージとなった。
明日からは集団ゴールスプリントが予想されるステージ、諦めません。


内間康平のコメント
登りが始まる前、逃げにチャレンジしたがリーダーチームは今日も許してくれず….
そのまま登りに突入。 他のスプリンターと同じグループで越え、
その後はひたすら1列棒状でハイスピード。
メイングループに追い付くが、ひたすら1列棒状。
ゴールまで10kを残したところで遅れ、諦めずに追い掛けたが追いつけずに終わってしまった….



伊藤雅和のコメント
今日も身体が動かなくてただただ遅れてしまった。 本当にチームに申し訳ない。
根性でとにかく最後まで走りきった感じだった。
今日もちゃんと休んで回復して、明日からはしっかり走る意識を持って過ごしたい。



岡本隼のコメント
今日は70㎞のステージ。距離が短いためスタート直後から集団が殺伐としるように感じた。
20㎞から始まった登りでは集団の前方に位置どりができた。
そのままの流れで坂を登りきり、細いアップダウンの周回路では、
マランゴーニ選手とダミアーノ選手とチームでまとまって走って脚を温存できた。
ラスト10キロの登りで遅れ、ポジションを下げたが下で追いつきチームメイトに合流できた。
ゴールスプリントでは、ダミアーノ選手の後ろにつけ、
ラスト500mのタイトなコーナーをクリアできたが、立ち上がりで離され、
ダミアーノ選手はそこから加速し3位まで上がったが、自分はその位置から1人抜くので精一杯だった。
ツキ切れしてしまったのは残念だが、これが今の自分の技術と実力だとと思う。
スプリントの時どのタイミングで力を使うかがわかったことと
ラストまで上手く連携出来たことをポジティブに捉え、引き続きスプリントに磨きをかけたい。

レース情報
Tour of China 1 & 2
開催期間/
China1 2018年9月8日(土曜日)〜15日(土曜日)
China2 2018年9月17日(月曜日)〜23日(日曜日)
カテゴリー/UCIアジアツアー2.1
開催国/中国

●ツアー・オブ・チャイナ1
9月8日 第1ステージ JINTANG・HUAIZHOU 83km
9月9日 第2ステージ PINGCHANG 140.6km
9月10日 第3ステージ BAZHONG・ENYANG 158km
9月11日 第4ステージ CHONGQING LIANGPING 84.6km
9月12日 第5ステージ YICHNG ZHIJIANG 127.4km
9月13日 第6ステージ QIANJIANG 113km
9月14日 移動日(600km)
9月15日 第7ステージ XINNING LANGSHAN 107.2km

●ツアー・オブ・チャイナ1
9月17日 プロローグ XINNING LANGSHAN 6.9km(個人TT)
9月18日 第1ステージ YONGZHOU NINGYUAN 99.4km
9月19日 第2ステージ QINGYUAN FOGANG 128.4km
9月20日 第3ステージ ZHUHAI HENGQIN 92km
9月21日 移動日(1150km)
9月22日 第4ステージ ANSHUN 21.3km(個人TT)
9月23日 第5ステージ ANSHUN 127.8km

今後のレーススケジュール(予定)
9月8日〜15日 Tour of China I 中国 アジアツアー2.1
9月15日 Coppa Agostoni – Giro delle Brianze イタリア ヨーロッパツアー1.1
9月16日 100° Coppa Bernocchi – 43° GP BPM イタリア ヨーロッパツアー1.1
9月17日〜23日 Tour of China II 中国 アジアツアー2.1
9月18日、19日 Giro della Toscana イタリア ヨーロッパツアー2.1
9月20日 Coppa Sabatini イタリア ヨーロッパツアー1.1
9月22日 Memorial Marco Pantani イタリア ヨーロッパツアー1.1
9月23日 Trofeo Matteotti イタリア ヨーロッパツアー1.1